ウルトラ解釈ブログ作戦

ウルトラシリーズについて色々語るブログ。

ネクサス マックス メビウス

2020-05-18 23:36:13 | ウルトラ解釈大作戦
こう並べると、全部「ス」で終わってますね。
この3作品の作風を私なりに強引に色分けすると、
ネクサス=個人の宿命→ライダー
マックス=怪獣や不思議な現象→ウルトラQや1期ウルトラ
メビウス=個人とチームワーク→戦隊
て、感じですね。

もちろん優劣はありません。
それぞれ違った作風が楽しめていいと思います。
私はウルトラ至上主義ではありますが、東映の特撮も大好きです。
ライダーはリアルタイムで見てたのはストロンガー。
後は再放送ですが、案外ライダーの再放送が少なかったため
ライダーよりキカイダーの方が好きでした。

戦隊はゴレンジャーは大好きでジャッカーも楽しみにしてましたが
途中で脱落。
やはり内容が重めなのと、子供ながらにゴレンジャーの二番煎じ感を
感じたのが原因でしょう。

その後は成長につれ興味を失ったため、戦隊に復帰(?)したのは
何とデカレンジャーからでした。
それまでも時々見てはいたのですが、録画してまで見るようになったのは
デカレンジャーからですね。
まあ、デカレンジャーの魅力についてはいずれ語ります。

ではまた。
コメント

第三番惑星の奇跡

2020-05-17 19:13:01 | ウルトラ全般
ウルトラマンネクサス、マックス、メビウスは確かこのサイトを立ち上げて最初のウルトラシリーズということもあり
リアルタイムで見てました。
ネクサスが若干重い話だったので、原点回帰のマックスはとても楽しみながら見てた記憶があります。
何と言ってもM78星雲から来たウルトラマンというのが昭和世代としては嬉しいところ。
黒部氏、桜井氏がレギュラーで出演し、ナレーターをウルトラ好きで知られる佐野史郎氏が務めるなど、
始まる前から期待は高まりました。

ただ、序盤は手堅い作風で可もなく不可もなし。
それでも不満はなかったのですが、この第15話でいきなりトップギアに入りましたね。
朝から終末戦争を思わせる敵の出現と廃墟となる街の描写。
それまでの作風とのあまりの違いに理解が追い付きませんでした。
「太陽系第三番惑星。滅びるにはまだ惜しい者たちが住む星だ。」というセリフに絶望的な状況が現れてます。
DASHは外人がいたりアンドロイドがいたり、一風変わった組織ですが、宍戸開氏演じる隊長のキャラもあって
アットホームな感じの組織になってます(ネクサスとは大違い(笑))。
そういう隊長が言うセリフだけに重いですね。

ここで無関係と思われていた少女のストーリーとイフのストーリーが交わります。
目の見えない少女がどうやって怪獣の傍に行ったかという無粋なツッコミも可能ですが、そんなものは
奇跡の前には大した問題じゃない。
「怪獣さんは音楽、嫌い?私はね、大好きなの」。
何回見ても涙が出ますね。
目が見えなくても挫けることなく音楽に打ち込む少女。
その前向きな姿勢には学ばせられるところ大きいです。

結局イフというのは相手の心を映す鏡なんだと思います。
怪獣の変化にミズキの少女を守るための鬼の形相も優しい表情へと変わります。
現実社会では甘い考えかもしれませんが、この物語はあくまでファンタジーなので、そういう批判は的外れ。
現実には軍隊や核兵器はなくなりませんし、必要ですが、それをなくしていこうというテーマは
描き続けなければなりません。
ただ、youtubeのコメントを見てると子供の時に見た人はトラウマになったとか、本話のテーマが
理解できなかったという人が多かったようです。
私は既にいい大人だったので感動できましたが、子供向け特撮としてはちょっと難しかったかもしれません。
セブンが視聴対象にした中学生くらいなら問題ないと思いますけど。

本話の監督は三池崇史。
有名監督に好きなように作ってもらうというスタッフの姿勢がこの傑作を生みだしました。
特にイフの造形や変形、廃墟の街のシーンなど、これが子供向け30分番組とはとても思えません。
三池監督は16話の「わたしはだあれ?」も担当。
こっちもイフとは違った意味での強敵が登場して抱腹絶倒なコメディに仕上がってます。
この2本を見終わった後は、さすが一流の監督は違うなあと、ここから失速すると思いました。
しかし予想外に最後まで失速せずに次々と面白い話が作られました。
これも39話という短い話数ながら、シリーズ最多のクリエイターが参加した賜物でしょうね。
マックスは空想特撮シリーズとしてはシリーズ一の完成度だと思いますので、
平成をあまり見てないウルトラファンにも是非見ていただきたいと思います。
コメント

