ゴルフタイムスの世界   Eagle Eye

ゴルフタイムス編集の古賀のイーグルアイは、焦点を外さないのが自慢です。面白くて、実践的で参考になる記事を提供したい。

PGA Championship , Southern hills の難しさ。日本選手の技術が追い付ない

2022-05-22 | 危うい日本のゴルフの世界

103 PGA Championship  

Joseph Gordon 

現地;GT /Press/ Correspondent /USA

3日目までの報告

日本選手には、技術が足りない。日本の代表選手でも、日本のコースで、甘いセッテイングで、常に財布を潤している選手が通用するような場所ではない。この大会は、オープン競技ではなく、全米オープンのような難しさはないと勝手に思っていたが、2022年、103回の全米プロ選手権は、並々なら協会の本意を表したサザンヒルズだといえる。勝利するために、自分は、プレーするのだと言い切ったタイガーは、負傷が癒えない今も、予選を通り、全方位型で勝負に出ている。この静かな英雄の闘志に、ギャラリーは、叫び、笑、嘆き、涙を抑えず、小雨でも微動だにしない。オクラホマがほこるメジャーの地、サザンヒルズは、全米シニアでも、ドイツのチェイカが勝利して、、ランガーに良き後継者だと言わしめた因縁のコースである。3日目は、小雨も落ちて、体感温度もしっかり下がった。半袖から、カーデイガンがいるほど、寒くなった。優勝候補の一人、コーリンモリカワも苦戦し、ジョンラームもオーバーをなかなかイーブンに戻せない。英樹は、落ち着いたプレーでアンダーに入れないジレンマを持ちながら、安定度を主軸にラウンドしている。実は、優勝候補の10位に、英樹は上がっていた。英樹が、神様と尊敬するタイガーさえも、苦戦中である。英樹の好敵手になると昨年のマスターズで言われたザラトリスが、9アンダーでトップ。トーマス、マキロイが線上を行くべく好戦して華々しい。鈴なりのギャラリーにマスクの人は誰もいない。ゴルフの人気は、衰えるどころか、ますます盛んになって難局の時代を潜り抜けそうだ。

いずれにしても、英樹を除いて、ここで戦える技術を持つ選手は、日本にはいない。
日本の選手が悪いので半句、:経験値を必要とするフィールドが、日本には存在しないのだ.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第2のメジャー、PGA Championship  19日から4日間 松山?

2022-05-18 | 危うい日本のゴルフの世界

GT /Press/ Correspondent /USA

Joseph Gordon 

THIS WEEK

PGA Championship

May 19 - 22

第2のメジヤー 始まる

50歳にしてこのメジャーを昨年制覇しphil ミケルソンは、タイガーとともに参戦といわれていたが、直前、不参加を宣言した。PGAツアーがリブゴルフ(グレッグノーマン主幹事)に反旗を翻して、リブツアーに出る選手にストップをかけてぎくしゃくしている中、フィルも巻き込まれた形で、権利のあるマスターズやPGA選手権の不参加を示したものである。足をかばいながら72ホールを消化したメジャー15勝のタイガーウッズは、二クラスにあと3勝と近づいて、PGA選手権に命を削って、ファンを引き付けてやまない。観衆も依然と同様に、入場を許可するので、メジャーらしい熱い戦いが観られるのは、間違いない。松山英樹が 調子を戻し、いい状態が続けば、2017年のような活躍はもちろん、勝利さえも。見えてくる。記者は、松山に相当な確率で、勝利のにおいがしてくるのを抑えきれない。全米オープンや全英オープンを控えて、まさにトッププレヤーは、最大の関門をまず通り抜けるエネルギーを発揮する日々の連続であろう。さあー、19日、明日より始まる世紀の戦いは、始まる。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

なぜ、ロシアは、現実の読みを誤ったのか❓ 検証する

2022-05-15 | 日本の未来

なぜ、ロシアは、現実の読みを誤ったのか

日本で得るニュースは、90%が西側よりであるため、理解不足が生じる可能性がある。今回は、NATO側とロシア側を比較考察するのではなく、情報整理としては世界をリードするロシアが、なぜ下手を打ってクルドサックに入りこんだか、その状況を解説する。

