ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 




明治座。中央区日本橋浜町2-31。1990(平成2)年5月27日

1958(昭和33)年3月に開場し、1990(平成2)年6月まで使われた旧明治座。当ブログ前回の歌舞伎座で吉田五十八(いそや)を知ったわけだが、彼の作品の中に「1958年 明治座復興増改築(東京都中央区/現存せず)」があり、これなら写真を撮っているので、ついでにそれを公開するわけである。閉場する1か月前の撮影だ。垂れ幕では「明治座5月薫風公演/花は散らない」の最終日で、次の上演は高橋秀樹の「桃太郎侍」。そして6月28日、高橋英樹特別公演をもって閉場となる。

元々、明治座は久松警察署の向かい側、浜町川に向いたところにあったが、関東大震災後、現在地に移って1928(昭和3)年3月に新装開場した。この洋風の劇場の写真は割とよく目にする。昭和20年3月10日の空襲で、明治座に逃げ込んだ人々が大勢焼け死んだことはよく知られている。何人の人が亡くなったのかはっきりしないようだが、『東京都の空襲被害データ』では、「明治座避難者数百名焼死」とある。中央区全体ではこの日の死者は1275人だ。
戦後の復興は、新田建設や浜田屋(料亭)が中心になって株式会社明治座を設立したことから始まる。松竹から所有権を譲り受け、劇場を再建して1950(昭和25)年12月に開場。この時の建物の写真をいまだに見ていない。それが1957(昭和32)年4月に漏電による火災で焼失。写真の建物は焼失した建物の基礎の上に建っているという。



明治座(南東側の正面)。1990(平成2)年5月27日



明治座(北西側の裏面)。1990(平成2)年5月27日

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





歌舞伎座。中央区銀座4-12。1988(昭和63)年2月21日

『日本近代建築総覧』では「建築年=大正13年、構造=SRC4階建て、設計=岡田信一郎、施工=大林組、戦災により大改造がなされる。地下1階、楽屋RC2階」。昭和20年5月25日の空襲で半ば焼失したのを吉田五十八(いそや)によって修復された。その完成が1950(昭和25)年12月。外観は岡田の設計によるものを踏襲し、内部は吉田の設計によるといっていいのだろう。外観も岡田のものとまったく同じではなく、正面中央にあった大きな三角屋根の千鳥破風は省略している。また、後ろの舞台に当たる部分の屋根も平らに改修された。

実を言うとぼくは吉田五十八を知らなかった。吉田五十八(1894明治27年-1974昭和49年)は「昭和期に活躍した、数寄屋建築を独自に近代化した建築家。東京美術学校(東京芸術大学)卒業。母校で教壇に立ち、多くの後進を育てる」(ウィキペディア)という人。最初は個人住宅の設計が多かったようだが、戦後からは、劇場、美術館、寺院などを手掛けるようになった。吉田が設計した公共建築の初期の建物が歌舞伎座かもしれない。



歌舞伎座。1988(昭和63)年2月21日

写真の歌舞伎座での興行は、高層オフィスビル建設を含む建て替えのため、2010(平成22)年4月30日が最後になり、翌月から解体にかかった。瓦や錺(かざり)など再利用したり保存したりするものがあって、ビルの起工式は10月28日。新歌舞伎座と歌舞伎座タワーの竣工は2013(平成25)年2月26日。こけら落としは4月2日からだった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





鳥羽洋行ビル。中央区銀座4-12。1986(昭和61)年9月7日

銀座4丁目の昭和通り沿いの1986年のビルの並び。写真左から「丸正ビル、路地、ミズホビル、鳥羽洋行ビル、リトルホテル、野口ビル、歌舞伎座ビル」。現存するのは丸正ビルだけで、ミズホビルはつい最近、鳥羽洋行ビルは2013年に取り壊され(御光堂世界~Pulinの日記>銀座鳥羽洋行ビル)、リトルホテルから右は2013年2月に竣工した歌舞伎座タワーに替わった。
鳥羽洋行ビルは『日本近代建築総覧』では「建築年=昭和7年頃、施工=清水組」である。鳥羽洋行はそのHPによれば、明治39年満州の大連で創業しているが、戦後は1949(昭和24)年に、改めて会社を設立し銀座の古いビルを本社に置いた。そのビルを引き払って文京区水道町に移ったのが1998(平成10)年だ。その後2001年に「ペッパーランチ東銀座店」が入った(街の風景>銀座散歩>鳥羽洋行ビル)。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





