観測にまつわる問題

日曜日のテーマは「トランプ」は19日~20日の深夜ないし火曜に延期。「地方議会」「レバノン」は火曜日にネタを探します。

宗教界と対立するムハンマド・ビン・サルマーン皇太子

2017-11-19 14:36:39 | 政局・政治情勢
ムハンマド・ビン・サルマーン皇太子が11月4日の一斉逮捕で物議を醸しています。最近ではレバノンのハリリ首相の拘束疑惑もありましたね。欧米での懸念に理解できるところはあります。

でもムハンマド・ビン・サルマーン皇太子はイスラム諸国の中でも超保守的とされる宗教界と戦ってきた人物とされています(サウジ突然の政変、その真の狙いはどこにある Newsweek 2017年11月17日(金)15時40分>社会的な側面では、超保守的な宗教界を相手にムハンマドは戦っている。宗教界はあらゆる手段を使って、特に女性をめぐる変化を阻もうとしてきた。サウジアラビアは女性の自動車運転を禁じていた世界で唯一の国で、女性の運転禁止は国家のイメージを悪くするだけだった。これを変えようとする過去数十年間の努力がやっと実った形だ)(サウジアラビアの改革は宗教と衝突する(Financial Times 2016/4/28 15:45 archive.is))(サウジ、女性の運転容認 宗教界の反対押し切る 日経新聞 2017/9/27 9:42)。

だからと言って政敵相手に何をしてもいいという訳でもないと思いますが、政治的安定がないと、古今東西難しい問題を解決するのは難しいのも確かなことです。中東ではフセインという独裁者を倒したら、ISというよりタチが悪いのが出てきたという事実もあります。

宗教弾圧が望ましい訳ではありません。ですが決め付ける訳ではありませんが、イスラムとテロの関係は囁かれて久しく、今のところこれといって打開策がある訳ではありません。宗教を隠れ蓑にテロが許される訳ではなく、過激派であるところのヒズボラなどの勢力に厳しい姿勢(シーア派過激派のみに厳しいのかもしれませんが)のサルマーン皇太子が宗教界に対して優位に立つことは、対テロの観点から一歩進むと考えられなくもありません。あまりに閉鎖的なブラックボックス組織は何を考えているか分かりませんし、宗教テロは現実の話です。サウジ王家も閉鎖的かもしれませんが、サウジのイスラム保守派よりは開明的なところがあるでしょうし、行動を見る限りは、現実を踏まえながら、改革を進めているようにも見えます。

サルマーン皇太子の全てを認める必要はないと思いますが、一歩引いて改革を支援する必要があるのではないでしょうか?

サルマーン皇太子とて国民の支持、支配者階級の支持が必要ですから、欧米の操り人形と見られる訳にはいきません。自分の方がサウジを良い方向に導けると味方に対し説得できることが重要で、あまり全力でサルマーン皇太子の悪い(ように見える)部分を批判することは良い結果をもたらさないように思えます。

実際問題、(同じ中東の)ヒズボラのような過激派と戦うためには強い指導者が必要なところもあるのではないですか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

希望は終わり

2017-10-26 15:14:30 | 政局・政治情勢
希望「安保法の考え 民進と変わらず」(FNN 10/26 05:31)

>希望の党は、25日に開いた両院議員懇談会で、安全保障関連法について、「民進党の考え方と変わりはない」という認識を確認した。

>小池代表も出席した会合では、衆議院選挙で民進党出身の候補者に受け入れさせた、政策協定書について、議論した。

>希望の党の樽床代表代行は「協定書の中身は、民進党の方の考え方と、齟齬(そご)をきたさないと確認した」と述べた。

希望は終わり。何時元通りになって看板を変えるかだけの話。選挙終わった直後から読めていた展開ですね。長島さんあたりは、安保法制に関する考え方を改めるかもしれないと思っていましたが、そうでなくて残念ですね。永遠にさようならです。

日本はもう民主党を終わらせにいった方がいいと思います。どうせ社会党みたいになって死にはしないんでしょうが、もう関係ないところで吠えてもらうのがいいでしょう。少なくとも筆者はもう希望に残る民主党系議員(立憲や民進党・無所属系議員)に一切期待していません。

もう一度政権交代可能を創るには、維新の成長に期待じゃないですか?別に維新支持に変えたりはしないですけど、自民党に適切な緊張感を持ってもらうためにも、ちょっと維新は応援したいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィフティフィフティ

