トンサンの別荘

初代iMacが壊れ、本宅「マック鈴木家へようこそ」が更新できなくなったので、2010年9月27日よりこちらで情報発信。

スローパンクは直せず

2011年01月31日 00時00分01秒 | スポーツ自転車の修理・整備・改造
1月30日(日)
メリダのスローパンク直さなきゃ。ネットでいろいろ調べてみるが、結局みんな原因は分からずチューブ交換している人が多い。
でも中には針のような 目で見てもわからない穴から、ゆっくりと空気の泡が出ているのを発見したという人もいた。
それではもう一度じっくりと時間をかけて見てみよう。


両足スタンドがあるのでタイヤは外せない。そのままチューブにパンパンに空気を入れるが、フレームのほか荷台ステー・泥除けステー・両足スタンドとスポークに挟まれてチューブを回転させることができない。
仕方がないのでいったん空気を抜いてチューブを回転し、また空気を入れて膨らます。

しかしじっくりと水没させて調べたが、泡の出るところは無い。
タイヤとリムもていねいに調べる。


スポークのニップルにバリは無いか? ⇒ バリは無し
タイヤに何か刺さっていないか? ⇒ 何も刺さっていない

ということで原因不明。しばらくメリダに乗る前は空気を入れることにする。これで一日は乗れる。
そのうちチューブ交換することになるだろう。タイヤはまだ良さそうだ。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

オヤジさんの血圧が下がった / あゆの会の新年会

2011年01月30日 13時12分41秒 | 日記

1月29日(土)
オヤジさんは昨日より調子が良くなり、少し椅子に座ることもできた。
入院中は飲んでいなかった血圧を下げる薬も飲み始めたので、血圧を測ったら昼より下がった。
12:00 187   98
17:30 146   76


メリダで買い物に行こうとしたら空気が少なくなっていた。空気を入れれば一日持つが、スローパンクを直さなければ。

メリダの荷台に取り付けているBOX(先日改造した)のひさしだが、足が上がらず何度か当てて変形させてしまった。

そういえば今までも足が上がらず、何度かBOXを蹴っていた。


夜 あゆの会の新年会があった。場所はいつもの「ぼちぼち」で。
集まったのはいつものメンバー14人。ほぼ男女半数。
こういうグループ構成だと長続きしそうだ。ずいぶん楽しい新年会だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかあの実家のオヤジさんが来て。

2011年01月29日 09時58分42秒 | 日記

1月28日(金)
おかあの実家のオヤジさんの退院。そのまま家へ連れてくる。
しばらく鈴木家で静養。
「寒い、寒い」と言う。入院前の実家のオヤジさんの部屋は暖房が無いので寒くは無いはずだが、入院中に病院の温かさに慣れたのか。
ちなみに鈴木家の室温は11度。暖房費節約のため、15度くらいまでしか温めないが、しばらく18度設定にしよう。
鈴木家の室温は低いので、いつも外にいる格好と同じ服装だ。
暖房は1階はガスファンヒーターと電気カーペット。2回は電気カーペットと電気ストーブを使っている。
夏に比べると光熱費がかかる。なので家の中でも外の服装。
鈴木家に来た人は「寒い」というが、先日遠い親せきへ行ったら、そこのうちも同じように寒かった。家の人ははんてんを着て外にいる服装と同じようだった。
それでいいのだ。みんなぜいたくをしすぎていると思う。冬は寒くて当たり前。

しかし、寒いというので電気かけ毛布を買いに行った。ケーヨーとイトーヨーカドー、サティと布団屋へ。
どこにも電気かけ毛布は無かった。ケーヨーで安い電気しき毛布を買った。1780円。
翌日のチラシに同じ毛布がコジマで1480円で売られていた。
ヤマダ電機では別のメーカーの電気しき毛布が980円。
急いで買うと安く買うことはできない。

年をとって目と耳が不自由で、日常生活を自分でこなせなくなってきている。
今はまだ立ち歩きできないが、立ち歩きできるようになっても、自分の家と違って手探りでトイレに行くのは大変だろう。
耳は遠いが、ラジオを聴くぐらいしか楽しみが無いので、寝ながらラジオを聞いている。
ラジオは古くてガリガリとうるさい。新しいラジオにかえても、スイッチやボリュームの位置がわからず戸惑うだけだろう。
鈴木家は部屋が無いので、トンサンが昼間過ごしている居間に寝てもらっているのだが、このラジオの音の中でこの日記を書くのはなかなか大変。トンサンはながら作業はできないので。
いやそれよりも隣の家がすぐ近くなので、この音量で迷惑をかけているのではないだろうかと気になる。

おかあはオヤジさんと一緒に居間で寝泊まり。
介護はものを与えれば済むというものではないので大変。薬も決まった時刻にのませなければならないし。寝かせておけばよいというものではない。狭い居間は布団とおむつでいっぱいだ。
あと20年後、トンサンはどうしているのだろうと老後のことを考える。
家の中は段差だらけだ。トイレが1階にしかないのも困るだろう。
20年後は団塊の世代が、みんな80代になる年だ。日本の仕事は老人の世話をするというのがメインになるのではないだろうか。
その時、延命治療は見なおされるのではないだろうかと思う。

おかあ、親孝行できるのも今のうち。あまり負担を感じない程度に親孝行・親孝行。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

メリダで藤沢七福神めぐり

2011年01月28日 00時08分33秒 |  峠を越える / 七福神めぐり

1月27日(木)
藤沢七福神まつりもそろそろ終わりだ。今日は天気も良いので行ってこよう。
走行距離 62.89km     積算距離 5153.6km  10:10出発  18:10帰宅

