塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

僕とサッカーゲームの間柄

2017-12-31 21:15:40 | 日記
 僕は機械音痴の上にゲーム音痴でして、ソニーが発売すれば話題になるプレイステーション、任天堂の業績回復の起爆剤となったスイッチ、いずれも名称は知っていますが、購入しようと思ったことは愚か、触れたことすらありません。

 甥っ子が幼少時、一緒に遊んだ任天堂のゲームキューブ、以前勤めていた本屋で販売していたマイクロソフトのエックス・ボックスという例外はありますが、

 「プロサッカークラブを作ろう」
 「ウイニング11」

 など、サッカーゲームも遠くから眺めているだけです。

 任天堂が手のひらサイズで「ファミコン」「スーパーファミコン」を復刻し、本体に数種類のソフトを内蔵した形で再販したことが大きな話題となりました。

 さすがにこの話が登場したときは、音痴の僕も

 「ああ、これは欲しいなあ」
 「購入して遊んでみたいね」
  
 と感じたものです。

 先日書店でこの復刻版スーパーファミコンの特集本がありまして、中にはサッカーゲームで確固たる地位を築いた

 「フォーメーション・サッカー」

 が内蔵されていることを知りました。

 あのゲームが4-4-2や3-5-2という布陣を、僕たちに伝えた功績は大きいと思います。

 下手くそな僕は、コンピュータ相手でもそんなに勝つことはありませんでしたが、日本代表とイタリア、ブラジル、それぞれの代表と能力差が相当あったことに驚きを感じたことを今でも覚えています。

 ゲームのグラフィックはどんどんと進化し、オンラインでも楽しめる今、サッカーはゲームの世界でも欠かせないスポーツとなっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中古品の名から掘り出し物を見つける楽しみ

2017-12-31 15:53:21 | 日記
 「中古じゃなくて、古着って言って」

 僕が同僚に「中古」で衣類を買った話をすると、同僚は苦笑いしながら「古着」と言いなおします。

 でも、僕は中古という言葉の方が僕そのものにもあてはまると思いますし、言葉の響き自体が好きなんですよ。

 中古品は所有者が不要と判断したもので、僕だってCD、衣類、本、雑誌はこれまで幾度にもわたって手放してきましたし、そうでなければ本棚、引き出しの整理になりません。

 サッカーも選手を獲得すれば、誰かを移籍リストに載せなくてはならない。

 それと同様です。

 逆に「不要」と指摘された中に、「こいつは面白い」と思う物を探すのが中古の良いところです。

 皆さんはインターネットに精通しているでしょうから、スマートフォンで売買をするのでしょうが、僕昔ながらの
 
 「店頭で買取査定をお願いする」
 「店頭で気に入った商品を探す」
 「リサイクル・ステーションに持っていく」
 
 科のいずれかを選びます。

 持論で恐縮ですが、ネクタイは中古で買うと良いと思いますね。

 サッカーでもベテラン選手に味があるように、ネクタイも無名ブランドでありながら、イタリア産の上質なシルクを用いたイタリア製ネクタイが、3桁プライスで見つかることはよくあります。

 僕は手元にランバン、ヒューゴボズ。エルメネジルド・ゼニア、ルイジ・ボレリ、ドレイクスなど銘柄品のネクタイがいくつもありますが、これらは全て中古、しかもほとんどが3桁プライスで購入したものばかりです。

 最近は靴、カバン、スラックスも中古での売買で目立つようになり、オロビアンコ、ポーター、インコテクスなどが店頭で並ぶことも珍しくありません。

 車、家電は使用できないために店頭で中古品を購入するには見極めが必要です。

 しかし、衣類は着てみれば大きさ、素材の良しあし、着心地が瞬時に判別できますし、最近はサッカースパイクですら扱う店も登場しています。

 日本人は多くが清潔ですが、中古も慣れると何の問題もなくなると思いますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今朝の折り込みチラシで福袋の動向を探る

