ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 




大橋米店。台東区谷中2-6。1988(昭和63)年11月3日

場所はあかぢ坂の登り口。出桁造りの商家とその周りに造られた小屋は今も変わらない。角の小屋は倉庫兼ガレージかと思うが、そこに書かれた文字は「㈱上野米穀」。店のほうは「大橋米店」だったらしい。その関連性は分からない。写真右端の小屋は「鍋島町会詰所」。昭和31年の区分地図には角の小屋のところに交番のマークがついている。
景観は今もほとんど変わらないのだが、細かく見ると、ガードレールが鉄パイプのものに変わり、銀杏の木は刈られてなくなっている。店の右に二階が増築され、角の小屋の上に物干台が造られ、正面1階の屋根の上にも物干台ができている。


民家。台東区谷中2-5
2000(平成12)年4月29日

写真左の塀が文京区との境の道。かつて真島湯という銭湯があったが、そのすぐ南の並び。現在はごく普通の住居に建て替わって、通りの側は駐車場にしている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





臨江寺の長屋。台東区谷中1-4。1989(平成1)年2月26日

大谷石の臨江寺の門があるのはかつて藍染川が道の西側を流れていた道で、台東区と文京区(下谷区と本郷区というべきかもしれない)の境をなす通りである。臨江寺の向かいは文京区根津2丁目。写真右のブロック塀は通りから入った臨江寺敷地内にある。写っている人は門から入って、参道を山門・本堂へ向かっている。2棟の二階建て民家とその間の平屋の長屋は臨江寺の家作だろう。長屋は五軒長屋と思われる。ブロック塀は参拝客の目から住民のプライバシーを守るためだろうが、写真的には残念なものだ。
現在、写っている家は取り壊されて「臨江寺駐車場」になっている。大谷石の門とその左右の塀、鉄製角棒の門扉は残っている。写っている門扉の後ろにあるのが「蒲生君平墓」の石碑と案内板。墓自体は墓地のほうにあるらしい。この石碑のバックの部分だけブロック塀が残っている。


堀田美術店。谷中1-4
2007(平成19)年10月18日

臨江寺の門からすぐ北の四つ角。堀田美術店の横を入るとそのまま三浦坂に通じている。向かい側は根津観音通りで、不忍通りの根津小学校入口交差点に出る。位置的には角の堀田美術店から臨江寺に接する範囲の家は、元は臨江寺の家作だったのかと考えられる立地である。堀田美術店は看板に「表具 絵画」とあるが、表具・表装の店らしい。
特にどうということもない家に見えるが、屋根の庇とパラペットがいやに古めかしく見える。なにより庇の下の持ち送りだ。洋風3階建ての家を改装したものと思える。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





同潤会清砂通りアパートメント7号館。江東区白河4-3。1991(平成3)年6月16

7号館は清州橋通りに面して1階に店舗を並べた4階建ての細長いビルだった。その外観を示さないと片手落ちだが、なぜかその写真を撮っていなかった。写真は5号館と7号館の間の横町を入ったところから撮ったもの。
7号館は大通り沿いに4階建ての本体と、その後ろに3棟の正方形に近い小さい3階建ての別棟があって、本体と後ろの3棟が廊下でつながっているという構造だったようだ。この形は1号館の西に並んでいた3号館も同じだったようだ。ただし3号館の方は別棟が2棟だった。
左写真は左奥が本体、手前が後ろの西棟。平面的な壁の部分は増築したものだろうか。後西棟は4階を増築しているらしい。
右写真は本体と別棟の連結部分(階段室)の下の通路。今思えば、この通路を歩いてみるのだった。
『同潤会のアパーメントとその時代』(鹿島出版会、1998年、3,300円)によると、清砂通りアパートメント全16棟の建設を5期に分けている。5・7・8号館が第3期の工期で、昭和2年4月20日の着工、昭和3年9月20日の竣工。アパート建設用地に整備前の道路と建物があり、それを移転してから建物建設にかかったので、1年5か月を要している。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





同潤会清砂通りアパートメント6号館北翼。江東区白河4-1。1991(平成3)年6月16

6号館は清州橋通り沿いにあった5号館の裏手にあった。写真は清州橋通りの南の裏通りから見た6号館の北翼。6号館の平面は匚型の両端を折り曲げたロの字型に近い形で、割と広い中庭を持つのが特徴だった。写真で見る北翼は清砂通りアパートメントの外観の特徴が見られない。6号館は道路から少し離して建てられていたので、その隙間に増築した個所があり、上の写真も増築で元の表面が隠された状態を見ているのかもしれない。



