観測にまつわる問題

沖縄で自民厳しいみたいですね。事故がおこってついてないってのはあるだろうけど。中々難しいね。

日本から手を出したのではない

2014-11-18 02:05:47 | 日記
16日のそこまで言って委員会で田嶋陽子が、「日本が尖閣を国有化したのが原因」的なことを言っていたが、明らかに間違っている。日本が尖閣を国有化したのは、東京都知事が尖閣を購入しようとしたのを受けてのことで、都知事が尖閣を購入しようとしたのは、尖閣漁船体当たり事件で結局何もしなかった(船長を何もせずに解放し尖閣の実効支配を強める何の対応策も採らなかった)日本政府のふがいなさを受けて、日本国民の怒りが高まっていたことを受けてのことだからだ。

明らかに中国の侵入の方が先なのである。

これは非常に重要な点で、日本の国益を守る意図の元に編集された文章でも、「尖閣国有化を受けて高まった中国世論」式の記述が見られるが、自分はそういう表現はしない方が良いと思う。何か中国が怒ったのは日本が原因と受け取られないからだ。中国は明らかに(乱暴な)侵入者側ですなわちドロボウ側なのであって、対策を打たれたから怒っているという言い分は成り立たない。少なくとも、日本の言い分を紹介する場面においては、中国の怒りは逆ギレだということを明言しておくべきで、中国が中国の言い分を言うたびに、日本の言い分で訂正すべき場面だろう。

第三者から見て、「どちらが先に手を出したか」は重要なことで、中国が日本の実効支配を崩すために、領海法を制定し、漁船を侵入させ、漁船の乱暴を擁護しているというのが実態なのであって、日本はそれに対応しているに過ぎないことは、何回言っても言い過ぎることはないのである。

勿論、今回のサンゴ密漁もそうで、日本が如何なる対応策を出そうとも、中国が怒るとすれば、逆ギレに過ぎないのであって、中国世論を気にして、対応が甘いとすれば、明らかに間違っている。今からでも、中国が(白昼堂々とした)密漁を止めさせる実効性のある対応策が求められるのである。これだけバレても、堂々密漁するなど、完全に日本を舐めきっており、有り得ないことだ。日本の財産を守るのが、日本政府の基本的な仕事で、常識のある日本人は政府に圧力をかけてでも、当たり前の仕事をさせるべきだ。海自を投入して取り締まり力を強化するとか、領海内に無断で立ち入る船を銃撃で追い払うとか、実行力のある当然の対応策は、まだまだあるはずである。日本が弱腰に過ぎるのである(漁船体当たり船長に対する甘々な対応の正に再現を見ているかのようである)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンゴを守れ

2014-11-14 00:02:41 | 日記
日本政府は小笠原のサンゴを守るべき。今の対応は生ぬるく中国の盗人に完全に舐められている。海自が出動するなり、銃撃して追い払うなり、やれることはまだまだあるはず。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加