中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営メッセージ型ビジネス企業ブログ

企業ブログ記事のカテゴリ【累積6126記事の経営ヒント集です】

起業・創業のノウハウ Webマーケティング 経営革新ノウハウ SEOテクニック
すぐに役立つ経営ヒント まちづくり・お店の運営 消費者心理を知る 環境・エコ経営
中小企業向けの講演 地域資源の活用方法 売るテクニック ブランド戦略
財務・資金調達 人事・組織の運営 経営に関する法律 竹内幸次の夢と目標
中小企業経営の仕組み 商売の仕組み 賢い買い物のコツ 消費者へのメッセージ
経営者の健康方法 横浜の魅力 竹内幸次プライベート (株)スプラム会社案内
記事一覧古い記事から見る新しい記事から見る

【メディア出演・講演予定/中小企業診断士竹内幸次】

・1月24日 川崎 地域中小建設業者の経営戦略
・1月26日 津久井 商売に使うブログとSNS
中小企業診断士 講演予定
全講演予定
講演満足度はこちらメディア出演実績講演レジュメ表紙

単なる掛け声では生産性は向上しない

2018年01月10日 05時35分07秒 | 第4次産業革命と中小企業

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都東久留米市の中小企業のコンサルティング、川崎市産業振興財団/新分野・新技術支援研究会で講演「中小企業のIT活用2018~IT、IoT、ビッグデータ、AIを中小企業が経営に活かす方法~」、川崎市の中小企業のコンサルティングをします。

中小企業診断士 講演
▲川崎での中小企業向けIT、IoT活用講演です

今日は本日の講演に関連して現状のままでは生産性は向上しない、についてです。日本企業の課題は生産性アップです。大企業も中小企業もです。とくに小売業やサービス業の生産性は低い状況です。

とくに受発注システムの導入は中小企業ではあまり導入されていません。業種によもよりますが、電話やFAXによる受発注が行われています。

中小企業庁は2017(平成29)年4月に「企業間データ連携のプラットフォームについて」を公表し、中小企業にEDI(Electronic Data Interchange=電子データ交換)の必要性を説明しています。

中小企業の内部の生産性をアップすることと、他企業とのデータ連携は関連があります。中小企業経営者の皆様、まずは自社活動のデータ化、そして取引先や関連業界とのデータ連携を志向しましょう。昨年と同じ、昨日と同じ業務の仕方のままでは生産性アップは単なる掛け声だけで終わってしまいます。

中小企業診断士 講演
▲業種の垣根を越えた「つながる」仕組み (出所:企業間データ連携のプラットフォームについて 中小企業庁)

【関連講演】
2018年1月26日に講演「商売に使うブログとSNS」を神奈川県津久井町商工会で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「IoT」をテーマにした企業ブログ記事一覧


講演・講師の用命は、高い集客力、確かな講演満足度のスプラム竹内幸次へ
創業塾顧客満足度全国1位獲得。成功する起業、ブログ・SNS・動画活用、中小企業のSEO、経営革新、営業交渉・プレゼンテーション等の講演は2,100回超。お気軽にお尋ねください。>>講演レジュメ例 >> お客様の声 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

この記事をはてなブックマークに追加

事業承継には組織的な経営理念浸透が必要

2017年12月13日 05時48分02秒 | 中小企業の事業承継

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都武蔵五日市の飲食店のコンサルティング、東京都多摩市のサービス業のコンサルティング、東京都昭島市の製造業のコンサルティングをします。

今日は事業承継に必要な経営方針の社内浸透についてです。日本の中小企業の1/3が後継者が決まっていない状況の中、国をあげて中小企業の事業承継に取り組んでいます。

現在の社長から次期社長に事業を引き継ぐ際に必要なことは経営方針の社内浸透です。業務の進め方等の業務マニュアル的なものではなく、何のために会社は存在しているのか等の経営哲学や経営理念への組織的な理解が必要なのです。

理解するべき人は次期社長だけではありません。組織全体です。次期社長のみが経営理念や方針を理解していて組織が理解していない状態で社長交代すると、新社長のもとで業績が悪化することもありますので注意しましょう。

・事業承継には組織的な経営理念浸透が必要

【関連講演】
2018年1月30日に講演「島ビジネスの支援力向上研修」を東京都商工会連合会で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「経営理念」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

