塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

ニューバランス躍進の背景にあるものは

2015-07-31 00:39:21 | 日記
 近年ニューバランスの特集本がよく売れていますね。

 今年になってからも出版から出版されました。

 ニューバランスと言えば、誰もが履きたいと思う1300を筆頭に、高品質の米国産、そして靴づくりの本場である英国産が、常に注目の的です。

 長野市周辺ですと、シューマート長野稲里店でこれらが入手できますが、ニューバランスのスパイクが評判なのも、この靴づくりの伝統が、既に活用されている為だと感じます。

 ニューバランスがリバプールという老舗と契約できたのは、下地に参加のウォリアーと契約したことも影響していますが、やはり英国で靴を生産し、その体制が確認しやすかったこともあるのではないか、

 僕はそう感じています。

 日本では街履きとしての人気が非常に高いニューバランス。

 僕は所有していませんが、品番574は入門編として最適のようで、川中島のドン・キホーテでは日本未入荷の商品が売られているほどです。

 でも、ニューバランスは真剣に走る事を希望する方にとっても、完全に選択肢の中にありますし、今後はサッカーだけでなくフットサルにも販路を拡大するかもしれません。

 僕個人の思い出ですが、高校時代の修学旅行で我が母校は長崎に向かいましたが、その時選んだのが品番575のグレーでした。

 我が母校はブレザーで、紺のスラックスにグレーは何となく浮いた感じで恥ずかしかったのですが、全く疲れなかった事を覚えています。

 一方で

 「雨が降ったら困るなあ」
 「雨天の考えて、ブーツにしようか」

 とも思いましたが、ニューバランスで大正解でした、

 ちなみに当時は、Ⅴ・ファーレン長崎というクラブが誕生するなど、長崎在住の方ですら考えない時代です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トヨタ、シエンタを大プッシュする陰に

2015-07-31 00:27:48 | 日記
 トヨタの代理店ではどこも一番にシエンタを推奨しています。

 サッカー好きからすれば、ハメス・ロドリゲスを見られる事は興味深いですよね。

 一方で

 「トヨタからすればコロンビア代表のエースは、グランパスエイトの選手が束になっても構わないのか」
 「グランパスにも永井や川又という、代表選手がいるのになあ」

 とも感じます。

 グランパス・ファンには残念でしょうが、やはりレアル・マドリードの背番号10であり、ワールドカップで日本を粉砕した男は、それだけ魅力的なのでしょう。

 日産が中村をCM起用している点とは、どこか対照的ですね。

 彼はアディダスの相性者ですが、序列で言えばメッシが頂点に立つのは当たり前でも、大関であるエジルとギャレス・ベイルには割って入れそうな気もします。

 香川も2013年、ユナイテッドに移籍する前までの露出は相当でしたが、やはり広告業界は選手の怪我、出番の多さ、成績をフェアに反映させます。

 ロドリゲスがトヨタと契約できたのも

 「素晴らしい活躍をしたから」

 という単純な理由でしょうし、彼の人懐こさという人間性もあるでしょう。

 トヨタがかつてリベルタ・ドーレス杯のスポンサーだったことは有名ですし、当然コロンビアでもその品質と安全性は知られていると思います。

 コロンビアではトヨタの値段がどれくらいからなのか、僕にはわからないのですが、トヨタとしては南米市場での販売テコ入れという面もあると感じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分で自分の意見を大切にすること

2015-07-30 22:03:02 | 日記
 映画にしてもサッカーにしても、評論家、観衆の意見も大事ですが、一番大切なのは自分で鑑賞し

 「自分が感じ取った事」

 を大切にすることです。

 母親が付けたテレビに映っていたのはテレビ朝日で先ほど放送を終えたばかりの「エイジ・ハラスメント」でしたが、一般企業や大企業というのは、上司と部下、各部署ごと、日々あれだけの

 「罵声と軋轢」

 を伴う物なのでしょうか?