ロシアは、NATO側を軽く見たわけではないが、生活権の基礎であるガスは、ロシアパイプで欧州に送られている。NATOの中核であるドイツには、完全に生活権を危うくするガスのストップは、鬼門であり、ロシアには逆らえない情勢下にあるとロシアの首脳部は、考えていたのだろう。NATOの団結はありえないと解釈していたのだ。ところが、ウクライナがロシア侵攻をくい止め、犠牲を出しながら強い抵抗と戦線を強化しているところから、ヨーロッパ全域に反ロシア団結が出来上がり、隣のフィンランドですらスエーデンとともに、NATO加盟を申請するというロシアにとっては、考えてもいなかった情勢が起きている。その予想が掴めなかったのであろう。これもまた、ロシア首脳部、プーチン側の大きな判断誤りがあったのは間違いない。世界から見ても、経済動向が互いに停滞し活動が停止すれば、想像を超えた不況が来るのは、当然であろう。ロシアの読みの違いは、同盟関係に近い中国が一歩を足を引いて、ロシア側に寄り添った言葉は現在乖離している。このロシア侵攻によって、中国にとっては、台湾侵攻が近いと言われていたが、一歩下がった政策を考えざるを得ない状況になったといえる。ロシアのもうひとつの読みの間違いは、NATOをはじめウクライナを援助する各国家の軍事が、進歩していたという過程を読み切れなかった点にある。ウクライナの反転攻勢はサルジニー最高司令官が指摘するように、占領された地域を奪還している点から、ウクライナの軍事力を軽視していたロシアがある。

ロシアの読み違いは、大ロシアを普通のロシアにおとしめた重い侵攻のつけが回ってきて、NATOの全盛時代を迎えるかもしれない。核を使えば、勝利者も敗者もなく、世界は消滅、人類は終わりを告げる、まさに危険を超えた悪魔の戦争になってはならない世界がある。

                     日本時事新聞社

                      論説 委員  古賀剛大

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本人よりなお日本人である証人、ヘンリーストーク氏の他界

2022-04-22 | 日本の未来

日本人が言えない発言で、世界に示してくれたヘンリーストーク氏の他界  涙、とどめず

It is with deep sadness and regret that we announce the passing of veteran FCCJ Regular member, foreign correspondent and author Henry Scott Stokes at the age of 83 and after a lengthy period of illness.

 

Something of a legend in his time, Henry first came to Japan nearly sixty years ago in 1964 when he founded the Tokyo bureau of the Financial Times. which he headed until 1967 when he became bureau chief of The Times of London. He later went on to become Tokyo Bureau Chief of a third leading international newspaper, The New York Times, a position he occupied from 1978 to 1983.

 

Henry Johnstone Morland Scott-Stokes (to give him his full name) later went on to become a successful author with his best known book being "The life and death of Mishima Yukio" published in 1985. He also co-wrote "The Kwangju Uprising: An eyewitness press account of Korea's Tienamen" with Lee Jai Eui.

 

In a message informing the club of his father's passing, Harry Sugiyama Scott Stokes (a well known broadcaster and TV personality) referred to Henry as "my dear father, best mate and hero, Henry Johnstone Morland Scott-Stokes, former Tokyo Bureau Chief of the FT, The Times and The New York Times passed away peacefully in my mother's arms on Sunday morning, April 17th 2022." For now, added Harry "besides the pain and overwhelming grief, all I have for Henry is pure gratitude for being the best father I could ever have had."

 

Henry is survived by his son Harry and his widow Akiko.

 

A memorial event will be arranged shortly at the FCCJ.

 

Suvendrini Kakuchi

President,

FCCJ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ISPS Handa 国際試合の振興  日本、欧州 愈々、半田の理念 実行へ

2022-04-22 | 危うい日本のゴルフの世界

ISPS HANDA 国際化する日本における展開

 これはISPSの国際試合と日本ゴルフの発展をにふさわし多くの壁を破り、日本と欧州の合同運営の結晶を観るにふさわしいツアーが軌道を刻み始めた。多くの日本ゴルフ関係者が、欧米に劣らぬゴルフを企画し実践すべきだと口角泡を飛ばして議論してきた。取り組んだ組織は、燃焼することなくとん挫したのは、多くの厚い壁に阻まれて実行を成功させたのはない。

