塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

セブンイレブンに、商売のヒントを得る

2016-11-30 01:27:46 | 日記
 信州ブレイブ・ウオリアーズが本拠地を置く、千曲市戸倉体育館のご近所にあるセブン・イレブンは、当然選手たちを応援しています。

 ちなみに戸倉体育館の横にある千曲市サッカー場は、パルセイロも度々練習に訪れるので、パルセイロ・ファンも利用したことがあると思います。

 このお店は長野県内でも有数の人気を誇るそうで

 商品の品ぞろえが豊かであり、同時に千曲市名物もたくさん
 リニューアルを終えて、駐車場が広くて使いやすい
 何より、どの時間でも店員さんが朗らかで優しい

 というすごいお店です。

 人気があるのもわかりますし、サッカー、バスケに限らず、売店で物を売る作業に従事している方は、すごく参考にあると思います。

 ちなみにこのお店、昨日立ち寄って初めて気づきましたが、

 「過去のブレイブ・ウオリアーズガイドの継続販売」

 をしているんですね。

 一番古いものですと2012-13シーズンからありましたが、最近ファンになった方、過去に在籍した選手の顔ぶれを知りたい方からすれば、過去のガイドがまだ店頭で入手できる。

 これはすごく嬉しいと思います。

 書店は基本、本と雑誌は返品対象ですから、このセブン・イレブンの行動はすごいものなんです。

 パルセイロも信濃毎日新聞編集で「パルセイロの軌跡」を販売しています。

 来季、売店で信毎本社に在庫があるならば、過去のイヤーブックも含めて販売してはどうでしょうか?

 新規ファンだけでなく、新しいスポンサー様にクラブが購入して差し出すことも考えてみると良いでしょうし、クラブの歴史、概要が知られることはすごく意義があると思うのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白石美帆さんの結婚に関して

2016-11-30 01:15:28 | 日記
 長野博さんが結婚します。

 お相手は白石美帆さんですが、メディアの紹介する肩書は「女優」になりますが、僕は時の流れが立つのは早いと感じました。

 今ではその面影は何もありませんが、2000年代初頭TBS(長野県では信越放送)は毎週土曜日の深夜0時から

 「スーパー・サッカー」

 を放送しており、この番組に携わりたいと考えて入社試験を受ける人材は多かったそうです。

 白石さんはこの番組でアシスタントを務めており、Jクラブへの取材を頻繁に行っていました。

 三井ゆりさんや加藤未央さんといった、かつてのアシスタント、生島ヒロシさんを筆頭に登場した多くの司会者を含めて、Jリーグの黎明期からスーパーサッカーが駆けてきた時代は、凄く濃密だったと言えます。

 簡潔に言えば

 「女優の白石美帆」

 ではなく、スーパー・サッカーに登場していた白石美帆、というのが僕の印象ですが、きっと彼女からすれば

 「今の私を見てほしい」
 「過去も大事です。今はもっと大事なの」

 という形でしょうけどね。

 サッカーはテレビで見る時代から、どこでも好きな時に気軽にみられるようになり、テレビでサッカー番組を作成すること、このこと時代が古いものなのででしょうか。

 我が家ではテレビ東京が視聴できませんが、フット・ブレインのような硬派な番組は大変人気があるようですし、サッカー番組がまた活気を取り戻してほしいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

改めて思う、プーマのディスク

2016-11-29 01:40:08 | 日記
 サッカーを代表するブランドのひとつにプーマがあります。

 カズが契約選手であることは有名であり、マラドーナにペレ、クライフそしてマテウスと多くの有名選手を支えてきました。

 長谷部を軸に、日本代表選手にも愛用者が多く、キング、パラメヒコなど名品も多いですね。

 一方で彼らが開発したシステム「ディスク」、僕はすごく画期的だと思うのです。

 実は僕、このディスクを初めて搭載したモデル「ブレイズ」を所有していたのですが、当時は甲の部分にある円盤(ディスク)の中央ボタンを押すことで、締め付けを解除していたのです。

