塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

ファミリーマートや打ち出す、新しい店舗構想

2017-12-05 23:04:39 | 日記
 飽和状態と言われるコンビニ業界において、ファミリーマートが動き出しています。

 サークルkとの屋号をファミリーマートに変更することで、店舗数を業界2位と首位のローソン、ファミリーマートに肉薄する一方で

 1・コインランドリーを接した店舗展開
 2・フィットネスジムを併設した店舗展開

 を行うと発表しました。

 ちなみにローソンは機械音痴の僕には酷なのですが、スマートフォン決済を用いた無人レジの導入を検討しているそうで、セブンイレブンの自転車レンタルを含めて、新しい概念が生み出されようとしています。

 セブンイレブンから支援を受けている長野パルセイロからすれば、南長野近辺の店舗にレンタル自転車があれば、敵地にやってきたファンに観光を楽しんでもらえるかもしれませんね。

 僕のように改めて自分の身体と栄養摂取を顧みている人間からすれば、ファミリーマートの提案は凄く良い物に感じます。

 フットサルは人数が集まらないといけませんし、3オン3は夜間の屋外で練習するのは騒音に繋がります。

 しかしジムであれば当日の天候は気になりませんし、駐車場も完備されていますから、気軽に立ち寄れます。

 コインランドリー一体型店舗であればウエアの洗濯もできますし、ファミリーマートは「ライザップ」と共同開発の食品も陳列しています。

 ファミリーマートに構想には

 1・ジムを利用したお客に対してのプロテインや栄養補助食品の販売
 2・新規客の増加で売上向上

 という2点があるとのことですが、今後どうなるでしょうか。

 この構想が実現すれば、ファミリーマートでサッカニーやブルックスのランニングシューズやリーボック、アンダーアーマーのジャージが購入できうようになるかもしれませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしい言葉を耳にして

2017-12-05 20:13:55 | 日記
 皆さんは「ドムドム・ハンバーガー」を御存じですか?

 ドムドム・ハンバーガーは日本で最初のハンバーガー・チェーンとして知られ、過去は旧ダイエー資本の下でダイエーやダイエーが運営するディスカウント店「トポス」の店舗内で営業をすることが多かったお店です。

 僕が山梨学院在籍時の1996年から1999年、甲府市の中心部に「トポス」がありまして、遊びに出かけた際は空腹をドムドムで満たしたものです。

 ディスカウントと言ってもその品揃えはなかなかで、僕が初めて購入したコンバースのチャック・テイラーは、希望小売価格4800円にも拘わらず、何と1980円と言う安さでした。

 他にも今でも印象に残っているのは

 1・リーガルの革靴の取り扱いもあり
 2・1990年代のスニーカーブームも考慮し、「コンバース・オールスター91」「リーボックのポンプ・フューリー香港返還版」など、首都圏では品切れ続出の品が、店頭に山積みになっていた

 ことですかね。

 米国に買い付けに行くよりも、甲府まで来た方が関税、梱包も含めた簡単だよと感じたくらいですから。

 そのドムドムが新しい契約先が見つかり、2018年から新規店舗を拡大するそうです。

 その為、熱心なファンがホームページにアクセスしすぎてパンクしてしまったそうなのですが、長野市に出店したならな懐かしさで足を運ぶ気がします。

 サッカーでもエネーレやヴァルスポルトのように

 「今あのブランド、どうなっているのかなあ」
 「そういえば最近見かけないようね」

 と思うブランドが幾つかあります。

 スニーカー好きならばパトリックの靴を買ったことはあっても、ラウドルップやプラティニなど名手をサポートしていた歴史を知るファンは少ないと思いますし、何かの拍子で新しい展開が出来ればそれは凄く意味があると感じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

