LOVE STORIES

Somebody loves you-J-POPタッチで描く、ピュアでハートウォーミングなラブストーリー集

幻想即興曲 13

2017-04-05 21:56:22 | 小説

13          

12より続く)

 8月になった。もはやエアコンなしでピアノを弾くことが難行苦行でしかない。鍵盤に汗がしたたり落ちる。すると指が滑りやすくなる。ゆっくりとした曲ならともかく、難易度の高い曲を正確に演奏するのは難しい。

 

 母は昔流行ったテレビドラマのDVDをかけるのが一番の趣味である。夕食前にかけているのを見ていると『相棒』の水谷豊とおぼしき若手俳優がピアノを弾いているシーンがあった。何でも天才ピアニストという設定のサスペンスドラマらしい。しかし、ピアノを弾くシーンでは、たった二曲しか出てこなかった。『ラ・カンパネッラ』と、『英雄ポロネーズ』だ。ラ・カンパネッラは5分程度、英雄ポロネーズは6分半の曲で、それだけのレパートリーでは到底リサイタルは無理なのだが、他の曲は出てこなかった。しかし、何というシンクロニシティ。それとも、わざとなのか。

 

 次の課題は、英雄ポロネーズだった。だが、楽譜を見るとぞっとした。複雑なのだ。これまでのショパンの曲のほとんどは、三つくらいの部分にわけ、それぞれに習熟したものを組み合わせば出来上がりだった。だが、英雄ポロネーズはもっとパターンが多い。一ヶ月くらい時間があれば、部分を仕上げ組み合わせるやり方も有効だろう。しかし、残り時間は後10日を切っている。どうすればいいのか。

 

 短期間で長い難曲を仕上げるとっておきの方法ははたしてあるのだろうか。

 

 ある。

 

 どれだけ時間がかかってもいいからまず通して全部弾くこと。そして、一方でひたすら時間を短縮すること。

 そのために、100円ショップでストップウォッチを買ってきた。アナログでは細かい時間がよくわからないが、デジタルなら、100分の1秒まで測定できる。

 

 もう一方では、そこで勢い任せで弾ききれないパッセージを取り出し、その部分だけ繰り返し練習することだ。

 

 難曲になるほど練習途中の未完成な段階ではきれいな曲の出来は期待できないので、ピアノの練習は完全にデジタルに切り替えていた。ヘッドフォンで練習すれば、途中の不細工な状態を誰にも聞かせることなしで済ませられ、余計な神経をつかわなくて済むからだ。

 

 午前中は、全体を通しで練習する。最初37分かかった演奏だが、次には25分となり、次には21分となる。そして20分の壁は破れ、17分、15分30秒と時間はしだいに短くなってゆく。一番演奏効果の高いダラララダラララという部分は、それほど難しくない。大変なのは両手のスケールと、右手の、そして両手での重音移動だ。これに装飾音符が加わると格段に難易度が高まる。結局ソナタ形式のこの曲で、メカニカルな運動でカバーできるBの部分は早めにクリアして、Aの部分を集中的に弾くというやり方しかないのだった。

 

 二日目の午前、15分からスタートして11分まで演奏時間を短縮する。午後ひっかかりのある重音移動や、左手の跳躍の練習をする。そして、夕食後もう一度測定すると、何とか10分を切っていた。

 

 三日目は午前午後とも部分練習を繰り返す。右手の重音、和音の移動がまだひっかかる。

 

 左右に分解しては、また合体したりして、練習、練習、練習。

 

 カーネギーホールへの道はと聞かれれば、答えは決まって練習、練習、練習。

 

 日が暮れるころ、再び全曲通しで弾いてみると、7分30秒まで短縮されていた。

 

 後、1分。しかし、複数の音を押さえるのに戸惑って間延びした部分のみを短縮し、すでに既定のテンポに達している部分はそのままのスピードを維持しなくてはいけない。

 

 ここで新しい方法を思いついた。全体を通して練習するかに見せて、ひっかかった場合、その部分のみを三度繰り返す一種の砕氷船方式だ。このような形で、通しの練習と部分練習を合体させる。すると、これを繰り返すうちに、いつかはよどみなく弾けるようになるだろうというポジティブな気持ちが生じ、気分的に楽になった。

 

 そして四日目の午後には、何とか6分30秒で英雄ポロネーズを弾けるようにはなっていた。最もミスタッチだらけだから、今後毎日繰り返して、それを減らしてゆかねばならない。

 

 あと、三日。残るはたった一曲。幻想即興曲のみだった。

 (14へ続く)


『幻想即興曲』 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9,10,11,12,13,14,15,16,17,18 

『ペーパーリレーション』 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10,11-12,13-14,15,16-17,18, 19

『ホワイトラブ』 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幻想即興曲 12 | トップ | 幻想即興曲 14 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。