2017-10-23 21:08:29 | 政局・政治情勢
自公政権は今回大勝しましたが、公明党さんは議席を減らしています。共産党も議席を減らしましたし、アンチ安倍アンチ保守の批判票は、今回立憲民主党に集中したということなんでしょう。分かり易い旗でしたし。ここしかないなみたいな。民主党勢力が社会党ポジションに収まるつもりなら、立憲民主に集まるなり何でもいいのですが、変わらずその路線を歩めばいいと思います。

改憲も掲げ地方創生も掲げる安倍政権の保守色が公明党さんを削った側面もあるいはあるかもしれませんね。

でも筆者に言わせればフィフティフィフティです。そもそも都議選で公明党さんが小池さんに協力して風を吹かせなければ、実際問題安倍政権のピンチが訪れることは無かったともいいませんが、都議選の大敗のせいで安倍政権に大ピンチが訪れたのは確かな話だと思います。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

野党サイドの首相指名は9割8分小池あるいは橋下でしょう

2017-09-30 07:15:13 | 政局・政治情勢
衆院解散 現実的な「選択肢」示せ 大衆迎合で危機は乗り切れぬ(産経ニュース 2017.9.29 05:02)

>北朝鮮は、核・ミサイルを振りかざし、日米などへの核攻撃の恫喝(どうかつ)をためらわない。多数の日本人を拉致したままだ。防衛相などを務めた小池氏も、詳しい分野のはずだ。

小池元防衛相に北朝鮮問題に関する見解を是非お聞きしたいですね。カイロ大学を卒業した中東通ですから、混迷する中東情勢に関して日本が何ができるかどうすべきかもお聞きしたいところです。是非是非。アラビア語ペラッペラなんですよね?凄いなぁ(小池百合子先生の英語とアラビア語の実力を検証 MULTILINGIRL♪)。小池百合子(ウィキペディア)を参照すると、>カイロ大学卒業後はアラビア語の通訳として活動。PLO議長アラファトやリビアのカダフィの会見では、コーディネーター兼インタビュアーを務めた。1984年、東京大学に在籍していたトルコ人留学生ヌスレット・サンジャクリの抗議により「トルコ風呂」の名称が「ソープランド」に改められた際、小池はこの運動を支援しており、本人も後日新聞報道でそれを認めている。小池によれば、トルコ留学生の熱心な訴えを聞き、国家の尊厳を守るという「大義」に加えて、個人的な共感の結果だったという。自ら厚生省(現在の厚生労働省)に乗り込み、当時第2次中曽根内閣の厚生大臣(同厚生労働大臣)だった渡部恒三に「日本中でトルコの名前が出ているが、これはやめてくれ」と直談判、渡部の指導により『トルコ風呂』という名称は使用されなくなった・・・中東と日本の架け橋になるには安倍首相より適任かもしれないですね。PLOと仲がいいんじゃ(アラファトPLO議長インタビュー)、親イスラエルのトランプ大統領に睨まれる怖れもありますが・・・。カダフィインタビューもお前はならずものだと言いに行った訳じゃないんしょうから、ウ~ンという気はしなくもありません。ソープランドという名前の産みの親の一人であることは知りませんでした。国際的に孤立している日本の友好国トルコを救うには適任かもしれませんよね。元防衛相でアラビア語ペラペラの中東通なんて日本にはただ一人小池百合子しかいないでしょう。筆者は安倍政権断固支持ですけれども、小池百合子の外交安全保障を見てみたい気持ちも無くもありません。北朝鮮の核武装が仮に認められたら中東にどういう影響があるか?など興味深い話題ですね。増田氏との政策論争は逃げ気味だった小池氏ですが、得意の防衛政策や中東問題に関しては答えてくれると信じたいですよね。

>民進党の最大の支持母体である連合にとっても、希望の党が「原発ゼロ」を打ち出した点を容認するかが問われる。

希望の党が希望の党であるなら、連合は関係ないっちゃ関係ないとも言えますが、民進党議員を入れて実質民進党になるなら、連合は希望の党を支持できるの?ってことになりますね。自民に来ますか?維新に行きますか?連合の政治的スタンスが突然直角に曲がるか筆者は注目していますよ。そんな方々ではないと思いたいですね。
※10月1日追記:連合が小池にミンチン全員の受入を迫ったとかいうニュースを見て疑問に思って調べたら小池の2030年原発ゼロとミンチン党の2030年原発ゼロは完全一致しますねwそういやそうだったwド忘れ申し訳ありませんwwwしかし、つっても後13年で原発ゼロなんて無理無理の無理でしょうw全て稼動を止めるだけで火力フル稼働なら可能だけど、そんな「改革」を断行されるのが怖いねw

