トンサンの別荘

初代iMacが壊れ、本宅「マック鈴木家へようこそ」が更新できなくなったので、2010年9月27日よりこちらで情報発信。

扇風機のゴム足修理。

2017年07月15日 07時01分56秒 | 工作

7月14日(金) 晴れ一時曇り

ま~ちゃの家へ直した扇風機を持って行ってやろうと・・・

そうだゴム足が1個無くなっていたのだった。

と言うことで修理。

今日の修理    ま~ちゃの家の扇風機のゴム足


丸棒が無いので削る。



接着剤を使わなくても、固く入った。



面取りする。きれいにできなかったがまあいいか。右は元のゴム足。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

洗面台の自作棚の塗り替え

2017年07月10日 00時00分01秒 | 工作

7月9日(日) 晴れ


塗っても塗っても、銀色の塗料がはげてくる。
銀色は塗料の中に粉末が混ぜてあるので、それがはがれて落ちてくる。

白色に塗り替えよう。


ワイヤーブラシで塗料をはがす。
ところがはがすとなるとなかなかはがれないものだ。



サンドペーパーも使って。 

時間のかかる作業だった。
粉末の銀色がはがれれば良いだろう。



白色スプレーを塗る。



天面は4回塗ったが、デコボコになってなかなかきれいに塗れなかった。



作業しているとなりでは、おかあの育てているミニトマトが赤くなり始めていた。 


7月10日追記 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

網戸と扇風機の修理。

2017年07月09日 00時00分01秒 | 工作

7月8日(土) 晴れ

おかあの運転で、ビバモールへ。


Capちゃんに破られた網戸の網を買ってこよう。
爪が当たったのだろうか、いとも簡単に破れてしまった。



網は目の細かさで2種類あった。普通の物を買う。
アルミ板が思いのほか高い。
それとセリアで包帯代わりのサポーター。



91cm×2m 税別298円。必要なのは133cm×63cmなのだが、適当なサイズが無い。



アルミ板 0.5mmの厚さで30cm×40cmサイズが、税別639円もする。
おもちゃの修理などに必要なので、高いけど買う。



ダイソーで買った包帯は、きついのと伸びる具合が良くないので使っていない。
セリアで探してみた。包帯もあったが、サポーターを買ってみた。
108円。



親指を通す穴をあけて使ってみたが、やはりサポーターと書いているだけあって、手のひらが締めつけられる。
ううーん、整形外科で使っているような、ちょうど良い伸びの包帯が見つからないなぁ。


今日の修理品  網戸の網交換

おかあに手伝ってもらって交換する。


網のカットされていない端面から差し込んでいく。



カッターの、刃の反対側に爪のようなものが付いているので、これでゴムを押しこんでいく。

調べると、この網戸は2年前に交換していた。

網戸の張り替え。



完成。
カットしていない端面から押しこんで行ったが、折り返しになっていて厚さがあるので、均一にはめられなかったようだ。
波打っている。
こうしてみるとわからないが・・・



夕日が斜めから当たると、こんな影が現れる。


今日の修理品二つ目   扇風機


首が折れている。森田電工 中国製。



樹脂の厚みが足りない。
・・・と思ったら、削った時にわかったが、非常にもろい。
経年変化しやすい樹脂のようだ。


作業しやすいように、ファンやガードを外す。
モーターのカバーを外そうとしたが、首振りつまみの外し方が分からない。


思いっきり引っ張ったら抜けた。



首の部分は2本のビスで、ファンとスタンドが連結されていた。
この金具を使ってつなげてみよう。



スタンドの樹脂をカット・・・うーん、樹脂がもろくなっている。



スタンドの中からビスを通す。ワッシャーは内径に合わせてたたいてこのように曲げた。



ちょうど良い袋ナットがあった。これで触っても手が傷つかない。



うまくいったと思ったが、ここが当っている。やすりで削る。



なんとか当たらないようになった。



上下に角度も変えられる。



外に出ている金属部分に白い塗料を塗って、完成。

一番下まで下げられないし、持ち上げると一段分伸びてしまい、ちょっと使いづらいが、置いてしまえば普通に使える。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も包丁研ぎ。