2017-12-31 15:32:06 | 日記
 僕は福袋に興味を抱きません。

 菓子やレトルト食品の詰め合わせならまだしも、衣料品は家電製品がいくら価格的に安くても

 試着もできないし触る事もできない
 ある種、メーカー側の在庫整理ではないか

 という思いがあるためです。

 一方、今朝の信濃毎日新聞では広告としてスポーツデポ、中づりとしてゼビオ・スポーツという大手の福袋の内容が掲載されています。

 サッカー関係ですと、デポがアンブロ、ケルメ、フィンタにアグラなど通好みのブランドの他に、アンダーアーマー、プーマなど人気銘柄が確認できます。

 ゼビオもプーマ、アンダーアーマーが確認でき、Fリーグスポンサーのデュアリグの品ぞろえが面白いと言えます。

 当然どちらもナイキ、アディダスも取り扱いはあると思いますが、僕個人は本当に必要な品を試着しながら必要な枚数買う方が良いと思うのですが。

 僕は今、ソイ・プロテインとミルク・プロテインの摂取を増やし、

 よく噛んで食事をする
 菓子パンなど、化合物が入った食品を食べる頻度を少なくする

 という形で、運動した際により成果が出やすいような下地を食事で作っています。

 僕は昔から大豆、ヨーグルト、キムチなど発酵食品を好んでおり、インスタントラーメンやコンビニ弁当に頼る食事はしてきませんでしたが、それでも意識するとより自分の身体と栄養素に向き合うことができます。

 これらのチラシであは、アンダーアーマーの「コールドギア」がお買い得となっていますが

 オーストラリアのスキンズ
 ワコールのCW-x

 という、コンプレッション衣料が仮に福袋として全身用意できるなら、買ってみたいなあと思うかもしれません。

 矛盾した意見ですが、価格はどの分野でも誰もがきになりますからね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

改めて思う後継者人事の中身

2017-12-31 00:33:32 | 日記
 後継者人事というのは、何も大企業だけの問題ではありません。

 例えば僕は長男、長男というのは洋の東西を問わず妻をまとり、子育てをしながら家庭と地域社会の面倒を見なくてはならないという概念が一般的です。

 なるほど、昔テレビドラマで「長男の嫁」という物がありましたが、それだけ長男の嫁、そして本人からすればうっとうしい、煩わしい、面倒なことがらを引き受けなくてはならないということでしょう。

 夫も苦労する。妻はそれ以上に苦労する。

 ということもまた、結婚しない男女が増えている理由のひとつでしょう。

 いくらこなしても負担が減ることは一切なく、金にはならないうえに、次女や次男からのサポートも得られない、ましてた両親の面倒も見なくてはならないという側面の社会的支援は今のとこを皆無ですからね。

 ナイキがスパイクで後継者人事にすでに着手しています。

 これまでネイマールはハイパー・ヴェノムの愛用者でしたが、ロナウドと共に本格的にマーキュリアルの広告塔として認知されるようになり、実際試合でもマーキュリアルを愛用しています。

 ナイキは攻撃の選手としてウルグアイ代表カバニ、イングランド代表ハリー・ケインなどにハイパー・ヴェノムを供給していますが、今後マジスタやティエンポなど、他のデザインでも高億頭が変わってゆくのでしょう。

 アディダスもメッシは常に別格の扱いですが、彼が引退した後はどうなるでしょうか。

 ディアドラがロベルト・バッジョと空白の時を経て再契約しましたが、アディダスはジダンが引退した後も、アンバサダー的活動を依頼していましたよね。

 ロナウドもメッシもナイキ、アディダスとの縁が切れることは無いと思いますが、2大ブランドが今後、新しい広告塔の獲得競争で覇権を争う気がします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人間「いざ」は突然やってくる

2017-12-31 00:17:05 | 日記
 僕は業務に限らず、出来る、出来ないの判断基準を「出来ない」方に置いています。

 ですから自分で教科書を買って出来るだけワード、エクセルなど不得手な分野の勉強をしていますし、教科書には

 気づいたことを随時書き込む
 使い終わった教科書を保存し、忘れたころに再読
 練習した日時と練習回数を正の字で記入

 というように、どれだけ教科書を向き合ったかを把握できるようにしています。

 昨年、今年とたまたま信越放送(キー局はTBS)が企画した、プロ野球戦力外通告の番組を見る機会に恵まれました。

 多くの選手がトライアウトを受ける、独立リーグやアマチュアからオファーがあった場合の葛藤に悩む場面が搭乗しますが、驚くのは

 1・僕以上にワードやエクセルの知識がない
 2・背広や鞄、靴など服装や言葉遣いに関する基礎的項目がまるで理解できていない

 という点で、僕だったら冒頭でお話した「出来ない」という基準、つまり

 「いつ解雇されてもいいように、一般企業で使うに違いない事柄」

 はオフシーズンに仕入れていると思うためです。

 これはJリーグも同様で、年長者だろうが新入団選手であろうが、学ぶべき事柄はクラブ、リーグなどが様々な形で学ぶ機会を提供すべきではないでしょうか。

 中田英寿がベルマーレ平塚在籍時

 1・いつイタリアでプレイしても良いように、英語とイタリア語の学習に励む
 2・失業したときの保険として税理士の資格を学ぶ

 という姿勢が報道されました。

 やはり人間、出来ない事を学ぶことは苦痛ですが、「いざ」というのはいつやってくるかわかりませんしね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加