半田は、日本文化を世界的に広め、海外でも多くの選手を抱えるなど、その貢献は度を抜いて顕著である。半田無くして、事実上日本のゴルフが世界に認知されることはない。今年は、ウイルス影響あり、日本だけの試合をなったが、それでも多くの海外選手が集っている。半田がマスターズのように、PGAツアーのスケジュールに組み込まれていても、マスターズ委員会が独立的な存在で、主役を演じているを熟知しているゆえに期待できる。

半田は、熱い壁を貫通した試合で、国際化で世界標準に押し上げた貢献度は高く評価されていい。ゴルフ関係者は、襟を正して、欧米に劣らぬゴルフ発展を遂行しなければならない。組織の厚い壁の存在が希薄になるのではなく、同調性に重きを置き、未来の構築がなされなければならい。そのまとめを半田が指揮したことで、日本にもは正しい変革が現実のものとなる。20年遅滞した日本ゴルフの覚醒である。

                        The Golf Times

                        Senior writer    tj.koga

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Zurich Classic of New Orleans PGA唯一のペアマッチプレー選手権

2022-04-22 | 危うい日本のゴルフの世界

Zurich Classic of New Orleans 2022 

GT Foreign correspondent;Joseph Gordon

思い思いの選手とタッグを組んで160名の選手が集う。

黄金チーム、シャフレーレとカントレイのペア、トップを行く

ペア人気があるのは、アマチュア時代から、友人同士でコーリンモリカワとヴィクトルホブランド

コーリンが世界ランク2位でヴィクトルが5位にいて、若い二人のゴルフがどのように調和しながら戦いを進めるか興味がある。世界一のシェファラーは、ライアンパーマー、二人とも落ち着きがあり、好調ゆえに期待できる。キャメロンスミスは、同じオーストラリアのマークシュリーマンとペアで貫録を見せるか。イアンポールターとシェーンロリーもファイト満々で臨んでいる。自分と互いに気の合う選手、同国人の選手、あらゆる角度からプレーに支障きたすことなく、のびのびとプレーできる選手同士の息の合ったペア―がファイナルへ流れ込む

Watch PGA TOUR LIVE on ESPN+

                   

                   

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022 全米女子オープン at Pine Needles アニカ再登場に沸く

2022-04-17 | 危うい日本のゴルフの世界

アニカ 挑戦    日ごとに

進化と文化を創るUSGA

アニカは時の女王である。これくらい名前がゴルフファンに浸透している選手を記者は知らまい。

アニカの存在が、いかに大きいか、新人たちは、知らなければならない。引退後も、これまでジュニア教育をはじめ社会に貢献を続けているのに頭が下がる。

Annika Sorenstam will return to Pine Needles this June, where she captured the second of her three U.S. Women's Open titles. (USGA/Darren Carroll)

USGAの記事をそのまま掲載する。

U.S. Women's Open Home | Currently Exempt Players | Tickets

Annika Sorenstam has filed an entry as a fully exempt player for the 77th U.S. Women’s Open Championship Presented by ProMedica, which will be contested June 2-5 at Pine Needles Lodge & Golf Club in Southern Pines, N.C.

The three-time champion has competed in 15 U.S. Women’s Opens, most recently at Interlachen Country Club in 2008. She will return to Pine Needles Lodge & Golf Club, where she successfully defended her 1995 U.S. Women’s Open title with a six-stroke victory in 1996.

Sorenstam, 51, a native of Sweden, earned a place in the field by winning the 2021 U.S. Senior Women’s Open last Aug. 1 at Brooklawn Country Club in Fairfield, Conn., in her championship debut. The eight-stroke, wire-to-wire victory came just months after she competed in the LPGA Tour’s Gainbridge Classic at Lake Nona Golf & Country Club, 13 years removed from her most recent competitive start.

“I’m excited to have the opportunity to play in a U.S. Women’s Open again, especially with it being held at Pine Needles,” said Sorenstam. “I really never thought I would play in another one, but everything just sort of fell into place. Teeing it up in the greatest championship in women’s golf, at a venue that has so many incredible memories for me, and to be able to do so with my family means a lot to us. I’m sure Peggy Kirk Bell [World Golf Hall of Fame inductee and longtime Pine Needles owner] is looking down and smiling at how this all came together.” 

