塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

日本サッカーに見る秩序の大切さ

2014-08-31 22:41:30 | 日記
 「呉越同舟」

 長野駅からの列車の中で、ゼルビアのレプリカジャージを纏った男性に出会いましたし、戸倉駅ではパルセイロのコンフィットTシャツを着た女性を見かけました。

 「日本人は秩序を護って行動できる」

 と、諸外国の方は驚嘆しますが、確かに今日の試合でも、パルセイロとゼルビアファンが揉めることなく、当然運賃を未払いすることなくシャトルバスを利用しました。

 オランダとドイツ
 ドイツとイングランド
 イングランドとスコットランド

 第2次大戦やそれ以前の侵略戦争の影響もあり、一般的に21世紀の今でも、これらの国は折り合い、特にサッカーでは悪い面が喧伝されます。

 ですから、ワールドカップ予選、欧州選手権予選、それら本番で彼らが同一グループになれば、ホスト国の警官隊は治安維持のために頭を悩ませます。

 日本もJ1レベルになると、最近多くのいざこざがありますし、秩序を守る事が難しいと思われる場面に遭遇します。

 それでも、日本サッカーの風景である
 
 1・対戦相手、相手ファンと揉めない
 2・運賃を支払わない、アルコールで酔っぱらうことをしない

 という形が今後も続くと良いですね。

 ちなみに今日のパルセイロ対ゼルビア戦では、これから旬を迎える川中島の桃、葡萄の宣伝もあったのですが、欧州サッカーではこうした自治体の社会活動をサッカーと合弁ではしないと思います。

 ですから、自治体にとっても、試合会場で特産品を試食、販売することは集客力も考えますと、良い機会ではないでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東和田に向かうシャトルバスの中で

2014-08-31 22:33:12 | 日記
 北長野駅から東和田運動公園に向けてのシャトルバスで、僕は60代の方でしょうか、女性の方と席が隣り合わせになりました。

 特別パルセイログッズを身に着けてはいませんでしたが、ご婦人の方から

 「天気になって良かったですね」

 と話しかけて頂きました。

 「佐久と北長野はどちらに多く出向かれますか?」
 「台風の影響で10日の観戦を止めたんです」
 「シャトルは便利ですが、渋滞緩和は難しいですね」

 などと、パルセイロに関係する話ができました。

 お孫さんもお近くの住んでいるようで、僕が勤務中に父が試合状況を連絡してくれますと話すと、微笑んでくださったのが印象的でした。

 たかがサッカー、それどサッカー。

 今後、サッカーを題材に、年齢と性別の区別なく、会話が成立すればよいですね。

 今日の試合、僕は雨が降った時の事を考慮して、前売り券に500円プラスして、メインスタンドの一番上、屋根がかかっている部分で観戦しましたが、近くの席にも親子連れが沢山いました。

 中には赤ちゃんを抱っこしながら

 「AC長野!!」
 
 と声を出す母親もいまして、赤ちゃんはその声援が子守唄になったのか、すやすやと眠っていました。

 今日シャトルの中で話したご婦人と、もう会う事は無いと思います。

 それでも、パルセイロという共通認識があったからこそ、見ず知らずの方と話せたわけですし、それは本当に凄い事だと思うのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妻夫木聡さんに見るスーツのバランスとサッカー

2014-08-31 01:50:43 | 日記
 ロト6のCMに出演している妻夫木聡さんのスーツ姿、あれは本当に素敵だと思います。

 このCMは既に何本か放送されていますが、いずれもサイズ、色彩、シルエットが完璧で、スタイリストさんも妻夫木さん本人も、納得のいく出来栄えではないでしょうか?

 Ⅴゾーンと呼ばれる胸元の逆三角形の面積、色彩、着丈と袖口にバランス。

 もし自分の部下がこんな爽やかな出で立ちならありがたいと思う役員だけでなく、こんな先輩社員が近くに居たらと思う、駆け出しの方もいるでしょうね。

 そう、服装は全体を見回す必要がありますし、靴は磨かなくてはいけませんし、ハンカチにはアイロンをかけ、爪と髭の手入れを怠ってしまえば、やはり周囲の評判が下がってしまいますね。