2017年07月03日 13時54分44秒 | 工作

7月3日(月) 薄曇り

近所の人に頼まれて今日も包丁研ぎ。


頼まれた包丁と、トンサンが使っているナイフと切り出し。



研ぐ前に切れ味確認。
牛乳のパッケージと、プリント用紙で切れ味を確認しておく。
包丁は真ん中から先の方が、切れ味が落ちていた。 


まずは荒砥(あらと)で。
いつもはしないが、今日は荒砥で研いだ後も切れ味確認。



この包丁は、この場所がちょっとへこんでいる。
何か固いものを切って、ステンレスの刃先が曲がってしまったようだ。
この部分は研げないが、余り影響は無いだろう。



激的に切れ味が良くなることは無かったが、ステンレスはこんなものか。
拡大鏡で見ると、刃先のとぎ筋が荒砥と仕上げ後では違って見える。

右手はまだ痛むが、ピアノを弾いたり、庖丁を研ぐときには痛まない。
痛くなるのは字を書くときと、自転車のハンドルを握る時。
だから包丁研ぎに影響は無いと思っているのだが。 



右手親指の付け根が、まだ腫(は)れている。
親指を曲げると、痛くてしっかり曲がらない。



転倒事故からまだ18日じゃあ、完治するのは無理だなぁ。
しばらくシップは外せられない。(×ω×)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

取っ手の無いCDラジオの電源コードは、どうする?

2017年07月02日 00時00分01秒 | 工作

7月1日(土) 曇り一時雨

JoshinネットショッピングからCDラジオが届いた。


簡単な動作テストをする。
1. CD再生で音量調整。
2. 設定した区間をリピート再生できる機能のチェック。
3. CD再生スピード調整機能のチェック。
そしてダイソーの接続コード「ミニプラグ⇔ ピンプラグ」(108円)
を買ってきて、
4. 外部入力のチェック。

OK。
昔のCDラジカセと違って、今のCDラジオには吊り下げるための取っ手が付いていない。
昔のCDラジカセなら、電源コードは取っ手に結び付けておけたが、これはどうしたらいいの?



厚手の両面テープを大きく貼る。 



ファスナー付きのポリ袋を貼りつける。収納物を記載しておく。



このようにするしかないかな。

個人で使うものじゃないから、こうでもしておかないと、コードやリモコンが無くなる可能性がある。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晴れているが、手がまだ腫(は)れているので・・・

2017年06月25日 00時00分01秒 | 工作

6月24日(土) 晴れ

晴れていてサイクリングしたいのだが、右手の親指付け根の腫(は)れが引かない。
熱を持っていて膨らんでおり、何もしなくてもジーンと痛い。

と言うことで、自転車で遠くは行かない。
今日は血圧を見てもらいに医者へ行ったのと、近所から頼まれた包丁3本と、我が家の包丁1本を研いだ。


庖丁を研ぐときは、シップの貼り薬は外して。

新しく買ったという包丁が大きかったので、今までのケースに入らず、牛乳パックで作り直した。
(写真は撮らなかった。)
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Capちゃん食事用イスの改造。