Sorenstam’s celebrated career includes 72 LPGA Tour titles, 10 major championship wins and eight LPGA Tour Player of the Year honors. Her professional career was jump-started by a come-from-behind, one-stroke victory in the 1995 U.S. Women’s Open at The Broadmoor. A year later, she successfully defended her title at Pine Needles with a six-stroke victory. Ten years later, her third U.S. Women’s Open win and final major title came in an 18-hole Monday playoff over Pat Hurst in 2006 at Newport Country Club.

The 2003 World Golf Hall of Fame inductee was elected president of the International Golf Federation in 2020. Sorenstam was the recipient of the 2012 Bob Jones Award, the USGA’s highest honor, which recognizes an individual who demonstrates spirit, personal character and respect for the game. Her time in recent years has been spent raising her two children, Ava and Will, with husband Mike McGee and participating in a variety of ventures to grow the game through her Annika Foundation.

For a limited time, fans can purchase two (2) good-any-day Daily Gallery tickets for this year’s U.S. Women’s Open and receive a special edition Annika Sorenstam bobblehead. The $96 special offer ends Monday, Feb. 28. For more information and to purchase tickets, visit uswomensopen.com.

Online entry applications for the U.S. Women’s Open opened on Feb. 16 and continue through Wednesday, April 6 at 5 p.m. EDT at champs.usga.org. The championship is open to female professionals and amateurs with a Handicap Index® not exceeding 2.4.

日本も予選会があり、代表してアメリカに挑む。詳細はゴルフタイムスにて

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウクライナにいてジャーナリストとして、真実を報道する姿に最敬礼

2022-04-16 | 日本の未来

愚かなる人間無視の戦争に怒りがおさまらない。

ウクライナのロシアが始めた戦争が、また激しくなってきた。命がけで報道の理念に徹するジャーナリストに敬意を表してコラムに掲載する。実戦さ中の国に入って活躍するジャーナリストは、しばしば犠牲になる。ウクライナの前線基地で、頑張りぬく日本人に衷心より敬意を表するものだ。命を大切にと送りだされて勇ましく現地入りをした各社のジャーナリストを心配せずにおれない。月並みの言葉で彼らを慰められるものではない。彼らの行動を高く評価すべきだと言いたいのだ。

                     日本時事新聞社 

                      論説委員

                      古賀剛大

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

現代は、宇宙時代というのに、戦争を止めないのか?

2022-04-16 | 日本の未来

現代は、宇宙時代に突入している。なぜ、この小さな地球で戦争が繰り広げらるのか。ロシアは、NATO 牽制の目的で、ウクライナにいまだに戦争を継続している。人類の歴史は浅い、戦いの連鎖で今日まで生き延びたのは、事実だが、現在にあって、戦争が拡大すれば、人間はあっというに滅びるのは常識である。核に手を出したら、それは、人間の終焉を意味する。いかなる理由があろうと、いかなる使命を帯びていても、人殺しには、間違いないだろう。ウクライナが何をしたというのだ。自分の陣地が侵されて黙っている民族はいないだろう。

さあ早直ちに戦争を止めよ。今

              日本時事新聞社

                     論説委員

                     古賀剛大

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Scottie Schefller 86 Masters winner

2022-04-15 | 危うい日本のゴルフの世界

ナイスガイ25歳の86代目、チャンピオン  

この強さには、いささか驚いた。今、絶好調のキャメロンスミスを2番までは、読めなったがシェファラーは、動揺することなく落ち着いて、それからのゴルフを王者のように、纏めていたのは、流石だ。

Photo;Masters/Augusta National 

86回目のマスターズ、デフデイングチャンピオンをとして参戦した松山英樹は、完璧な体調ではなくよく予選を通過し、健在ぶりを示した。記憶すべきは、タイガーが右足をかばいながら、黙々とプレーしたスポーツマンの鏡のようなポスチャーだった。

マクロイが勝てば、グランドスラム達成で応援団もかなりおおくいた。ファイナル72ホール目、三打目をバンカーからダイレクトインで6アンダーとして来年を期待させる神業であった。同伴選手のコーリンモリカワも全く同じ距離からダイレクトインを決め、パトロンたちのスタンデイングオベーション声援がフィールド中に広がった。まさに二人の奇跡がファイナルデイをあつくした。観るところは山ほどあって、4日間がアッという間に飛んでしまう。

マスターズ、永遠なれ

                 取材記者 古賀剛大

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする