ダムの訪問記

愛車のBMW M2とM6でダムを訪問しています。

奥只見ダム

2016-08-08 19:01:27 | 新潟県
2016年8月6日 奥只見ダム 豪雪地帯に加えて急流河川である只見川は戦前より水力発電の開発が計画され、戦後上流域は電源開発が、中下流域は東北電力が発電用ダムと発電所の建設を進めました。 奥只見ダムは電源開発が只見川源流域に建設した発電用重力式コンクリートダムで、ほぼ同時に建設された同じ田子倉ダムと並び日本有数の規模を誇るダムとなっています。 具体的には、堤高157メートルは重力式コンク . . . 本文を読む
コメント

黒又川第二ダム

2016-08-08 15:10:58 | 新潟県
2016年8月6日 黒又川第二ダム 戦後魚野川の発電用水利権を獲得した電源開発は破間川支流の黒又川で水力発電開発を進め、1958年(昭和33年)に黒又川第一ダムが、1964年(昭和39年)には直上にアーチダムの黒又川第二ダムが竣工しました。 ダム直下に黒又川第二発電所があり、完成直後は第一ダム第二ダムの間で揚水発電がおこなわれていましたが、現在は揚水発電は中止となっており一般水力発電の . . . 本文を読む
コメント

黒又川第一ダム

2016-08-08 15:02:01 | 新潟県
2016年8月6日 黒又川第一ダム 戦後魚野川の発電用水利権を獲得した電源開発は破間川支流の黒又川で水力発電開発を進め、1958年(昭和33年)に黒又川第一ダムが、1964年(昭和39年)には直上にアーチダムの黒又川第二ダムが竣工しました。 当初は同じ電源開発の奥只見ダムから導水路で黒又川に分水し、信濃川を通じて新潟平野の灌漑用水供給を行うという計画でしたが、黒又川第二ダムの貯水規模が大幅 . . . 本文を読む
コメント

小坂堤

2016-08-08 12:59:47 | 新潟県
2016年8月6日 小坂堤   小坂堤は十日町市南鐙坂にある灌漑用溜池で十日町市土地改良区および鐙坂水利組合が管理をしています。 ダム便覧では1881年(明治14年)に南鐙地区によって竣工とあり、明治以来南鐙地区の農業を支える貴重な水源となっているようです。 JR東日本の浅河原調整池から県道49号を南下、小学校の手前を右折して墓地の裏手を登ると小坂堤に到着します。 実は堤へ . . . 本文を読む
コメント

信濃川水門

2016-07-26 12:50:01 | 新潟県
2016年7月22日 信濃川水門 関屋分水路は信濃川河口から10キロ上流の平島から関屋を経て日本海に至る1.8キロの分水路で、信濃川河口流域の洪水防止と新潟西港への土砂堆積対策として1972年(昭和47年)に開削、通水しました。 分水部の信濃川には信濃川水門を、分水路河口に新潟大堰を建設して、水量調節をはかっています。 当初は国庫補助を受けた県の事業として着工されましたが、新潟地震を受け . . . 本文を読む
コメント

新潟大堰

2016-07-26 11:20:24 | 新潟県
2016年7月22日 新潟大堰 関屋分水路は信濃川河口から10キロ上流の平島から関屋を経て日本海に至る1.8キロの分水路で、信濃川河口流域の洪水防止と新潟西港への土砂堆積対策として1972年(昭和47年)に開削、通水しました。 分水部の信濃川には信濃川水門を、分水路河口に新潟大堰を建設して、水量調節をはかっています。 当初は国庫補助を受けた県の事業として着工されましたが、新潟地震を受けて . . . 本文を読む
コメント

蒲原大堰

2016-07-26 10:51:16 | 新潟県
2016年7月22日 蒲原大堰 長野県三条市尾崎で信濃川本流から中ノ口川が分流しています。両者は蛇行しながら北上し巨大な中州を形成して新潟県西区で再び合流します。 両河川流域は新潟を代表する穀倉地帯ですが、大雨のたびに洪水被害に見舞われとくに1961年(昭和36年)の水害は周辺に甚大な被害をもたらしました。 そこで燕三条地域の河川整備強化のために当時の建設省北陸地方建設局は信濃川と中ノ口 . . . 本文を読む
コメント