>いまだに疑問なのは、希望の党が衆院選後の国会の首相指名選挙で、だれに投票するかである。

>都知事の放り出しは批判を招くことが確実だ。小池氏は辞任して出馬する考えはないとしている。だが、それでは首相指名の候補になれない。その状態で政権交代を唱えることは、議院内閣制の下での政党政治と矛盾しないか。

これは菅官房長官や麻生財相副総理も指摘している点ですよね(麻生太郎副総理「首相指名は小池さん?」 記者「…となるかも」 麻生氏「あなたみたいなよく知らない人が…」 産経ニュース2017.9.29 23:32)。菅官房長官は(出ないと言っているが今は嘘吐いているだけで)小池氏は出てくると言っています(「菅氏「小池氏は出てくる」…立候補の見通し示す」2017年09月29日 12時37分)。政権交代を唱えて選挙を戦うのもいいでしょう。ならば、首相指名を誰にするのか明らかにする必要がありますよね。ただ、小池氏は都知事に専念してろというまっとうな声は決して小さくありません(「小池氏、都知事専念を」62%…読売世論調査 2017年09月30日 06時08分)。筆者はこれの問題に関して別の見解もあります。多分筆者が指摘せずとも誰かが考えつくあるいは考えはあるが伏せているだけと見ていますので(決して小池陣営を過小評価していません)、あえて指摘しますが、橋下元大阪都知事が電撃出馬して、首相指名は橋下になる可能性もあるのではないかと思います。旧民進の連中ではただの(支持率激低)民進でしかないですからね。他に知名度があって国政に新風を吹き込める実績のある政治家はほぼ唯一橋下だけですからです。小池氏に比べると北朝鮮に圧力をかける一環で対北融和的な韓国にも圧力をかける中ソウルは安全などとアピールするなど外交安全保障の見識があるとは筆者は思いませんが、日本はジャイアンアメリカについていくスネ夫であるべきという見解の持ち主(「スネ夫的振る舞いこそ有効だ!」橋下徹氏、民進幹事長に猛反論 「安倍-トランプ」日米首脳会談後の世界、専門家の見方は… 産経ニュース 2017.2.27 11:00)だから、一国の首相を長く務めた安部首相と違ってトランプの相談にのるだけの経験がないかもしれませんが、気質的にはトランプとより気が合う可能性があるのかもしれません(インタビュー橋下徹さんに聞く「トランプ現象」(毎日新聞2017年1月12日 19時00分)。ただ、出自問題に拘りのある橋下氏は良くも悪くも「差別発言」で物議を醸すトランプとは相性が悪いのではないかとも思えます。その辺どうなんでしょうね・・・。良く分かりませんが。後は筆者は小池氏は独裁者的気質が(安倍首相よりよほど)強いと見ていますが、そういう目立ちががりや(元アナウンサーです)が他人に塩を送ることを良しとするかですよね。だとしたらやはり最終的には小池氏が出てくるのかもしれません。参考までにこの記事(「希望、維新と連携調整 小池氏が大阪知事と」(日経 2017/9/29 13:32)。ただ安倍政権は橋下氏に近いですから何らかの情報をもって菅官房長官は発言している可能性があります。筆者は内情など全く知りませんが、能力を見て言っています。

いいですか?政権交代を目指すなら誰を首相指名するかが肝心要のイロハのイでしょう。小池ブームとか言っても衆議院議員にならなければ首相にはなれません。そして小池氏は今のところ衆院選に出ないと言っています(小池知事「日本をリセットする」 衆院選の立候補は否定 朝日2017年9月27日10時21分)。世論も都知事に専念してと言っています。どうするつもりなんですかねぇ・・・。菅官房長官じゃなくても基礎知識さえあれば出てくるだろと言いたくなりますよね。また、小池氏に全国基盤がない以上、民進党(左翼)と組むだろうことも誰にも簡単に予測できたと思います(筆者が以前指摘した通りです)。排除すると言っていますから一定の効果はあるでしょうし、上手い目くらましだなとは思いますが、そういうことではありません。一部の議員は外しても大方の議員を吸収してしまって民進党の地方組織とか使うつもりなんでしょう?そうしないと物理的に政権をとることは不可能だからです。

