ダムの訪問記

愛車のBMW M2とM6でダムを訪問しています。

田瀬ダム

2016-05-09 21:00:00 | 岩手県
2016年5月3日 田瀬ダム 田瀬ダムは北上特定地域総合開発計画(KVA)によって建設された北上川5大ダムの一つで、旧石淵ダムに次いで竣工した国交省直轄の重力式コンクリートダムです。 1941年(昭和16年)に内務省によってダム建設が着工されましたが、戦争激化で工事は中断、戦後KVAの一環として工事が再開され1954年(昭和29年)にようやく竣工しました。 今回は釜石道の東和インター . . . 本文を読む
コメント

徳水園

2016-05-09 17:00:00 | 岩手県
2016年5月3日 徳水園 徳水園は内円筒24メートルに及ぶ日本最大の円筒分水工で、胆沢平野土地改良区が管理をしています。 胆沢川右岸には胆沢扇状地が広がりそれぞれ400年以上の歴史を持つ寿安堰と茂井羅堰という二つの堰が灌漑水源となってきました。 ところが二つの堰が近接していたことからそれぞれの受益者の間で水を巡る争いが絶えず、二つの堰に平等に分水するために建設されたのがこの分水工です。 . . . 本文を読む
コメント

胆沢ダム

2016-05-09 14:50:00 | 岩手県
2016年5月3日 胆沢ダム 北上川総合開発事業(KVA)の一環として北上川の主要支流である胆沢川に1953年(昭和28年)に石渕ダムが完成します。 ところが灌漑重視で建設された石渕ダムでは豪雨のたびにゲート放流が頻発、洪水調整能力への不安が高まりました。さらに、遮水壁の劣化が目立ち始めダム再開発の機運が高まりました。 当初は石渕ダム嵩上げ計画が検討されましたが、最終的には直下流に大規模 . . . 本文を読む
コメント

新田堰頭取工

2016-05-09 14:00:00 | 岩手県
2016年5月3日 新田堰頭取工 豊沢ダムを目指して県道12号を北上中に、志戸平温泉で見つけた頭取工です。 新田堰頭取工は豊沢川土地改良区が管理する可動式取水堰で、豊沢ダムで放流された水をここで取水し幹線水路を通じて花巻、石鳥谷、北上の受益農地の灌漑用水として供給しています。 また花巻市の上水道の一部も取水しています。 左岸から 右側(左岸)が幹線用水路の起点 奥に止水 . . . 本文を読む
コメント

豊沢ダム

2016-05-09 13:30:00 | 岩手県
2016年5月3日 豊沢ダム 豊沢ダムは岩手県花巻市の北上川の右支流、豊沢川にある灌漑用重力式コンクリートダムで、1961年(昭和36年)に農林省の農業水利事業によって建設され竣工後は岩手県が受託管理を行っています。 豊沢ダムで貯水された水は下流の新田堰頭首工で取水され土地改良区に供給されています。 県道19号を北上、花巻温泉郷を抜けると豊沢ダム右岸に到着します。 赤いラジアルゲー . . . 本文を読む
コメント

時戸沢溜池

2016-05-09 13:00:00 | 岩手県
2016年5月3日 時戸沢溜池 時戸沢溜池は北上市北西部にある灌漑用溜池で岩手中部土地改良区が管理しています。 国土地理院地形図には溜池への道路が記載されていなかったので、溜池最寄りの高屋集落で地元の方に道を聞いて無事到着することができました。 ダムへの道は時戸沢川に沿ったダートの林道なので、高屋集落の路肩に車をデポして往復約2キロを歩いの訪問です。 溜池としては朝訪問にした橇引沢 . . . 本文を読む
コメント

湯田ダム

2016-05-09 12:45:00 | 岩手県
2016年5月3日 湯田ダム 湯田ダムは北上特定地域総合開発計画(KVA)によって建設された北上川5大ダムの一つで、北上川支流の和賀川に建設された重力式アーチダムです。 当初重力式コンクリートダムとして計画され、その後両岸の岩盤が強固なことからアーチダムに変更されましたが、鉱床帯や断層の存在が判明して重力式アーチに再変更されたという経緯があります。 和賀川の洪水調節のほか、発電、流域の灌 . . . 本文を読む
コメント