この記事をはてなブックマークに追加

事業協同組合等の中小企業組合のメリット

2017年12月07日 05時22分50秒 | 中小企業の人事・組織

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は福岡県の中小企業組合を訪問してヒアリングします。

今日は事業協同組合等の中小企業組合のメリットについてです。本日の福岡県での仕事もそうですが、組合に関連する仕事をする際にはいつも組合のメリット、組合ならではの業務、組合が不得意な業務等について考えるようにしています。

事業協同組合等の中小企業組合は1つの法人を成し、財務や財政等の基盤が明確になり、組織運営もしっかりとします。また、共同仕入れ等の共同経済活動は、規模が小さい小規模企業の仕入れ力アップや販売力アップにも貢献します。

集団を作り、連携するのですからメリットも多いのですが、ネット時代の今は、連携相手も見つけやすいことから、組合のコンセプトや組合事業にも革新が求められています。

中小企業経営者の皆様、御社は組合のメリットを生かしていますか?

FAQ「組合制度について」(中小企業庁)
http://www.chusho.meti.go.jp/faq/faq/faq08_kumiai.htm

【関連講演】
2018年1月16日に講演「朝市ブランドイメージ向上による集客力・営業力の強化」を千葉県中小企業団体中央会(勝浦朝市組織改革検討委員会)で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「事業協同組合」をテーマにした企業ブログ記事一覧


メルマガ・ブログ・コラム等の原稿執筆のご用命も
起業、中小企業のWEB活用、ソーシャルメディア活用、経営革新等をテーマにしたメルマガやブログ、コラム、各種原稿の執筆も請け負います。お気軽にお尋ねください。公的機関への原稿提供も豊富です。中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

この記事をはてなブックマークに追加

AIに代替される士業

2017年11月23日 06時06分27秒 | 中小企業のAI活用

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都練馬区の専門サービス業のコンサルティング、東京田町のサービス業のコンサルティングをします。

今日はAI(Artificial Intelligence=人工知能)による業務の代替についてです。2017年9月25日の日本経済新聞に「AI時代のサムライ業(上)代替の危機 新事業に挑む」という記事が掲載されました。

記事は2015年12月に公表された野村総研と英国オックスフォード大学との共同研究による「10~20年後にAIによって自動化できるであろう技術的可能性」のデータを引用して書かれています。

【AIによる代替可能性】
弁護士 1.4%
弁理士 92.1%
税理士 92.5%
社労士 79.7%

中小企業に馴染みの税理士や社会保険労務士は高い率と予想されています。しかし、弁護士の1.4%から推察すると、代行や定型業務ではなく、分析や助言、戦略提案等の業務はAI代替は難しいということだと思います。

中小企業からすると、今後は税理士や社労士と依頼する業務にも変化がありそうです。

【関連講演】
2018年1月10日に講演「中小企業のIT活用2018~IT、IoT、ビッグデータ、AIを中小企業が経営に活かす方法~」を川崎市産業振興財団/新分野・新技術支援研究会で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「AI」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

この記事をはてなブックマークに追加

情報発信は中小企業経営の本来業務と意識するべき

2017年10月18日 05時40分40秒 | Webマーケティング・ソーシャルメディア

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都八王子市の製造業のコンサルティング、相模原市の製造小売店のコンサルティング、横浜市の製造業のコンサルティングをします。

今日は情報発信は中小企業経営の本来業務と意識するべき、についてです。マスコミを頼らずに企業自らが自社ホームページで情報公開し、消費者がツイッターやブログで考えや日常を公開し、現在では中小企業も消費者も自らの日常をSNSに投稿する時代になりました。

以前は情報発信は企業の広報部門等の仕事だったのですが、今や情報発信は企業の本来行うべき業務であり、組織メンバー全員が常に意識するべき活動になりました。

【古い考え方】
社長や一部の若手社員のみがブログ等を使って情報発信する。

【現在の考え方】
全従業員が、1つのブログやインスタアカウントのもと、順番に投稿を担当したり、1従業員1ブログを担当して全員が企業活動情報を投稿する。

中小企業経営者の皆様、御社は企業活動をしっかりと情報発信していますか?