筆者の知識など大したことありませんが、そこら辺の一般人よりはよほど知っています。高校時代まで(一応県立で一番の進学校でした)力を入れた社会科の科目は断トツの成績で負けたことがありませんから(サボる時は徹底的にサボりますしイメージをそれほどは気にしないのでよく誤解を受けますが)(井の中の蛙であることは認めますが)。ハッタリが効かず舐められがちな筆者ですが、ちょいちょい皆さんに教えていこうそういうブログです(選挙で最終的に決めるのは国民の皆さんですからね。自民党を概ね支持してきたのも民主党を選んで放り出したのも全ては国民の皆さんの選択です)。その内分かりますよ。最後は脱線しましたが、聞き流していただければ幸いです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

政策議論が深まることはない

2017-09-28 07:49:38 | 政局・政治情勢
自民VS小池になりそうですしね。政策議論が深まることはないと思います。

都知事選の時も小池は増田氏との政策議論から逃げました。その辺の経緯は過去の記事を参照していただければ分かります。政策に自信がないことを自覚している側が政策議論に応じることはないんですね。小池氏が都知事として今までやったのは迷走しただけですから、政策立案能力が都知事をやって鍛えられたようには見えません。今回も同じ展開になるでしょう。安倍首相が如何にフェアな戦いを呼びかけても(安倍晋三首相「希望は、いい響き。選挙戦はフェアに」 小池百合子都知事結党の「希望の党」産経ニュース 2017.9.25 19:35 >首相は、第1次政権で安全保障担当の首相補佐官や防衛相を務めた小池氏の経歴に触れ「安全保障の基本的な理念は同じだろう」との認識を示した。その上で「政治手法において、ということでは違うかもしれないが、さまざまな政党がしっかりと政策を前面に打ち出しながら、建設的な議論を行うことによって国民の期待に応えていきたい」と強調した※下線部筆者)、小池はイメージ先行で逃げるだけですね。建設的な議論は行われない。安倍首相がやる気が無いからではなく、小池サイドにやる気が無いから行われない。そういうことです。馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない。You can take a horse to the water, but you can’t make him drink. 時々引用しますが、イギリスのことわざだそうです。

万に一つも負けない(過半数を割らない)と思いますが、怪しい空気が出てきていることは認めます。最悪の事態を想定すると、安倍政権サイドが手の内を全て曝け出して小池に負け小池政権がそれをそのまま実行することです。これは悪夢です。ミンチン党政権と違って政策の方向性が同じで対立軸がハッキリしないからこそこれは起こり得る想定です。そんな事態になる危険性があるのに誰が手の内をバラしていくでしょうか?

まぁ筆者も記事を書かなくなる訳じゃありませんが、詳細な見取り図みたいなものを公開する意図は全くありません。本気出すのは安倍政権が信任された後になるでしょう。明日から本気出す(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原発反対が保守だと思っている人!消費税反対が保守だと思っている人!

2017-09-27 06:58:24 | 政局・政治情勢
原発反対が保守だと思っている人!消費税反対が保守だと思っている人!

受け皿が出来ましたよ!小池新党です。グッバイ!良かったね!自民に残る奴は二度と原発反対が保守とか消費税反対が保守って言うなよ!約束だぞ!

希望を持って何時までも迷走してろよ(笑)

希望の党 大衆迎合的政策に偏っている(読売 2017年09月27日 06時00分)