6号館、南東の角から。1991(平成3)年6月16

写真右の道路は清州橋通り沿いにあった5号館の横から南へ入る横丁。右奥が清州橋通りの方向。南翼折り返し部分の外側を見ている。道路際に張り出している白い部分は増築したもので、昭和50年ごろの工事になるのではないかと思う。
再開発により高層マンションとスーパーマーケットが建って、1枚目写真の裏通りと上写真の横丁とは消滅した。



6号館南翼折り返し部分。写真は左から、南東角、南側玄関(階段室)、北側玄関



中庭から見た6号館北翼。1991(平成3)年6月16



中庭から見た6号館西棟。1991(平成3)年6月16

中央と左の階段室から左側は前面に増築している。増築部分の壁は階段室の壁に合わせているが庇はそれより前に出てしまっている。6世帯共同での工事らしいが、誰が許可するのだろう。暗黙の了解か?
『同潤会のアパーメントとその時代』(鹿島出版会、1998年、3,300円)によると、清砂通りアパートメント全16棟の建設を5期に分けている。6号館と横丁の向かいの9・10号館は第2期(大正15年12月20日-昭和2年12月14日)という。



中庭から見た6号館南翼。1991(平成3)年6月16日

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





同潤会清砂通りアパートメント5号館。江東区白河4-2。1991(平成3)年6月16日

5号館の清州橋通り側。中庭を持つロの字型の平面をしている。構造上は複数の棟なのかもしれない。
現在、5号館の跡地は「イーストコモンズ清澄白河セントラルタワー」(2006年6月築、33階地下2階建て、483戸)という高層マンションの北に隣接するスーパーマーケット、マルエツになっている。
『同潤会のアパーメントとその時代』(鹿島出版会、1998年、3,300円)によると、清砂通りアパート全16棟の建設を5期に分けていて、5・7(5号館東の並び)・8(7号館の裏)号館は第3期である。工期は昭和2年4月20日から翌年10月。昭和3年9月20日竣工としている。



5号館。白河4-2。2003(平成15)年1月5日

清州橋通りから5号館の横を南へ入って、裏通りとの角になる。3棟のビルが並んで建っているようにも見えるが、5号館の1棟。屋上角に柱と梁だけのパーゴラと呼ばれる棚が造られている。建物南西の角にもあり、これが他の棟にはない5号館の特徴だ。
再開発によって写真の横丁と裏通りは消滅してしまった。




5号館。白河4-2。2003(平成15)年1月5日

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





同潤会清砂通りアパートメント1号館。江東区白河3-4。1991(平成3)年6月16日

清州橋通りと三ツ目通りが交わる白河三丁目交差点角にあったのが同潤会清砂通りアパートメントの1号館。今は「清州橋通り」というが同潤会アパートが建った当時は「清砂通り」と言ったのだろう。関東大震災で焼け野原になった白河・三好辺りの復興事業は街区の整備、つまり道路の付け替えから始まった。今までの道路を無視して、ほぼ東西、南北の方向に造り直した。東西の小名木川と南北の大横川に合わせたのだろう。
清砂通りアパートは全部で16棟が建てられるが、1号館がまず建てられた。いち早く同潤会が土地を手に入れていたのと、二本の幹線道路の位置が決まった時点で工事に着手したかららしい。2本の幹線に向いた棟ということで同潤会アパートの中心として、象徴性を持たせた外観で完成した。この第1期工事は大正15年4月の起工で、竣工が昭和2年3月。1号館のある街区には2・3・4号館があるが、2号館は第1期工事になるかもしれない。3・4号館は第5期で、昭和4年3月30日の竣工。
参照:『同潤会のアパートメントとその時代』(鹿島出版会、1998年、3,300円)



1号館、清州橋通り側。白河3-4。1991(平成3)年6月16日



1号館、三ツ目通り側。白河3-4。1991(平成3)年6月16日


1号館、階段室。白河3-4
1991(平成3)年6月16日

1号館は大通りに面しているので全面的に4階建てで、1階は店舗。建物の特徴は角の円筒形の階段室、階段手摺のアールヌーボー風の支柱、階段室屋上の円柱が支える円形の屋根、といったもの。
1号館の横や裏手に2~4号館があることなどは、撮影時には知らなかったので写真を撮っていない。次に撮影に来たのは2003(平成15)年1月で、1~4号館が取り壊された後だった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





