LOVE STORIES

Somebody loves you-J-POPタッチで描く、ピュアでハートウォーミングなラブストーリー集

ペーパーリレーション 5

2016-12-19 13:44:32 | 小説

より続く)

 白木西高校は、都心からはJRで30分程度の郊外の住宅地にある共学の公立高校だった。この地域では最も人気の高い公立高校だったが、周囲には中高一貫の私立高校が数多く存在するため、それとの差別化なのか、大学受験を前に押し出した学校ではない。文化系体育系とも部活動は強く、全国レベルで上位につらねる部が片手にあまるほどだった。自由な校風で充実した学園生活を生徒が楽しんでいる分、大学への現役合格率はあまり高くなく、東大合格者数は年に3、4名程度で、むしろ国立の医学部に進学する生徒が多かった。つまり、予備校にとってはよいお得意先というわけだ。

 白木駅前は、一瞬都心と見まがうほど、立派なビルが立ち並び、百貨店やファッションビル、ショッピングモールが軒を連ねているが、それは駅周辺だけのことで、ほんの五分も歩くと商店街は途切れ、ところどころに博多系や家系のラーメン店が点在する住宅街へと移る。四十万都市だけに、車の通行量はかなり多い。午過ぎまで、青い空が見えていたのに、午後3時を過ぎるとだんだん雲が増えてきた。

 放課後の学校は、若い声で満ちている。野球部のバッティング音、ときおり入る掛け声、ファイト、ファイトと言いながらランニングする女子の声が、公道に面した高いフェンス越しに耳に飛び込んでくる。こんな光景を間近に感じるのは何年ぶりだろうか。正規の授業ではないが、私立高校の放課後の課外授業を何年か担当したこともあった。時給は当時の予備校より安かったが、休日が入ろうと月額支給額は同じで、しかも通年の仕事であるため、収入としては安定して悪くなかった。

 桜が緑の木陰をつくる校門をくぐると植え込みには青や紫、ピンクの紫陽花が花を咲かせているころだった。もう梅雨なのか。空が暗くなってきた。

 私服と制服の生徒が混在して予備校と変わらぬ雰囲気だった。この学校では、制服は一応決まっているものの、特に行事のないふだんの授業日には強制されていない。吹奏楽部や合唱部など対外的な部活動では、制服で揃えた方が見栄えし、僅差の勝負ではプラスに働くという声もあれば、制服に対する憧れを抱く生徒も特に女子には少なくなく、保護者からの要望にも、制服の方が毎朝の服装に頭を悩ませずに済むし、かえって経済的であるという声も根強いせいらしい。いずれにせよ、制服だけでも、私服だけもなく、両方が可能というのもこの学校の売りの一つだった。
(6へ続く)     


『ペーパーリレーション』 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11-12, 13-14,15,16-17, 18, 19

『ホワイトラブ』 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19


  この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関わりありません。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペーパーリレーション 4 | トップ | ペーパーリレーション 6 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。