広島のインテリアコーディネーター、子育てしながら・・・。

うっかり木工所に嫁いでから走り抜けた十数年の記録。気づいたら、医療系から転身してインテリアのプロになってました。

リフォーム後方支援のお仕事 完了編

2019-06-07 17:52:25 | インテリアコーディネーターのお仕事

10月から動き始めたリフォーム現場の後方支援業務の続編です。

今回のお仕事のやり方は、裏方支援=相談役。
中古住宅を購入してリフォームして入居の事例です。

お客様が契約されているリフォーム会社は、不動産屋さんのリフォーム部門。
担当営業さん(若い男性)とお客様で現場でうちあわせして
どんどん、とにかくどんどんどんどん進めながら決めていくスタイルでした。
ある程度パッケージ化になっている比較的自由度の低いリフォーム会社さんですが、それでも
リフォームというのは新築と違い、やりながら決めていくことがどうしてもでてきます。

家族みんなの意見と、営業さんのアドバイスと・・・早くどうするか決めなくちゃ!
そんなことの連続です。
初めての家づくり。いろいろ不安になられた施主様。
第三者の意見が欲しい!というわけでわたくし、インテリアコーディネーターにご依頼いただきました。
 
まずまず早い段階でご相談いただいたので、間取りからご相談にのることができました。

リフォーム会社さんの提案間取りでは既存のキッチンと居間を一続きにしLDKとし、
立派な欄間と床の間のある続きの和室2室を客間として和室のまま残す案でした。

しかし、キッチンと居間を一続きにしたとしても。
お子様3人を育てるLDKとしては狭いことを指摘させていただき、
もったいないけど隣の床の間のある和室をリビングルームに変えてしまうことを提案させていただきました。
一番日当たりのいい和室を普段は使わない和室のまま残して、狭いLDKで家族が団らんするよりも、
日当たりのいい和室を洋間に改装してリビングにしてしまうというプランです。

 和室のビフォー写真

 

ところが、こちらの和室あらため新リビング。
床の間をのけたら「柱が一本残ります!!」という事態に。リフォームあるある。中途半端な位置に一本柱(笑)
さぁ、どうする一本柱!!

というわけで、
壁面一体のテレビ台+収納+パソコンデスクを作り付け、それにその柱を組み込んでしまうデザインを提案させていただきました。

ご主人さまのお気に入りのグレーの壁紙に合わせて、アイアン取っ手のちょっと男前な作り付け家具(収納力たっぷり)です。

 オーダー家具屋のデザイン力のみせどころ^^



そして迎えた施工・納品当日。 10月に最初のご相談をうけてから実に5カ月経過です。
さぁ、一本柱を生かして、作り付けのリビング家具を施工していきますよ。



 

さぁ、完成!どうですか?
一本柱、うまく溶け込んでますでしょうか。


柱と壁の間の飾り棚、グリーンなどちょっとたらしたりしたらおしゃれになると思います。
収納力ばっちりのリビング家具+セミクローズドな落ち着き空間となったパソコンスペースです。

インテリアのポイントは、家具と同じ木で作ったオリジナルのカーテンレール。
壁紙がグレーなので、色味をあわせたグレーのシックなソファ
(スペースに合わせたサイズ感と、あえて肘置きのついていないすっきりデザイン)
差し色にイエローのカーテン。木の雰囲気に合うようなざっくりしたナチュラルな布地です。

ばっちり。おさまりました!

 

 

さて、お次はダイニングキッチンです。

こちらもまた、リフォームあるある。
「壁が残ります!」

キッチンのそばにちょうどダイニングセットを置きたい位置に残った壁。
なんて邪魔な壁なの~!!

この壁のせいで、キッチンとダイニングの間に微妙に変に広い空間ができてしまいます。
そこで、こちらもオーダー家具の魔法発動。

変に残ってしまっている袖壁をうまく空間に溶け込ませ、さらに配膳スペースをつくって
使い勝手も向上、収納力もアップすることに成功しました。(ゴミ箱スペースも組み込みました)

では、こちらも取り付けていきましょう。
現地採寸して作っているので壁の下にくっついている幅木までピッタリサイズで形も合わせました。

 

さぁ、完成!こちらもどうですか?