【関連講演】
2017年11月1日に講演「ITでできる!商店街の課題解決~少子高齢化、コミュニティー機能の向上、地域資源活用~」を茨城県中小企業団体中央会/いばらき商人塾 商店街コンダクター育成コースで行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「情報発信」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

この記事をはてなブックマークに追加

中小企業の生産性向上は業務をつなぐ連結の仕組みにあり

2017年10月09日 06時06分10秒 | 中小企業の生産性向上

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都豊島区の中小企業のコンサルティング、東京都杉並区の中小企業のコンサルティング、東京都中央区の中小企業のコンサルティングをします。

今日は業務と業務をつなぐ連結の仕組みに注目、についてです。中小企業の現場では人手不足感が相当に高くなっています。理由は、必ずしも”業務が多いから”ではなく、大手企業の時給や給与が高いから中小企業に人が来ないという状況です。

人手不足を解消するためにITを使うことが推奨されています。調査によるとIT導入によってむしろ非効率になる場合もあります。それは古い業務の流れをそのままITに実現しようとする場合です。IT導入によって業務の進め方自体を革新する必要があるのです。

業務の進め方を革新と言っても、中小企業はどこをどのようにすればいいのかが分からないことが殆どです。以下のように考えましょう。

(1)業務自体を見直す
(2)手作業をパソコンやスマホに替える
(3)業務と業務のつなぎでクラウドを検討する

場所が変わる場合、人が変わる場合、業務やデータをつなげるのは通信であり、クラウドであり、モバイル機器です。

【関連講演】
2017年10月23日に講演「自社で行う徹底SEO(検索エンジン最適化)とSNS活用」を会津若松卸商団地協同組合/組合カレッジ開催事業で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「業務」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

この記事をはてなブックマークに追加

小規模企業の徹底的な効率化

2017年10月01日 08時55分50秒 | 中小企業の生産性向上

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は中小企業の事業プランについての採点をします。

今日は小規模企業の徹底的な効率化についてです。日本企業の85%が小規模企業(製造業20人以下、商業5人以下)です。1人の仕事効率が組織や会社全体の効率化に直結します。

小さい組織の生産性をアップするためには、パソコンやスマホ、クラウド等を駆使して小さな効率化を重ねることが有効です。

・サクサク動くパソコンを使う(SSDモデルで、メモリーは搭載可能で最大にする)
・いつでも、どこででもベストな顧客対応ができるよう、スマホのテザリング接続等に慣れておく
・入力の効率化、情報検索の効率化、発信の効率化を追求する
・並べ替えや繰り返し等の作業はパソコンが得意なので駆使する

小さな改善や小さなムダを排除することで、組織全体や長期間での効率性は大きく向上します。

中小企業経営者の皆様、ワンオペ(1人運営)型経営、効率的な業務について、お気軽にお問合せください。

【関連講演】
2017年10月10日に講演「小規模事業者におけるITの活用」を千葉県中小企業団体中央会で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「ワンオペ」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

この記事をはてなブックマークに追加

PCのインデックス作成機能を使って業務生産性を向上

2017年09月24日 06時02分40秒 | 経営革新・イノベーション

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京下北沢の中小企業のコンサルティング、東京西荻窪の中小企業のコンサルティング、横浜市の中小企業のコンサルティングをします。

今日はwindowsパソコンのインデックス機能についてです。Googleの全文検索のように、自分のパソコン内の特定ファイル内の特定テキスト文字をCtrl+Fで素早く見つけることができます。

今風の表現をするならば組織の業務生産性が格段にアップします。ぜひ設定を。


▲windowsパソコンのインデックスオプション。素早く見つけたい情報が入ったドライブ等を指定する


▲「プロパティとファイルのコンテンツのインデックスを作成する」にする

【関連講演】
2017年10月4日に講演「中小企業のIT活用2017~最新Web活用と情報セキュリティ強化からIoT活用の実際まで」を神奈川県商工会連合会平成29年度経営指導員研修会で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「インデックス」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

この記事をはてなブックマークに追加

2018年に向けた中小企業のIT活用の方向性

2017年09月21日 05時54分23秒 | Webマーケティング・ソーシャルメディア

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都東久留米市の製造小売店のコンサルティング、東京都中小企業振興公社での講演打ち合わせ、千葉県船橋商工会議所で講演「情報化がもたらす光と影の中で2018年に向けた経営を考える~中小企業のIT活用2018」を行います。

中小企業診断士 講演
▲千葉県船橋での中小企業のIT活用講演2018です

今日は本日の講演に関連して2018年に向けた中小企業のIT活用の方向性についてです。あと3か月ほどで2018年です。今から考えていきましょう。

(1)AI(Artificial Intelligence=人工知能)を使った自動化システムが普及する
(2)”人手不足をITで補う”という考え方が一般化する
(3)会計(フィンテック)、受発注(EDI)等の基幹業務系でのクラウドが普及する
(4)フェイスブックが一段と余暇の息抜きの場所となり、ビジネスではチャットワーク等のビジネスチャットが普及する

【関連講演】
2017年9月27日に講演「中小企業のAI活用~google等ツールを無料で経営に使い倒す方法~」を千葉県中小企業団体中央会/千葉県異業種交流融合化協議会で行います。
育成コースで行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「クラウド」をテーマにした企業ブログ記事一覧


講演・講師の用命は、高い集客力、確かな講演満足度のスプラム竹内幸次へ
創業塾顧客満足度全国1位獲得。成功する起業、ブログ・SNS・動画活用、中小企業のSEO、経営革新、営業交渉・プレゼンテーション等の講演は2,100回超。お気軽にお尋ねください。>>講演レジュメ例 >> お客様の声 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

この記事をはてなブックマークに追加

情報セキュリティに関連する従業員教育のあり方

2017年09月14日 05時47分47秒 | 中小企業の人事・組織

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は相模原市のサービス業のコンサルティング、埼玉県中小企業団体中央会で講演「誰にでもできる 今 組合・企業が取るべき情報セキュリティ対策」、川崎市の中小企業のコンサルティングをします。

中小企業診断士 講演
▲埼玉県大宮での情報関連講演です

今日は本日の講演に関連して情報セキュリティに関連する従業員教育のあり方についてです。各種のアンケートでも従業員向けのセキュリティ研修等を行う企業が多いことが分かります。研修等では以下のことに留意しましょう。

(1)一般論に留まらず、自社の日常的な業務を例にして具体的に説明する
(2)パソコンがロックされる等の被害が生じた際の社内連絡手続きまで説明する
(3)外部のセキュリティシステムに頼り切らない

本日の講演ではSNSの活用も含めて、中小企業に即した内容で幅広く説明します。

【関連講演】
2017年9月19日に講演「インバウンドを意識したSNSの活用方法」を品川区商店街連合会/第2回商店街おもてなし店PR事業セミナーで行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「セキュリティ」をテーマにした企業ブログ記事一覧


講演・講師の用命は、高い集客力、確かな講演満足度のスプラム竹内幸次へ
創業塾顧客満足度全国1位獲得。成功する起業、ブログ・SNS・動画活用、中小企業のSEO、経営革新、営業交渉・プレゼンテーション等の講演は2,100回超。お気軽にお尋ねください。>>講演レジュメ例 >> お客様の声 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

この記事をはてなブックマークに追加

小売店の価値は安く売ることではない

2017年09月04日 06時26分16秒 | 商業活性化・地域活性化・まちづくり

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は横浜市の小売店のコンサルティング、川崎市の小売店のコンサルティング、東京自由が丘の小売店のコンサルティングをします。3社とも小売店です。

今日は小売店の価値は安く売ることではない、についてです。製造業、建設業等、多くの業種の中でもっとも中小企業景況感が悪いのが小売業です。理由は多いのですが、1つ挙げると低価格さです。大手やネット販売の価格水準は異常に低くなっています。

現状では大手企業の低価格販売が収束することは予想できず、今後も緩やかに価格は下がる可能性があります。どうにかしたいものです。

中小商店は対策として以下を考えていきましょう。

(1)安さに胡坐をかかず、商品知識や接客力、提案力等の周辺価値を高める
(2)ホームページやブログ、SNSを駆使してお店のトータル価値をアピールする
(3)配送や取り付け等の有料役務を事業化する
(4)会計や在庫管理データ、顧客データをITで管理して業務効率を高める

【関連講演】
2017年10月5日に講演「小規模企業のIT活用2017~すぐに使えるITツールで小規模企業を成長企業に」を東京都商工会連合会職員向け研修で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「低価格」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