失った命とその悲しみ

2017-12-05 20:00:13 | 日記
 「ちゃのすけに会いたいなあ」

 ちゃのすけというのは2014年夏に他界した我が家の猫でして、賞味5年の付き合いでした。

 それまで野良で、何度も出産してその都度消えてゆく我が子の姿を必死に探し、庇い、生き抜いた彼女を見ると、今の人間の世界が生きづらいことが改めてわかります。
 
 シングルマザーで良い食べ物を与えたいが、そこまでのゆとりがない
 子ども食堂という新しい居場所の提供
 フード・バンクという新しい概念

 これらを思うと、母親が母親らしく子供に接することが難しいことが見えてきます。

 猫の死でこれだけ寂しい思いをするのですから、肉親を失う悲しみはさぞつらいことでしょう。

 津波や地震、台風のように自然災害が発生し、どれだけ避難経路を確認し、食料を備蓄していても失われる命があります。

 でも失われた方は、まだ我慢できる余地があります。

 どんなに機械が発達しても、自然災害の脅威は人間として生きる以上、どの国に住んでいても覚悟せねばならないからです。

 しかし、飲酒運転や飛行機事故など、本人が思いもしなアクシデントで他界したときは、周囲の人間が悲しみ様子はこちらもどう接してよいのかわかりません。

 現役時代、デニス・ベルカンプが飛行機恐怖症であったことは有名ですが、サッカー選手は移動も命がけ、というわけです。

 サッカーでは残念なことに

 1・フーリガンによる警察官の死亡
 2・ヘイゼルの悲劇のような、防げた可能性のあるスタジアムでの事故
 3・ボルシア。ドルトムントのバスが襲撃される

 というように、事件、事故で多くの命が危機にさらされてきました。

 サッカーで命が失われたことは由々しきことであり、ドクターの診断も含めてより救命措置とメディカル・チェック、そして僕たちの観戦態度が問題視されるはずです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本サッカーはどこかで軽んじられている?

2017-12-05 01:23:47 | 日記
 ブンデスリーガ、プレミアにリーガ、そしてセリエA

 日本代表の主力選手が欧州を主戦場にし、リーグ、カップ戦で優勝の原動力になった2017年現在でも、日本代表は他国からどこか「軽んじ」られています。

 コロンビア、セネガル、ポーランドのいずれも

 「日本はアニメや寿司では有名だよね」
 「日本は僕らに敵わないよ」

 と語りますが、それはなぜなのでしょうか。

 欧州に移籍しても、完全たる主力として認知されている選手がさほど多くないためなのか、レヴァンドフスキのように、誰もが認める

 「スーパーな選手」
 「決定的な仕事を涼しい顔で行える選手」

 が見られないため、ということもあるように感じます。

 でも、結果が覆り日本が16強に進出する可能性は充分にあります。

 それはセネガルの記者が語っていたように、ハリルホジッチ監督が長らくアフリカを率いていためにアフリカ勢の戦い方や気質に精通していること、前回大会も下馬評の低かったアルジェリアを16強に進出させた手腕があるためです。

 「コロンビアのように、治安が悪い国でもサッカーやっているんだね」
 「ポーランド、ワルシャワ以外に有名な都市あったっけ?」

 と皮肉のひとつも言いたくなりますが、日本がサッカーで世界に名を馳せる機会は、ワールドカップで好成績を残すことが非常に大切です。

 日本はこれまで

 1・インスタントラーメンで新しい保存食を提供
 2・スバルのアイサイトに代表される、交通事故を予防する技術
 3・海外青年協力隊による支援の継続

 というように、大きな効果を与えてきました。

 ならばサッカーでも同じことができる、そうに決まっていますよ。

 事実、既にミズノ、アシックス、そして審判団は大きな拍手を送られていますから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァンフォーレのJ2降格に関して

2017-12-05 01:10:18 | 日記
 通常、降格したクラブの指揮官は去ることで責任を取ります。

 一方でシーズン中から続投が決定していましたが、ヴァンフォーレの吉田監督が残留することも、また責任の取り方なのでしょう。

 言い換えれば吉田監督を招聘したヴァンフォーレの首脳陣が

 「彼を招聘したことに間違いはない」
 「今季は確かにしんどい思いをしている。しかし、数年後に必ず実りがくる」

 という思いを抱いているという証拠でもあります。

 ヴァンフォーレには、チョウ監督とベルマーレの姿が浮かんでいるのではないでしょうか。

 ベルマーレの周辺には、優勝したフロンターレにF・マリノスというビッグクラブ、そしてYSCC横浜など、多くのサッカークラブがあり、選手獲得も含めて常に競争を強いられています。

 ベルマーレ首脳陣は闇雲に監督を交代せず

 「チョウ監督に下駄を預けた」
 「仮に降格しても、戦い方とスカウティングを踏襲し、J2を戦い抜く」

 という形で、降格と昇格を繰り返しています。

 当然主力の移籍は刷り込み済みですし、首脳陣もどのような選手補強を行い、戦力を維持すべきかを常に考えている印象を受けます。

 ヴァンフォーレの吉田監督の続投には

 「俺たちはこの形で生きていく!」

 という強い決意表明が感じられます。

 ヴァンフォーレは風林火山をフランス語に当てはめた意味合いなのですが、駅前の武田信玄公の銅像を見てもわかるように、この戦国武将が築いた礎は今でも山梨県に大きな影響を与えています。

 年々厳しさが増すJ2で、ヴァンフォーレはどんな戦い方を模索し、監督が宣言した1年でのJ1復帰が果たせるのか、それは日本中の地方クラブが注目するでしょう、

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加