観測にまつわる問題

28日までに「財政」「受動喫煙」次「サイバー防衛」仕込中「出生率」「諜報」「WTO」「報道」「健康」「保守」

中国の夢はイラン

2017-05-18 20:55:17 | 日記
中国の夢は要りません。中国本土に篭ってみる夢なら大歓迎しますが、出しゃばり過ぎでしょう。

西太平洋寄越せ~、南シナ海寄越せ~、尖閣寄越せ~、沖縄寄越せ~、サンゴ寄越せ~w

どう見ても中国を広げる気にしか見えません。邪魔くせぇ。

日本もモンゴル・チベット・ウイグルのようにはなりたくないのでね。我々も詐欺師の詐欺にいい加減慣れてきているので、もう騙されませんよw今まで人が良過ぎましたが、これからはそうはいきませんw

日本の頭(首相)を盗ろうとか大それたことをしくさりおって、やり過ぎなんじゃ💢

アメリカは中国に長らく夢を見てきました。中国は発展したいだけで、平和的な人達、覇権なんか狙ってないってね。しかし、軍事の専門家達(の一部?)は、その装備を観察することで、中国にアメリカを攻撃する意図があることを見抜きました。日本は応分の負担をしながらにはなりますが、アメリカと協力して、中国を押し返すべきなのです。まさか、アメリカも中国が西太平洋制覇したら、後は我慢すると信じられる訳でもないでしょう?中国がアメリカを撤退させたら、何処までも追いかけてくるに決まってますってw

中国の夢を言ったのは習近平ですが、習近平が退陣すればいい訳でもありません。習近平は中国で人気があるでしょう?(「中国大衆の習氏人気、日本にとって好機かリスクか」2017/5/7付 日本経済新聞)中国民衆の心を掴むのが上手い人なんでしょう。だから、トップまで上りつめた。中国のトップが民衆の心を掴むのは結構なことだと思います。でも、だとするならば、習近平は中国人の抱く夢を的確に表現してみせたと見なければならないのではないですか?中国人の抱く大国願望を警戒しなければなりません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国が大きな役割を果たす北... | トップ | マケイン氏も日韓合意の重要... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む