塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

シメオネ、彼の行先はどこになるのか

2016-05-31 01:14:26 | 日記
 アトレティコ・マドリードは全力でディエゴ・シメオネを慰留させるでしょう。

 一方でアルゼンチン・サッカー協会は、仮にワールドカップ予選、もしくはコパでタタ・マルティーノ政権がとん挫するようならば、シメオネに指揮を頼むようにも思います。

 国内ですと、リベルを南米王者に導いたマルセロ・ガジャルドもいますが、今季の調子はさほどではないようですし、単純に優勝回数でもシメオネの方が多いですしね。

 これはシメオネの方が、ガジャルドよりも監督経験が長い事を意味しているわけですが、今の彼には渋みと柔和さが同居しているのかもしれません。

 一方でマンチーニ政権の継続をあきらめ、インテルが彼を招聘する可能性があるようです。

 (サッカー・マガジンゾーン・ウエブを参照)

 彼はイタリア時代、インテルとラツイオに在籍経験がありますが、シメオネ在籍時のインテルは、まさに

 「戦術はロナウド」

 と指揮官ノジジ・シモーニが断言するほど、このセレソンと他の選手という図式だったのです。

 シメオネはそんな中で、

 「ロナウドも含めて選手全員が全力を出さなければ、勝ち点3は得られない!」
 「ロナウドのためだけに走るのは、もうたくさん!」

 と意義を唱えたことがあります。

 インテルはロナウドの故障後も、ヴィエリ、バッジョ、ロビー・キーンにハカン・シュクルとFWの頭数をそろえる一方で、シメオネ、アーロン・ヴィンテルなど、中盤の守備力向上の選手と袂を分かちます。

 シメオネがハードワークを選手の求めるのは、彼らに選手時代の自分を投影させているためでもあるのでしょう。

 彼がスペインにとどまるのか、イタリアかアルゼンチンに移動するかは、今夏の注目点と言えます。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母校、山梨学院からの手紙を見て

2016-05-31 00:46:02 | 日記
 昨日、母校山梨学院から年に一度送られてくるニュース・レターが届きました。

 僕は優れた学業を修めたわけでもなく、何かしらの貢献をしたわけではありません。

 それでもかつての在校生に、しかもデジタル全盛期の2010年代に郵送で届けてくれるその計らいは、本当に嬉しいものです。

 在学当時はさほど感じてはいませんでしたが

 「僕は良い学校に世話になっていたなあ」
 「もっと図書館を軸に、大学施設を利用しておくべきだった」

 と当時を振り返ることが多くなりました。

 最近、よく学生時代の事柄が夢に出ますが、それだけ僕が年を重ねた証拠と言える、そんな気もします。

 もし僕が甲府や石和温泉で就職口を見つけ、山梨県にとどまっていたならば、やはりヴァンフォーレの応援をしていたでしょうし、同時に故郷長野のサッカー情報との間で

 「板挟み状態」

 になっていたと思います。

 山梨県を代表する企業と言えば「はくばく」と「シャトレーゼ」が有名ですが、後者は新卒採用の用紙が大学の掲示板に貼られていたことを覚えています。

 また、ヴァンフォーレのホーム、かつては小瀬スタジアムと言いましたが、現在は

 「山梨中央銀行」

 がネーミング・ライツを得ています。

 僕も大学時代は本当にお世話になりましたし、茅野にはスーパーの「オギノ」も出店しています。

 僕は昨年甲府と石和温泉を訪れた時に、変わる風景と変わらない風景の両方を見かけましたが、ヴァンフォーレのある風景だけは無くならないでほしいと願っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

改めて考えるスポーツジャージの魅力

2016-05-30 18:17:01 | 日記
 僕は基本、パジャマを就寝時の用いません。

 今はドンキホーテで購入した、ケルメの上下で寝ています。

 おかげさまでクビの痛みは随分と軽減し、支障がなくなりつつあります。

 でも昨夜や今朝は、寝返りを打つことすら苦痛であり、もしこのまま痛みがなくならなければどうすべきか、と考えたくらいでした。

 スポーツ・ジャージと一口に言いましても、デザインがいくつかあります。

 もっとも見かけるのは

 上着がチャック式でズボンがゴムで閉める形

 でしょうか。

 でもこれですと、チャックが寝るときに布団に当たって不快感があるのではないでしょうか。

 僕のケルメ、特徴は上着が丸首でズボンがクロップ型という珍しいデザインで、チャックが無い分、うつ伏せになったときも違和感が無く、当然選択した際の乾燥も早いという、大変ありがたいものです。

