トンサンの別荘

初代iMacが壊れ、本宅「マック鈴木家へようこそ」が更新できなくなったので、2010年9月27日よりこちらで情報発信。

フレーム取り付けカメラの取付方研究と改造 その4

2014年04月01日 23時49分05秒 | 工作

4月1日(火) 晴れ

フレーム取り付けカメラの取付方研究と改造 その3の続きの作業をしよう。今日で4日目だ。

前回はアングルを買ってきて、カメラ取付台まで作った。
今回はそのアングルをどうやってメリダに固定するかだが、フレームに穴をあけてビス止めするのが一番いい。
確か昔とおるさんのブログに、ボトルホルダーのナットをインサートする記事が出ていたなと・・・

TREK 7.3FX 番外 ボトルケージ台座修理

その時勉強して見つかったのが「ちょっとナッター」だ。
これでフレームにネジを取り付けできる。
「ちょっとナッター」の台紙に、下穴のドリルは7.1mmと書いてあったので、買いに行く。
ケーヨーデーツーは6.5mm、7.0mm、7.5mmで7.1mmなんて言う中途
半端なドリルは無い。
ビーバープロで買った。


710円。
昨日買っとけばいくらか安かったんだが、まぁいいや。



ついに開けてしまった。7.1mmの穴。(下側)




台紙に書いてある説明通りにやって見る。
ところが失敗。
エビナットをつぶした後、真ん中のマンドレルを抜かずに17mmメガネスパナを回してしまった。
ここが説明書通りではなく、間違えてしまった。
結果、エビナットが浮いてぐらぐら。

もう一度六角レンチでマンドレルを締めつける。
何とか固定したようだ。

17mmメガネスパナは、固定するだけで回さない。



1個完成。




トップチューブとアンダーチューブに1個づつ取り付ける。
カメラ取付台を固定して見る。(まだ左側だけ)



右側も同様に取りつけた。




左右はほぼ同じ位置。 左 トップチューブ    右 アンダーチューブ
計画した時は、「左右別の位置の方がフレームに与えるダメージが少ないかな、ずらそうか?」
と思ったのだが、アングルの穴位置で決まってしまうし、フレームが太いから大丈夫だろうと。



カメラ取付台をフレームに固定する。


カメラのストラップをスプリングで下に引っ張る。
(カメラの右側の受け台に、カメラを密着させるため)




前から見たところ。




後ろから見たところ。(ストラップ固定前の写真)




カメラはワンタッチで外すことができる。




あれ、これは誤算だ。    ハンドルを回すとこの位置で・・・




取付アングルとスイッチボックスが当たってしまう。
右にハンドルを切る時は気をつけよう。


動画走行テストは、後日行う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブレーキを利(き)きにくくし... | トップ | 「酔わない自転車動画 」を目... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

関連するみんなの記事