石羽根ダム

2016-05-09 12:30:00 | 岩手県
2016年5月3日 石羽根ダム 石羽根ダムは湯田ダムの下流、和賀川にある発電用重力式コンクリート・フィル複合ダムで東北電力子会社の東北自然エネルギー(株)が運用しています。 ダム左岸が重力式コンクリート、右岸がアースダムで竣工ベースでは日本最最古のフィルダムです。 国道107号を湯田ダムに向かって西に走り石羽根バス停の手前を南に折れるとダム左岸に到着します。 ただ、ダムの敷地は立入 . . . 本文を読む
コメント

岩崎農地溜池

2016-05-09 12:15:00 | 岩手県
2016年5月3日 岩崎農場溜池 岩崎農地溜池は岩手県北上市和賀町の夏油川の北にある灌漑用溜池で、現在は岩手中部土地改良区が管理をしています。 夏油川流域は六原扇状地という台地になっており、川床が低い夏油川の水を灌漑用に使うことができませんでした。 そこで夏油川北側の岩崎地区で新田開発する際に受益者による水利組合が建設したのが岩崎農地溜池で、現在でも岩崎新田地区の貴重な灌漑用水源となって . . . 本文を読む
コメント

千貫石ダム(再)

2016-05-09 12:00:00 | 岩手県
2016年5月3日 千貫石ダム(再) 金ヶ崎町の県道37号線沿いには二つの大きな溜池が並んでおり、北側にあるのが千貫石ダムです。 千貫石溜池の歴史は古く起源は伊達藩時代にさかのぼります。着工当初は毎年のように大破してしまったため『おいし』という女性を銭千貫で買い牛とともに人柱にしたという伝説が残り、これが千貫石の由来になったと言われています。 1934年(昭和9年)に千貫石溜池として整備 . . . 本文を読む
コメント

橇引沢溜池

2016-05-09 11:45:00 | 岩手県
2016年5月3日 橇引沢溜池 橇引沢で『そりひきざわ』と読みます。 金ヶ崎町の県道37号に沿って南北に二つの大きな溜池が並んでおり、南側が橇引沢溜池、北側が千貫石溜池です。 ともに古い歴史を持つ溜池で受益者も異なり、戦後の土地改良事業でも橇引沢溜池は和賀川土地改良区が、千貫石溜池は千貫石土地改良区が管理をしてきました。 2008年(平成20年)に周辺土地改良区の合併が行われ、現在はと . . . 本文を読む
コメント

衣川1号ダム(増沢ダム)

2016-05-09 11:30:00 | 岩手県
2016年5月3日 衣川1号ダム(増沢ダム) 衣川1号ダムは衣川流域の5つの防災ダムの一つで、防災ダム群の中で唯一ダムカードが作られています。 5号ダムと同じく、防災のほか灌漑機能も併せ持っています。 左岸下流から 天端は立入禁止。 洪水吐 当初はゲートがありましたが、改修で撤去されたようです。 灌漑機能を持っていますが、防災が主目的の . . . 本文を読む
コメント

衣川4号ダム(苗代沢ダム)

2016-05-09 11:00:00 | 岩手県
2016年5月3日 衣川4号ダム(苗代沢ダム) 衣川4号ダムは衣川流域にある5つのダムの一つで苗代沢ダムとも呼ばれています。 1995年(平成7年)の竣工で、衣川防災ダム群の中では最も新しいダムです。 下流から 洪水吐と取水口からの導水路が堤体下で合流しています。 堤体下流面。 上流面。 管理事務所 取水設備も兼ねています。 防災専用ダムの . . . 本文を読む
コメント

衣川5号ダム(滝ノ沢ダム)

2016-05-09 10:45:00 | 岩手県
2016年5月3日 衣川5号ダム(滝ノ沢ダム) 衣川5号ダムは衣川流域の5つの防災ダムの一つで、滝ノ沢ダムとも呼ばれています。 1954年(昭和29年)竣工と衣川防災ダム群の中では最も古いダムで、他の4ダムと異なり防災機能のほかに灌漑機能も併せ持っています。 このダムも本体へは立ち入りできず左岸の道路から眺めるのみです。 管理事務所? ほぼダム軸上から。 . . . 本文を読む
コメント

衣川2号ダム(川内ダム)

2016-05-09 10:30:00 | 岩手県
2016年5月3日 衣川2号ダム(川内ダム) 衣川2号ダムは衣川流域に建設された5つの防災ダムの一つで川内ダムとも呼ばれています。 重力式コンクリートとロックフィルの複合ダムという珍しい形式のダムです。 右岸は重力式コンクリートでクレストには2門の赤いラジアルゲート。 越流面にはコケが生えています。 左岸のロックフィルと重力式コンクリートのつなぎ目 コン . . . 本文を読む
コメント