ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 




福山アパート東館。文京区白山1-4。2007(平成19)年2月24日

高台の西方2丁目の西に沿った崖の下、旧町名だと丸山福山町にあった古い洋風木造アパート。アパートの名称はその旧町名からきているのだろう。アパートは2棟からなり、上の写真は東館(当ブログが勝手につけた名称)で、崖下沿いの道(写真左のほう)と、そこから旧町名で指ヶ谷町の方に降りていく坂道との角にある。周囲は住宅地だがアパートが多く、一戸建て住宅ほどの小さな○○荘や○○アパートが密集したなかで、福山アパートは最も大規模なものだ。
Kai-Wai 散策乱歩な福山アパート(2004.11.20)乱歩な福山アパート (2)(2004.11.25)福山アパート(2009.08.08)』によれば、住人から聞いた話として、東館は関東大震災後に建てられたアパートで、西館は戦災で焼失し戦後に建て直されたものだそうだ。しかし昭和22年の航空写真を見ると、周囲は黒い瓦屋根の家が密集していて、少なくとも焼き払われたようには見えない。たまたま西館に焼夷弾が落ちてきたのか、あるいは改修したのを建て直したと記憶していたのかもしれない。





福山アパート東館。白山1-4。2007(平成19)年2月24日

崖下沿いの道から見た福山アパート。東館の敷地は三角形なので、南の側面はのこぎり状に段が付けられている。建物の南西の角には円柱で支えられた庇がある玄関がある。この部分は平屋陸屋根なので入ると玄関ホールになっているようだ。『都市徘徊blog>福山アパート』の写真が分かりやすい。
『Kai-Wai 散策』によれば、2004年の時点で東館はすでに空き家になっていて、取り壊されたのは2009年である。




福山アパート西館。白山1-4
2007(平成19)年2月24日

西館の方はほぼ正方形の平面で、3階建て。3階部分は全体が後退していて、壁を傾斜させることで、屋根裏部屋の体裁をとっている。崖下の道の門から北側の玄関が見え、扉が開いていて少し内部が覗けた。

現在は「サンピア白山」(2010年3月築)という、2棟のアパートに建て替わった。やはり東館は2階建て、西館は3階建てで、航空写真で見ると以前の福山アパートと同じように見える。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





協立製本第二工場。文京区白山1-10。2007(平成19)年2月24日

綿貫理髪店の前から南へ行くとすぐ看板建築の四軒長屋が残り、その先の路地の角のビルの隣が、写真の洋風看板建築の二軒長屋。前の通りはかつての本郷区と小石川区との境だった道で、写真の方は旧町名で丸山福山町、向かい側(西側)は指ヶ谷町。これらを同じ白山1丁目でくくってしまうのはどうかと思うが今更どうしようもない。
二軒長屋の中央の柱に「協立製本㈱第二工場/岡村紙工」の看板がかかっている。この辺りは中小の製本所が多い。
下の写真の四軒長屋は協立製本の並びで、南へ数軒行ったところにあったが今は建て替わって「シュライン」(2013年7月築)という2階建てのアパートになっている。写真の長屋をほぼそのままの形で建て直したようにも見えて、ビルにするより管理や維持も楽で、いいやりかたかもしれない。
四軒長屋のうち奥の2軒は、撮影時はどうか分からないが、1986年の地図で「東洋刃物ソーコ」。


四軒長屋。白山1-9。2007(平成19)年2月24日

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






二軒長屋。文京区白山1-18
2007(平成19)年2月24日

白山通りの指ヶ谷小学校バス停の付近から東に入った横丁。白山1丁目は白山通りの東に南北に長く展開している。その南東部、白山1丁目のほぼ半分が空襲での焼失を免れていて、写真の辺りから南へ、今でも戦前築と思われる古い商店、工業所、民家が探せる。
昔の航空写真を見ると、写真の二軒長屋の右の駐車場にも二軒長屋があったようだ。今は集合住宅のような事務所のような3階建てと思われる建物に替わっている。
長屋の左の路地を入ったところが松坂屋質店の入口で、今も営業中だ。航空写真を見るとディスカウント店の「鈴や」(2枚目写真左の看板建築)の後ろに蔵があるようだ。鈴やは今は営業していないようだが松坂屋質店が経営していたのではないか?


