ダムの訪問記

愛車のBMW M2とM6でダムを訪問しています。

太田川ダム

2015-11-30 17:00:00 | 静岡県
2015年11月29日 太田川ダム 太田川ダムは静岡県森町から袋井市を南北に貫流する太田川の上流にある静岡県営の重力式コンクリートダムです。 太田川の洪水調節に加え、遠州地域の増え続ける上水道需要に対応するために22年の歳月をかけて2008年に竣工しました。 このダムの特徴はなんといっても湾曲した堤体で、一見してアーチとも見まがう曲線重力式コンクリートダムの姿は本当に優美で美しい。 . . . 本文を読む
コメント

大間ダム

2015-11-30 16:00:00 | 静岡県
2015年11月29日 大間ダム 大井川流域では戦前から電源開発がすすめられましたが、支流の寸又川でも富士電力により電源開発がすすめられ、1935年(昭和10年)に千頭ダムと湯山発電所が完成、ついで1938年(昭和13年)大間発電所とともに大間ダムが完成します。 ともに日本発送電時代を経て戦後は中部電力が継承しています。 また大間ダムは戦前の貴重な土木建築ということで『近代土木遺産』に選 . . . 本文を読む
コメント

笹間川ダム

2015-11-30 15:00:00 | 静岡県
2015年11月28日 笹間川ダム 戦後の電力分割・民営化で大井川流域の発電事業を継承した中部電力は大井川流域での電源開発を一段と進めます。 笹間川ダムは大井川の左支流、笹間川にある重力式コンクリートダムで、塩郷ダム、川口発電所とともに1960年(昭和35年)に竣工しました。塩郷ダムで取水された水は笹間川ダムを経由して川口発電所へに送られ、調整池としての機能を持っています。 また川口発電 . . . 本文を読む
コメント

塩郷ダム

2015-11-30 14:00:00 | 静岡県
2015年11月28日 塩郷ダム 戦後の電力分割・民営化で大井川流域の発電事業を継承した中部電力は大井川流域での電源開発をさらに推し進めました。 塩郷ダムは笹間川ダム、川口発電所とともに1960年(昭和35年)に竣工、ここで取水された水は笹間川ダムを経由して下流の川口発電所へと送られ、ここに畑薙第一ダムから川口発電所に至る中部電力の大井川流域の発電事業は集大成を迎えました。 一方で、塩郷 . . . 本文を読む
コメント

境川ダム

2015-11-30 13:00:00 | 静岡県
2015年11月28日 境川ダム 境川ダムは大井川の右支流境川に日本発送電時代の1943年(昭和18年に)完成した発電用重力式コンクリートダムで、戦後は中部電力が継承しています。 境川ダムのダム湖は上流の大井川発電所から下流の久野脇発電所への導水路の調整池となっています。 今回は千頭から国道362号を南下して境川ダムへ向かいました。 国道からダムへ向かう管理道路を下ると右手に境川ダ . . . 本文を読む
コメント

大井川ダム

2015-11-30 12:00:00 | 静岡県
2015年11月28日 大井川ダム 大井川ダムは長島ダムのすぐ下流の大井川にある中部電力の発電用重力式コンクリートダムで、ここで取水された水は寸又川ダムを経由して下流の大井川発電所に送られています。 1936年(昭和11年)に当時の大井川電力によって寸又川ダム、大井川発電所とともに建設され、日本発送電を経て戦後は中部電力が継承しています。大井川水系では歴史の古いダムの一つで、大井川鉄道井川 . . . 本文を読む
コメント

長島ダム

2015-11-30 11:00:00 | 静岡県
2015年11月28日 長島ダム 長島ダムは大井川上流本線部にある国交省直轄の多目的重力式コンクリ-トダムです。大井川水系は古くから電力開発のため多くのダムが建設されたほか、1968年(昭和43年)の大井川用水の完成で高度な利水が整備されてきましたが、治水については堤防整備や河川敷整備が中心で多目的ダムをベースにした総合河川開発は他の大河川に比較して大きく遅れていました。一方高度経済成長による人 . . . 本文を読む
コメント

奥泉ダム

2015-11-30 10:00:00 | 静岡県
2015年11月28日 奥泉ダム 戦後の電力分割・民営化で大井川流域の発電事業を継承した中部電力は、電力需要の高まりに対応して大井川流域での電源開発を推し進め、最初に建設されたのが奥泉ダムです。 ここで取水された水は導水路で下流の奥泉発電所に送水されます。 奥泉ダムへと通じる車道は関係者以外立ち入りできずダムの姿を見ることはできません。 大井川鉄道井川線がダムのそばを走っており、列 . . . 本文を読む
コメント

