く~にゃん雑記帳

音楽やスポーツの感動、愉快なお話などを綴ります。旅や花の写真、お祭り、ピーターラビットの「く~にゃん物語」などもあるよ。

<大和郡山盆梅展> 「順慶」「大納言」など郡山城に因む名前も

2017年02月24日 | 花の四季

【14回目・会場は郡山城跡の櫓、愛好者が丹精込め育てた100鉢余】

 各地から一足早く春の到来を告げる梅の便りが届く中、2月上旬に始まった奈良県大和郡山市の「大和郡山盆梅展」も見頃を迎えている。今年で14回目。会場は郡山城跡のふだん非公開の追手向櫓・多門櫓内。今年で14回目で、市内の愛好者や造園業者が丹精込めて育てた100鉢余が花の香と枝ぶりを競うようにずらりと並ぶ。関西の盆梅展といえば滋賀県の「長浜盆梅展」が有名。だが、それに負けず劣らず見事な盆梅が来場者を迎えてくれる。3月9日まで。

 盆梅にはそれぞれ「紅胡蝶」「清姫」「飛天」「春の淡雪」など優美な名前が付けられている。「順慶」「大納言」「信玄」といった戦国~安土桃山時代の武将に因むものも。「順慶」は戦国大名で大和を統一し郡山城を築城した筒井順慶に、「大納言」は豊臣秀吉の実弟で朝廷から「従二位権大納言」の官位を贈られた郡山城主・豊臣秀長に因む。大人の背丈より高く、幹が空洞になったものも多い。「悠妃」と呼ばれる梅はこの盆梅展の〝顔〟といい、樹齢は120年に達する(下の写真最上段㊧)。盆梅のたくましい生命力に改めて圧倒された。

  

  

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<森麻季リサイタル> 1曲目は「Stand Alone」―「坂の上の雲」テーマ曲

2017年02月12日 | 音楽

【生駒市「たけまるホール」で、アンコール・ピアノ演奏含め全20曲】

 日本を代表するソプラノ歌手、森麻季さんのソプラノリサイタルが2月11日、奈良県生駒市の「たけまるホール」で開かれた。東京芸術大学・大学院卒業後、ミラノとミュンヘンに留学。その後、内外の著名なオーケストラ、指揮者と共演を重ねてきたが、NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」のメインテーマ「Stand Alone」での透明感あふれる美声が、クラシックファンだけでなく多くの人々を引き付けてきた。この日の1曲目もその「Stand Alone」だった。

       

 前半は主に日本歌曲で構成。「♪ちいさな光が歩んだ道を照らす」と歌う壮大な「Stand Alone」に続く2曲目は、NHK東日本大震災復興支援ソングの「花は咲く」。ピアノ伴奏者山岸茂人さんのピアノ独奏、ブラームスの「≪6つの小品≫作品118より第2曲<間奏曲>」を挟んで、加藤周一の詩に中田喜直と別宮貞雄が別々に作曲した「さくら横ちょう」や「朧月夜」「からたちの花」など5曲。再び山岸さんがグルック(ズガンバーティ編)の「メロディ」をピアノ演奏し、前半最後の曲はドニゼッティの歌劇「シャモニーのリンダ」より「私の心の光」だった。

 後半は曲順を変え、最後に予定していたグノーの歌劇「ミレイユ」より「おぉ、軽やかなツバメよ」から始まった。強弱のメリハリの利いた伸びやかな歌唱。スパンコールがキラキラ輝く華やかなドレス姿が舞台に映える。山岸さんのピアノ独奏の後は「アヴェ・マリア」。シューベルト、バッハ=グノー、マスカーニ作の3曲を1曲ごとに森さん自身の解説を交えて披露した。両手を胸の前で組み合わせて歌う森さんの姿が神々しく見えた。

  山岸さんのピアノ演奏、ショパンの「ノクターン第8番」に続いて後半最後の曲はグノーの歌劇「ロミオとジュリエット」より「私は夢に生きたい」だった。鳴り止まない拍手の中でアンコールを3曲。石川啄木の「初恋」、ヘンデルの歌劇「リナルド」より「涙の流れるままに」、そしてプッチーニの歌劇「ラ・ボエーム」の中のアリア「ムゼッタのワルツ」。「♪砂山の砂に腹這ひ初恋のいたみを……」と情感たっぷりに歌う「初恋」が心に染みた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加