綿貫理髪店。白山1-10
2007(平成19)年2月24日

松坂屋質店の前を右(東)へいくとすぐ写真のところに出る。床屋の横を入ると正面のコンクリートの崖の上に区立誠之小学校が見え、その崖沿いの道に出る。
昔の航空写真を見ると元は四軒長屋だったように見える。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




関口商店。文京区白山2-2
1988(昭和63)年3月13日

白山通りの白山二丁目交差点から西へ、千川通りへ抜ける横丁にあった看板建築。照井歯科医院のところから少し西へ行った向かい側。1986年の住宅地図にある関口商店と推定した。現在は「大嶋ビル」(1991年築)という5階建てのビルに建て替わっている。
外観は倉庫のように見える。あるいはこの辺りに多い製本所か印刷所かもしれないが、「商店」というからには印刷製本関連の紙などを卸していたのではないだろうか。二階の両端に銅張りの戸袋を置いた和風の窓の上に、円柱の飾りを両端に置いた浅いアーチの窓を造っている。装飾を兼ねた採光の窓なのだろう。
関口商店の後ろは比高10mほどの崖で、上に「白山閣」という日立製作所の迎賓館がある。写真後ろの木はそこの庭のもの。細川護晃(もりあき)という人の屋敷があったとこだ。『地図と楽しむ東京歴史散歩 地形編』(竹内正浩著、中公新書、2013年、1000円)から引用すると、「明治29年、最後の熊本藩主だった細川護久(もりひさ)の三男護晃が分家を創立するが、特旨により男爵となった。護晃が邸を構えたのが、小石川台が細長く延びた南端に位置する戸崎(とさき)の地である」「大正3年に男爵家が絶えたため、邸宅は細川侯爵家の別邸となった」「戦後日立製作所の所有となったが。白山閣という名は明治のころからあったようだ」。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





清砂通アパートメント15号館。江東区白川4-4。1991(平成3)年6月16日

清州橋通りの、大横川を渡す扇橋のすぐ西、元加賀小入口交差点を南へ入った元加賀公園の向かいにあった清砂通アパートメント。15号館の南に清州橋通りの裏通りに沿って16号館が建っていた。そのL字型の敷地は現在は「イーストコモンズ清澄白河パークフラッツ」(2005年2月築、9階建て84戸)というL字型平面のマンションが東京電力扇橋変電所を囲むように建っている。
『同潤会のアパーメントとその時代』(鹿島出版会、1998年、3,300円)によると、15・16館は6・9.10号館とともに第2期の工事になり、大正15年12月20日の起工、昭和2年12月14日の竣工である。その同時期に元加賀小学校と元加賀公園の建築も進められて、アパートより早く、小学校は昭和2年4月20日、公園は同年8月25日に竣工している。
15号館は敷地から少し後退して建てられている。一応コの字型平面だが南北の翼は短く、それをつぎ足すように増築がされている。


清砂通アパートメント15号館。白川4-4。1991(平成3)年6月16日




清砂通アパートメント16号館
白川4-4
1991(平成3)年6月16日

16号館は15号館と同じ設計という。清砂通アパートメント全16棟は個々に大きさや平面形がバラエティに富み、まったく同じ造りのものは8・9号館と15・16号館だけだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





清砂通アパートメント11号館。江東区三好4-7。1991(平成3)年6月16日

清州橋通りの南の裏通り、元加賀公園の向かい側に清砂通アパートメント11~14号館の4棟が路地を挟んで建っていた。現在は再開発されて、「イーストコモンズ清澄白河サウススラッシュ」(2005年6月築、13階建て128戸)と「ドラゴンマンション木場公園壱番館」(1999年6月築、10階建て44戸)の2棟のマンションが建ち、アパートの間の路地は北の半分が消滅した。
『同潤会のアパーメントとその時代』(鹿島出版会、1998年、3,300円)によると、第4期の工事になり、昭和3年7月20日の起工、昭和4年3月30日の竣工である。
11号館は10号館から裏通りを挟んだ向かい側で、平面は匚型の両端を折り曲げたロの字型に近い形だ。上の写真は裏通りとその横丁との角だが、昭和初期に建ったアパートには見えない。これは道路とアパートの間の隙間に増築されていて、その表面を見ているからだ。写真左端の引っ込んでいる部分が元の表面と思われる。

下左写真は横丁を入ったところから撮ったもの。手前が11号館、赤い壁が12号館。この西の面も増築されていて、12号館も赤く塗られた部分が増築の個所である。下右写真は12号館で、増築された部分の奥に階段の入口が見えている。


清砂通アパートメント11、12号館


清砂通アパートメント11号館

11号館と13号館の間の路地を入ったところで、左写真右端が11号館北翼の折り返し部分、同写真中央が11号館南翼折り返し部分、その間が中庭への開口部、写真左の褐色の棟が12号館。右写真は11号館南翼を左写真とは逆方向から見たもの。



清砂通アパートメント14号館。三好4-7。1991(平成3)年6月16日

11・12号館と路地を挟んで向かい側にあった14号館。中庭のあるコの字型平面。写っている範囲で3か所の階段室があるから全部で5か所あるわけだろう。清砂通アパートメントは他の棟でも階段が数多く設置されているようだ。同潤会アパートはどこもそうだったのだろうか。
11号館の東にあった13号館の写真を撮っていなかった。増築のためあまり古い建物のように見えなかったせいかもしれない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