日本一の大新聞読売新聞が今日の社説で希望の党が大衆迎合的政策に偏っていると決め付けています。

>問題なのは、希望の党の政策決定過程が不透明なうえ、大衆迎合的な政策が目立つことだ。

>小池氏は「原発ゼロを目指す」と明言した。安全性の確認された原発の再稼働を進める安倍政権への対立軸を示す狙いだろう。

>だが、電力の安定供給には原発が欠かせない。より現実的なエネルギー政策を示すべきだ。

>消費税率10%への引き上げの凍結や、議員定数の削減にも言及した。有権者に受け入れられやすい政策を並べた印象が拭えない。

原発ゼロ目指してど~するんだよ。今更火力依存でいくのか、中独仏よろしく太陽光でいくのか。再エネに希望を持っているグリーンな奴は元環境相小池の旗の下集まれ~。筆者は散々原発賛成派として反対派を叩いてきたので、原発ゼロの旗をガンガン振るような政党に頭を下げて入りたいとは毛ほども思っていません。心底先の都知事選で増田氏を応援して良かったナ~と思っています。予想通りっちゃ予想通りですね。当時から反原発の臭いが嫌だから、どちらかと言えば増田氏と言っていたはずです。安易に大衆迎合する人はまともな政策を考えられませんよ。小池都知事の実績って何がありました?まぁ小池VS岸田の構図になったら外交安全保障の観点から小池の可能性もあるようなことを書きましたが、こうなってしまえば是非もなし。安倍政権を筆者は支持しますよ。原発反対の保守派がいるのは承知していますが、筆者は(言い方はあったかもしれませんが)政策的に何も反省していませんので(安全性を高めるのは当然でそれを否定した覚えはありません。筆者が否定しているのは兎に角原発を止めなければならないというヒステリックな反応に対してです)、原発反対に釣られて出て行く人がいらっしゃるのは個人的には大歓迎ですね。自民党は一人でも多く支持者が欲しいでしょうが、政治家ではない筆者は気楽なものです。

消費税に関してはデフレ脱却を目指したい筆者に思うところはありますが、安倍首相・麻生財相を信じますよ。筆者はね。ネットの書き込みでは消費税上げは消費を減らすからアホアホである(結果税収を減らすと言いたいんでしょう)という書き込みを良くみかけます。でも安倍首相は5兆円増えると言っています。どちらを信じるか言うまでもありません。最近は以前ほど消費税上げたらいいと思わなくなりましたが、それでもなおデマを垂れ流して恥じない連中と組もうとは思わないですね。消費税反対原理主義者とは全く組みたくないです。出て行っていただければ清々します。

毎日新聞も今日の社説「日本の岐路 「希望の党」の登場 小池流の鮮やかさと不安」で手腕の鮮やかさを一定程度評価しながらも、ポピュリズム臭いって指摘しています(琉球新報・沖縄タイムス批判に味をしめて朝日・毎日・東京も社説中心にチェックし始めました)(今日社説で小池新党に触れているのは読売と毎日だけですね)。

>具体策として挙げた「議員定数・議員報酬の縮減」は、過去にも多くの政党が「身を切る改革」として声高に叫んできた。財政再建や社会保障との関係を語らずに「消費増税凍結」を主張することと併せ、ポピュリズムのにおいがつきまとう。

>突然の衆院解散で結党を急いだ事情は理解できるが、何を目指す政党なのかを体系立てて有権者に示す必要がある。イメージ先行では責任政党とは言えない。

筆者は責任政党支持者ですので。これまでもこれからも。イメージイメージ連呼している方々は是非是非イメージ先行政党へ。イメージ先行の力量を見せてもらいましょう(笑)。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

中国共産党党大会と解散の大義

2017-09-25 14:42:42 | 政局・政治情勢
中国共産党が10月18日に党大会 習主席、権力集中(日経 2017/8/31 19:16)

>中国共産党は31日の政治局会議で、5年に1度の党大会を10月18日に北京で開くと決めた。最高指導部(政治局常務委員)の人事や党の基本路線を決める最重要会議で、会期は約1週間。2期目に入る習近平国家主席は、側近の登用や自らの政治思想を盛り込む党規約改正などを実現させ、一段の権力集中をめざす。

首相、衆院選公約調整を指示 25日に解散表明 自民政調会長に(日経 2017/9/23 20:18)

>安倍晋三首相は23日、都内の私邸で自民党の岸田文雄政調会長と会い、衆院選の公約づくりに向けた党内調整を指示した。首相は25日に開く記者会見で、臨時国会冒頭の28日に衆院を解散すると表明する。各党は「10月10日公示、22日投開票」へ準備を進めた。

安倍首相は9月上旬にはもう解散を決めていたと思いますよ。北朝鮮を支えているのは誰がどう見ても実質中国です。5年に一度の中国の最重要会議に北朝鮮は挑発をブツけられないと思うんですよね(ブツけたらブツけたで北朝鮮が終わるだけですから)。衆院選を安全に行うにはこのタイミングしかなく、8月31日に情報を得て安倍首相は直ぐに決断したはずです。発表が今になったのは支持率の動向を見るのもあるでしょうが、単に党大会にピタリあわせるためだと思います。他に5年に一度の北朝鮮経済を支える大国中国の5年に一度の最重要党大会に衆院選が重なる理由があると思います?

政治はスケジュールだなんて言葉を報道なんかで目にした記憶のある方もいらっしゃるんじゃないでしょうか(検索してもちょっとでてきませんでしたが)?