ウルトラ空想科学時間

2020-05-16 00:58:57 | ウルトラ全般
ご存知の方も多いと思いますが、在宅支援プログラムとして円谷プロ公式YouTubeチャンネルで
下記のラインナップが配信されます。
いやあ、なかなか素晴らしいチョイスですね。
さすが本家本元、わかってるなあという感じです。
最終回が多くなるのは、やはり仕方ないですね。
感動作が多いですから。

セブンからチョイスするとしたら間違いなく史上最大の侵略になると思いますが
前後編だし、有名過ぎて敢えて外したか?
タロウは人気作ということでテンペラーなのでしょうが、ムルロアか改造軍団の方が良かった気もします。
レオがないのは作風がハードすぎるから?
ティガは大人の事情?
まあ、10本だと漏れる作品が出るのは仕方ないですね。
ブースカまでラインアップしてますし。

最後にネクサスというのが意外ですが、ネクサスは全般的に重いストーリーながら
その分最終回のカタルシスが大きかったので、いいチョイスだと思います。
ただ、最終回だけ見てそれが伝わるかは微妙ですが。
明日は個人的にウルトラシリーズでも1,2を争う感動作「第三番惑星の奇跡」。
映画と見紛うほどの映像の迫力もご覧あれ。

5月
5/03【優しさを失わないでくれ】「ウルトラマンA」第52話「明日のエースは君だ!」
5/10【自分にできることを】「ウルトラマン」第37話「小さな英雄」
5/17【心で繋がろう】「ウルトラマンマックス」第15話「第三番惑星の奇跡」
5/24【命を守る仕事】「ウルトラマンメビウス」第33話「青い火の女」
5/31【力を合わせよう】「ウルトラマンタロウ」第34話「ウルトラ6兄弟最後の日!」

6月
6/07【君が未来を作る】「ウルトラマンダイナ」第20話「少年宇宙人」
6/14【どんな遠くてもつながる心】「ウルトラマンコスモス」第42話「ともだち」
6/21【勇気をもとう】「帰ってきたウルトラマン」第51話「ウルトラ5つの誓い」
6/28【信じる力】「快獣ブースカ」第4話「ブースカ月へ行く」

7月
7/05【あきらめるな!】「ウルトラマンネクサス」第37話「絆~ネクサス~」
コメント (4)

ウルトラマンティガとウルトラマンダイナ

2020-05-06 00:58:33 | ウルトラ全般
昨日からスカパーのTBSチャンネルで一挙放送してるので、虫食いで見てます。
一言で言うと、面白い。
泣ける話から燃える話まで、ウルトラのバラエティの豊富さには毎度驚かされます。
前から何本かは見てましたが、これは全話見ないといけませんね。

今回見た範囲で印象に残ったのは「悪魔の審判」「オビコを見た!」「青い夜の記憶」「少年宇宙人」「移動要塞浮上せず!」あたり。
というか、基本的に外れはない感じですね。
今では相棒のメインライターとして有名な太田愛もティガがデビューです。
知らない人は驚くかもしれません。
私も市川森一がエースのメインライターというのは大人になってから知って驚愕しましたから。
特に今みたいにネットがない時代でしたから、ザワイドのコメンテイターで大河ばかり書いてる重鎮の脚本家がウルトラシリーズで育ったというのは意外でした。
話が逸れましたが怪獣を殺さない路線はもろに佐々木・実相寺路線。
個人的にはそこまで評価しないのですが、こういう話があって王道の話があるからウルトラは面白いので、もはやウルトラには欠かせない路線です。

「移動要塞浮上せず!」は王道の燃える話にアスカの父親まで出てくる感動作に仕上がってます。
というか、この歳になって山田まりやに泣かされるとは思いませんでした(笑)。
山田まりやが出てたのはリアルタイムの頃から知ってましたが、当時グラドルとして忙しかったのにこんなに頑張ってたんだなあと改めて感動しました。
演技も意外と上手い。

この中で個人的に一番感動したのが「青い夜の記憶」。
これが「盗まれたウルトラアイ」のオマージュというのはネットで調べて知りましたが、確かにゲスト主役の名前が「マヤ」なんですね。
この回は特にシンジョウ役の影丸氏の演技がよかった。
曲もいいですね。
内容はネタバレになりますので、気になる人はネットとかレンタルとかでご視聴ください。