この記事をはてなブックマークに追加

スプラム創業記念日。独立中小企業診断士22年

2017年07月07日 05時43分28秒 | 竹内幸次の夢と目標

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。北海道留辺蘂の朝です。鳥が競うように声を上げています。今日は横浜の小売店のコンサルティングをします。


▲中小企業診断士独立23年目のスタートは北海道留辺蘂の朝です

今日はスプラム創業22年についてです。私事ですが、本日7月7日で中小企業診断士として創業して丸22年となりました。

この22年間=約8,030日で2,397企業の経営コンサルティングと2,078講演を行いました。この場を借りて改めてお礼申し上げます。今思うと独学で中小企業診断士を勉強し、頼る人も機関もない状態での独立は無謀な独立でした。全国の公開模擬試験で1位を取ったことは少しは心の支えになったものの、何をすれば、どう行動すれば仕事が取れるのか全く分からない状態でした。

そのような日々に頂く仕事は心からありがたく、嬉しかった。自分の存在価値が自認できるもの、それが唯一、仕事を頂くことでした。その後、「仕事はビタミン!」という言葉をよく口にするようになりましたが、まさに仕事が無いどん底を救ったのも仕事であったという経験からの言葉です。

今後も研鑽を重ねて参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

【中小企業診断士として独立してからの主な沿革】
1995年04月01日
竹内幸次が中小企業診断士として経済産業大臣(当時は通商産業大臣)登録
1995年07月07日
神奈川県横浜市にてPR&マネジメント研究所スプラム創業(自宅開業)。中小企業診断士業務をスタート
1997年05月01日
神奈川県横浜市に事務所開設
1997年09月05日
有限会社スプラム設立(資本金300万円)
1998年07月15日
株式会社スプラムへ組織変更(資本金1,000万円)
2005年05月19日
経営者へのメッセージ型ビジネスブログを開始(中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ)
2009年04月01日
2008年度創業塾満足度全国1位達成・経営革新塾満足度全国1位達成
2011年04月01日
事務所を東京都中央区銀座(現在地)に移転

【関連講演】
2017年8月19日に講演「これだけは知っておかなければならない独立開業のポイント」を神奈川県秦野商工会議所開業サポートセンターで行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「独立」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

この記事をはてなブックマークに追加

平成28年イベント消費規模推計報告書が公開。消費額は16兆円に

2017年06月20日 05時34分35秒 | マーケティング戦略

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都江戸川区のサービス業のコンサルティング、東京都江戸川区の中小企業のコンサルティングをします。

今日はイベント消費規模についてです。2017年6月12日に一般社団法人イベント産業振興協会が「平成28年イベント消費規模推計報告書」を発行しました。私竹内幸次はイベント業務管理士1級資格者でもあり、このたび郵送されてきました。

・平成 28 年(1月~12月)におけるイベント消費規模額 16 兆 5,314 億円(前年比 112.9%)

・カテゴリー別にみると、会議イベント1兆 9,135 億円、見本市・展示会 1 兆 6,106 億円、文化イベント 2 兆3,329 億円、スポーツイベント 2 兆 8,468 億円、フェスティバル 2 兆 6,317 億円、販促イベント9,835 億円、興行イベント 4 兆 2,124 億円となり、ここ数年伸長を見せたフェスティバル系イベントに代わり、見本市・展示会、文化イベント、スポーツイベントが大きく伸びている


▲イベント消費規模推計報告書

【関連講演】
2017年6月28日に講演「物販・サービス業の特徴の整理・把握と成功事例の紹介」を川崎市商業振興課・男女共同参画センター共催/商人(あきんど)デビュー塾で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「イベント」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

この記事をはてなブックマークに追加

顧客管理する際の情報の基本

2017年06月02日 06時32分47秒 | マーケティング戦略

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都練馬区のサービス業のコンサルティング、東京都八王子市の中小企業のコンサルティングをします。

今日は顧客管理する際の情報の基本についてです。最近ではホームページ等から予約を取ることができるようになりました。大手企業のポータルサイトを使わなくても中小企業も自社ホームページから予約が取れるのです。