2017年06月13日 00時24分42秒 | 工作

6月12日(月) 曇りのち晴れ

Capちゃんが食事の時に使っているイス。


勉強机のイス。一番高くすると、テーブルの高さに合う。

しかし、Capちゃんがこれによじ登るのは大変。
前に付いているステップは、テーブルがあるので使えない。
横の足を、足がかりにしようとすると高すぎる。


ということで、ま~ちゃからは作らなくていいよと言われているが、ちょっと改造する。



横に足をかけるステップを作ろう。



もう蚊が出てきた。足元に蚊取り線香を置く。



今回の作業は、この木材の表面をきれいにする作業がほとんどの時間を締めそうだ。
金属やすり、粗い紙やすり、細かい紙やすりと3段階で表面を滑らかにする。



2本削るだけで、1時間半かかった。
手作業じゃなく、機械化が必要かなぁ。



ビスは2種類買ってきた。皿ネジのボルトナットと、この木ネジ。
木ネジでしっかり取り付けられそうだ。
ちょっと長くて向こう側に出てしまうので、先端を削る。



ステップの取付完了。


座面が汚れているので、別の布で覆(おお)おう。



目隠しの布は薄くなって汚れていたので外してしまおう。



座面の生地は上からビニール引き布を貼り付けよう。
食事で汚しても拭き取れるし。



ちゃちなステップラーなので、針が打ちこめないときがある。
これが壊れたら、もう少し高級なのを買おう。



張り付け完了。



表側。



重なった布地を突き破って、ビス止めするのがちょっと大変だった。



ということで完成。



掃除をしようと箒(ほうき)をつかんだら、ひっかける部分が取れてしまった。



穴をあけて、ビスに突っ込んだ。
風の強い日は、外れてしまうかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グリップ皮張りとハシゴ車のハシゴ修理。

2017年06月11日 14時12分12秒 | 工作

6月11日(日) 曇り

クラウドファンディングで寄付した先から、リターンが届いた。


クッキーはおいしかった。

子どもマンガ図書館をつくりたい




ベトベトになってしまった、自転車のハンドルグリップ。


これに皮を張る。

このグリップはジャイアントエスケープの純正品だが、トンサンがメリダ用として買ったグリップも同様にベタベタになり、皮を張ってある。
この柔らかい樹脂は経年変化でべとべとになる。
なぜこんな素材をいまだに使っているのか。

今日の修理品 自作カメラスタンドとメリダのグリップ




紙を使って型を取ってみる。



合わせ目を180度変えてみた。
真ん中が山になる左側の方が作りやすく、皮材料も少なくて済む。



紙は伸びないので、カットラインは実物に当てて決める。



あっ、ちょっと寸法の足りないところができてしまった。



接着剤で張り付けて、完成。

と、作ったが、これを使う自転車が無いな。



次はおもちゃのハシゴ車のはしごの修理。

やはり1日で壊れてしまったダイソーで買った108円のおもちゃ。
最初からこれは想定していて、タイヤを取る目的で買ったのだが、Capちゃんが気に入ってしまって・・・

じゃあ、直してみるか。
ハシゴの途中の樹脂が割れて、引き出す時に引っかかる。



かまぼこ板を切って、補強しよう。



ハシゴの中に入れ、両面テープで貼り付ける。



ちょっと木が細すぎたがどうだろうか?
Capちゃんがハシゴ車本体を持って行ってしまったので、今度行った時確認してこよう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

