LOVE STORIES

Somebody loves you-J-POPタッチで描く、ピュアでハートウォーミングなラブストーリー集

ホワイトラブ 17

2014-11-13 14:43:41 | 小説

17 初詣 
16より続く)

 シンイチの芝居が変わった、急によくなったと言われだしたのはその後からだった。僕は神経を研ぎ澄ませ、周囲の空気を読みながら、しかもそれが表情に出ないように努めた。映画のスタッフ、共演者が求めているものは一人一人違う。だから、その場でその和を計算して、それに小さなイチを足すことにした。真っ白な、ゼロのままの自分をその場に投げ出せば、間の空白が埋まり、そこに新しいイチが生まれるのだ。それがシンイチの芝居なのだ。

 共演者の一人一人を、スタッフの一人一人を、メイク、小道具の人さえも僕は愛した。ほんの一言のさりげない言葉を、できるだけ多くの人と交わし続けた。

 どんどんと撮影は進んでゆく。いつしか年が変わったが、年末年始の休みが明けるのが待ち遠しかった。いつしか僕は映画ジャンキーになっていたのだった。

 白井愛からは、クリスマスカードが届いていたが、まるで返す気持ちになれなかった。映画の役柄にはまりすぎて、共演者の彼女とは距離を置こうとしたのかもしれない。彼女はそれでも電話をかけてきて初詣に出かけようと言った。
「和服で行こうよ、お願い」
「なんで、和服?」
 仕事用に作ったのは一着あったが、それでいいのだろうか。
 神社の鳥居の外で待ち合わせをした。朝早いと言うのに、初詣客は長蛇の列をなしていた。
「ごめん、電車混んじゃって。待った?
「じゃ、行こうか」
「まだよ、後二人」
 向こうから、和服のカップルが現れた。会堂竜二と浅倉洋子だった。
「よう。あけおめ」
「あけましておめでとうございます」

 会堂竜二は手を挙げて気さくに声をかけてきた。普段とは雰囲気が全然違う。まるで別人だった。なるほどコスプレか。『盗まれた手紙』。周囲も和服だらけだから、これなら目立たない。

「明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします」
 浅倉洋子の和服姿も板についていた。さすが芸能人である。
「映画のヒット祈願ですね」
 白井愛が言う。
「ただのヒットじゃなくて、大ヒット祈願。ヒットしないわけないもん。オレも凄いけど、こいつも凄い。最初正直軽く見てたけど、どんどん化けちゃってさ、本当、ヤバいよ、シンイチは」
 列に並びながら太鼓橋に上がると、大江戸タワーが拝殿の向こうに見えた。
「春になると梅や藤もきれいなのよね、ここ」
 まるで映画の中の高校時代、仲良し四人組みたいだった。こんな風に正月を人並みに、人並み以上に楽しく過ごせるなんて、去年の今頃は思いもよらなかった。タコ焼きに、綿菓子、とうもろこしに、たい焼き、僕たちは次から次へと屋台を制覇して行った。かけがいのない一日が、走馬灯のように過ぎていった。最後に、四人でわけもなく、ハグし合ったのだった。

(18へ続く)

この物語はフィクションです。実在の人物・団体とは関係ありません。

『ホワイトラブ』目次
1.プロローグ
2.ホテルニューイサカ
3.白井愛
4.セントラルパーク
5.サタケ商店街
6.エトワール
7.ヤメセン
8.  那珂川さつき
9.White Love
10. 視聴率

11.フェニックス
12.ツダマガ
13.那珂川さつき PART2
14.読書の時間
15.相互作用

16.Friends & Lovers
17.初詣

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホワイトラブ 16 | トップ | ホワイトラブ 18 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。