中国が急に党大会のスケジュール変更とかしたら安倍ちゃん凄い(笑)

まぁそんなことハッキリ言う訳にもいきませんからね。解散の理由は北朝鮮情勢の緊迫を受けて国民の信を問うて信任を得た上でシッカリ対応させていただくとしとけばいいと思います。消費税を全面に出すのはどうかな(世論調査で反応は悪くないみたいですが)。本音で国民は消費税を嫌ってますからね。触らぬ神に祟りなし。朝日とか消費税議論に関心があるみたいですが、あの辺が味方になることはないんだろうと思います。北朝鮮情勢の緊迫って何時まで続くか分からないですからね。1年後衆院選にあわせて北朝鮮が暴れたらどうします?何時かは解散しなければならないのですから、比較的安全な時に解散するのが大義でしょう。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

消費税(計算のし易さがマイナスイメージを緩和する可能性)

2017-09-20 00:29:09 | 政局・政治情勢
後、解散について大事な話題は消費税です。

インフレを起こしていくことが経済の重要な課題だと筆者は最近論じてきましたから、10%への増税という規定路線の実行を安倍首相が明言したのは意外に思っていますが、本当に10%にするなら筆者にはひとつ考えがあります。

社会保障がどうとかそういう話もいいんですが、1割が計算し易いって言うのを強調してみるのもアリかなと。8%の消費税を問われて暗算で計算できるのもゼロを発明したインド人(インド人は九九を何段まで覚えるんですか?(yahoo知恵袋))ぐらいなものでしょう。まぁ計算機で計算すればいいだけの話ですが、消費税込みで幾らになるの?と問うてくるお客様もたまにいらっしゃいます。あなたと同じく端数までは暗算でパッとでないよという話ですが、1割ならお客様も含めみんな暗算で分かるようになりますね。8%なんていう計算しにくい税率にするぐらいなら、10%でいいんじゃねえの?っていう考え方は無くもないですよね。意外とこういうことが大切だと思うんです。法で決まっている規定路線ですしね(それを崩すためにあるいは選挙をやるのかと思っていましたが)。

タイミングとしては10月に駆け足で解散するのは北朝鮮情勢の影響以外のなにものでもなく、消費税を理由にするのはちょっと不審ですね。

でも衆院解散で経済を議論しない訳にもいきませんから。インフレを起こすことがアベノミクスの基調で(筆者もこのことに関して議論を深めていきたいと思っています)成果だと思っています。この看板を取り下げる必要はないと思いますが、消費税増税はこれに逆行すると絶対言われますからね。理由のひとつとして分かり易さ・簡素さが消費税のマイナスイメージを緩和してデフレマインドを悪化させない可能性が論じられてもいいんじゃなかろうかとは思いますがどうでしょうか?

当分次はやらない。デフレ脱却できなかったら、次は20%ね(笑)という話ですが。


※10月10日訂正。詳しくは10月10日記事参照。

消費税の使途としては専門的には地方税が正論なんでしょうが、増税が必要になるのはどう見ても少子高齢化に対する対応=社会保障の拡大が理由です。大学に対する全面無償化は筆者は疑問ですが、教育の無償化も子育てのコストを下げ少子化問題を少しでも改善していくという文脈で正当化されるとは思いますね。税の議論はまだまだ勉強しなければならないことが多いですが、イメージ戦略として増税が必要になるのは社会保障が拡大するからだと主張するのも必要なことだと筆者は思います。国民が賛成しにくい話は如何に良いことでも政治では中々通らない訳ですから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮解散

2017-09-19 23:00:07 | 政局・政治情勢
それでは駆け足で記事を連投していきます。少し遅くなりましたが、今日本政治における最大の話題衆院解散についてです。

保守速報経由で知ったのですが、安倍首相は「人づくり解散」と言っているようですね・・・(「人づくり解散」教育・子育て支援争点に 日テレNEWS24 2017年9月19日 11:56)。

>来月に行われることになった衆議院総選挙において、安倍首相は今回の解散を「人づくり解散」と位置づけ、教育や子育て支援に対する税金の使い道を拡大、充実させることを争点の柱として掲げる方針を固めた。

年上で日本で一番偉い安倍首相を勝手に時折安倍ちゃんなどと馴れ馴れしく愛称で呼ぶ筆者ですが(来松した時に見たことがあるような記憶はなくもないんですが、勿論面識はありません)、人づくり解散はイマイチですね。