古川好美堂。中央区日本橋人形町3-13。1985(昭和60)年4月28日

人形町交差点角のTT-2ビルの裏を入ったところで、右の通りが芳町通り、その向かい側に白く写っているのが京樽の店舗。蔵のあるのが「古川好美堂」、芳町通りとの角がそばの寿々木屋。この2軒は今も変わらないが、寿々木屋は建物を少し改装して、今は「きしめん」を売りにした立食いそば屋といった店になっている。
古川好美堂の蔵は戦前から建っていたと思われるが、店舗の方は戦後のもの。信玄袋などの袋物の製造と販売の店だった。写真の頃はどうだったか分からないが今は廃業したようだ。昭和8年の火保図に「古川」で載っている。



サクライ美容室、松寿し。日本橋人形町3-9。1987(昭和62)年4月5日

古川好美堂の斜め向かいになる。写真左の「サクライ美容室」の左が玄冶店の路地との角。写真の通りは人形町通りと大門通りとの間をそれらと平行に南北に通じている。関東大震災後の区画整理で新しく通された道路である。東京大空襲ではこの辺りでは、この裏通りの東側までが焼失したようである。
写真の家並みは今もそのまま残っている。サクライは「ヘアサロンステファン」に変わった。「松寿し」は1階を住居の造りに改装したが、2階から上は洋風看板建築の造りを残している。その右は二軒長屋で、左側の「達ちゃんオムライス」は閉店したという。右の「くじらい」(居酒屋)は健在。3階建てのビルの1階は今は「ポニークリーニング店」。その右は「新和ビル」。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





キクヤカメラ。中央区日本橋人形町3-9。1988(昭和63)年4月24日

人形町通りの人形町交差点の北で、写真右に有名なうぶけやがある。写真右端のビルは次田株式会社東京支店のビル。このビルは寄席の人形町末広が1970(昭和45)年1月20日で廃業した後に、その周囲の木造商店などをまとめて建てられたビルで、1971年5月竣工。今は再度建て替わって2004年7月に建った読売ISの本社ビルになっている。
横丁との角の建物は一応看板建築になるのだろうか。建物の左は写真では空き家のようだが、伊原紙店だった。
建物右のキクヤ(喜久屋)カメラは末広の右にあったのが、次田ビルの建築で移ってきたもの。それ以前は「北上電気店」。現在はつけめんの孔雀軒という店が入っている。
横丁側の新興電気(新興ビル)、角の看板建築、うぶけやの3棟が現存している。



うぶけや刃物店。日本橋人形町3-9.1984(昭和59)年1月

うぶけやは天明3年(1783年)創業の打刃物(日本刀などの製造技法を受け継ぐ伝統的な鍛造法で造られた刃物)の老舗。建物は昭和2年の建築という。入母屋造りとも数寄屋風ともいわれる店舗の造りは東京の商家としては珍しいかもしれない。『まち日本橋>日本橋ごよみ>うぶけや(2013.02、28号)』には「店内の総桑でつくられた大きな陳列棚や、唐傘天井が見事だ。昭和50年頃に改装した際には、これらのしつらいを保管しておき、完成後にそっくりそのまま移設したのだという」とある。この店構えから商品の確かさが伝わってくる。



1967(昭和42)年頃の人形町通り

当ブログの『伊勢龍商店』で、1967(昭和42)年の神田祭の神幸祭巡行と推定した写真の別ショット。人形町通りのわりと広い範囲が写っている。店名は右から、「土橋刃物店、キクヤカメラ、人形町末広、翁薬局、うぶけや」。その左は写真からは確認できないが「北上電気店、伊原紙店」だろうか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





