都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 灯りのない建物がまた一つ。

天野理容室
千代田区神田小川町1-11
Photo 2007.11.21

 20時少し前、JR神田駅から神保町へ向かって急ぎつつ、だがフラフラと裏通りを歩いていると、マンサード屋根の天野理容室の前を通りかかった。ふと見ると、灯りがない。あれ、ここのご主人ってここに住んでないのかなぁ、通いなのかしら?、と思いつつ、通り過ぎそうになった。だが次の瞬間、視界の端に、扉わきのガラスに貼られた一枚の紙に気づいた。いやな予感。恐る恐る近づいて読んでみると・・・。

「お知らせ ビル建設のため十月三十一日をもって閉店する事になりました
 長い間、御来店いただきまして 誠に有難う御座居ました 厚くお礼申し上げます」

 ううう。また解体直前物件に遭遇してしまった。近くには解体のお知らせ看板もあった。木造2階6棟を解体とあるので、右隣と後方の木造建物全てが解体されるのだろう。あたりを見回すと、周辺の木造建物にも灯りが点いていない。新しいビルの着工は来年春のようなので、恐らく今年中か、来年早々にまとめて解体されるのではないかと思われる。

Photo 2005.3.25

 小川町周辺にはマンサード屋根の木造2階(屋根裏3階)建物が点在しているが、気が付くと次第に数が減っている。上京した頃はもっとたくさんの看板建築が建ち並んでいたので、さほど重要だとは思わなかった。だが、ツルッとして無表情なビルがいつのまにか増え、それが大半になってしまうと、看板建築などの古い建物は昔の街並みを想起させる数少ないものになり、希少性が増してくる。これ以上看板建築が減ると、戦災で焼失しなかった神田周辺の昔の街のイメージは、ほとんど失われてしまうような気がする。なんとも残念だ。

Tokyo Lost Architecture  
#失われた建物 千代田区  #夕景・夜景 


コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )


« 交差点夜景 その後の行動状況 »
 
コメント
 
 
 
ありゃ (GG-1)
2007-11-22 19:40:49
此処も無くなりますか
では裏側(と言うか大通り側)のトタン長屋(?)も無くなるのか~
昨年撮った時には未だ人が出たり入ったりしていたのに・・
 
 
 
長屋も (asabata)
2007-11-27 21:52:33
大通り側までまわって確認しなかったので、確証はありませんが、
解体予定のお知らせ看板から考えると、恐らくトタン長屋側も無くなるのではないかと思います。
奥の方も灯りが無く真っ暗でしたし。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
看板建築トタン (Roc写真箱)
神田 EOS-1Ds? EF24~105 表側を見ているだけなら ファサードの表情豊かな看板建築にしか見えません 建て増した様な三階もあってなかなか立派 横に回ると 窓一つ無い、のっぺりトタン 長く伸びる臭突が アクセントになってます 隣が立ち退いた後に...