情報を顧客自身が入力するため、中小企業としては入力作業が効率化します。その効率化した時間で顧客情報管理を行うようにしましょう。

顧客情報管理の目的は利益率のアップです。現代風に表現するなら生産性アップです。事務的な業務を効率化することで利益を生み出す時間の比率を高めるのです。

具体的には以下の観点から顧客情報は管理しましょう。

(1)基本情報(名前や連絡番号等)
(2)RFM情報(RFM=Recency、Frequency、Monetary)
(3)コンタクト情報(問い合わせや要望、クレーム、感想等)

【関連講演】
2017年6月16日に講演「IT・SNSの活用による販売促進」を千葉県中小企業団体中央会/臼井ショッピングセンター協同組合で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「顧客情報」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

この記事をはてなブックマークに追加

生産性が高い中小企業経営の事例

2017年05月28日 06時16分06秒 | 経営革新・イノベーション

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京下北沢の中小企業のコンサルティングをします。

今日は生産性が高い中小企業経営の事例についてです。先日テレビでも紹介されたことから全国的に話題になっているのが、神奈川県の株式会社吉原精工です。

・残業なしでも、従業員の年収600万円

一般的に町工場は昔の3K職場と認識されがちですが、経営者の本気意識と業務オペレーションによって高い生産性が実現できるのです。

【関連講演】
2017年6月6日に講演「人をひきつけるプレゼンテーション・交渉術」を多摩信用金庫たましんBOBセミナーで行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「生産性」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

この記事をはてなブックマークに追加

スプラムは”戦略的PRと戦略的経営”を表現したコンセプトワードです

中小企業診断士
Strategic Public Relations And Management
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5階 TEL 03-5537-7775
経営コンサルタント中小企業診断士事務所スプラム https://www.spram.jp/ 中小企業診断士e-mail

経営コンサルタント竹内幸次/中小企業診断士の講演・セミナーの様子

講演テーマは起業・創業、経営革新、ホームページ等のSEO/MEO、モバイルフレンドリー、ビジネス効果を生む経営ブログ、収益を生むソーシャルメディア活用、中小企業の動画活用、スマホ・タブレット活用、プレゼンテーション、営業交渉、後継者育成、事業承継、街づくり等が可能です。お気軽に問い合わせください。

>>講演満足度の結果はこちら
>>今後の講演予定はこちら 中小企業診断士 竹内幸次メール/即返信

週刊文春掲載「ビジネスの質を高める配送術」

トレンド総研/2014年注目のキーワードを執筆

創業塾の顧客満足度が全国1位に!

中小企業診断士竹内幸次が講師を担当した神奈川県商工会連合会の創業塾ステップアップコースがCS調査で全国ナンバーワン(1位)になりました!今後もよりパワーアップした講演をお届けします!!
>>今後の講演予定はこちら 中小企業診断士 竹内幸次直行メール/即返信
中小企業診断士 講演

日経ビジネスオンラインに竹内幸次取材記事が掲載

トレンド総研 企業ブランディングレポートで竹内幸次がコメント

中小企業診断士竹内幸次の講演の様子

講演テーマは起業・創業、経営革新、ホームページ等のSEO/MEO、モバイルSEO、ビジネス効果を生む経営ブログ、ファンを増やすソーシャルメディア活用、中小企業の動画活用、プレゼンテーション、営業交渉、後継者育成、事業承継、街づくり等が可能です。お気軽に問い合わせください。

>>講演満足度の結果はこちら
>>今後の講演予定はこちら 中小企業診断士 竹内幸次メール/即返信

中小企業診断士竹内幸次のテレビ出演時のコメント

東京MXテレビ「5時に夢中」に出演して美保純さんの餃子店開店に関してコメントさせて頂きました。立地選定、マーケティングリサーチ、資金計画、成功の可能性等についてコンサルティングのようにコメントしております。


>>テレビ・ラジオ出演実績はこちら
中小企業診断士 竹内幸次メール/即返信

中小企業診断士竹内幸次の経営コンサルティングの様子

やる気を引き出す現実的なコンサルティングを提供します。テーマは起業プラン、成長戦略、ウェブサイト・モバイルサイトのSEO/MEO、ビジネス効果を生む経営ブログ、ファンを増やすSNS活用、動画プロモーション、プレゼン営業交渉、後継者育成、事業承継等が可能です。お気軽に問い合わせください。

>>2,400企業のコンサルティング実績はこちら
>>今後の講演予定はこちら 中小企業診断士 竹内幸次メール/即返信