今日は
去年行った順序ではなく、北から南へ降りていこうかな。


県道22号 用田から見た富士山は笠雲をかぶっていた。



養命寺 (布袋) 11:31  18.72km
今日はこんな格好。 105円の保護眼鏡をかけているので涙は出なかった。外すと結構風が目にしみる。
やはり手袋一つでは指先が冷たい。靴下も2枚はいてくれば良かったな。





白旗神社 (毘沙門天)  11:50  20.32km



常光寺 (福禄寿)   12:02     20.95km
ここは消防署の横を入ったところにある。去年は入口がわからなくて行ったり来たりした。



感応院 (寿老人) 12:14    21.82km



諏訪神社 (大黒天)  12:24    22.09km
おなかがすいた、どこかでお昼にしよう。いつもは牛丼や菓子パンを買って食べるのだが、今日はデニーズに寄った。ガストに比べると高いな。



皇大神宮  (恵比寿) 13:41      
ここだけ少し離れていてわかりにくい。ちょっと探した。



恵比寿様



滝口寺 (毘沙門天) に到着  1:27     31.53km
今日は新しい靴とストレッチタイツを履いて。



滝口寺の五重塔  梅が咲き始めていた。


江の島に到着  14:32  32.88km



江島(えのしま)神社  (弁財天)  



平日なのに結構混んでいた。



日もだいぶ傾いた。  15:07  藤沢市観光センターに寄って手拭を手に入れて帰ろう。



車輪 向こうにレールが敷かれている。ここはかつて鉄道が通っていたらしい。
なにかわかる表示が無いかと探したが、見つからなかった。
---ある人のホームページに「旧国鉄相模支線跡地で一之宮緑道として整備を行った」という看板の写真があった。---



七福神を回り終えたので、開運干支暦手拭(かいうん えと こよみ てぬぐい)を100円でGET。
ま~ちゃに「たこせんべい」600円と「ぬれおかき」500円のおみやげ。
おかあに頼まれたみかん1箱は3000円と4000円だったので高い。袋入りのみかん480円といよかん380円を買った。
別の八百屋でバナナ130円も買った。これでメリダのかごは満杯。



開運干支暦手拭を今年のものに入れ替えた。

順序は違うが去年回っているので、場所はわかりやすかった。
帰りに相模川の左岸(東岸)を走り、ゴルフ場に入ってしまい、道に迷ったので時間がかかってしまった。
初めて国道134号の車道を(いつもは歩道)茅ヶ崎まで走ったが、今日は平日でローディに追い越されることは一度も無く、落ち着いて走れた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原因不明のパンク/本「自転車会議」を読んで

2011年01月27日 00時00分01秒 | 日記

 1月26日(水)
昨夜 手話サークルに行くためメリダ(自転車)に乗ろうと思ったら、空気が抜けていた。
また後輪だ。手話サークルへは歩いて行く。

この間の修理がうまくできていなかったのかと、水を張って空気漏れを調べるが。


空気は漏れていない。

では他のところか? 一周見たが異常なし。
おかしいなぁ、どこも空気漏れしていない。
こうして様子を見ていてもチューブの空気は抜けてこない。スローパンクか?



とりあえず穴はここしかないので、端の方のめくれあがっているところも、ていねいにゴム糊で貼っておこう。



両足スタンドをピカピカに磨く。

「やいやい、このピカピカ光った両足スタンドが目に入らぬか。」
・・・と目に入れさせるためにはローディの前へ出ないといけないのだな。
貧脚のトンサンにはちょっと無理か。
・・・ (ーωー )


今日の改造品
石鹸(せっけん)入れ
お風呂場で使っている石鹸入れだが、水はけが悪いのか石鹸がドロドロに溶けて、すぐに無くなってしまう。
穴をあけて水はけを良くしてみた。


改造前



改造後・・・ってただ穴をあけただけだが。


本「自転車会議」を読んで



だまされた!!
タイトルの下に 
疋田 智・片山 右京・今中 大介・勝間 和代・谷垣 禎一 と5氏の名前が書いてあったので谷垣さんも会議に出ていたのだと思った。
読んでも読んでも谷垣さんは会議に出てこない。最後まで会議には出てこなかった。

疋田さんと勝間さんは自転車を日常の足としてとらえていること、片山さんと今中さんは自転車をスポーツとしてとらえていることが、この会議の特徴だ。
まぁ人数的なバランスは良いかもしれない。
トンサンが共感しやすいのはもちろん日常の足としての自転車だ。
ただ、この会議の中で「最後はみんなロードバイク乗りになる」ということが言われているが、そんなことはない。
トンサンはロードバイク乗りにならないぞ。
もしロードバイクも持てたとしても「1台に絞れ」といわれたら今のメリダだ。
ロードバイクでは第3のビール1箱が運べないではないか。

谷垣さんは会議には出なかったが、インタビューの中でさすが! と思わせる意見を言っている。
それは国を動かす国会議員だからということを期待してかインタビューアーの「高速道路の下に高速自転車道を設置したら」という意見に対して、もっと地道に「まず、今の道路が走りにくい。自転車に乗っていない人が道路を作り、法律を作り、道路規制をしている。三叉路を右に行こうとしても危なくて走れない。こういうところから取り組んでいかなければ」と、現実を良く知っている。
夢を語るのは大事なことだが、まず現実を改善していかなければと痛く共感。信頼できる人だと感じた。
菅さん 超党派で谷垣さんを国土交通大臣にしてよ。


それにしてもなんだ! この本の表紙の写真は!
尻を上げてスプリントしているかと思えばヘルメットはかぶっていない、手袋もしていない。
おまけに革靴だ。こんな格好で走ったらペダルから滑って転倒だ!!
背広の背中もビリビリに裂けるぞ!!
尾灯も付いていないので夜は走れないぞ!