 プーマはこの技術、つまり

 「靴紐ではなく、円盤でフィット感を高める」

 ことに自信がありました。

 一方で

 1・デザインがシリアス・アスリート向けである
 2・ボタンを押すことが面倒

 という声もあり、現在のプルタブ式に変わった、というわけです。

 当初はトライノミック(最近の復刻盤にも搭載されていますね)という衝撃吸収素材が、セルに変化してゆくのですが、セルは高原や中山、森岡を広告に起用して、スパイクにも搭載されていました。

 「蹴道」のキャンペーンがそうです。

 僕はこのディスク、先天的に指先が不自由な方にとって、すごくありがたい機能ではないかと感じていました。

 僕は大学時代、ディスク搭載のスニーカーを履いていた時期がありますが、感触も良かったですし、何より、靴紐はほどける心配がないことは画期的でした。

 指先を怪我した方からすれば、靴を履くという行為自体が難しい。

 この難題を解決したプーマは、現在でもディスクを生産しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤は元気、そしてリヴェリオ千曲の色

2016-11-29 01:21:09 | 日記
 池波正太郎先生は食事の場面、食材の説明する場面を大切にする作家で知られていました。

 先生は食を「季節感を出すため」として捉えていたのですが、そば好きの僕からすれば、先生の描く蕎麦の描写は

 「ああ、蕎麦はうまいよなあ」

 としみじみと感じさせます。

 衣類でいえばネクタイが季節感を醸し出すことに長けていると思います。

 冬はウール、カシミア、ウールとシルクの混合
 夏は綿、シルク
 通年通じで上質のシルクを選ぶ

 僕は仕事上、すぐにネクタイが傷んでしまうのが難点ですが、でも胸元を引き締めるには、ネクタイは不可欠です。

 ミスター・トランプが赤のネクタイを締めるのは

 1・赤が共和党の象徴だから
 2・歴代の米国大統領を見習って

 という2点によるものだと思いますが、時折民主党の色である青を選ぶこともあり、実に興味深いと思いましたね。

 僕は昨日、某イタリアブランドのネクタイを新品にもかかわらず、激安で購入しました。

 赤のレジメンタルなのですが、普段僕は赤を着ないのです。

 でも、赤を選んだのは40を過ぎると男も肌がくすむ上に、グレイや黒など、暗い色彩の服を選ぶ傾向が強いので、赤のような元気を生む色を選びました。

 また、赤は千曲市のサッカークラブ

 「リヴェリオ千曲」

 の色でもあります。

 僕は試合はおろか練習見学の経験もありませんが、地元クラブの色を服装に取り入れることは、すごく素敵だと感じます。

 千曲市民ですらリヴェリオの存在はあまり知らないでしょうが、僕ももっとホームページを軸に情報を集めたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クラブ・ワールドカップの未来はどうなる

2016-11-28 01:20:13 | 日記
 FIFAの会長であるインファンティーノ氏が、現行のクラブ・ワールドカップをより大きなものへ移行する算段を見せています。

 1.年末ではなく、ワールドカップのようにオフシーズンに開催
 2.出場クラブを32クラブに増加し、より欧州での価値を高める

 という持論を展開しているのですが、考えるべきことがありますよね。

 例えば噂の域をでませんが、既にコンフェデは終了すると囁かれています。

 2017年ロシア大会は、ドイツ対チリを軸に組み合わせ抽選が行われ、ホストであるロシアもさらに準備に力を注ぐはずです。

 一方でオフシーズンと言えば

 1・選手にとって唯一、長期の休暇が取れる時期である
 2・ユーロ、ワールドカップ、コパ・アメリカはまさにこの時期に行われる

 これらを考慮すればインファンティーノ氏の案件は、すごくデリケートであると感じますが皆さんはどうでしょうか?

 アリババのスポンサー・シップにより、中国市場がさらに拡大の余地を見せる昨今、中国での開催もささやかれるようになりました。

 「どうして日本開催なんだ」
 「冬の寒い時期に日本に出向く意義がない」

 とトヨタカップの時代から、やあとれt程と気候の不備は指摘されてきました。

 クラブ・ワールドカップでも

 欧州王者はイコール世界王者

 という図式が強固になり、サンロレンソやアトレチコ・ミネイロなど、南米王者ですら欧州王者の前に力負けしていますよね。

 クラブ・ワールドカップそのものが、トヨタカップからの発展ではなく曲がり角に来ており、開催国の増加ではなく抜本的な見直しが必要、のように見受けられます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加