観測にまつわる問題

「女性活躍」「文民統制」「日本」「広島」「資源エネルギー」「中国」「貿易」「消費」及び「その他過去のテーマ」

長い戦い

2014-01-31 01:21:47 | 日記
「慰安婦漫画」韓国OK、日本ダメ 仏国際展 主催者「政治的な宣伝」(MSN産経ニュース 2014.1.30 21:03)

>漫画祭には、慰安婦問題をめぐる日本と韓国の作品が出展されたが、主催者側は、「強制連行はなかった」とする日本側の漫画を「政治的」として撤去するよう要請した。韓国政府が持ち込んだ「元慰安婦被害者」の作品は展示を許可した。

これは酷いな。この問題は日本に対する偏見がこびりついてて、長い戦いになりそう。

慰安婦問題は既に解決済み(日韓基本条約)で、それでもなお補償した(アジア女性基金)が、現在の状況になっている。もはや一歩も譲れないことは言うまでもない。

しかし、韓国の政治的主張(以外の何ものでもない)はスポーツとかでも通ることが多いのは何なんだろう。

ともかくフランスにはペナルティがあってもいいと思う。理由は不適当な政治的主張を行なったこと(韓国の政治的主張のみ認めたこと)だ。日本の国際イベントで一度フランスを排除することぐらいはやってもいいのではないか。公平にやってもらいたい。アングレーム国際漫画祭は政治色が強過ぎる(韓国だけ一方的に肩入れした)ので、日本はボイコットしてもいい。あるいは公平な国際漫画祭を日本の肝煎りで立ち上げてもいいだろう。何らかの対応は必要だ。言ってることとやってることが違う(韓国の政治的主張はOK)ので、こちらも綺麗事を言わず、相手の嫌がることをやらなくては。それこそ政治が出てもいいと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

細川陣営の五輪軽視と小泉進次郎氏について

2014-01-17 01:53:50 | 日記
細川元首相 「東京五輪辞退論」に陣営からも批判続出 公約づくり難航(MSN産経ニュース 2014.1.16 21:04 )

>「安倍晋三首相が『オリンピックは原発問題があるから辞退する』と言ったら、日本に対する世界の評価が格段に違ったものになっていた」と東京五輪辞退論まで展開。「金メダルをたくさん取るよりも、原発をどうするかのほうが、日本の将来にとってよっぽど重要な話のはずだ」と言い切った。

五輪招致不支持の筆者の目から見ても、五輪軽視が甚だしいと思う。東京にとってオリンピックは最重要課題のはずで、脱原発以外を重要視しない小泉純氏を含めて、仮に細川氏が当然した場合、せっかくの五輪が盛り下がることは必至ではなかろうか。五輪は世界から注目される舞台で、元々注目されているアメリカ以外の国では、またとない機会とも言える(この点に関して、筆者は認識不足であったかもしれない)。舛添氏はコストに配慮しながら、強力に五輪を推進していってほしい。

舛添氏不支持の進次郎政務官に「応援してほしいな」 菅長官(MSN産経ニュース 2014.1.16 13:15)

>小泉氏は15日、「一番苦しいときに『自民党の歴史的使命は終わった』と言って出ていった。(舛添氏を)応援する大義はない」と批判した。

舛添氏に不信感があることは進次郎氏とも同じ(舛添氏はこちらに歩み寄って説明して欲しい)だが、応援要請を断るのは反党行為ではないだろうか。正直、保守派は進次郎氏を信用していないところはあると思う(何せあの小泉氏の息子であり、氏の発言も穏当なものばかりではなかった)が、ここで党の要請に従えば、保守派の中で氏の株はあがると思う。断れば、やっぱり獅子身中の虫ではないかという印象があたっていたということになるだろう。小泉家はドライとも言うから、ここは是非父と対決してほしいところ。政治は妥協と割り切りも必要で、ここは旗幟鮮明にすべきところだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都知事選と五輪など

2014-01-15 01:03:48 | 日記
シングルイシューを言うなら、寧ろ日本経済の牽引車と目されている五輪のホストが誰になるかだろう。五輪を抜きにしたシングルイシューなど有り得ないと思う。

災害対応や社会福祉(少子高齢化)を考えると国とのパイプも重要だろう。安倍政権の信任投票とも言えるのではないか?安倍氏と小泉氏の師弟対決にも注目したい。現役の首相(総裁)が元首相に負けるわけにもいかないが、小泉氏は政界を引退しているだけでなく、中曽根氏に引導を渡したり、世代交代を図った印象があるが、引退した人を応援したりしてもう滅茶苦茶だ。結局、シングルイシューで戦いたいだけの人で、案外ポリシーがなかったように思う。自分の信念のために後継とも遠慮なく戦うのは、男を下げたのではないか。邪魔をされる安倍氏の身にもなって欲しい。

要するに舛添氏を支持したいと思うが、まさか氏を支持する日が来るとは思わなかった。まぁ言いたいことはないでもないが、間接的とは言え、安倍政権(や五輪)を軽く見る人たちに勝って欲しくないというのが正直なところ。田母神氏もいいと思うが、ここは勝てる候補を支持すべきだろう。舛添氏も歩み寄って、安倍政権の支援をより仰げばいいと思う。強い安倍政権と強い都政の連携が(少なくとも五輪終了時までは)望まれていると思う。

そう言えば、小泉氏は遷都の人でもあり、「都から~」という発想に似つかわしくない人でもある。是非、持論の首都移転をブチあげて、細川氏を応援して欲しい。(首都移転も争点になればいいのに)

個人的には五輪招致は反対のスタンスではある(ペイするだろうか?)のだが、やるとなれば、勿論、上手にやってほしいことは言うまでも無い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加