tokyo_mirage

東京在住・在勤、40代、男。
孤独に慣れ、馴れ、熟れながらも、まあまあ人生を楽しむの記。

今月読んだ本と観た映画(2016年5月)

2016-05-31 23:00:00 | 今日の出来事
<今月読んだ本> 3冊

7(土) ■都築響一 『圏外編集者』

17(火) ■津村記久子 『この世にたやすい仕事はない』

23(月) ■三島由紀夫 『三島由紀夫レター教室』


<今月観た映画> 16本

1(日) ●ニコラス・ケイジ ジョシュ・ルーカス 『ゲットバック』

3(火) ●西田敏行 三國連太郎 『釣りバカ日誌7』

     ●ニコラス・ケイジ ジャニュアリー・ジョーンズ 『ハングリー・ラビット』

     ●ジョセフ・ゴードン=レヴィット ズーイー・デシャネル 『(500)日のサマー』

4(水) ●今井美樹 柳葉敏郎 『おもひでぽろぽろ』

     ●スティーヴン・セガール 『沈黙の脱獄』

     ●ジョージ・クルーニー シャイリーン・ウッドリー  『ファミリー・ツリー』

6(金) ●ジェイソン・ベイトマン チャーリー・デイ 『モンスター上司』

7(土) ●西田敏行 三國連太郎 『釣りバカ日誌8』

     ●クリント・イーストウッド エイミー・アダムス 『人生の特等席』

9(月) ●ハリー・ディーン・スタントン ナスターシャ・キンスキー 『パリ,テキサス』

10(火) ●西田敏行 三國連太郎 『釣りバカ日誌9』

17(火) ●ジョナサン・リース・マイヤーズ スカーレット・ヨハンソン 『マッチポイント』

22(日) ●西田敏行 三國連太郎 『釣りバカ日誌10』

24(火) ●ローワン・アトキンソン ジリアン・アンダーソン 『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』

28(土) ●トム・ハンクス デヴィッド・モース  『グリーンマイル』


お題「常にかばんに入れている物は?」

2016-05-24 22:33:23 | 雑感
お題「常にかばんに入れている物は?」に参加中!
出かける際に必ずカバンにしまうもの。

・財布
・携帯電話
・家の鍵(キーホルダー)
これらは、なくてはお話にならない必需品。

身だしなみとして持ち歩くのは、
・ティッシュ
・ウェットティッシュ
最近は飲食店以外でもコンビニとか弁当屋とか、ウェットティッシュをくれるところが増えたので、
途切れることなく常に持ち歩いている。

あとは、
・小さく折り畳めるエコバッグ
レジ袋が有料の店が増えたので、余計な袋にお金は出したくないなと思い。
レジ袋より持ち手が太いから、重い物を持って掌に食い込みにくいのもいい。

電車に乗る時間がある程度長そうだなと思ったら、
・新聞または本
読み物がないと時間を無駄に過ごしている気がしてしまう。
ケイタイをいじくる趣味はないし、
「人間観察」とかよく言いながらその実、要するに「ぼーっとしているだけ」なのも好かないので。

・三色ボールペン
も持っておくと万全なんだろうなと思うけど、「書くもの」はだいたい出先でもなんとかなる。
なくて困り果てたことはない。
メモが必要なら、ケイタイのメモ帳に打ち込んでしまうか、写せるものなら写してしまえばいいし。


お題「旅行に持っていくと便利なものは?」

2016-05-16 17:13:50 | 雑感
お題「旅行に持っていくと便利なものは?」に参加中!
旅は身軽がいちばんだから、あまり余計なものは持たない方がいいと思う。
「あったら便利かも…」という軽いノリで十徳ナイフをカバンにしのばせて、
空港で面倒な目にあったことも昔あったし。
ソーイングキットも「なんとなく」持っていくけど、まあ、使わないわな。
手先が器用でもないのに。
僕の旅の持ち物はだいたいこんな感じ。ごく当たり前のものしかない。

決して嵩張るわけじゃないのに、あると役に立つもの。

・クリアファイル
旅行を「予習」して事前に出力したホームページのプリントアウト、行程表などを挟んでおくほか、
旅先では地図、時刻表、パンフレット、レシートなどを挟む。
こうしたものはそのままカバンのポケットに入れるとごちゃごちゃ、くちゃくちゃになりがちだし、
山登りのリュックサックでは、汗や雨の水分でボロボロになってしまったりする。
どこにでもあるクリアファイルでも、あるとないとで大違い。
旅行から帰ってきてそのファイルを本棚に差しておけば、
「旅の思い出資料」を簡単に仕分けして保管できる。

・使い捨てスリッパ
ホテルなどでくれるもの。最近は安いビジネスホテルでも部屋に用意されていることが多い。
それをもらっておく。
長距離の飛行機や新幹線の移動では靴を脱ぎたくなる。
脱いだ足を直に床につけるのは嫌だから、こういうスリッパがあると重宝する。
紙製でペナペナだから、カバンの端っこに入れても邪魔にならない。重くもない。