回転イスのボルトを交換した。

2017年06月02日 11時22分23秒 | 工作

6月2日(金) 晴れ

ケーヨーでボルトを買ってきた。


長さは勘(かん)で決めたが、長過ぎた。



マーカーのところぐらいで切らないと、座面に当たってしまう。



真ん中が今使っているボルト。同じ長さの物は無いのでサンプルに持って行ったものが左。
右が買ってきたもの。 
なんだほんのちょっと長くすれば良かったんだ。



で、金鋸(かなのこ)で切る。



こんな具合に完成。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

回転イスと杖(つえ)の修理。

2017年06月02日 00時00分01秒 | 工作

6月1日(木) 雨のち曇りのち晴れ

今日の修理品  回転いすの背もたれ


背もたれがグラグラしているイス。


背もたれの固定ネジが最後まで閉まらないのが原因だ。



目いっぱい締めても最後まで入らない。



座面から外して締めると、きちんと閉まるのだが・・・

原因はネジの途中が山が削れてネジバカになっていた。



座面に当たるネジの位置をずらすため、ナットを入れた。
が、空回りする。



ナットよりも薄いスプリングワッシャー2枚に変えてみる。
が、やはりネジバカ。



雄ネジの山が削れているので、ボルトにした。
ボルトでも最後の回しが緩くなる。
雌ネジの方の山が欠けているからだ。


外れることは無いが、ナットを当てた。しかしボルトが短いので、一山くらいがかかっているだけだ。

ボルトの在庫は無いので、明日にでも買ってこよう。


今日の修理品  杖のガタ

近所の人から『棒とグリップが少し動くので直してほしい』と。


自分で釘を打ったが、うまくいかないとのこと。



ネジを通すために、釘穴をドリルで広げてみた。
『おや、おかしい?』 穴からのぞいてグリップ部が見えない。

あ、この杖はグリップ部分が棒部分に入っているのではなくて、逆なんだ。



ということで、グリップ部に穴をあけてみた。
今度は棒部分が見えた。


ビスの頭もナットもグリップにもぐるようにして、締結(ていけつ)した。


しかし少し動く。
ボルトの太さが、穴の径にピッタリではないため動くのだ。
こうならないようにするためには、グリップと棒部を通して、タップを切り、ビスをねじ込めば良いのだが、そんなに長いタップは無い。
すき間がほとんど無いので、接着剤を塗ってもなかに入って行かないと思うが気休めかもしれないが塗って置いた。



棒部分が汚れていたので、パーツクリーナーで拭いたら、白い塗料が溶けてくる。
普通の杖だったが、ボランティアの人に白い塗料を塗ってもらったとのこと。



白のアクリル塗料があったので、塗ってみた。



塗装する際に先ゴムを抜いてみたら、ぼろ布を巻いてはめてあった。
この先ゴムはこの杖の物ではないらしい。棒の細い部分はゆるくて固定できない。
先ゴムは太い部分に少しかかって固定されていた。

棒の細い部分に両面テープを貼り、ビニールホースを巻く。



先ゴムを接着剤を塗って差し込んだ。











グリップ部と棒部の動きは完全には直らなかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄色いバス(おもちゃ)修理。

2017年06月01日 00時00分01秒 | 工作

5月31日(水) 晴れ

今日の修理品  おもちゃのバス

先日は青いパスを修理した。

青いバス(おもちゃ)修理。

今度は黄色いパスだ。


後輪のユニットが外れて、車内に入っている。



が、良く見たら片方のタイヤが無い。



ということで丸棒を切ってタイヤを作ろうと・・・



ところがこの丸棒は弱かった。すぐにボロボロになる。



ということで、固い木を削って、タイヤにしようとしたが、タイヤの大きさより小さいので、ビニールホースをはめようとしたのだが・・・



丸くするために削ったら、削りすぎてしまった。



しょうがない、自転車のハンドルのエンドキャップを加工しよう。



ところが中心部の肉厚が薄くて、グラグラする。



さっきの木をはめてみよう。



ところがゴムの中心部をくりぬいたら、ふたつに分かれてしまった。



最後は木のボタンで作るしかないか。
ドリルでシャフトの通る穴をあける。



ボタンとシャフトに接着剤を塗り、はめる。



はずみ車の付いた動力部の固定がグラグラするので、アルミ板で動かないようにした。



完成。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もうレンズのゴミが出てきた。真ん中なので気になる。掃除しよう。

2017年05月25日 00時00分01秒 | 工作

5月24日(水) 晴れのち曇り

今年2月に掃除してきれいになったのに・・・・

デジカメレンズのゴミ取り、大成功。Panasonic LUMIX DMC-S2 ありがとうネットの情報。


もうゴミが出てきた。


真ん中にあるので気になる。掃除しよう。



うーんどこからゴミが入って来るのかなぁ。



前回の記事を見ながら分解する。







シャーシーの出っ張りが、ケースのへこみにはまっているので、注意して外す。



ここの部分は差し込んであるので引き抜く。



レンズ部分のフレキケーブルを引き抜く。(コネクタのロックを引きあげて緩めておく)