それに後ろから付いてくる子供用三輪車に乗ったおっちゃんはなんなんだ!!
PHP研究所 もっとまじめに本を作れ!!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

トイレに関する思いで。つらつらと。

2011年01月26日 00時00分01秒 | 日記

1月25日(火)
もう1月も終わりに近い。七福神巡りに行かないと・・・
熱は平熱に戻ったが、まだのどもいがらっぽいし、なんだかすっきり治っていない。
そうだ、トイレの神様にお願いしよう。
まずはトイレを掃除しなきゃ。

 ♪ トイレには~それはそれはキレイな~女神様がいるんやで~

掃除前   家を建てたときから改装もしていないままだ。



掃除後  もうそろそろ改装したいんだが。


え、変わっていない?
では間違い探し。上の写真と下の写真で違うところは? 
(答えはありません)


今年もトイレのカレンダーは献血でもらったカレンダー。トンサンの予定が書き込んである。
コーナーにつるしてある時計(猫がベッドで寝ているBox)の上に、古い香水(芳香剤の代わり)とけんけつちゃんのマスコット。
厚木市で配布している「防災対策ガイド」何度も読むつもりで置いているが、一度読むともう読まない。
(*^ω^*)ポリポリ
先日
常泉寺へ行ったが、その時にもらった暦(こよみ)を少しずつ読もうと、トイレにつるしている。

トイレットペーパーの左にある丸くてポチっとしたものはタオルハンガーを取り付ける部品だ。
反対側にもある。これはおふくろが、タオルハンガーにつかまって立ち上がりやすいように自分で張り付けたものだった。
思い出せばトンサンはこの時冷たかった。おふくろが困っているんだから、一緒に解決してやればよかったのに「タオルハンガーにつかまったって弱いからすぐに壊れてしまうよ」と静観していた。
タオルハンガーは壊れず、やがておふくろはだんだん体が弱くなって入院してしまった。
新しく建てた家に住めたのも1年半。あっという間に他界してしまった。
トイレでこのタオルハンガーの残された部品を見ると思いだす。
「もっと優しくしてあげればよかった」と。孝行したいときには親は無し。


そういえばこのトイレでオヤジが残したものがある。窓だ。


トイレの電気の消し忘れを防ぐために作った、この小さな窓。
確かにこの窓が無いと消したかどうかわからない。今でもこの窓は重宝している。
ちょっとしたオヤジのアイデアと工作だ。


トイレは狭いので掃除はすぐに終わり、廊下と階段、食堂の床も掃除した。
久しぶりに部屋の入口にかけてある表札も、拭き掃除した。


これはトンサンが家を新築した時に、はんだごてを使って作った表札だ。


思い出した。この家の前の家をオヤジが建てたとき、トイレは無かった。
どうしていたかと言うと、裏に大きな穴を掘り、ごみを捨てていたがその隅がトイレだった。
穴には梯子(はしご)を使って降りていた。トイレを済ませると土をかけていた。
穴の中には便所蜂(刺さない)や、はさみむし、かまどうまなどの虫がいた。
トンサンが小学校1年生のころだった。「穴の中でウンコしている~」と悪ガキにからかわれた。
いま、そんな虫は見たことが無いなぁ。

オヤジもさすがにトイレが無いとまずいと思ったのだろう。やがて自分でトイレを作った。
家の壁を伸ばして洗面とトイレを作った。トイレはコンクリートでマスを作り、肥えだめとした。
いわゆるポットントイレである。ウンコをするとお釣りが戻ってくるあれだ。冬はお尻が吹き込む北風で冷たかった。
便器も木で作った。床に穴を開けたところを囲っただけであるが。陶器製の便器になるまで、だいぶ長い間使っていたような記憶がある。

たまった糞尿は表面が乾いて固まってくると、それほど臭くは無かったが、バキュームカーが来て吸い取って行くと、とたんにものすごい悪臭となった。
ウジもわいた。金バエの幼虫だ。白いウジが汚物の中でうごめいていた。液体の薬も良くまいていた記憶がある。

便所紙(と言った)は新聞紙を切ったものだった。使う時に手でもんで柔らかくした。
しばらくして粗悪な灰色の紙になった。新聞紙を溶かして便所紙にしたものだ。印刷の文字がちぎれた紙の中にあった。
ロールになったいわゆるトイレットペーパーになったのはいつのことだろう。
下水が整備され、水洗トイレに代わったほうが早かったのだろうか・・・

32年前に家を建てたとき、友達に相談した。「トイレの便器は洋式がいいか和式がいいか?」
友達は言った。「そりゃ絶対 洋式がいいよ。」友達は断言した。
洋式にして良かった。今では考えられないが、当時家を建てるときは、洋式・和式が半々だった。
いまだに小学校などでは和式トイレがあるそうだが、早く洋式にかえてあげたいものだ。


1畳も無い たった0.75畳のトイレだが、思い出はいっぱい詰まっていたのだった。
 ♪ トイレには~それはそれはキレイな~女神様がいるんやで~

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

花壇の柵の修理

2011年01月25日 00時14分19秒 | 工作
1月24日(月)
家の前に小さな花壇があるが、昔おじいが作った廃棄前のアンテナポールを使った柵が壊れてきた。
でも縦になっている支柱は使えるのでそのままにし、横の棒だけ取り換えることにした。
昨日買ってきた植木用のポールを使う。


修理前



ポールのシールがはがせない。
実はこの上から、この部分だけ透明収縮チューブがかぶせてあった。
本当は、はがしやすいように先に透明収縮チューブをかぶせるのが正しいのではないか、MADE IN CHINAさん。
指導した日本も確認ができていない。おーい、中途半端な指示だぞ。
(*`ε´*)ノ_彡☆バンバン!!