筆者なら北朝鮮解散にします。みんな北朝鮮制裁に賛成だから争点にならないって?でもみんな何となく勘違いしていると思うんですよね。日本は議院内閣制であって、大統領制ではありません。実際問題明快な対立軸は必要ではないと思います。ホントですよ。信を問うって言葉があるでしょう?議院内閣制の本家本元とも言えるイギリスのメイ首相もブレグジットの信を問うとして解散しましたね?別にブレグジットの是非を論じる力量が無いので筆者はこのことに関してあまり言及しないことにしているんですが、議院内閣制において自分の政策の信を問うため解散を打つのはある意味当然の戦略なんですね。国民に議論がない問題で解散を打つのは勿論邪道でしょうが、北朝鮮問題に関連して安全保障で国民に対立軸はあるだろうと筆者は思っています。

自民党は今度の選挙で敵基地攻撃能力の整備の着手と軍刑法の制定・9条の全面改訂を公約にすればいいと思います(※追記:ネガティブリストへの転換や日本では未対策のEMP対策もそうですね)。安倍首相は小野寺防衛相の敵基地攻撃能力検討発言に対し、敵基地攻撃能力はとりあえずやらないというようなことを言ったと思うのですが、敵基地攻撃能力の整備はこれまでも言われてきて結局はやらなかったこれまでの路線を踏襲した発言だと思います。でも北朝鮮情勢が緊迫してきて全ての選択肢を検討して整備することが重要になってきたのではないかなと筆者は思います。最初敵基地攻撃能力の整備が言われた時はトランプ(呼び捨てにしているのは米流で勝手に気安く呼んでいるのだと思ってください。書くまでもありませんが面識がある訳ではありません)就任以前で、北朝鮮問題が必ずしもホットではなかった時期です。トランプの本気がこれまで膠着してきた北朝鮮問題を前に進めているエンジンだと筆者は思います。安倍首相は最初敵基地攻撃能力整備の議論は認めるもののメリットと政権の安定性を考慮して整備しないという結論を下したのだと思います。9条3項追加もちょっとそんな感じですね。でも解散を打つぐらいの情勢ですから(誰がどう見ても北朝鮮情勢と解散は関連性が深いと思います)、ここは国民の信を問い国民の認識を引き上げにかかるべきではないでしょうか?ミンシンを筆頭とした野党は弱体な訳ですし、ちょうど良い反対勢力になってくれるでしょう。逆に賛成してくれるなら、長年の政治課題が一気に片付きます。今やらないなら、何時までたっても半永久的に戦後レジームは続いてしまうように思います。筆者は第一次安倍政権における安倍首相のトラウマ体験を理解しますが、今は随分情勢が変わってきているように思います。これは是非ともやってほしいですね。軍刑法の制定もそうで、普通に北朝鮮の魔の手から日本を守れるような体制を築いてほしいというのが筆者の望みです。公約は必ずしも実行できるとは限りません。公明党さんは反対するかもしれませんが、別に公明党さんと公約を同じにする必要もないでしょう。逆も真なりな訳で。選挙で国民に信を問い政策議論というステップを踏んで政策課題にチャレンジするというのが政治の常道ではないでしょうか?憲法改正の環境づくりが目的ですね。教育無償化もいいですが、無償化を邪魔する条文は現行憲法にありませんから、憲法改正の理由としては根拠薄弱は否めないと思います。リスクはゼロではありませんが、なんぼなんでも守りすぎのように見えます。国民にボールを投げないと何時までたっても前には進みません。経済もガラパゴスを言われますが、政治も大概カメ(ガラパゴスゾウガメ 画像)です。ウサギとカメでカメは真面目の象徴ですが、今行かないと何時行くんだで、ここは速球を投げ込めと筆者はモニターの前で外野から勝手に監督気分で指示を出しています。自民党に一部例外があってもほとんどの人は憲法9条に疑問を持っているそうじゃありませんか。当然ですよね。家族のあり方を憲法で規制すると誤解をうけるような案は封印しておいて、常識的に法律として明らかに可笑しいだろうというところを正論でズバっといけばいいと思うんですよね。今こそですよ。勿論範囲は今はアジアに限ると明示した方がいいと思います。カーブボールでイラク戦争(ウィキペディア)の正当性に巻き込まれるようなことでは選挙に勝ち目はありませんから。アフガン戦争に正当性はあると筆者は思いますが、正当であれども現実問題としてまだアフガン戦争は終わっていませんから(アフガン戦争に関してはいずれまた書くつもりではあります)、戦後レジームにつかり過ぎた日本にはまだ早い議論だと思います(これもやると選挙で負けるでしょう)。ステップバイステップでまずは東アジアの安全保障を日本は考えるべきです。拡大解釈のレッテルはそうはならないよう明文化する訳で笑止、デマを流すなです。北朝鮮問題は核不拡散問題ですから、日本の核武装の議論はマイナスの影響が強くここでは見送っていいと思います。代わりと言ってはなんですが、核武装大国中国相手に日本が前面に立つ議論も封印ですね。それでもアメリカと協力して敵基地攻撃能力を整備する話は安全保障問題に関して重要な一歩で、日本の平和を守る議論だと思います。如何にもGDP1%の縛りはキツ過ぎます。イージスアショアもやるんなら、予算は絶対足りないでしょう?(防衛産業が盛んな)アメリカの景気が良くなれば、日本への波及効果も馬鹿にならないはずです。安保法制反対のミンシンも黙ってろです。なし崩しと言われようが何だろうが諸国民の正義を信じ戦力の不保持をいう現行憲法下での自衛隊の創設は筆者は正しかったと思っています。筋論に拘り過ぎるとスパイみたいな方々がウヨウヨいて力を持っていた現実に為すすべも無かったでしょう。安保法制をやったおかげで今回の北朝鮮問題でも自衛隊は米軍と協力して給油など活動ができたようですので、やはり正解だったと言わざるを得ません。9条改正反対派のマッチポンプ「解釈改憲」反対論など筆者は一顧だにするつもりはありませんし、その必要も無いと思っています。