清砂通アパートメント10号館。江東区白河4-3。1991(平成3)年6月16日

清州橋通り沿いにあった清砂通アパートメント7号館の後ろ(南)に8・9・10号館が横丁に沿って並んでいた。上写真は9号館が手前に少しだけ写っているが、なぜか8・9号館は撮影していない。もしかすると、増築されていて古い建物に見えなかったのかもしれない。
清砂通アパートメントは街路の整備が進むにつれて、順次建てられていった。『同潤会のアパーメントとその時代』(鹿島出版会、1998年、3,300円)によると、全16棟の建設を5期に分けている。9・10号館は6号館と同じ第2期で、大正15年12月20日工事起工、昭和2年12月14日竣工。第2期は元加賀小学校と公園が建設されるのに合わせて、その東西(西に6・9・10号館、東に15・16号館)にアパートメントを建設している。元加賀小学校は昭和2年4月30日の竣工で、アパートより8か月早い。
10号館の特徴は下左写真に見える北翼3階のベランダの円柱と片アーチだ。『集合住宅物語』(植田実著、みすず書房、2004年、3800円)には「10号館両翼の円柱と片アーチ型で造形されたバルコニー」としているので、南翼も同じ造りにしてあったようだ。南翼はベランダを部屋に改造したため隠れてしまったのだろう。



清砂通アパートメント10号館。白河4-3。1991(平成3)年6月16日

10号館には日本社会党委員長・浅沼稲次郎が住んでいた。『集合住宅物語』によれば、北翼の1階がその部屋で、夫人と娘さんとの三人で暮らしていた。浅沼は最初、竣工間もない12号館に入ったが、結婚して10号館に移った。1960(昭和35)年10月12日、61歳で暗殺された後も夫人が20年間暮らし、夫人が亡くなったあとも部屋はそのまま残されていたという。



清砂通アパートメント10号館。裏通りから撮ったもの。薄緑色の壁の部分は増築個所と思われる。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





いなば矯正歯科。静岡県伊東市和田2-3。2015(平成27)年1月18日

タムラ洋菓子店の交差点から県道110号に入って東へ、250mほどのところ。県道110号は海岸沿いの国道135号の波止場入り口交差点から西へ、内陸の旧国道を結ぶわずか700mばかりの道路だ。
建物は歯科医院ということもあってか、下見板の洋風な外観。正面だけを見ると、改修されてのことだろうが、普通の住宅に見える。瓦の寄棟屋根の庇と壁を漆喰の曲面でつないでいるようだ。そういう造りもあってか、文明開化の擬洋風の建物を連想させる。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





中村畳表店。静岡県伊東市和田1-10。2014(平成26)年2月28日

玖須美温泉通りの、伊東玖須美郵便局の斜向かいにある割と大きい出桁造りの商家。右奥(西の方向)に玖須美温泉通り商店街のアーケードが見える。店名の看板が見当たらないので営業しているのかどうか心配である。「中村畳表店」はどこかにあった町内地図で検討を付けたもの。



平屋の商店。伊東市和田1-10。2015(平成27)年1月18日

玖須美温泉通りの大川洋品店の横を南へ行くと県道110号に出る。そこの三叉路の角にある、商店だったと思われる家。せめてなにを商っていたか知りたいわけだが、商売の痕跡はさっぱりとなくなっていて推測のしようがない。看板建築のようにした壁の下に庇を造っているが、その先端には蝶を並べたような模様の帯になっている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





大川洋品店、玉屋洋菓子店。静岡県伊東市和田1-6。2014(平成26)年2月28日

玖須美温泉通り商店街の東端。商店街のアーケードは写真の四つ角から西へ始まっている。銅板張り看板建築はこの辺りではごく珍しい。東京だと錆びた銅板の色が黒っぽくなっていることが多いが、空気がいいせいだろうか、きれいな薄い青緑色だ。大川洋品店と玉屋洋菓子店が入っている。
下2枚の写真は1枚目写真の右奥へ行った玉屋の並び。「浜新道関処」は居酒屋だと思うが「浜新道」は玖須美温泉通りの昔の名称。鉄道が開通する以前は、観光客は船で伊東港からもやってきて、浜新道は賑わったという。
浜新道関処の右は奥に民家があり、次いで理容ユミタの平屋の看板建築。関処の建物に沿ってコンクリートの板で蓋をした下水溝が左へカーブしながら奥へ続いているのが気になる。川の跡だろうか?


浜新道関処、理容ユミタ。伊東市和田1-6。2014(平成26)年2月28日



ギフトショップ・リボン、大川板金店。伊東市和田1-3。2014(平成26)年2月28日

理容ユミタの前をさらに西へいくと四つ角の角に「ギフトショップハリカチェーン・リボン玖須美店」。そのまま西へ行くと「大川板金店」の出桁造りの家がある。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