 勿論、腰やクビ、肩の痛みでチャックのほうが便利だという方も多いでしょうし、デザインは各々が選べばよいと思います。

 でも、ジャージの持つ機能性は、病気で長期療養の方には、頗る便利だと思います。

 スポーツデポにはナイキやプーマといった大手から、ホマ、ケルメ、アスレタ、ペナルティなど、サッカー好きにはたまらないブランドが数多く並んでいます。
 
 「あの選手もリハビリを頑張っていたよな」
 「早く回復して、またサッカーを楽しみたいな」

 と思えることで回復具合も変化するかもしれません。

 特にサッカージャージはカラフルですから、暗く沈んだ気持ちを鼓舞することができるかもしれません。

 「このジャージでリハビリに励むことが出来た」

 こんな声が寄せられたら、ブランドもきっと張り合いが生まれますよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パルセイロの精神的負担4点をあぶりだしてみる

2016-05-30 11:32:04 | 日記
 2013年のJFL優勝を境に、年々成績が下降しているパルセイロ。

 確かに、パルセイロの降りかかる精神面での大きな負担は、すこぶる大きいと言えます。

 それではクラブが感じる精神面での負担の正体は何でしょうか

 1・松本山雅との比較
 2・南長野運動公園が出来た事
 3・J3にとどまる事で懸念される、スポンサーの撤退と観客動員数
 4・レディースの好成績と観客動員

 「4」に関しては、今季始めて露呈しました。

 アルビレックスのように男女同名のクラブが他にもありますが、観客動員とメディア関係では男子優位という図式は変わりません。

 一方でパルセイロは、支持率、そして観客動員、露出でも男女で画期的な逆転現象が起きています。

 「本田さんは素晴らしい」
 「彼女たちの走る姿を、トップも見習えよ!!」

 という声は随時聞こえています。

 「1」に関して言いますと、僕らは同じ土俵に立っていないために、語ることは難しいですね。

 でも、パルセイロも

 1・ライオーの誕生、おしのさんやハイブリッコちゃんとの共演
 2・フロンターレの天野さんから教えを請うたネーミング作戦がいい味出している(雨イジング・パック、俺たちには屋根があるなど)

 というように、改善している面は間違いなくありますよ。

 「2」と「3」は連動していますが、やはりあれだけの器ができたことは、選手に喜びと苦しみを両方与えているのかもしれません。

 僕は前回お話ししたように、簡単な形で得点を狙うには3-4-1-2が良いと思いますが、それは交代選手もイメージしやすい戦術のほうが、僕らファンにも伝わりやすいのではないか。

 と勝手に考えているためです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パルセイロに寄せられる、厳しい意見の数々

2016-05-30 11:09:39 | 日記
 パルセイロ、レディースはともかくトップに対しての厳しい意見が相次いでいます。

 「神野強化部長の補強戦略の意図は何か」
 「三浦監督の意図は何か」
 「先発選手を決めた意図は何か」

 ようするに、ファンはクラブの意図、簡単にいうと

 我々はこのような戦い方で今季を貫きます

 というものがよくわからないのでしょう。

 ですので、ファンが様々な形で意見を吐き出す、したがって意見がありすぎでより混沌としていまう、そんな印象があります。

 僕個人の意見は、一番観客も選手もわかりやすいであろう3-4-1-2でどうかと思います。

 GKはジョージ・レオニー
 バック3は阪田、松原、大島、内野のいずれか
 中盤の5選手は底をパク・ゴンと仙石、両翼を西口、山田、金久保のいずれかでトップ下に佐藤
 2トップを塩沢、平岡

 という形です。

 皆さんのご意見で、ああ、なるほどと思うのは

 「琉球の田中のように、パルセイロを離れて活躍する選手を見ると、フロントの判断が早すぎたのではないか」
 「J2、J1経験者よりも、JFLや地域リーグのように、若くて貪欲な選手を獲得」

 など、みなさん本当に注意していることを実感します。

 確かに2015シーズンは、吉田、井上が途中で退団してしまいましたからね。

 サッカーも、やはり勢いがあると、ググッと勝ち点を手繰り寄せられます。

 その勢いをつけることも、また難しいことではあるのですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加