 サッカーも同じく、布陣は全体のバランスを考えねばなりません。

 オランダが3-4-3、4-3-3を求めるのも、この布陣がピッチ全体に選手を配置でき、同時に攻撃に転じやすいと信じて止まない為です。

 一方でファビオ・カペロのように

 「4-4-2こそがもっとも最適」

 と唱える指揮官もいます。

 3-5-2や3-4-1-2が一部の代表、クラブでしか採用されないのは、やはりピッチ全体に選手を配置できないアンバランスさと、ウイングバックにかかる負担が大きい為でしょうね。

 僕も出来る限り服装には気をつけていますが、妻夫木さんのようには行きません。

 公式スーツで移動するサッカー選手も、彼の着こなしは参考になるでしょうし、自分の恋人がスーツで颯爽を歩いてきたなら、女性も恋人冥利に尽きるでしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バロテッリ、移籍先はリバプール

2014-08-31 01:37:40 | 日記
 再び英国の土を踏んだマリオ・バロテッリ。

 噛みつき騒動やダイブ問題など、様々な喧伝を残しながらもゴールと言う結果だけは天晴だったスアレスの後釜として、その態度と奮起に注目があつまります。

 「いつも何でオレ?」

 シティ時代の例のTシャツをもしアンブロが再生産したならば、あっという間に底をつくようにも思いますが、僕が彼がユナイテッドでいうところのカントナと同じようになる気がします。

 カントナは祖国フランスで相手にされず、渡英し田瞬間、リーズ・ユナイテッドのリーグ優勝に貢献します。

 その後赤い悪魔における活躍はご存知の通りですが、王もしくは神と讃えれらたその実力は、背番号7の伝統と重なり今でもユナイテッド・ファンの心に刻まれています。

 気性の荒さはどちらにも共通します。

 実力と言う点ではバロテッリの方が代表での活躍も印象深いですし、カントナに劣ってはいないと思います。

 もし、バロテッリが本当にアンフィールドから喝采を浴びるとすれば

 1・リバプールをプレミア王者に導く事
 2・カントナの背中を見てベッカムやネビルが育ったように、彼の背中を見て若手にやる気を促す事
 3・指揮官との良い関係を維持する

 という3点は必須事項です。

 カントナはフランス代表とはお世辞にも良好とは言えませんでしたが、アレックス・ファーガソンから受ける支持は絶大でしたし、背番号7が1軍に登録されたばかりの若手の手本となった点も有名です。

 バロテッリはマンチーニの事を

 「ロベルト」

 とファーストネームで呼ぶなど、必ずしも指揮官と対立ばかりしていたわけではありません。

 ブレンダン・ロジャースは彼をすぐに起用する様子ですが、果たしてリバプールの赤をバロテッリは更に赤く染めあげるでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もしパルセイロが海外クラブと提携するならば

2014-08-30 23:28:05 | 日記
 セブンイレブンで販売している「パルセイロ・シュークリーム」が好評のようで何よりです。

 僕も今日買い求めましたが、リンゴの触感が程よい甘さと相まって、とても美味しく仕上がっています。

 先日F・マリノスがシティとの業務提携を発表しましたが、海外クラブとの提携は今後のJ1でも増えてゆくでしょうか?

 Jリーグ創設間もないころ、レッズはバイエルン・ミュンヘンと提携していましたし、彼らが2007年にアジア王者に輝いた際も、先方から祝電が届いたと聞きました。

 もしパルセイロも将来、他国のクラブとタッグを組むとすればどこがよいのか。

 馬鹿みたいな理由ですが、りんごつながりで

 「ニューヨーク・レッドブル」
 「ニューヨーク・シティ」

 のいずれかはどうでしょうか?

 長野とニューヨークは同じ「N]の頭文字で始まる都市ですし、冬の寒さが厳しい事も共通していますし、相性は良いように見えます。

 また西海岸に見られるリラックスした雰囲気よりも、ニューヨークのようなどこか真面目な空気が、長野にも流れているように見えますし、現地の方が興味を持つであろう食文化、温泉、ウインタースポーツもあります。

 「バスケットも見たいね」

 と言う事であれば、信州ブレイブ・ウォリアーズを案内すればよいですし。

 シティでF・マリノスの若手がキャンプに参加するかもしれませんし、彼らが日本の地で親善試合を行う事もあるでしょう。

 そうすればファンは、アグエロ、ジョー・ハート、シルバといった各国代表を見られますし、F・マリノスの選手達にも良い機会と言えます。

 今MLS人気が米国国内で沸騰しており、想像の産物ですが悪くない考えだと思うのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加