都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



中村医院
所在地:中央区築地2-1-15
構造・階数:木2
1996頃解体
Photo 1995.6.20

 銅板張りの看板建築状の医院。撮影後ほどなくして解体されたらしい。

 通りがかりに撮ったので全景がなく、何のお店だったのか、そしてどこで撮ったのか、記憶が曖昧だったのだが、いろいろ調べてようやくそれらしき場所が分かった。

 そしてその後、「ぼくの近代建築コレクション」でこのディテールを持つ全景写真を発見。いわゆる商店などではなく、医院だったことをようやく知った。1980年代に既に医院としては営業しておらず、仕舞屋になっていたようだ。

 銅板張りなので看板建築だと思っていたが、全景を見ると入母屋屋根の木造2階建て家屋で、普通の看板建築のように屋根小屋部分を隠してはいない。通り沿いのファサードはどう見ても看板建築だが、全景はそうではないというちょっと変わったタイプの銅板張り家屋だった。

 四角い模様や、ルーバー状にも見える模様が特徴的。2Fの手摺もなかなか凝ったデザインだ。

ぼくの近代建築コレクション中村医院/築地2丁目
Tokyo Lost Architecture
#失われた建物 中央区


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 交通博物館 2 中央区立第二... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。