情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人権擁護法案再び~必要性は認めるが、差別と対公権力に限定すべきだ!

2007-12-05 13:55:37 | 人権擁護法案(原則必要派)
 このブログの初期の2大テーマは、憲法改正国民投票法案と人権擁護法案だった。いずれも、報道規制という問題を抱えており、その観点から何度も思うところを書いてきた。人権擁護法案は、「人権」嫌いの安倍政権となって、まったく動きがとまり、ほっとする一方で、差別禁止に向けた動きも止まることは問題だとも思っていた。
 
 ところが、安倍政権から福田政権に移り、早速、人権擁護法案を策定しようという動きが出てきた。

 朝日新聞(※1)によると、【人権擁護法案の提出に向け、自民党内で推進派が本格的に動き始めた。党人権問題等調査会を2年ぶりに立ち上げ、かつて廃案になった政府案に修正を加えて来年の通常国会に提出をめざす】というのだ。

 もちろん、自民党内の人権嫌いは多く(しかし、人権嫌いを公言できる政治家が生き延びるこの国って…)、【党内の意見対立が根深い法案で、3日の初会合にも「保守派」を中心に反対論者が結集して異論を唱えた。党執行部が再提出でまとめようとすれば、党内対立の芽となることは必至の状況だ】とも観測されている。

 この動きについて、朝日は、【安倍前首相が消極的だったこともあり、再提出に向けた動きは封印されていたが、福田政権発足で「潮目」が変わった。推進派の古賀誠選挙対策委員長、二階俊博総務会長らが党執行部に座り、党幹部の一人は「再提出できるならやってしまえばいい」。
 調査会は仕切り直しにあたり、古賀氏側近の太田誠一元総務庁長官を会長に起用。党四役や青木幹雄前参院議員会長らを顧問に迎え、3日の党本部での初会合で、ずらりとひな壇に並べた。重厚な布陣で反対派を押さえ込む狙いだった】と分析している。

 確かにある意味、安倍が党内で台頭したのは、北朝鮮問題に加え、いわゆる従軍慰安婦などの問題であり、人権擁護法反対派は、従軍慰安婦否定派と重なる。そこで、安倍があのような形で退陣したのを機に、一気に制定してしまおうという方針は理解できる。

 しかし、この点について、反対派の勢いは削がれていなかった。【会合には安倍前首相に近い下村博文前官房副長官や古屋圭司衆院議員らが駆け付け、「歴史的な経緯を無視して人権を一つの価値観のように扱うのは間違い」などと主張。若手議員で作る「伝統と創造の会」会長の稲田朋美衆院議員はこう声を上げた。「総選挙に向けて一丸となっていくべき時期に、党内を二分するような議論はどうなのか」】


しかし、【歴史的な経緯を無視して人権を一つの価値観のように扱うのは間違い】ってどういう意味なんだろうか…。伊吹文明幹事長も【会合のあいさつで「人権という言葉が独り歩きしてはいけない。しっかり研究していく必要がある」と述べたらしい…。


 今後のことだが、【党執行部のかじ取りも定まっていない】とはいうが、油断はできない。【調査会は年明けから週に一度のペースで会合を重ね、再提出を認めるかどうか最終判断する】ということのようだ。教育基本法の改正だって、こういう積み重ねの後、一気に成立した。

 人権擁護法案が本当に求められている形になるよう監視しましょう!



※1:http://www.asahi.com/politics/update/1204/TKY200712030379.html









★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。なお、安倍辞任までの間、字数が許す限り、タイトルに安倍辞任要求を盛り込むようにしていましたが(あまり実行できなかったが…)、辞任したので中止します(ここ←クリック)。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 大阪府知事選に立候補する橋... | トップ | 岩国市長からお礼とお願いメ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (碧のり)
2007-12-05 20:24:16
>自民党内の人権嫌いは多く(しかし、人権嫌いを公言できる政治家が生き延びるこの国って…)、

安倍さんや麻生さんもそうですが、こういう人たちが同じ口で「価値観外交」とか言ってましたからね。「価値観外交?北朝鮮や中国と仲良くするん?」とか思っちゃいましたよ、ってのは嘘ですが、同じ口で「自由と民主主義」による「価値観外交」とか言ってるのはほんと凄いです。アメリカの「リベラル人権派」(と(どこまでベタかわからない)「ネオコン」)かよ、と。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

人権擁護法案(原則必要派)」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

安田弁護士による報告会 (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 広島 YMCA ならびに,日本基督教団・西中国教区・社会部では,上のチラシにあるように,安田好弘弁護士を迎えて,光市事件の広島高裁差し戻し審の詳細,並びに死刑制度のあり方,ないし裁判員制度の矛盾点などについてセミナーを行うことになりました. # このブログ...
大間原発MOX燃料プルサーマルを株主圧力で推し進められたら?・柏崎刈羽被害への東電対応にも思う (Like a rolling bean (new) 出来事録)
大間原発でMOX燃料によるプルサーマルを実現しようとしてる「電源開発株式会社」(J-Power)が、その筆頭株主である英国投資ファンドTCIから「経営状況の改善のための役員受け入れ」を打診された、という短いニュースをロイター電で読み、これはいよいよまずい、という思...
見栄坊たちの歴史修正主義 (人工樂園)
 「他国の歴史をとやかく言うのであれば,まず自国について反省しろ。それをせずに文句をつけるのは『ダブルスタンダード』だ」―先日カナダ下院で採択された慰安婦決議に対し,右翼反動たちが例によってこの種の批判を大合唱しているようですが,この抗弁が不誠実なのは...
『週刊ポスト』「在日韓国人・朝鮮人「住民税 極秘半減」の免税密約を撃つ!」( ̄ー ̄)ニヤリ。そして、この秋、小学校教科書に登場... (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2007.12.7.20:50ころ 現在発売中の『週刊ポスト』2007.12/1
国家無謬の神話を超えて (人工樂園)
欧州議会で採択された慰安婦決議(詳しくはこちらのサイトを参照)について,池田信夫氏がその英語ブログにコメントを出しておられる(本日付記事)ので,まずはこれを引用してみたい: This is another false accusation that blindly copied the Honda resolution. It h...
「極めて同質な国」の「人権メタボ」という虚妄 (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2007.2.26.23:20ころ (2007.2.27.17:15ころ、コメン
新・入国審査システム稼働1カ月。法務省、人権擁護法案、鳩山法相スキャンダル。在日「障害者」無年金訴訟最高裁判決 (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2007.12.27.01:00ころ 「鶏を割(さ)くにいずくんぞ牛刀を用いん」