LOVE STORIES

Somebody loves you-J-POPタッチで描く、ピュアでハートウォーミングなラブストーリー集

ペーパーリレーション 6

2016-12-20 10:06:40 | 小説

(5から続く)

「黒川さんは、寡黙ですが成績は優秀、文科系の教科に限ってですけど、しっかりと自分を持った子ですから心配はないと思います。まあ、模試の答案が返却された時にでも、直接本人に訊いてみることにします」

 赤塚佐和子と名乗るクラス担任は、答案のコピーを見せると一瞬狼狽したかのようにも見えたが、思い直すと自信ありげな口調できっぱりと言った。年齢のころは三十を少し回ったばかりだろうか。赤い縁のメガネをかけ、耳を外に出しながら、髪は後ろで一つにまとめている。唇にうっすらとルージュをひいただけで、すっぴんに近い。顔立ちは整っているのだが、無理に色気を封印している気配がある。白いブラウスにベージュのスーツを合わせて、一見中肉中背に見えるが、胸は豊満で、はりさけそうだ。メガネを外して、髪をおろし、ロングかセミロングにまとめるとどうなるのだろうと、変な想像をめぐらせてしまう。

「菅谷先生は、あちこちのお仕事されているのですね。新東京ゼミナールで教えてらっしゃるだけでなく、三大予備校と気合塾の採点もされているようですし」

 私が差し出した名刺を見ながら、赤塚佐和子は言った。

「名の通ったところしか書いていませんので、他にもいくつか」

「随分と稼いでいらっしゃるのね」

「月々の額面だけなら高校教師より上かもしれないけれど、社会保険もないし、退職金も、ボーナスもない。年収で計算すると負けるし、十年先は闇、一生を考えたらお話にならないですね。予備校の仲間には、教員免許をとり、高校に就職した人間も少なくありませんが、私はまだそこまで考えてはいません。やはり教科だけを教えていた方が気楽で」

「本当にそう。学校の専任をやるといろいろあるのよ、いろいろ」

 そう言いながら、赤塚佐和子は堅い表情を崩した。

「ちょっと学内を歩いてみません」

 そう言って彼女が案内したのは、教室の並ぶ校舎ではなく、管理棟と通路でつながれた体育館だった。体育館は、三層構造で、一階が柔道や剣道と卓球などを練習している低い天井のフロア、二階はバスケットボールやバレーボールなど高い天井を必要とするフロア、最上階は全校生徒が入り式典やコンサートを行うことができる大ホールとなっていた。一階の戸口付近から、卓球台が置かれた方を見やりながら、言う。

「手前から二つ目の向こう側に立っている子、あの子が黒川さんよ」

 ほう。手足は小枝のようにスリムだが、動きは機敏だ。そのスマッシュは声こそ出さないがかなりのスピードがある。そして何よりもものすごく美しい。モデルかタレント並のビジュアルの持ち主だった。

「どう?」

「たしかに心配なさそうですね」

「目の色が変わったわよ」

「たしかにきれいな子ですけど」

その瞬間、黒川瑠衣がこちらの方を見やり、目が一瞬光ったような気がした。

「勘が鋭い子だからこのへんにしましょう。ふだんはここまでしないのよ、せいぜい応接室で応対して、上に報告あげておしまい。でも、この学校に興味ありそうだったから」

「公立ですからね。私立の中高一貫校みたいに明日採用試験を受けたら、翌週には通知が来るなんてことはありませんよ」

「それはそうなのだけど」

 心理的な味方が欲しかったのだろう。様々なプレッシャーの中、教科を教え、クラス担任をやるというのは大変なことなのだ。

 通路を歩きながら外を見ると、雨が降り始めていた。しまった。家に傘を忘れてきた。

                                                            (へ続く)

 

『ペーパーリレーション』 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11-12, 13-14,15,16-17, 18, 19

『ホワイトラブ』 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19

 
  この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関わりありません。

 

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペーパーリレーション 5 | トップ | ペーパーリレーション 7 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。