平成ウルトラシリーズを見てて思うのは、やっぱり自分はライダーよりウルトラ派だなということ。
ファンタジックな世界に憧れるんですかね。
平成ウルトラシリーズは昭和のウルトラを見て育った世代が作ってますから、過去のいいところを踏襲して新しいウルトラを作り上げるのに成功してます。
だから私みたいな昭和世代が見ても十分面白い。
ただ、気になるのは自分は子供の頃の感性で平成シリーズを見ることができているのかという点。
メビウスの「思い出の先生」が代表的ですが、私のような昭和世代は感泣ものの作品ですが、多分子どもは置いてけぼりです。

私が昭和ウルトラのレビューをしていて気を付けているのは、決して子供目線を忘れないということ。
これはレオまでのウルトラをほぼ子供の時に見ているからこそ可能だと思うのですが、やはりウルトラは子供に夢と希望と勇気を与えるものだと思っているので、作る側もそこだけは気を付けて欲しいですね。
まあ、今見ても「円盤が来た」よりは断トツで「セブン暗殺計画」の方が面白く見れるので、その辺りの感性は変わってないと信じていますが(笑)。
取り留めもない感想でしたが、せっかくブログもあるので時々駄文を書かせていただきます。

ではでは。
コメント

セブン23話更新

2020-05-04 19:10:13 | ウルトラ解釈大作戦
意外と難儀な話で予定より更新が遅くなってしまいました。
話としては渋いですねえ。
如何にもセブンという感じ。
ただ、怪獣が出てくる等娯楽性もそれなりにあるので、子供が見てもつまらないということはないと思います。
まあ平均的な話ではないでしょうか。
漸くセブンも折り返しに近づいてきましたので、タロウの終盤ともども更新を頑張っていきたいと思います。

ではまた皆さま、お会いしましょう。
さよなら、さよなら、さよなら(古い 笑)。
コメント

ページビュー

2020-04-19 01:50:23 | ウルトラ解釈大作戦
最近アナリティクスでアクセス数等チェックし始めたのですが、土曜日は800PVも行ってました。
地味なサイトで更新頻度も遅いからもっと閑散としたサイトかと思ってましたが、やはり記事が多いだけに
読んでくれる人がいっぱいいるようです。
まあ、ページの作りが不親切だから読み込み量が多いだけなんですけどね(笑)。

どのページが読まれているかというと、やっぱり今はファミ劇で再放送しているレオが圧倒的ですね。
特に今日は「運命の再会 ダンとアンヌ」のページが多く読まれていました。
レオは書籍の世界だけじゃなく、ネットの世界でもまだまだ情報が少ないので、私のページが重宝されているようです。
次点が最近見直されてきたとはいえ、こちらもまだまだ情報が少ないタロウ。

このアクセス数ならドメイン代とレンタルサーバー代くらいは何とか出るんじゃないかと考え始めてます(笑)。
いずれにせよ、結構見てくれてる人も多いようですので、タロウの残りとお待ちかねの1期ウルトラの
更新も頑張っていきますね。

ではでは。
コメント

ウルトラマンタロウ50話 久々更新

2020-04-11 13:35:31 | ウルトラ解釈大作戦
久しぶりにウルトラマンタロウを更新しました。
このご時世、休日と言っても何処へも出かけることができませんので、この機会にと頑張ってます。

久々だったので、更新の仕方どころか文章の書き方も忘れてましたね。
勘を取り戻すのに少し時間がかかりました。
そう言えば、阿井氏と前田氏に触れてませんね。
まあ、こういうコラボ作品なので、作家性はほとんどありませんのでいいか。
また気が向いたら追加しておきます。

相変わらず文章を書くのは苦手ですが、プロにはなれなくてもセミプロクラスの文章力は欲しいです。
結局は努力次第なので、さぼってばかりいずに書かないといけませんね。
この勢いでセブンもと行きたいですが、その辺りはあまり期待せずに見守ってください。
ではでは。
コメント

ウルトラマン80無料配信

2020-04-03 20:24:32 | ウルトラ全般
youtubeで80の無料配信がされてますね。
80の第一話で怪獣が出なくなってたった5年で隊員に実戦経験がないというのが引っかかってたのですが
冷静に考えると5年前怪獣と戦ってたMACは全滅しましたから、設定的には問題ないんですね(笑)。

80に関しては当時8歳でしたが、最初の数話で切った思い出があります。
当時は夕方にウルトラシリーズの再放送がされてましたので、80の教師設定が何となく軽いものに思えました。
子供にとってはやはりウルトラマン対怪獣が一番の関心事ですから、思ってたんと違うってのが正直なところでしたね。