長屋門。文京区小石川2-15。2001(平成13)年9月1日

春日通りの富坂警察署の横を北へ入ったところに長屋門があった。写真左奥が富坂警察署(昭和49年竣工)で、今もある白いコンクリートの塀は住宅のものだが、署長の官舎ではないかという気がする。長屋門の向かい側は文京区立礫川(れきせん)小学校。長屋門を入ると屋敷があるはずだが、ぼくはたぶん撮影時には確認していない。地図では駐車場になっていた。
昭和22年の航空写真を見ると、この周辺は一面の焼け野原でぽつぽつと家が建ち始めている状態だ。富坂警察署の2階建てのビルはRC造だったため残っているが、長屋門のところは焼け跡のままだ。そこからわざわざ長屋門を建てることは考えられないので、移築してきたものなのだろう。まったく新しく家を建てるより手っ取り早かったのかもしれない。どこから持ってきたのだろう?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






丸菱呉服店。文京区小石川1-15。2001(平成13)年9月1日

小石川すずらん通り商店街から千川通りを渡ると「柳町仲通り」の、門のようにした外灯があり、すぐに白山通りに抜けるが、その間が商店街になっている。今はビルの谷間の通路のようだが、昭和末まではビルは2棟しかなく、木造の店舗が並んでいたようだ。1986年の地図によると、北側に「小石川薬局、鳥熊、柳屋、丸菱呉服店、石川神仏具」、南側に「島山陶器店、エミー、タロー、浅田屋、横山洋品店、柳屋、マルミ、山形屋ビル、やよい米店、あんぱちや、寿々喜閣」とある。今でも「柳町仲通り商店会」には24店舗が加入しているという。
丸菱呉服店は角に塔屋のような飾りを造った看板建築だ。昭和22年の航空写真を見ると、柳町中通りの北側は空襲の被害から免れたようで、南側の焼け跡の中に家が建ち始めている状態との対比が著しい。丸菱呉服店はその写真に写っている建物だろう。
「柳町(やなぎちょう)」というのは旧町名「小石川柳町」のことで、1964年に現在の住居表示、小石川1・2丁目、西方1丁目に変更された。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





仲よし。文京区小石川3-26。2006(平成18)年12月13日

おきなや鮮魚店の横丁はその南で善光寺坂の通りとぶつかる。その三叉路の角にあったのが写真の看板建築で、「仲よし」は店構えからすると和菓子屋だろうか。建物左のクリーニングの「ホリウチランドリー」は看板を下ろしてしまったので廃業したのだろう。下の2001年撮影の写真では袖看板とフランス国旗のような日よけが見られる。その左の看板建築は、上の写真では取り壊されたところだが、「八龍」(中華料理?)。
外灯に「すずらん通り」の表示があるように「小石川すずらん通り商店会」の商店街になっている。現在は取り換えられた外灯に「楽しいお買い物はSUZURAN STREET」の旗が下がっている。
現在は「ベイフィールド小石川」(2011年3月築、13階建)というマンションに替わった。


仲よし。小石川3-26。2001(平成13)年9月1日



須田金物店。小石川3-26。2001(平成13)年9月1日

写真左が仲よしの建物で、その右の出桁造りの住居までがマンションに替わった。トタン張りと思われる看板建築は須田金物店だった家。撮影の数年後には隣のラーメン屋とで5階建てのビルに建て替わったようだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





高橋畳店。文京区小石川3-26。2001(平成13)年9月1日

当ブログ前回のマツモトの向かい側。『三好薬局、他』ですでに掲載した高橋畳店だが、その13年後の写真ということで再登場だ。現在は「ブライエント小石川」(2004年3月築、15階建58戸)というマンションに替わった。白い2階建ての住宅はまだ建って間もないはずだが、撮影後2・3年して取り壊されたことになる。

