LOVE STORIES

Somebody loves you-J-POPタッチで描く、ピュアでハートウォーミングなラブストーリー集

ホワイトラブ 14

2014-11-10 11:57:45 | 小説

14 読書の時間
13より続く)

 レジの向こう側で、江口さんがにっこり微笑みながら言った。近くの女子大に通いながら、ブックオンのアルバイトをしているが、かなりのベテランだ。
「山本君、よく本を買うわね。いいお客さんね」
「大体百円のばかりだけどね。ブログのネタにもなるし、会話が途切れそうになった時にも役に立つ」

 ブックオンの単行本の安いコーナーが二百円均一に値上がりしたので、最近は文庫とコミックに加え、新書を読むようになった。文庫も出たばかりのものは高いし、コミックも古典になったものを揃えたあとは、ネタになるのは新しい作品で、新刊と比べて大して安いとは言えなかった。その点、新書は科学や社会問題を扱っているので、賞味期限が長く、しかも単行本に比べ、場所をとらない。部屋は台所を除くと、六畳一間なので本を買いすぎると生活スペースが圧迫されるのだ。

 今のところ特に支障がないので、僕はアオヤマの事務所に通うにも、ロッポンギのテレビ局に通うにも、地下鉄を使っていた。座れる時は、地下鉄で本を読むのが数少ない息抜きの時間だった。100円均一で買った新書本の著者も、やはりシンイチという名前だった。

≪秩序を保つために秩序を破壊しつづけなければならないこと、つまりシステムの内部に不可避的に蓄積するエントロピーに抗するためには、先回りしてそれを壊し排出するしかない。≫(1)

 本が増えすぎて部屋が住めなくなる前に、本はブックオンに売るのが一番であると書いているように思えた。それが<動的平衡>というものらしい。

 列車の中吊り広告に芸能ネタが上がっているのが見えた。
「会堂竜二に新恋人発覚!新作映画で熱愛か?」
 見ないようにと思ったがやはり見てしまう。そして、乗り換え駅の売店で雑誌を買う。
 来た。フェニックスのいつものやり方だ。本当は不快極まりないはずなのに、白井愛が話題になり、写真が入っていると嬉しくなる複雑な心境の自分がいた。
 番組収録前に読んで心を乱したくないと、バッグの中にしまい込んでしまう。そんな風にしてしまうと、数日間見ないこともしばしばだ。開くのが気が重いのである。僕は、再び読みかけた本を開く。ページも残り少なくなっていた。

≪後に知ったことだが、この眺めのよい台地の上には、一九四五年の敗戦時まで陸軍の広大な工兵学校があった。おそらく戦後、長らく放置されていたこの地は徐々に転用と開発が進み、公務員住宅、裁判所、学校、公園などに変わりつつあった。私たちが引っ越してきたのは、そのような変貌の終盤の頃だった。
 つまりこの場所は、地理的に、東京とその郊外が接する界面であっただけでなく、時間的には、戦後がなお戦前と接している界面でもあったのだ。界面(エッジ)とは、二つの異なるものが出会い、相互作用(エッジ・エフェクト)を起こす場所である。≫(2)

 もう少しで、読み終わろうとする頃に、地下鉄のドアが開き、あわてて飛び出した。
 テレビ局まで歩く間に、事務所から電話があった。みず江さん直々だった。
「喜びなさい。映画の出演が決まったわよ、結構重要な役。愛とも共演できるわよ」
「ありがとうございます。頑張ります」
 それは会堂竜二主演のあの映画だった。僕には、みず江さんが何を考えているか見当がつかなかった。おそらく白井愛の出演のバーターでねじこんだのだ。『ヤメセン』で売り出し中の若手俳優なら、話題性も十分だし、向こうも断る理由がなかったにちがいない。だが、みず江さんは、僕が芸能界入りする前から白井愛と親しかったことを知っている。まさかわざとぶつけたのか。それとも?
 
 相互作用(エッジ・エフェクト)という言葉が浮かんで消えた。

15へ続く)

(1) 福岡伸一『生物と無生物のあいだ』、講談社現代新書
(2) 同上

この物語はフィクションです。実在の人物団体とは一切関係ありません。

『ホワイトラブ』目次
1.プロローグ
2.ホテルニューイサカ
3.白井愛
4.セントラルパーク
5.サタケ商店街
6.エトワール
7.ヤメセン
8.  那珂川さつき
9.White Love
10. 視聴率

11.フェニックス
12.ツダマガ
13.那珂川さつき PART2
14.読書の時間

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホワイトラブ 13 | トップ | ホワイトラブ 15 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。