LOVE STORIES

Somebody loves you-J-POPタッチで描く、ピュアでハートウォーミングなラブストーリー集

ホワイトラブ 9

2014-11-05 10:09:13 | 小説

9 White Love
から続く)


 みず江さんからブログのタイトルを決めろと言われ、「でも、シンイチです」ととっさに答えた。
「なぜ、いきなり、「でも」なのよ」
「えーそれは、工藤新一でもなく、千秋真一でもなく、でも、シンイチはシンイチなわけで」
「わかったわ、でもその前ふりはなしね」
 しかし、最初のブログ記事をアップして、「ヤメセン」出演を報告してみたのだが、ついたコメントはゼロだった。やっぱりね。世の中そんなに甘くない。

 『ヤメセン』の最初の数回は高校編だった。担任となった新任教師役の那珂川さつきに、柄の悪い男子生徒がからむというシーンからである。その一人が僕だった。
「この貧乳女めが」
「無礼な、貧乳ではありません。確かめてみます?
 那珂川さつきは、僕の右手をとり、自分の左手に押し当てる。コミカルな演出で、僕はその場で卒倒して倒れてしまう。それで、教室の雰囲気ががらりと変わるというシーンである。カメラアングルでごまかすこともできただろうに、那珂川さつきは寸止めにすることなく、僕の手をしっかりと自分の胸に押し当てた。柔らかで形のいいバストは見かけ以上のボリュームがあるように思えた。
 収録が終わると、スタッフからからかいの声が聞こえた。
「いいなあ、シンイチは。役得で」
 つい顔を赤らめてしまう僕に対し、那珂川さつきは言った。
「気にしてはなりませぬ。ポーカーフェイスを忘れるな、ですわ」
 ポーカーフェイスを忘れるなは、怪盗キッドの決め台詞だった。まるで僕の心の中を見透かされているような気がした。
「でも、まだまだ無理なようね。そこがかわいいんだけど、ふふふ」
 そう言って立ち去った。やはり、この人はヤバい、ヤバすぎる。

 例のシーンが話題になって、番組の視聴率は18.9パーセントとまずまずの立ち上がりだった。ブログの記事にもコメントがちらほらとつき始めた。からかいやツッコミの言葉は、見当たらなかったが、専従のスタッフがしっかり削除していたのだ。白井愛はあのシーンを見て、どう思ったのだろうか。そもそも忙しくて見なかったのだろうか。数日間、電話はなかった。

 マンションに帰ってみると、彼女からの郵便が届いていた。
 開けてみると、中に一枚のCDが入っていた。タイトルはWhite Love。

一筆箋で、こう書いてあった。

シンイチ君へ

 新しいCDができたので、送ります。
 よかったら、聞いてください。感想待ってます。

                              愛

 作曲はプロの有名どころが名を連ねていたが、何曲かは彼女の作詞によるものだった。疲れ切った身体と心を癒すように、白井愛のピュアな歌声は僕の心をふるわせ、いつしか僕は泣いていた。こんなにも音楽に心をゆさぶられたのは初めてだった。白井愛は、単なるタレントではなく、立派なアーチスト、シンガーだった。

10へ続く)

この物語はフィクションです。実在の人物・団体とは一切か関係ありません。

『ホワイトラブ』目次
1.プロローグ
2.ホテルニューイサカ
3.白井愛
4.セントラルパーク
5.サタケ商店街
6.エトワール
7.ヤメセン
8.  那珂川さつき
9.White Love

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホワイトラブ 8 | トップ | ホワイトラブ 10 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。