井川ダム

2015-11-30 09:00:00 | 静岡県
2015年11月28日 井川ダム 戦後の電力分割民営化で大井川流域の発電事業を継承した中部電力は、大井川の電源開発を一段と推し進め、まず1955年(昭和30年)に奥泉ダムを、次いで1967年(昭和32年)に井川ダムを建設します。 井川ダムは直下の井川発電所で発電を行っています。 井川ダムは中部電力では初の100メートル級ダムであり、日本初の中空重力式コンクリートダムとして建設されました。 . . . 本文を読む
コメント

畑薙第一ダム

2015-11-30 08:00:00 | 静岡県
2015年11月28 畑薙第一ダム 戦後の電力分割民営化で大井川流域の発電事業を継承した中部電力は、大井川での発電事業を一段と加速させました。 畑薙第一ダムは中部電力初の揚水発電所である畑薙第一発電所の上部池として1962年(昭和37年)に竣工しました。 下部池の畑薙第二ダム同様中空重力式コンクリートダムで、堤高125メートルはこの型式のダムとしては世界最高です。 揚水式発電の上下のダ . . . 本文を読む
コメント

畑薙第二ダム

2015-11-30 07:00:00 | 静岡県
2015年11月28日 畑薙第二ダム 戦後の電力分割民営化で大井川流域の発電事業を継承した中部電力は、奥泉ダムや井川ダムを建設して大井川上流域にかけて新規の電源開発を推し進めました。畑薙第二ダムは1961年(昭和36年)に中部電力初の揚水式発電である畑薙第一発電所の下部調整池として建設されました。 上流の畑薙第一ダムと揚水発電を行うほか、下流の畑薙第二発電所でも発電を行っています。 畑薙 . . . 本文を読む
コメント

2015年11月29日 静岡県ダム巡り①大井川流域2日目

2015-11-30 06:00:00 | ダム巡りの旅
大井川流域ダム巡り2日目は。菊川から大井川を北上、寸又峡の大間ダムから。 本来なら前日大井川ダムの後に行くはずでしたが、交互通行の大渋滞でキャンセルして29日に延期しました。 寸又峡温泉から遊歩道を1キロちょっと歩くと大間ダムに到着です。 上流のつり橋からダムが見えます。 吊り橋が苦手な嫁さんはへっぴり腰。 寸又峡温泉のそば屋でそばをいただきます。わさびそばととろろそば。 . . . 本文を読む
コメント

2015年11月28日 静岡県①大井川流域1日目

2015-11-30 05:00:00 | ダム巡りの旅
11月28~29日は静岡の大井川流域のダム巡りです。 大井川流域には中部電力の発電ダムが林立し日本有数の発電ダム密集地の一つとなっています。 今回は二日間をかけて上流から大井川流域のダムを巡ることにしました。 午前4時半に自宅を出立、新東名の島田金谷インターで高速を下り、大井川沿いの国道・県道をひたすら北上して畑薙第2ダムへ。 畑薙第2ダムは正面から見れる場所がないという情報でしたが、 . . . 本文を読む
コメント

菅平ダム

2015-11-27 05:00:00 | 長野県
2015年11月23日 菅平ダム 2017年 8月 5日 菅平ダムは長野県上田市菅平高原の信濃川水系神川源流部にある長野県企業局が管理する多目的重力式コンクリートダムです。 上田市周辺は内陸性気候のため年間を通して降水量が少なく、安定した農業用水の確保が長年の課題となっていました。 そこで長野県は灌漑用水のほかに発電と上水道用水供給をダムの目的に付加した神川総合開発事業を策定、特定多目 . . . 本文を読む
コメント

大沼池

2015-11-26 07:00:00 | 長野県
2015年11月23日 大沼池 2017年 8月 5日 大沼池は長野県東筑摩郡麻績村の信濃川水系宮川源流部にあるアースダムです。 1960年代より聖高原一帯の山林を別荘地として開発分譲する聖高原総合開発事業が着手され、その水源の確保のために宮川をせき止めて1963年(昭和38年)に竣工したのが大沼池です。 ダム湖は公募によって『すずらん湖』と命名され、現地では『すずらん湖』の呼び名の方 . . . 本文を読む
コメント