好奇心全開!!林住期を遊ぶ

 林住期も下り坂に突入して、やっと命の不思議に目覚めたようね感じです。
 玄牝の門を敲きます。

『 虚仮の世も真は和する花野かな 』瘋癲老仁妄句zqr1809

2019-10-17 19:38:06 | 瘋癲老仁妄詩
★ 。・。・゜★ 瘋癲老仁妄句 ★ ゜・。・。★







★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。



★ 瘋癲老仁妄句zqr1809

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 虚仮の世も真は和する花野かな

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――






 > いつもただ我がふる里の花なれば 色もかわらず過ごし春かな   道元




 片隅に露の光るや蛍草   仁


 こころに花を相分かたんか




 > 形見とて何残すらむ春は花 夏ほととぎす秋はもみじ葉   良寛




 ここに今友と聞きたる虫の声   仁


 形見に寄りてこころ和するよ




 以下。 【 転載 】 です。

★ 瘋癲老仁妄詩111-01hsk02

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

 恍惚を秋の蝶より賜りぬ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





歳をとると、命力も自然力も衰えてくるのでしょうけれど、
 その分、人への思いや愛が溢れてくるようです。
 人恋しさかもしれませんね。
 あるいは知足や無為の豊かさかもしれません。

 溢れる愛は分かたなければなりません。

 なのに、歳をとるということは
 煙たがられ、疎まれることでもありますから、
 あんまり愛を分かつようなことはできなくなっていくんですね。
 お金はいくらやっても喜んでもらうのでしょうけれど、
そんなお金は、かなしいかな、持ち合わせていませんしね・・・
 溢れるものは、愛しかないんです。

 けれど、愛は、もうたくさん、とお断りされるんですよ。
 こちらは無償のつもりなのに、
 セクハラに受け止められることもあるんですね。

 老仁の世界は、
 だんだん狭められていくばかりなんでしょうね・・・


 でも、老仁は、不滅の世界を持つことができたんですよ。
 妄詩の世界で、
 自由に、過去現在未来を往来できる時空を所有したんです。
 人はバーチャルと笑うのでしょうけれど、
 現実だけがリアリティを持つものではありません。
 今の私にとって、
 過ぎ去った過去も、
 未だ来ぬ未来も、今という時、私というわたしの内部で、今を構成する重要なファクターなんです。今も、わたしも、単なる現象ではなく、一つの時空としての総合なんですね。
 今の私は、その総合的な時空の内部の、ひとつの私の選択なんです。
 選択された私が全てではありません。
 ひとつの現れに過ぎません。
 だからこそ、このひとつの表れが、面白いし、愛おしいんです。

 どんな老仁を表すか・・・
 ワクワクしますね。

 そのどの時空のわたしを選択することも自由なんですから、
 いつでも、わくわくしながら、私というひとつの現象を遊ぶことができるんです。

 知足も無為も、自在ということとつながっているんですね。


 



★ 瘋癲老仁妄歌26-04

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

 愛すれど届かぬ愛を抱きしよ

 益にも害にもならぬが哀し


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





 以上、 【 転載 】 おわり






★ 瘋癲老仁妄歌26-05

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

愛すれば愛するほどに疎まるる

 加齢を超えて夢を遊ばん


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






> 春風に吾が言葉の散ぬるを 花の歌とや人のながめん   道元




 秋風や言葉の影に面目坊   仁


 朽葉は風に吹かれて落ちる




 >  世の中に 真の人や なかるらん 限も見えぬ 大空の色   道元









 虚仮の世も真は和する花野かな   仁


 清風人の心吹き抜く







★ ゜・。・。 ★ 青柳仁リンク ★ ゜・。・。 ★




★★★ 物真似575夏zqv0505『 めぐり逢うことさえ夢のほととぎす 』 へどうぞ!!! ★★★


★★★ 妄恋575交心zws0303『 繰り返す墜落の夢天の川 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜ ★ そのまんま575で交心 ★ ゜・。・。 ★


コメント   この記事についてブログを書く
« 『 ゆるやかに燃える没り陽... | トップ | フォトTAO575『 愛の火は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

瘋癲老仁妄詩」カテゴリの最新記事