邪魔な壁のおかげでできたキッチンとテーブルの距離感。
オーダー家具の魔法でうまくうめることができました。

食器棚、ダイニングセット、そしてオーダーカウンターをすべて
オーク材で統一してコーディネートいたしました。システムキッチンの面材もばっちり雰囲気があっています。

食器棚の置き場所も壁の凹みにはかったかのようにピッタリサイズ。
はい、もちろん測ったのですが(笑)

もともとのリフォーム屋さんの営業さんのおすすめプランは
この部屋にソファまで置いてLDKとして使用する案だったので、それは無理だったね~と
隣に別で和室をつぶしてリビングを作ったことに喜んでいただきました。

そのほか、せっかくインテリアコーディネーターがはいったので
全室のカーテンのコーディネートもさせていただきました。

照明のレールの位置、コンセントの位置、各種リモコンの位置などなども何も言わなければ
適当につけられてしまいそうな雰囲気だったので、
細かく指定して使いやすい位置、おさまりのいい位置につけてもらえるように手配させていただきました。

いろいろとサポートさせていただき、
お客様には大変満足していただくことができました。


暮らしによりそったサポート、提案。
インテリアコーディネーターの一番得意とするところです。


リフォームはじまっちゃったけどいろいろと素人では考えれない~
なんとなく工務店のおじさま(今回はおにいさま)とは話がかみあわない~

そんな時は、ぜひ、インテリアコーディネーターに インテリアのことを外注してくださいませ。

餅は餅屋でがんばらせていただきます。
私たちは朝から晩まで床、壁、天井などの内装仕上げや家具、カーテンなどのことばかり考え、
インテリアアイテムの最新情報にも日々アンテナたてておりますので。
その知識をいかしてお客様のこだわりの家づくりに伴走できたらなぁと思っています。


今回は家具、カーテンなどの受注をいただきましたが
相談業務のみの場合は相談料で対応させていただきますので、
家具買わないけど~という場合も 
間取りや内装、床、壁紙などの選択のアドバイスなども大丈夫です。
インテリアコーディネーターとしてお声掛けくださいませ。



参考)今回の流れ


たまたま家具を見にご来店されたときに軽く相談を受けました(もちろん無料)

日を改めご予約いただきヒアリング。(セカンドオピニオン相談料3000円×2時間)

打ち合わせに営業さんとの顔合わせがてら一回同席(打ち合わせ同席料5000円×1時間)
その後、場所を変えて間取りなどコーディネート相談(相談料3000円×2時間)

現地調査 解体が始まったタイミングで現場同行(5000円×2時間)

DKとリビングのコーディネートを依頼していただき、家具配置を中心としたプレゼンボード製作(10000円×2部屋)

と、ここまではインテリアコーディネーターとしてご依頼いただいたお仕事です。
こんな感じでほぼ、リフォームの大まかな方針が決まりました。
リフォームのこと、第三者的プロに間取りの段階から相談して、しめて47000円也。
どうですか? 高いですか?安いですか?


そして、その後家具やカーテンもうちにまかせていただけることになったので
オーダー家具のプランのための打ち合わせや、 カーテン・照明の打ち合わせは、当インテリアショップの販促に関する通常のご相談業務となり無料対応となりました。


※お客様からお声をいただきました!
駅周辺の中古住宅を探していたところ、好条件の物件を発見!!リフォーム条件付きだった為、工務店を選ぶことなくそのまま大手メーカー〇〇〇ドゥと契約。20代前半の営業のお兄さんとの口頭での打合せのみで、どんどん工事が進んでいくことに不安を覚え本当にこれでいいのか?間取りはこれで大丈夫なのか?という疑問が生まれ、セカンドオピニオンが欲しくて相談させて頂きました。結局、間取りも工務店の提案では3人の子育てをするにはLDKとして狭いと指摘してもらい、大幅に方向転換することに・・・
ヒアリング→現場同行→相談の後に作成して頂いた、プレゼンボードが逸品でした。
家族構成・日当たり・私たちのこだわり・コンセントやスイッチの場所・照明の位置など全て詰まっており、その後の業者さんとの打合せを潤滑に行う事が出来ました。
素人の考えでは、限界があります。プロの意見の重要さを痛感しました。
最終的には間取りだけではなく、オーダー家具をはじめ、カーテン、ソファー、照明器具など全てお世話になりました。 中古住宅をリフォームした為、中途半端な位置に柱が残ったり、中途半端に壁が残ったりと問題続出でしたが、それらを全て家具で解決して頂きました。見た目だけでなく、とても機能的で使いやすく、今でも快適に暮らしております。 ソファーやカーテン、照明等もお世話になり、この統一感がたまらなく好きです。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::
インテリアコーディネーターのお仕事用HP
NATURAL INTERIOR DESIGN MIYAKAGU
IC松本理絵  >>こっち

会社のHP ナチュラルインテリア専門店ミヤカグ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::


コメント   この記事についてブログを書く
« ライザップもびっくり。糖質... | トップ | 新築 戸建て インテリア相... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

インテリアコーディネーターのお仕事」カテゴリの最新記事