ドライヤーで温めながらはがしても、紙が破けてはがせない。
爪で削ったり、ナイフで削ったり。



パーツクリーナーでやっときれいにした。



さてこのポールはなんで(材質は)できているんだ?  ・・・画像ぼけているなぁ・・・
両端は樹脂で埋まっているのでわからなかったが、鉄のこで切ってみたら薄い鉄パイプの周りに、樹脂が取り囲んでいるのだった。



作業終了


昨夜雨が降ったらしい。プレマシーのボンネットが汚れていたので拭いたら・・・


ワイパーの根元のキャップが外れて、道にコロコロと。
「あれっこんなところ外れるんだ。」
左側のワイパーのキャップもすぐに外れてしまったので、ボンドで接着。
とれなくても困るが、ブレードがこわれて外す時はキャップも交換だろう。

さて昨日今日と微熱も無くなり、平熱の35.6度。風邪も直ったようだ。
そろそろ七福神巡りに行かないと、イベント期間が終わってしまう。

(注)
体温が35度台の人は低体温症と言われますが、トンサンは低体温症ではありません。
NHKあさいちと言う番組で放送していましたが、深部体温が35度未満なら低体温症の可能性があるとのこと。
トンサンの35.6度はわきの下で測った体温で、深部体温よりも低く出るそうです。
・・・しかし、わきの下で10分間以上測っても35.6度というのは、もしかして低体温症???
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相模原で健康診断。ストリートビューは便利だ。

2011年01月24日 00時00分01秒 | 日記

1月23日(日)
おかあとふたりで健康診断を受けてきた。
勤めているときは会社内で健康診断をしてくれるので楽だが、退職した今は指定された機関まで出向いて受けなければならない。
しかもその日に合わせて都合を付けておかないと、風邪などひいて受けられないと下手をすると来年まで健康診断が受けられない。

診断を受けられる場所に厚木市がリストアップされていたが、人数が少なかったのか厚木市での健康診断は無くなり、その後行われる近くの場所は、相模原市の市民センターだったので、そこを申し込んでおいた。

ところが二日前になって教育会館に場所が変わったという電話連絡があった。
そこに駐車場があるかどうか、車での行き方は?
などいろいろ調べ、カーナビにインプット。
カーナビで検索できたから良いが、初めてのところに地図だけで行くのは、よほど余裕を持たないと。
今はグーグルのストリートビューがとっても役に立つ。
目的地の建物の横をストリートビューが通っていたので、ビルの形や色、道路状況などを事前に訪れたように調べることができる。
これで安心して初めての地を訪れることができる。
プライバシーがどうのこうの言われていたが、トンサンにとってはストリートビューさまさまだ。
もちろんプレマシーの運転はおかあ。トンサンはナビの捜査とストリートビューで見た建物探し。
健康診断予定時刻より1時間も早く着いてしまった。ちょっと心配しすぎだったか。
あたりを40分ばかり散歩してきた。

それでもトンサンは最初か2番目だった。
開始時刻を過ぎてだんだん人が集まってきた。トンサンが終わる頃は部屋の中は診断を受ける人でいっぱいになった。
ほとんどが女性だったが、女性と一緒に健康診断を受けるのは小学生の時も無かったような・・・ちょっと違和感を覚える。
他はいいが、胸部レントゲン車は同じ車で、男女分けずに来た順番で撮影するそうだ。
男は良くても、女性は困るのではないだろうか。
心電図を取るのもベッドではなく、机を2台並べた上に薄いマットが敷かれた上に横になった。
それ用の設備が無いところで行う健康診断は、主催する方も大変だろう。

さて健康診断も無事終わり、厚木近くには無いカインズホームで買い物。
おかあは植木用に黒土大袋(14kg)248円、トンサンはビニール用ボンド148円を買った。


どうしても100円ショップでは見つからないビニール用接着剤。
コニシ株式会社 品番 ♯11023  20ml  148円

そうそう、ここにはダイソーで105円のコニシボンドG17が消費税込みで100円だった。
セメダイン3000(瞬間接着剤)も100円だ。100円ショップでは消費税が入って105円になる。
このように同じ商品でも100円ショップよりも安いものがある。
そうだ100円ショップのコーナーに100円ショップより安いものコーナーを作ろう。

そのほか相模原のシルクで1本105円の植木用ポール2本を買った。
これは後日植え込みの柵用として使う予定。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バスツアーで浅草寺とスカイツリー見物

2011年01月23日 01時19分25秒 | 日記

1月22日(土)
住宅会社のバスツアーに参加し、初めてスカイツリーを肉眼で見た。

午前中は建築デザイナーのセミナーに参加。午後ショールーム見学の後、浅草見物へ。


バスが「業平橋」を通過したら、橋の上から東京スカイツリーを見上げる人がいっぱい。

2011年1月15日のスカイツリーの高さは559mだそうだ。今日はもう少し高くなっているのかな。
近くの東部伊勢崎線「業平橋(なりひらばし)駅」の駅名も来年春には「とうきょうスカイツリー駅」に変わるらしい。


