LOVE STORIES

Somebody loves you-J-POPタッチで描く、ピュアでハートウォーミングなラブストーリー集

ホワイトラブ 19

2014-11-15 14:01:48 | 小説

19  エピローグ
18から続く)

 両親の命日に墓参りに行くと、墓には真新しい花と線香が供えてあった。中年のメガネをかけた女性と若い女の子が来たのだと言う。山本という姓は多い。墓のありかを尋ねたので、お寺の人の記憶に残ってたのである。
 みず江さんと白井愛が来たのだと直感した。

 白井愛に電話して訊いてみた。
「私は一人で行くと言ったけど、みず江さんは一緒にと言ってきかなかった。お墓に手を合わせて、なんとかシンイチ君を一人前にすることができました、これからもよろしくお願いしますって。泣いてたわよ。あの人が涙流すの、初めて見たわ」
「とにかくありがとう。それからみず江さんにもよろしく伝えてください」
「うん、わかった」

「それから、またお見舞いにゆきたいんだけど」
「お姉さん、きっと喜ぶわ
「でも、意識はないんでしょ」
「意識がないんじゃなくて、言葉がないだけ。シンイチ君が来た後、本当に安らかな寝顔してるんだから」
「じゃ、近いうちに伺うからお姉さんにもよろしくお伝えください」
「わかった。伝えておくわ」

 どのような疵を負おうと、人生で何事が起ろうと、後に残された人は皆生きてゆかねばならない。生きる権利だけでなく、生きる義務がある。寿命の終わるその時まで。
  僕たち人間は、ただの記憶の塊にすぎない。そして、かつて生きた人の記憶を生きる限り持ち続け、次に伝えてゆかなければならない。悲しみや苦しみを乗り越えた分だけ、人生は間違いなく素晴らしいものになる、そう信じて。きっとこの思いは裏切られたと思う瞬間があるにちがいない。それでも、生きてゆくのだ。生きてゆくことはそれほどまでに素晴らしく、美しく、そして切ない。

 僕の誕生日に合わせて、白井愛から一通の郵便が届いた。中には、白い財布が入っていた。そして、その中央には、赤いハートの模様が入っていて、同封された一筆箋にはこう記されていた。

シンイチ君

誰よりも、あなたのことを 愛しています。

この財布、手作りです。大事に使ってね。

                                愛


メールで返事をと思ったが、長くなりそうなので、手紙を書くことにした。

白井愛さま

プレゼントと手紙、本当にありがとう。

そう、あの日あの時から始まったんだよね。イサカの街で、僕が君の赤いサイフを拾ったあの時から。

始まりにはいつも君がいた。一人ぼっちであった僕が、いつしか芸能界という見知らぬ土地に足を踏み入れ、大勢の仲間に出会い、得難い友人を得て、失ってしまった笑いを取り戻すことができたのも、みんな君が始まりだった。

はっきり言えば僕は心を閉ざしていた。自分の感情を殺して生きていた。何かを得て喜ぶことは、何かを失って悲しむことに通じるから。だから、新しい知り合い、新しい友人を作らないように、新しい喜びや希望を持たないように生きてきた。

そのすべてを君は変えてしまった。

肉親を失おうと、帰る場所がなくなろうと、僕たちは生きてゆかなくてはいけない。
心を閉ざすことなく、感情を殺すことなく、正直に自分自身の感情に向かい合って。

病院で初めて君のお姉さんに会った日に、言えなかった言葉を、今ここに書きます。

心から 君のことを 愛しています
世界中の 誰よりも

                                   山本 信一

(完)

この物語はフィクションです。実在の人物・団体とは関係ありません。

次回作は準備中です。更新情報はツイッター(@kamiyamasahiko)で告知します。書評ブログ(http://mkamiya.jugem.jp/)も合わせてご覧ください

『ホワイトラブ』
目次
1.プロローグ
2.ホテルニューイサカ
3.白井愛
4.セントラルパーク
5.サタケ商店街
6.エトワール
7.ヤメセン
8.  那珂川さつき
9.White Love
10. 視聴率

11.フェニックス
12.ツダマガ
13.那珂川さつき PART2
14.読書の時間
15.相互作用

16.Friends & Lovers
17.初詣
18.祭りの終わり
19.エピローグ

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホワイトラブ 18 | トップ | ペーパーリレーション 1 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。