・新聞紙
わざわざ意識して持っていく必要もないけど、ヒマな時は読み物に、
物をしまうには梱包材や緩衝材に、汚れた場所に座るには敷物に、
濡れた靴を乾かすには吸い取り紙に、もしもどこかで遭難したら服の下に入れる保温材や着火材に
…用途は多岐にわたる。


エスカレーターの手すりには矢印を入れるといいと思うんだけど

2016-05-16 16:43:05 | 物申す
エスカレーターの手すりには矢印を入れるといいんじゃないか、と最近思う。

初めて行く場所でエスカレーターを見つけると、
まず見えてくるのはエスカレーターの手すり部分である。
さらに近寄ると、ステップ部分が見えてくる。
位置関係が、手すりが上でステップが下だから、当たり前の話である。

手すりは黒色とか紺色とかをしているが、単色なので、手すりを見るだけでは、
その手すりが「昇り」で動いているのか「下り」で動いているのか見分けがつかない。
人がエスカレーターに乗っていれば、その動きで昇り下りの判断はつくけれど、
人がいないこともある。
「昇り」に乗るつもりで近寄ると、ステップが「下り」で動いているのが見えてきて、
あらっ下りなのかと引き返したり、その逆のことも起きる。
エスカレーター乗り降り口の床に矢印や「進入禁止」のマークが入っていることもあるけれど、
目立たないことも多い。

たとえばこういうアングル。
手すりは見えていてもステップは見えず、
2列並んでいるエスカレーターのどちらが昇り下りかが、
遠目にパッとわからない。

そこで、手すりに、矢印など「動きが遠目にも見て取れる模様」があるといいと思うのだ。
手すりが視界に入った時点で、ステップまで見えなくとも、
そのエスカレーターが昇りなのか下りなのかがすぐわかるので、早めに進路を判断できる。

これに気づいたのは「広告付き」のエスカレーターの手すりを見たことがあったからで、
広告の文面の動きで、そのエスカレーターが昇り下りどちらなのかがすぐさま見て取れ、
ああこれは便利だな、と思ったからなのだった。

「細かすぎる要望」だということはわかっている。
でも、東京の地下鉄駅などはとにかく人が多いから、少しでも「自分の進路」を誤らずに判断できると、
きっと群衆も幾分かはスムーズに流れると思うんだけど。


使えるモニターサイト、使えないモニターサイト

2016-05-14 22:01:44 | 雑感
ネットでできる小遣い稼ぎの定番、「アンケートモニターサイト」。
有象無象の数あるサイトの中で、お勧めと、そうでないのを紹介。

※ご注意
あくまで僕の主観的な評価に過ぎない。
特に「ワースト」の方は、僕が退会した時点での状況。
現在は劇的に改善されているのかも知れない…が、それは関知せぬ。

<ベスト>
【第1位】 マクロミル
文句なしのベスト1。僕の利用歴は10年以上で、もちろんポイント交換額もトップ。
ここは、他のアンケートモニターサイトで往々にして見られがちな、
「低ポイントのくせに膨大な量の設問」というような常識はずれのアンケートもない。

【第2位】 infoQ
こちらもよいと思うが、ポイント交換額ではマクロミルの方が断然上。

【第3位】 キューモニター
結局、良いサイトというのは、アンケートが頻繁で、ポイントがどんどん溜まるサイト。
そういうサイトは自然と名前を覚える。今ぱっと名前が浮かんだのは上記3つ。
他にも数え上げたら、僕は全部で10数個登録していたけど、あとのは名前がぱっと浮かんでこない…。

<ワースト> いずれもすでに退会済み。
【第1位】 Toluna
入会すると連日アンケートが届き、
中には長々と映像を見させられたりして手間のかかるものも多かったが、
散々回答させた挙げ句に「あなたは調査対象者に該当しませんでした」
と一方的にアンケートを打ち切られたりして(…唖然)、
1ヶ月間続けたが、その間のポイント付与は、なんと「ゼロ」。
外資系企業のようだが、設問に奇怪な日本語が踊ることもたびたび。
ダントツのワースト1。

【第2位】 楽天リサーチ
獲得したポイントは楽天でしか使えない。しかもポイント有効期間はわずか6ヶ月。
どれだけしみったれてるんだ…。
楽天で買い物をしない人にとっては、全く価値なし。

【第3位】 dimsdrive
ポイント付与ではなく、「抽選で○名様に○円分のギフトカードをプレゼント」という方式。
だいぶ前はそこそこ当選していたので悪くなかったが、登録末期は全く当たらなかった。
想像するに、会員母数・回答母数が増えたのに、当選者は増やさないからではないか。
小額でも確実に報酬が溜まる方が僕の好みなので退会。

もちろん、「ワースト」については、
そもそも登録しようとすら思わせない怪しげなサイトだってあるから、
これより酷いものも世の中にはいくらでもあると思う。