 正直、顔をしかめる場面もありましたが、事実この脚本にはマイナスの意見も寄せられている模様です。

 でも、今回の話で悪役になった森口瑶子さんにしても、主演の武井咲さんにしても、長い台詞まわしと真正面から対峙する場面は、相当の迫力がありました。

 サッカーでもファン、選手の言葉遣いはやはり気になります。

 武井さんは今回、森村さんに

 「豚に真珠」
 「誰に物言ってんの!!」
 「ブタ!!」

 とメンチを切る場面がありましたが、大阪の方もよく肥満の方に同様の発言をするようですね。

 でも、僕が養豚業で暮らしているならば、こんなに侮蔑的な言葉は無いと感じるでしょうし、豚は本来清潔で賢い動物ですよね。

 大量生産で狭い区画で育っている、銘柄として大切に育てられている違いはあっても、口にはしない方が良いと思います。

 僕は以前、平安堂長野店で大西暢夫氏の作品

 「ぶたにく 幻冬舎」

 を買い求めしたが、サッカー以外でも偏見はやはり一人相撲の中にあると感じた次第です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僕が考えるミズノの影響力

2015-07-30 19:24:14 | 日記
 最新号のサッカー・ダイジェストに

 「ホルンがミズノとスポンサー契約を結ぶ」

 と言う記事があります。

 当然これはオーナーである本田の影響が大きいと言えますが、改めて感じた事はミズノにおけるスパイクとジャージの対比です。

 ミズノが手掛けるスパイクは国内外で大きな支持を集め、今夏はセルビア代表マルコビッチが来日し、大阪工場を見学する姿を自身で発進しました。

 ブラジル代表はフッキ
 日本代表は吉田、岡崎、そして本田。

 足下での露出は非常に効果的と言えるでしょう。

 一方でミズノが

 「テクニカル・スポンサー」

 と手掛けるクラブが特に海外では思い浮かびません。

 Jですとヴァンフォーレ、ヴォルティスなど今季も引き続きミズノから協賛を得ているクラブがある一方、お膝元のセレッソがプーマと新規契約を結んだ際は、大きな注目を集めました。

 僕の記憶ですと

 2001-02シーズンのフィオレンティーナ

 が印象的です。

 オーナーの散財による財政逼迫に伴い、フィオレンティーナからは師子王もポルトガル代表のエースも、アズーリの守護神も移籍してしまいます。

 一方で主将のディ・リービオは残留し、エンリコ・キエーザとヌノ・ゴメスというFWという顔ぶれのフィオレンティーナを支援したのがミズノだったのです。

 フィオレンティーナは過去、リーボック、ウールシュポルト、フィラ、ホマ、ロットなど多岐に渡る契約を結び、今夏からはル・コックになります。

 ミズノは彼らの歴史の中で1年の付き合いでしたが、両者が満足のいく内容では無かったのかもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年、パルセイロと山雅の心理状況

2015-07-30 09:56:54 | 日記
 パルセイロも勝ち点が伸びませんが、山雅も同様です。

 両クラブとも選手を補強し人員整理を行った点は共通しています。

 一方で前者が

 「煮え切らない試合内容だ」
 「監督を交代させた方が良い」
 「伊東テルやキョンテ、諏訪など一向に起用されない選手たちの心中はどうなのか」

 と批判が集まる中、後者からはそうした不満が漏れません。
 
 確かに山雅の成績は褒められたものでありません。

 しかし、ファンは皆

 選手は本当に汗を流して良く走っている

 と感じているわけです。

 ですから、試合終了後の会見で反町さんは

 「選手が懸命に汗を流していることは重々承知している」
 「だから勝たせてやれないのは、私の責任だ」

 と選手を庇い、頭を下げて責任の所在は私にあると言及している。

 だからこそ、ファンは反町さんをクビにしろ、選手は何をやっているんだ!と声を荒げる必要はないわけです。

 でもパルセイロはその点が欠けているのでしょう。

 最近試合を観る機会がなく、「伝聞」でしか結果を見られない人物からの意見はアンフェアかもしれません。

 でも、観戦しているファンからすれば、何かが違うと毎試合感じているのは間違いないようで、だからこそ、今パルセイロにが責任の所在と、改めて戦い方の整理が求められます。

 ちなみに

 「パルセイロ、どうして今季は露出がこんなに少ないの」
 「コーチ、アンバサダーだけでなく、選手が巡回指導へ行くべきだ」

 と言う声も挙がり始めています。

 確かに過去は選手が出かける事は多く、また篠ノ井駅前の夏祭り、アンバサダー以外にも吉田や都並が訪れて、多くの方が喜んだと聞きます。

 ほら、ファンが嬉しくなる瞬間、実は選手も気付いているじゃありませんか。

 アリオ上田訪問もそうでしたが、選手がほんの少し時間をつくるだけで、ファンは嬉しい物だと思いますよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加