安倍首相、衆院解散は訪米の帰国後に判断 自公幹部は結束確認(ロイター 2017年9月18日 / 21:24)

解散は首相の専権事項でトランプがどうこういう問題ではないと思いますが、安全保障政策は日米同盟がありますから米国とのすりあわせは必須ですね。日本がアジアで戦争を始めてもアメリカがアジアで戦争を始めてもどちらも互いが巻き込まれることになります。今は核ミサイルがある時代なので特に互いの連携は密にするべきでしょう。安全保障を前に進める決意があるなら、トランプ政権とよく話し合って政策を提示するのも必要なプロセスでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

堺市長選で自共の相乗りは避けてほしい

2017-08-22 07:46:48 | 政局・政治情勢
維新憎し…大阪で「自民共」共闘、再び(産経ニュース 2017.8.20 18:46)

>堺市長選は、3選を目指す現職の竹山修身(おさみ)氏(67)と、維新の母体の地域政党「大阪維新の会」公認の元大阪府議、永藤英機氏(41)の一騎打ちになる見通しだ。民進党は竹山氏の推薦を決定し、自民党府連は党本部に推薦を要請している。共産党系市民団体も支援を決めた。

地方では保革の相乗り候補も結構いますが、やはりあまり望ましいことではありません。特に共産党と同じ候補を推して維新と戦う構図は自民党も理念がない政党に見えてしまうでしょう。ミンシンの共産党との連携を笑えないですよ。別に是々非々で都構想に反対すればいいだけの話で、安倍首相は大阪府連に対しリーダーシップを発揮してほしいと思います。憲法改正への布石は筆者も重要だと思うんですが、教育に関しては安倍首相より自民党の方々に筆者は気持ちが近いんだと思います(「教育無償化」自民党推進本部会合で賛成ゼロ 「維新巻き込む考え、よくない」 産経ニュース 2017.8.1 19:11)。寧ろ維新とある程度協力して欲しいのは堺の方です。少なくともミンシンや共産と同じ陣営というのは疑問でしょう。まぁ竹山氏に負けてしまうかもしれませんが、こんな目立つところ(大阪)で理念なき相乗りをするのもちょっと見苦しいですね。筆者が言うのも何ですが、自民党には品格があってもいいんだと思います。

憲法改正への布石で言えばミンシン党代表選ですが、どっちもどっちで対立するとは思うんですが、まだ前原氏の方がやり易いでしょうね。枝野氏を支持する左翼の反対のための反対体質は鉄板で結論を決めて理由を考える確かな野党につける薬はありません。共産党とも連携するようですし120%本音はゴケンでしょう。前原氏(京都)だと安倍政権が進める重要政策のインバウンドの拡大で何らかの協力もし易いでしょう(市長は民主・自民・公明・社民推薦)(府知事は自民、民主推薦、公明党や日本維新の会の支援)。逆に言えば、ミンシン党は対立のための対立がやりたければ枝野氏一択でしょう。その辺は自分達の党のことですから、好きにすればいいと思うんですよね。

※堺を大阪と誤記あり修正
コメント
この記事をはてなブックマークに追加