塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

アンブロ、遠藤保仁のプロ生活20年を祝う

2017-12-01 01:16:10 | 日記
 さて、そのアンブロですがガンバの遠藤保仁がプロ生活20周年を経た事を記念した20足限定のスパイクを発表しました。

 既にアンブロの公式ホームページでも実物が確認できますし、市場販売数20足と謳っていますが、彼が既に2足使用しているために、販売数は18足という非常にメモリアルな一足です。

 購入者には遠藤が直々に渡すそうで、彼のファンからすれば垂涎の商品と言えます。

 通常記念モデルはゴールドやシルバーのような、燦然と輝く配色が用いられますが、この記念モデルは漆黒のボディを纏っており、そこが遠藤らしさと言えそうです。

 アンブロが遠藤と就寝契約を結んでいることは有名ですが、だからこそ、

 「徹底したカスタマイズが可能」
 「遠藤の要望は実現できるように、徹底的に工夫する」

 姿勢がアンブロにはあると言われています。

 逆に言えばナイキやプーマのように、契約選手が「多すぎる」と、トップ・オブ・トップの意向は汲んでも、中堅以下の選手たちまでの面倒はなかなか見切れないはずです。

 例えばアシックスは乾のためにメナスとDS-フライのいいとこどりスパイクを提供していると聞きましたし、ヒュンメルが佐藤との契約を尊重しているように、契約選手を数多く「抱えない」ことは

 1・小回りが利くということ
 2・選手のために時間を割けられる

 という面もあると感じる次第です。

 そのうちアスレタやガビックなども契約選手を増やし、露出を増加させるのでしょうが、そこに強固な結びつきを得られるのか、それともいつか袂を別つのが契約だと感じるかで、その後の行動が変わってくるように感じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年最後の月となり

2017-12-01 01:07:23 | 日記
 今年も残り31日となりました。

 奇数年は特別大きなサッカー大会はありませんが、それでも31日、日付が変わることにはどこかセンチメンタルな気持ちになるのでしょう。

 世間一般の注意喚起として

 「2年参りは混雑を避けるために車での来場を避けてください」
 「メールでおめでとうの返信は混みあいます」

 というものがありますが、それらの習慣から常に隔離している僕も、インスタントとはいえ年越し蕎麦を食べながら新年を迎えるわけです。

 でも、ペルーやハイチ、エジプトなどでは年越しは特別でしょう。

 それは2017年がワールドカップ予選を突破した記念の年であり、その瞬間が過ぎ去ってしまいます。

 一方で2018年に向けて

 「我らが代表はどんな戦いを見せるだろうか」
 「主力が健康でありますように」

 という気持ちも同時に抱くはずです。

 例えばペルーはアンブロからジャージの提供を受けていますが、アンブロの契約先ではセルビアもロシアで戦います。

 ナイキやアディダスとは異なり、高額な契約金を提示できず、契約国と契約選手が先細りしているブランドが多くなっている昨今、例えばデンマークとヒュンメル、そして上記のアンブロのように、そこで働く従業員が幸福を感じる。

 これも予選で勝利する恩恵でしょうか。

 最近、ロットのスポーツパーカーを見かけましたが、デザイン、着心地がよかったものの、サイズ展開がⅯからでして僕には大きいのです。

 日本市場ではSサイズの需要を取り込む案件が必要かと思いますが、Sは在庫を抱える危険性も高く、ブランドも店舗も悩みどころなのでしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加