バスは浅草寺に到着したが、雷門だけ撮って隅田川沿いを歩いてスカイツリーを見に行こう。



墨田区役所(左端)とアサヒビール本社ビルの間にスカイツリーが見える。
右の金色の火の玉のようなものはアサヒビール吾妻橋ホールのオブジェ。



ズームアップ



さらにズームアップ
いつもの小さなデジカメで最大に電子ズーム。
手持ちでは撮影できず、橋の欄干にカメラを当てて写した。



墨田川沿いの道を歩いていたら自転車の飾りが。
「墨田公園自転車駐車場南出入口」の看板が付いている。
黄色い「自転車安全利用五則を守りましょう!」の垂れ幕も。



墨田公園から吾妻橋を望む。夕景が美しい。



金色のアサヒビール本社ビルに夕日が反射して、より一層金色に輝く。



ドラマの撮影をしているらしい。横に倒れた女性が、大きな声を上げた。
この先にも土手上の道で、撮影しているグループがいた。



水上バスは結構乗客がいた。鳩がいっぱい飛んでいたが、1羽写ってしまったらしい。
ちなみにここから見るとスカイツリーは左右対称ではない。



さて浅草寺に戻ると、夕日で美しいシルエットが浮かび上がっていた。



夕暮れの浅草寺を写したら、暗い部分に絞りがあって、空が飛んでしまった。
面倒なので、デジカメはいつもオート。



こちらも空が飛んでいるが、屋根の下が良く見える映像も悪くない。
解像度はだいぶ悪いが。



大きなわらじがつるしてあった。



宝蔵門 屋根は安全のため、全国初のチタン成型瓦が使われているとのこと。



宝蔵門のチタン成型瓦と、向こうは五重塔。



さて日が暮れた「仲見世」を、お土産を探して散策しよう。
羽子板や絵馬など正月の縁起物が宙に飾られていた。



トンサンは人形焼きとサザエさんせんべいを買った。


夕食後 すっかり暗くなった仲見世を通ってバスに向かう。



ライトアップされた宝蔵門と五重塔


今日は天気も良く、風もなく温かでとてもよい旅行日和だった。
お世話になった住宅会社の人々、バスガイドさん、ドライバーさん、一緒に参加した方たち
皆さんありがとうございました。

 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

押し入れのセーターに虫食いの穴が・・・

2011年01月22日 00時46分18秒 | ポタ&買物

1月21日
トンサンのセーターはみんな安物なので惜しげは無いのだが、のきなみ虫食いの穴が。
「あーっこれもやられてるぅ」
というわけで虫退治の薬を買いに。
近いので歩いて行く。
自転車に乗ってサイクリングする前は、ちょっと遠いと車で買い物。最近は車で行ったところはメリダ(自転車)で行くようになっている。ならば今まで自転車で行っていたところは歩いて行こう。ということで歩き。
今日は「ポタ&買物」ではなく「スタスタ&買物」だね。(⌒ω⌒) 

ポイントカードがあるので「ハック ドラッグ」へ。
最初「バルサンのように煙が出て虫退治できるものは?」と店員に聞いたが、無いようだ。
部屋のダニ・ノミ退治用ならあるが。
で、テレビで宣伝されていた「虫コナーズ」と「パラゾール」を。


虫コナーズ 548円   パラゾール98円×2個


虫コナーズは、この時期セーターを置いている押し入れに。
パラゾールはタンスの中に。


おや、虫コナーズのシュリンクフィルムがなかなかはがれない。


ミシン目からうまくスーッと裂けていかず、爪でひっかいても穴がいっぱい開いた容器なのでひっかかる、ひっかかる。
こんなにビリビリになってしまった。
ブログのネタにもってこいだ。(>ω<)プッ!
もっとちゃんと作ったほうがええよ、キンチョーさん。

あれあれ。シュリンクフィルムを「プラ」で捨てようと思ったら小さい赤字で「使用中は捨てるな」と書いてある。
こんなことてっぺんに大きく目立つように書かなきゃだめだよ、キンチョーさん。


スタスタ・テクテクのついでに図書館へ寄って自転車関係の本を借りてきた。


「自転車ぎこぎこ」と「自転車会議」

「自転車ぎこぎこ」はヘルメットのページを見たら「あんな変な格好のすごく高いものがかぶれるか」と、最初にトンサンが感じたことと似ていることが書いてあったので「これは読んでみたいな」と。

「自転車会議」は自転車で有名な人たち5人の会議だったので「どんなこと話しているのかな」と興味があって。
疋田 智・片山 右京・今中 大介・勝間 和代・谷垣 禎一

読後感想は後日。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャンドゥで保護眼鏡を買った

2011年01月20日 00時00分01秒 | ポタ&買物
1月19日
イトーヨーカドー内にある100円ショップ「キャンドゥ」がリニューアルオープンしたので見に行った。
のどあめが無くなったのと、リニューアル前に見つけた保護眼鏡を買いに。
はたして保護眼鏡はあるか?