中ノ口川水門

2016-07-26 10:11:54 | 新潟県
2016年7月22日 中ノ口川水門 中ノ口川は信濃川水系の分流で三条市で信濃川から分かれ、新潟市内で再び信濃川に合流しています。 周辺は新潟を代表する穀倉地帯ですが、大雨のたびに洪水被害に見舞われとくに1961年(昭和36年)の水害は周辺に甚大な被害をもたらしました。 そこで燕三条地域の河川整備強化のために当時の建設省北陸地方建設局は信濃川と中ノ口川の分流点に堰・水門を着工、まず1978 . . . 本文を読む
コメント

笹ヶ峰ダム

2016-07-25 16:26:59 | 新潟県
2016年7月22日 笹ヶ峰ダム 笹ヶ峰ダムは新潟県妙高市の関川上流、標高1200メートルにある発電、灌漑目的のロックフィルダムです。 もともと笹ヶ峰には戦前の1929年(昭和4年)に関川で発電事業を行っていた中央電気と信濃電気が共同で建設した笹ヶ峰貯水池がありました。 戦後1951年(昭和26年)の高田平野を襲った水不足により、笹ヶ峰貯水池を灌漑用水確保のために再開発するという機運が高 . . . 本文を読む
コメント

市野新田ダム(建設中)

2016-07-25 14:05:16 | 新潟県
2016年7月20日 市野新田ダム(建設中) 2017年7月22日 市野新田ダムは新潟県柏崎市女谷の鵜川左支流石橋川に農水省の柏崎周辺土地改良事業の中核施設の一つとして建設中の灌漑用ロックフィルダムで、2018年(平成30年)の竣工を目指しています。 1997年(平成9年)に事業着手された柏崎周辺土地改良事業はすでに栃ヶ原ダムと後谷ダムおよび関連施設が完成・運用開始されており、市野新田ダ . . . 本文を読む
コメント

谷根ダム

2016-07-25 13:57:56 | 新潟県
2016年7月20日 谷根ダム 2017年7月22日 谷根で『たんね』と読みます。 谷根ダムは新潟県柏崎市鯨波の谷根川上流域にある柏崎市ガス水道局が管理する上水道目的の重力式コンクリートダムです。 柏崎市には上水道施設として1938年(昭和13年)に建設された川内ダムと川内浄水場がありましたが、人口増や生活様式の変化を受けて水道の需要は大きく増加し、川内ダム1基では水道需要を賄いきれな . . . 本文を読む
コメント

赤岩ダム

2016-07-25 11:40:35 | 新潟県
2016年7月20日 赤岩ダム 2017年7月22日   赤岩ダムは新潟県柏崎市谷根の谷根川源流部にある柏崎市ガス水道局が管理する上水道目的の重力式コンクリートダムです。 柏崎市は3基の上水道水源ダムを所有していますが、赤岩ダムは3基の中で一番新しく谷根ダムの上流に1989年(平成元年)に竣工しました。 ここで取水された水は総延長9630メートルの導水路で赤坂山浄水場に送られて . . . 本文を読む
コメント

妙見堰

2016-07-25 11:12:16 | 新潟県
2016年7月20日 妙見堰 妙見堰は長岡市と小千谷市の境界の信濃川にある可動堰で、国交省信濃川河川事務所、長岡国道事務所、JR東日本の共同事業とし1990年(平成2年)に完成し、信濃川河川事務所が管理を行っています。 妙見堰には三つの大きな機能があります。 一つは妙見堰により河床を安定させるとともに右岸にある信濃川右岸用水及び長岡市上水の取水位の維持を図っています。 二つ目は国道 . . . 本文を読む
コメント

貝の沢池

2016-07-25 00:02:15 | 新潟県
2016年7月20日 貝の沢池  貝の沢池は長岡市川口牛ヶ島にある灌漑用アースダムで牛ヶ島集落が管理をしています。 ダム右岸にある記念碑では『大溜池』と記され起源は宝暦6年(1756年)に遡り、1989年(平成元年)に県のため池等整備事業により現在の姿になりました。 すぐ下を信濃川が流れていますが、昔は水をくみ上げる技術がなかったので丘陵地帯を開墾するには溜池が必要だったようです。 . . . 本文を読む
コメント

三面ダム

2016-06-20 15:46:04 | 新潟県
2016年6月18日 三面ダム 三面ダムは新潟県が1953年(昭和28年)に三面川に建設した多目的ダムで、新潟県営ダムとしては最も古いダムです。 上流にある奥三面ダムと連携して三面川の洪水調節を行うほか、発電、不特定利水を目的としています。   今回は先に奥三面ダムを訪問し、帰りに三面ダムに立ち寄りました。 県道349号の樹間からなんとかダムを正面から見ることができます。 . . . 本文を読む
コメント