レンズ部分は前から押すと抜ける。



CCDには、目立つほこりは付いていないようだが・・・



筆でこすっても取れない点があるので、アルコールを綿棒に付けてこすった。
アルコールをきれいにふき取るのはちょっとコツがいる。
できればアルコールは使わない方が良い。



レンズのほこりを吹き飛ばす。



あっ、またやった。ワッシャーが吹き飛んだ。



この間掃除した時は、レンズ部にはこんなにほこりは付いていなかったが・・・



うーん、バッテリーの収納部にすき間があるなぁ。



この部分のすき間。




すき間にはホログラムテープを貼った。



レンズ部とCCD部のすき間からも入るのでは・・・



ホログラムテープを張る。







このフレキケーブルが、根元まで入らない。


 

シャーシー・液晶パネル・スイッチ基板を元に戻した時気付く。
『あー、これを入れるの忘れた。』
また分解。



この部分に入っていた部品だ。


部品を入れ、シャーシーを戻す。


シャーシーを戻す時に、注意するポイント。



 

ケースをビス止めする。


あれ、最後のビスが入らないし、2本余っている。



あ、ここから止めて行くのだった。



動作テスト。 異常無し。



空を写してみる。うん、ゴミは無くなっているな。




真ん中にあったゴミは取れた。
ホログラムシートが効果あるか様子を見てみよう。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青いバス(おもちゃ)修理。

2017年05月24日 16時45分23秒 | 工作

5月24日(水) 晴れのち曇り

落とすとすぐに壊れる100円ショップの車のおもちゃ。



 
今日は青いパスを修理。



駆動ユニットをはめてあるところがすぐに壊れる。 



あ、これはボスの穴が抜けてしまっている。
何かボディを固定する方法を考えないと。



いつものようにアルミの板を加工し・・・



上から駆動ユニットを押さえるようにしよう。



ビスでシャーシーに固定する。



バスのボディは直角に折り曲げた端のところにタップを切って・・・ 



横からネジ止め。



完成。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

植木鉢(うえきばち)とイヤホンコードを修理

2017年05月21日 14時25分50秒 | 工作

5月21日(日) 晴れ

おかあ『ドリル、すぐ出る?』
トンサン『なにすんの?』
おかあ『植木鉢が・・・』

「直して」とは言われなくても、『修理してやるか~』となる。
おかあの物を頼むうまい作戦だ。



ダイソーで買った安物鉢。直す手間がもったいない、買った方が良いと思うが・・・



2cm感覚に穴を開ける。



銅線を通す。



完了。


つづいてラジオのイヤホンコードの被覆(ひふく)が裂けてきたのを直す。


この部分。



糸で巻いて、接着剤で固めよう。



完了。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自転車ライトの3W LED化はおすすめです。

2017年05月12日 10時33分33秒 | 工作

5月12日(金) 晴れ

頼まれてママチャリの整備。その6 組立完了

で「最近の通りすがり」さんがコメントしてくれた『ライトの3WLED化も、自転車ではかなり珍しい部類の修理・・・
え、みんなやっていないのかな、おすすめなのに。
とgoogleで検索して見ると、トンサンの記事ばかりが上位に・・・



う~ん、古い自転車のリムダイナモライトを明るくする方法として、とても有効なのでもう一度まとめておこう。



これらの部品は秋月電子で購入した。


回路はこんなに簡単。
電流制限抵抗や、三端子を使って電圧を制御する必要は全くない。
その理由はここに書いてある。

3W LEDライト化改造の中間報告。(自称「鈴木研究所」 (*^ω^*)ポリポリ)

そうして改造した記事を二つあげておこう。

通チャリ1号のライトを3WLEDに改造。

 自転車ライトとズームライトを3WLED化する。


ハブダイナモで充電や、ソーラーパネルで充電するライトのことはこちらに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加