保護眼鏡は105円のまま置いてあった。



「プロテクトメガネ」ほこりよけ・作業・花粉よけ 株式会社セイワ・プロ 中国製 105円

実はこれと同じ保護眼鏡をダイソーで見つけた。同じメーカーのものかどうかはわからないが、販売用に包装されていて210円だった。キャンドゥのは裸で売られていた。
ダイソーのは黄色など色違いもあった。もしかしたらUVカットなどの処理がされているのかもしれない。



(透明はフォーカスが合いにくいらしい。ぼけてしまった)

で、この保護眼鏡をなんに使うかと言うとメリダでサイクリングするときに使おうと思っている。
トンサンは眼鏡をかけているが、この保護眼鏡は眼鏡の上からでもかけられる。
眼鏡を2重にかけてマスクもし、イヤーマフもすると耳が大変忙しいことになるが。

使ってみないと効果はわからないが、風が冷たくて涙が出たり、夕方虫が飛び込んでくるのが無くなるといいな。

眼鏡をはずしてこの保護眼鏡を直接かけてみると、わりと顔にぴったり合う。
ただ折り畳みのコーナーだけは指1本入るくらいの隙間ができるが。
紫外線カットが付いていないし、材質もプラスチックなのでカーボネイトほどの強度は無い。
でもいくらか花粉もよけられるだろうし、はんだ付けの時の保護眼鏡としても使えるな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ(ホームページ)の文字サイズについて

2011年01月19日 00時00分01秒 | 日記

昨日 ブログの文字は小さすぎると書いたが、どのくらい変化できるのだろうか?
このブログにある「文字サイズ変更」とIE(インターネット・エクスプローラー)の設定を変更して画面を表示させ、キャプチャーしてみた。

まずはIEのページ⇒文字のサイズ 最小 に固定してブログの「文字サイズ変更」を変えてみた。

文字サイズ変更       IEのページ⇒文字のサイズ 最小



文字サイズ変更 標準     IEのページ⇒文字のサイズ 最小



文字サイズ変更       IEのページ⇒文字のサイズ 最小



これを見てみると「文字サイズ変更」ボタンを押してもブログ本文は14ptのフォントサイズに指定しているので変化しない。


次に「文字サイズ変更」は大に固定しておいて、IEのページ⇒文字のサイズを小~最大に変えてみる。


文字サイズ変更 大      IEのページ⇒文字のサイズ 



文字サイズ変更 大      IEのページ⇒文字のサイズ 



文字サイズ変更 大      IEのページ⇒文字のサイズ 



文字サイズ変更 大      IEのページ⇒文字のサイズ 最大



これを見ると本文やタイトル、左のフレームの文字まですべて変化しているのがわかる。
(文字サイズ変更の小 標準 大の文字を除く)


最後にトンサンはIEのページ⇒文字のサイズは 中 に設定しているが、普通の人の設定はこれが多いと思うので、中 に固定して「文字サイズ変更」をしてみよう。


文字サイズ変更       IEのページ⇒文字のサイズ 中




文字サイズ変更 標準     IEのページ⇒文字のサイズ 中



文字サイズ変更       IEのページ⇒文字のサイズ 中



トンサンの場合は「文字サイズ変更」を大にすると、本文の文字の大きさと同じになり、見やすい。
またコメント欄も本文と同じサイズで表示されるので見やすくなる。


 

ああ風邪が治らず、だるいなぁ。家にある風邪薬じゃ直らないか・・・。

今日の修理品
照明のひもが引けなくなった。


どうやら玉鎖(くさり)の部分が、どこかに引っかかっていたらしく、ひっくり返して引っ張ったら直ってしまった。


電気ストーブの音がうるさい。20分位すると消えるのだが。


どこかが共振して音が出るのだろうか? 温まってくると金属が伸びて音が出なくなるのかな。


分解するためにひっくり返してみると「昭和55年1月12日 Laox」と書いてあった。
31年前に購入したものだ。もういい加減お払い箱にしてもいいものだが、直して使うところがトンサンらしいところ。
(*≧ω≦*)ひゃっはっはっ!!

ということで反射板のネジをはずして中を見た。


うーむ、ビリビリ音が出そうな緩みは無い。
もう一度パネルをはめて電源を入れると「ブーン」


モーターを分解してみよう。


モーターにはネジが3本付いていた。
外して回転部にCRC5-56を吹きつける。


外してみて驚いた。


回転子の固定は青矢印と白矢印の2点で行っているが、なんと白矢印のネジは筐体取り付け用のネジを兼ねていた。
青矢印のネジを緩めていったらナットが下へ落ちた。
白矢印のネジを緩めていったら、筐体側にナット部分が残った。
筐体への取り付けは黄色矢印と白矢印の2点止めだ。

何故こんな風にしてあるのか、ネジを1本減らしたかったのだろうか。
そのためにモーターの回転子のバランスがとっても取りにくい。
青矢印のネジを緩く締めておきながら、白矢印のネジで筐体に固定する。
スムースに回転させるため、バランスをとるために交互に締めていかねばならない。
最後はラジペンを使い手探りでナットをつかみ、回り止めをしながら青矢印のネジを締めなければならない。



モーターの回転子のネジはいじくらないで、黄色矢印の部分2点で筐体に固定すればいいのに。(写真の穴は片方使われていない)


設計不足というより、こんな設計をする奴は馬鹿だ。



電源を入れた。「ブーン」という音は無くなった。バンザイ。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログは嫌いだ

2011年01月18日 00時00分01秒 | 日記
1月17日
風邪をひいた。ま~ちゃのインフルエンザがうつったのではなく、熱は微熱だ。
だるい。鼻水が出る。少し咳。首が痛い。のども少し痛い。

というわけで出かけず、一日中家の中。
ネットサーフィン三昧の日を過ごしているが、こんな体がだるい日は細かい字のブログを読む気がしない。
iMacの頃からブログは嫌いだった。
古いスペックのパソコンなんで、ブログを開こうとしても2分3分とまたなければ開かなかった。
写真が多いページは開かずにIEが落ちたり、ひどい時はiMacがフリーズした。


トンサンのiMacのスペック(ウィキペディアより引用)
iMac 233MHz (Rev.B)

Rev.Aの発売から、わずか二ヶ月での登場で、VRAMが6MBに(Rev.Aは2MB)、バンドルソフトの変更、グラフィックチップが「ATI RAGE PRO」へ、OSが8.1から8.5へと変更された。またメザニンスロットは廃止された(スロットが残った物も存在する)。Rev.Aも同価格でしばらく併売されている時期があった。しかし、外観、外箱等もRev.A、Rev.Bともに同じであった。

  • 製品番号: M6709J/B
  • CPU:PowerPC 750/233MHz
  • RAM:32MB
  • OS:Mac OS 8.5
  • カラー:ボンダイブルー
  • 発売日:1998年10月


今はこのiMacが壊れてしまって、仕方なくホームページの代わりに情報発信はgooブログで行っているが。
gooブログは初期設定で文字を大きくしたり、黒色にしたりできない。
デフォルトの文字は中、色はグレーなのでトンサンのような年寄りには読みづらい。
手話(ろう者)と同じように「世の中は健康な人を対象にして作られている」のでカッコよくそうしているのだろう。
なのでどこのブログもみんな字は小さく薄い。
トンサンはブログを書くたびにフォントは14pt 文字色は黒にしているが、これがアップすると反映されていなかったりしてたびたび修正している。結構大変だ。
gooブログには文字の拡大ボタンがあるので一番上に表示している。
トンサンと同じように小さい字が苦手な人への配慮だ。

トンサンが他の人のブログを読むと、たいていのブログは文字が小さく読みづらい。
だからIEのページタブの文字サイズを大きくしたりして見ているが、中にはサイト側で文字サイズを固定していてそれができないブログもある。
また文字が薄くて見難いサイトも多い。
そんな時はツールメニューのインターネットオプションのユーザー補助の書式設定でチェックを入れて見るが、色がつかないのでかなりページのイメージが変わってしまう。



ホームページだと作者の作り方次第だが、プロが作ったものでなければ見やすい。
(プロがカッコよく作ったホームページは字が小さかったり、字が薄かったりするのが多いので嫌いだ)

デフォルトで文字を小さく、字も薄くしてあるのは健常者を対象に作っているからだ。
自転車が走りにくい日本の道と同じである。
弱い人間に対して配慮されていない。
その点厚木市のサイトは良くできている。


トンサンは白黒が見やすいのでそうしているが、サイトを閉じてもこの設定は保持してくれている。


今日の修理品
録画機のリモコン

接触不良なのか電池を新品にしてもときどき操作できず。


このリモコンは以前にも接点をアルコール洗浄したことがある。埃(ほこり)が入りやすいのか?
右の白いリモコンはリモコンが複雑だからと付いてきた簡易リモコン(これを使うとさらにややこしいので使っていない)
電池交換するとテレビ操作用のボタン機能を再設定する必要がある。



強引にふたを開く。(もう傷だらけだ)



プリント基板の上にレジストで絶縁し、S字にカーブした導電膜を塗布してある。
ゴムでできたボタンは先端に導電ゴムを一体成型されており、押すとS字の導電膜をショートさせる。
おそらくこの部分が汚れているのだろう。

基板側はアルコールの付いた綿棒で洗浄する。
ボタン側のゴムはお湯で洗って乾かす。



ふたを開けるとき、時計ドライバーが滑って導電膜を切ってしまった。



この部分はテレビの電源だった。
組み立ててテストしたらテレビの電源は入り切りできた。

ということで接触不良らしい動作はしなくなった。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

堀尾さんの講演会

2011年01月17日 00時00分01秒 | 日記
1月16日
今日は元NHKアナウンサーだった堀尾正明さんの講演会に行ってきました。

テーマは「見つけよう 自分らしさ! 磨こう あつぎの底力」
場所は厚木市文化会館 小ホール
厚木市と厚木市社会福祉協議会の主催です。

堀尾さんはご存知NHK番組「ご近所の底力」で有名なアナウンサーです。
現在はフリーアナウンサーとして民放で活躍されています。

講演の前に「市民活動事例発表」として2名の女性グループリーダーから活動内容の報告がありました。
こうした地域活動の中心になっているのは女性のようです。我々男性陣も頑張らねばいけませんね。

さて堀尾さんの講演は防犯(空き巣狙い)被害をなくす取り組みをした町のお話でした。
さすがに各地で講演をしている人らしく、人をひきつける話し方でした。
こうして各地で講演のために招かれても、お弁当の質がだんだん下がってきて財政が苦しくなっているのを実感しますとか冗談を言っていました。
最後に「厚木のお弁当はどうでしたか?」と聴講者が質問した時は「エビも入って豪華なお弁当でした」と答えていました。
(^ω^*)
厚木市のように自治体主催で講演会を開くのは珍しいそうです。
また厚木市は全国で3番目のセーフコミュニティの世界認証を取得したので、これもすごいと言っていました。
どうやらこのへんから話の内容を防犯中心にされたようです。
いずれにしろご近所の底力を生かすには「強いリーダーと意見が同じ仲間(住民)が必要だ」とのことです。

講演最初には会場に来ている人たちに、拍手で年代を答えさせていましたが、やはり60代・70代の人たちが中心でした。性別は女性の方がちょっと多かったのかな。


今日の修理品
通チャリ1号のペットボトルホルダーが取れかかっていたので、固定し直した。


100円ショップで買ったペットボトルホルダー

もう1点は100円ショップで買った携帯ホルダー(カメラホルダーとして使用)

押さえが取れかかっていたので、糸で縫った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パンクした&雪見だいふくは溶けないか (・ω・;)!!!

2011年01月16日 00時04分14秒 | ポタ&買物

1月15日 100円ショップ巡りと靴と雪見だいふく  走行距離21.21km  積算距離5090.7km

いゃ、雪見だいふくはパンク修理後に買ったのだが・・・

今日も別の100円ショップ2店とスニーカーが痛んできたので、どこかで見つけたら買おうと。それとインフルエンザで自室にこもっているま~ちゃからのリクエスト「雪見だいふく」が食べたい。

まず、国道129号を南下し、戸沢橋を渡って寒川の100円ショップ「セリア」へ。


9LEDライトとビニール用接着剤を探したが無かった。飲み物を買って店を出る。


途中でペラペラのウインドブレーカーを脱いでいたのだが、まだ暑い。セーターを脱いでウインドブレーカーを着る。
スニーカーを見つけた。履いてみるといい感じ。安すぎて値段が気になるが、まぁ買ってみるか。
靴箱も捨てないで保管の時に積み重ねられるからともらってきた。
メリダのかごはスニーカーとセーターでふたのバンドが締まらないくらいだった。
サイクリングの時にセーターは良くないな。脱いだ時にかさばる。

さて銀河大橋を越えて平塚の100円ショップ「シルク」へ行こう。
と、しばらく走ると「あれ? なんか重い」
メリダを下りて歩道に上がってみると、後輪のパンクだった。
メリダで後輪のパンクは初めて。
タイヤの汚れを手のひらでこすり落としながら全周を調べるが、釘のようなものは刺さっていない。
刺さったような跡もない。さてパンク個所を見つけるためには水を手に入れなければ

あっ、あそこにコンビニがある。200m位前方に「ミニ・ストップ」があった。


ここで水をもらい、パンク修理した。



リムから外したタイヤが当たるので、Vブレーキ本体のワイヤーを外す。
ところがこれが余裕のないギリギリセッティングなので、なかなか外れない。
指が痛くなるほど頑張って外した。


さて水をもらって穴を探そう。


右に置いてあるビニール袋で水をもらってくる。お酒のパックに水を入れて、チューブを浸す。



穴はここだ。バルブのそば。

どうやら釘を踏んだのではなく、バルブにストレスがかかり、チューブに固定しているところに穴があいたようだ。パッチで直るか?



チューブとパッチにゴム糊を塗る。5分くらいしてべとべとしなくなったら張り付ける。
水に浸しても空気漏れは無くなった。



チューブをタイヤに入れ、タイヤをリムにはめ込む。
その際バルブがリムの穴からまっすぐに出るようにする。



タイヤがリムにきちんとはまっていることを確認しながら、インフレーター(空気入れ)で空気を入れる。
メリダはいつも5.1気圧にしているが、この空気入れで入れるのは大変。
なので家まで走れる位の空気圧で妥協。気圧計が無いが、手で押して4気圧位かな。



家へ帰ってきた。安物足踏み式ポンプで5.1気圧まで空気を入れる。


さて、ま~ちゃに頼まれた雪見だいふくだが、水をもらったミニ・ストップにあった。
水をもらったお礼に何か買わねばと思って覗いた冷凍ケースで、雪見だいふくを見てしまった。
「ううむ、ここにあった。家まで持ち帰れるか? 」
ここは銀河大橋の近く、ほぼまっすぐ11km位走ってきたので寄り道せずに家へ戻っても、そのくらいの距離はあるだろう。
信号で引っかかるので平均時速15kmとして40分くらいか?
店には保冷剤は無いとのこと。
溶けたら溶けただ買ってしまえ。ガリガリ君も買って保冷剤代わりとしよう。

レジに並んで3番目。前の二人がなかなか注文が多くて時間がかかっているぞ。
店員はもう一人いるのだが、店の奥で何かやっていて出てこない。いらいら。
やっと買えた。タオルに包んでなるべく外気に当てないようにしよう。もっとも今は冬なので気温も10度位だろう。
走りだそうとするとブレーキが利かない。「あっ忘れてた」
なんとブレーキのワイヤーを戻してなかったのだ。うわぁこれは時間がかかるぞ。
あせる。あせる。汗も出る。
やっとはめて元通り、ブレーキも利くようになった。
いやぁ雪見だいふくを冷凍ケースから出して10分近くも過ぎてしまったよ。

急ぐ。急ぐ。家路を急ぐ。
こういう時に限って信号に良く引っかかる。
あせる。あせる。汗も出る。
そうだよ、パンク修理の時にセーターを着込んだのだった。暑いわけだ。
でも脱いでもかごはいっぱい、もう入らない。荷台にゴム紐で固定するのもロス。
このまま行こう。
飛ばした。飛ばした。信号は守って。

ま~ちゃ買ってきたよ。雪見だいふく。


ガリガリ君も全然溶けていなかった。やった。

ま~ちゃは「やわらかくてちょうど食べごろだった。元気が出たよ。ありがとう」と言った。
めでたし。めでたし。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加