もちろん、今見ると人間ドラマがちゃんとしてて面白いです。
長谷川初範氏の出世作でもありますし、こうやって無料配信されることで知名度が上がるといいですね。

ではでは。
コメント

総毛立つ幽鬼は死霊界への案内人

2019-06-24 22:41:28 | その他特撮
現在宇宙刑事シャリバン再放送中の東映チャンネル。
今日は遂にレイダー登場編の第34話「総毛立つ幽鬼は死霊界への案内人」が放送されました。
子供がレイダーを怖がって視聴率が下がったということで有名なエピソード。
ゴールデンの子供番組で「総毛立つ」ですからね(笑)。

魔王サイコにポルターにガイラー(合わせてポルターガイスト)と最初からホラー風味ではありましたが
こいつら意外とコミカルなのに対して、レイダーはガチ。
何と言っても演ずるのが安藤三男氏。
プロフェッサーギルにガイゼル総統ですからね。
特オタならずとも、当時の子供たちなら役者の名前は知らなくても雰囲気で格の違いがわかるというもの。
おまけに死霊界のボスなんですから、怖いのも当たり前です。

一方魔王サイコの声を演ずるのはハカイダーの声でもお馴染み飯塚昭三氏。
奇しくもギルとハカイダーがここに集結したわけですね。
さすがにそこまで気が付く子供はいなかったと思いますが、大人になってから見ると意外な発見もあり
面白いです。

正直ここまではマドーの温い作戦で命拾いしてきたシャリバンですが、レイダーはそう甘くはありません。
ここからドラマは盛り上がっていきますので、見たことのない人はレンタルするなり東映チャンネルに
加入するなりで見てみることをお勧めします。
個人的には上原正三がメインライターってのが大きいですね。
ウルトラでの上原氏の仕事はほぼ押さえているのですが、東映での仕事は宇宙刑事シリーズくらいしか
押さえていないので、もう少し勉強しなくてはと思ってます。

ではでは。
コメント

宇宙刑事シャリバン

2019-05-06 22:35:34 | その他特撮
GW中に更新するつもりが後半はへばってたので結局書けず仕舞い。
年取ると本を読んでもすぐ眠くなるし、集中力が持続しません。
書くネタは一杯あるのになあ。

で、代わりと言っては何ですが、唐突に宇宙刑事シャリバンの話。
まあ、知ってる人は知ってると思いますが、今東映チャンネルで毎週2話ずつ再放送してます。
子供の頃見てたのですが、正直当時はギャバンやシャイダーよりつまらないという印象でした。
敵組織や戦闘シーンなど、ギャバンと似た感じでしたし、主役もギャバンほどカッコ良くないし。
やっぱり男子にとっては一条寺烈のような男くさい方がヒーローとしてはカッコいいものです。
それに比べると伊賀電は若干優男ですから。
まあ、今見ると結構イケメンではありますけどね(ただし時々ホリに見えてしまう)。
あと、自分自身が小学高学年でちょっと特撮見るのが恥ずかしい年齢だったのもあるでしょう。
え、シャイダーは何で見てたかって?
話がわかりやすかったのと、アニーがゴニョゴニョです(笑)。

脱線はそれくらいにして、シャリバンは今見るとほぼ捨て回がないくらい話が充実してます。
子供の頃頭に入ってこなかったイガクリスタルの話も、今見たらインディジョーンズかドラクエかって感じで、
ファンタジーの王道展開でした。
今では使い古された「聖なる剣」「聖なる者の導き」「聖なる力」ですが、日本の特撮ものでこれらを
本格的に取り入れたのはシャリバンがほぼ初期ではないでしょうか?
子供の頃の印象で弱いと思ってた魔王サイコも意外と強いみたいですし(後半はあまり覚えていなかったので)、
ギャバンで確立したフォーマットを基礎にして話のスケールを大きくしたって感じがします。
最初の仮面ライダーは正直今見るとかなり辛いところがあるのですが、それから10年程度で
今の特撮とそん色のないものを作ってたというのに感動しますね。
個人的には円谷びいきなのですが、この辺りを見ると東映に負けてしまったのも仕方ないってところです。

まあ円谷だろうが東映だろうがピープロだろうが特撮は特撮なので大事なことを教えてくれるのは同じですが、
その中でもシャリバンは色々教えてくれる作品として今見ても古くないですね。
脚本は言わずもがなの上原正三。
そして音楽は私の大好きな作曲家、渡辺宙明。
そりゃ面白くならないはずがない。
また機会があれば、シャリバンの全話感想なんてのも書いてみたいですね。
まあ、いつもの口約束ですが(笑)。

とりあえずブログをもう少し書いて調子を戻していきます。
サイトの更新の方はもう少しお待ちください。
ではでは。
コメント