左:伊勢龍倉庫。中央区人形町3-8。1983(昭和58)年10月
右:橘稲荷神社。人形町3-8。1986(昭和61)年8月24日

旧伊勢龍ビル(現・人形町ミハマビル)の横の路地は歌舞伎、あるいは「お富さん」で知られる玄冶店(げんやだな)があったところとされ、人形町通りの歩道の車道際に「史跡 玄冶店」の碑が置かれている。寄席の人形町末広の後に次田株式会社東京支店のビルが建つ以前、昭和45年までは、この路地の両側とも戦前に建った木造の家が並んでいたと思われる。
現在は玄冶店の路地の人形町通り側の入口の北側は次田ビルが建て替わった読売ISの本社ビルで、その後ろはGoogle地図では空き地だが2016年2月のストリートビューではオフィスビルが建っている。空き地の北側の「スペース」という会社のビルが増築したのかもしれない。というわけで、今や玄冶店跡はビルに挟まれた普通の都心の路地になってしまった。
左写真のタイル貼りの家は伊勢龍の倉庫。その左に長屋風の家で、写真では麻雀禧味(きみ)。
右写真は路地を出た裏通りとの角にある橘稲荷。TT-2ビル(1990年8月竣工)の建設に合わせて造り直されたが同じ位置に今もある。昔の橘稲荷などはだれも写真に撮っていないだろうと、へたくそな写真を載せたわけだが、『昭和の風景写真日本橋人形町・兜町』に1960年代前半の頃と思える写真が載っている。それには祠がちゃんと写っている。



越路。人形町3-9。1985(昭和60)年4月14日

玄冶店の路地の北側にあった喫茶店。『東京カフェ案内>越路』によると、昭和31年の開店という。そして『純喫茶コレクション>越路』によると、2008年6月27日で閉店している。わりと最近まであった店だ。1970年頃には人形町通りの向かいにも店を出していたように覚えているが正確な場所は分からない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





伊勢龍商店。中央区日本橋人形町3-8。1984(昭和59)年10月

人形町通りの人形町交差点の間近にあった出桁造りの商家。伊勢龍は明治6年創業の老舗の陶器店。看板には「美術陶磁器」と入れている。二階の前面にベランダを設けたわりとよく見るタイプの商家だ。細部に和風の装飾が施されているが、それも含めてほぼ全面的に銅板を貼っているのが特徴だ。右の白漆喰と思われる壁の造りは増築したものだろうか。
どういうわけか、洋風建築をリストアップした『日本近代建築総覧』に「伊勢龍商店、日本橋人形町3-2〈1980年頃に住居表示変更があり、現在は日本橋人形町3-8〉、建築年=昭和2年〈1927年〉、設計=(大工)、施工=-〈不明〉、備考=純和風」で載っている。
現在の建て替わったビルは1986(昭和61)年4月の完成で、伊勢龍ビルとか伊藤ビルといった。現在は「人形町ミハマビル」という名称である。伊勢龍はビルの運営がうまくいかなかったらしく、ビルを手放して水天宮の先に移転した。水天宮参りの土産物なども置いているようだ。
写真左下に文字が白く飛んでしまっているが、2枚の掲示板が写っている。建物の左角はショーウインドーでその上に出ている。右が「建築計画のお知らせ」、左は「玄冶店と橘稲荷由来記」。歌舞伎、あるいは「お富さん」で知られる玄冶店(げんやだな)は元は借家のことから地名に転化したものだが、伊勢龍横の路地一帯の辺りにあったとされる。橘稲荷は路地を抜けた裏通りとの角にある。現在は歩道の車道際に「史跡 玄冶店」の碑が置かれている。



伊勢龍商店。日本橋人形町3-8。左:1982(昭和57)年7月31日、右:1983(昭和58)年10月

右写真で子供が立っているのは次田株式会社東京支店のビル。足元の石の板は「寄席/人形町末広跡」の石碑。次田ビルは、人形町末広が1970(昭和45)年1月20日で廃業した後に建てられたビルで、1971年5月竣工(『言いたい放題>「末広」か「末廣」か?』)。その後次田ビルは建て直されて、現在は2004年7月に建った読売IS(インフォメーションサービス)の本社ビルに替わっている。石碑はそのビルの玄関脇に移されている。



神田祭の神幸祭巡行が人形町交差点にかかろうとするときの記録である。妻のアルバムにあったものだが撮影日が不明。都電が運行しているので1969(昭和44)年より以前である。写っている自動車は1965年頃の形式なので、1967(昭和42)年である可能性が高い。
写っている建物は左から、人形町末広、喜久屋カメラ、土橋刃物店。玄冶店の路地があって伊勢龍商店、たばこも売っているのが上方屋玩具店、島村洋菓子店。その右が交差点角の東京銀行

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