下の写真も『三好薬局、他』に1988年の写真があるが、別の角度のものということで再登場。肉屋の右の銅板だかトタン張りの看板建築は「STサイクル商会」という自転車屋だったのが「諏訪運輸車庫」に替わった。その右の、通りから引っ込んで建っているマンションは「アールヴェール小石川」(1997年8月築、14階建33戸)。とにかくマンションがさかんに建つ地域だ。小石川というと歴史もありそうで住むのに魅力を感じるのは確かだが、マンションばかりになってしまうと団地に住むのと同じになってしまわないだろうか。


日高牛肉店。小石川3-26。2006(平成18)年12月13日

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





須田青果店。文京区小石川3-27。2001(平成13)年9月1日

千川通りを東南方向に来てえんま通り商店街に入る手前を南に入ったところ。写真左奥の木立は文京区立柳町小学校のもの。通りとの角の看板建築は須田青果店。その右の出桁造りの家は1974年の地図では「森川表紙」で、製本業だったようだ。その右は下の写真に続いて、グレーの波トタンの二軒長屋は「加治屋」(商売の内容は不明)とインテリア工事の「マツモト」。そして鮮魚の「おきなや(翁家)」。この家並みがなんと、今も残っている。


マツモト(インテリア工事)。小石川3-27。2006(平成18)年12月13日



おきなや鮮魚店。小石川3-27。2001(平成13)年9月1日

おきなやの右は路地が口を開けていて、床屋のポールが立っている。ポールは今はないが、電柱に「ニューアポロ理容室」の看板が今も張り付けてあるから、その店のポールのようだ。ニューアポロは千川通り沿いにあり、路地(今は駐車場)を突っ切ると近道だ。
路地の右には出桁造りの商家や工業所が5軒並んでいたが(大島洋服店、ニューアポロ理容室)、今でも3軒が残っている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





看板建築の商家。千葉県鴨川市貝渚3022。2006(平成18)年3月13日

写真左に写っている家が当ブログ前回で紹介した桝屋呉服店で、写真の家も桝屋と同規模の洋風看板建築。建物は専用の店舗のようで、裏の住居は別棟である。片流れ屋根で建物の横まで、モルタルで石積み風に造っているので、日本家屋の表面を看板建築にしたものではなさそうだ。和風の引き戸なので洋館とまではいかないが、洋風の店舗建築になるのだろうか。
店先にビールのケースが置かれているので酒屋だったのかと単純に考えてみた。「塩小売店」の表札が残っている。前面左端に扇形のコンクリート製の水槽のようなものがある。打ち水などに使ったものかもしれない。



村磯表具店、羽原歯科医院。鴨川市貝渚3042。2006(平成18)年3月13日

漁港入口バス停の付近。写真右の村磯表具店はわりと普通の日本家屋。左の、間口の大きい出桁造りの家が立派だ。網元の家だろうか。石塀に「羽原歯科医院」の看板がついているが、今はなくなっている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





塗屋造りの商家。千葉県鴨川市貝渚3128。2006(平成18)年3月13日

鴨川市貝渚(かいすか)および磯村は鴨川漁港の町だから漁師町になるのだろう。町の集会場の名称にある「川口地区」や「大浦地区」というのは昔の地名らしい。そこを通っている県道247号線の沿線が一応商店街といえる。鉄道が引ける以前は漁港が町の中心地だったというが、それを偲ばせるような古い日本家屋の商家や洋風看板建築が少しだが残されている。
上の写真の家は、県道の洋品店や廃業した呉服店などが並ぶ中にある。なまこ壁が見えて蔵造りのように見えるが、壁を漆喰で塗って防火様式にしているのが前面だけで、側面まで及んでいない「塗屋造り」になるようだ。



桝屋呉服店。鴨川市貝渚3021。2006(平成18)年3月13日

前面だけを石造りの洋風建築に見せた看板建築だが、間口が大きく立派な建物だ。こういう店が成り立つのが漁港の町の特徴で、農村との経済力の差が見える。

下の小さな看板建築の家は、桝屋呉服店の斜向かいにある。看板の文字は、白く塗りつぶされた文字が少し読める。1行目は「呉服」と桝屋呉服店に付いていたマーク。2行目は「桝屋特設賣…」。


桝屋特設売店。鴨川市貝渚3120。2006(平成18)年3月13日

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