好奇心全開!!遊行期を遊ぶ

 遊行期も今から上り坂、やっと命の不思議に目覚めたような感じです。
 玄牝の門を敲きます。

『 ほとけの坐触れ合ふて知る縁かな 』めぐり逢い良寛さんzqw2101

2021-08-10 11:28:42 | 良寛さんを遊ぶ
★ ゚゚・。・。・゚゚ .^♥^. めぐり逢い良寛さん .^♥^. ゚゚・。・。・゚゚ ★













★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。







*♥* めぐり逢い良寛さんzqw2101


――★♥★―――――――――――――――★♥★――


ほとけの坐触れ合ふて知る縁かな


――★♥★―――――――――――――――★♥★――






 貞心尼001 これぞこの ほとけの道に 遊びつつ つくやつきせぬ みのりなるらむ   


 貞心尼さんからこんな相聞の歌をもらった良寛さんの心は、どんな風に受け止めていくのでしょうね・・・
 悟達の人良寛さんですから、水のように受け容れて、
 風のように流していくのでしょうね。
 それでいて、光のように道を照らしてくれるのでしょうね。



 普通なら、そうなるはずだったのでしょうけれど、
 貞心尼さんは、そうはなりません。
 普通じゃなかったんでしょうか・・・



 貞心尼さんも、良寛さんも、並を外れていたんでしょうね・・・





 どんな風に並はずれていたのでしょうか・・・凡仁の想定外ですけれど、凡仁風に、凡の領野から想定してみるのも面白いかもしれません。



 五合庵で独り暮らしをしている良寛さんは、世俗を超越しているには違いありませんけれど、超越すればするほど、孤独が耐え難いものになっていくのではないでしょうか・・・孤独でいる必要もないのに、どうして独りでいるんだろうね。かといって、世俗のつき合いは、もう飽いたし、大人の利己心や邪気が見えすぎるから、そんな大人とは、もうつき合いたくないよ。そうだな、子どもとなら、いつでも、どこでも、遊べるね。邪気も頓着もない子どもは大好きなんだよ。

 そうだな、子どもと無邪気に遊べる人は大好きだね。孤独を共有できる人だからね。さびしさがわかる人だからね。



 さびしさがわかる人と語り合いたいものだね・・・





 良寛歌 1005 山里のさびしさなくば殊更に来ませる君に何をあへまし



 五合庵の孤独を噛みしめている中で、阿部定珍さんに贈った歌だそうです。
 さびしくて、さびしくて、たまらなくなっているのでしょうね。けれど、このさびしさが、また、良寛さんは、大好きなんでしょう。


 誰か、こんなさびしさを、私と同じように、大好きで、しみじみと味わえる人はいないものかね。そんな人がいたら、この山里へ、遊びに来ておくれよ。語り合えればうれしいし、語り合わなくても、心を分かち合えるととても幸せだよ。



 きっと、良寛さんは、孤独の心に渇いていたのでしょうね・・・



 そんなさびしさや孤独の心を癒す時空を、良寛さんは、創りだしていきます。





行灯の前に読書する図に

 良寛歌 0869 世の中にまじらぬとにはあらねどもひとり遊びぞわれはまされる





 良寛さんのひとり遊びの時空です。


 この良寛さんの渇いた孤独の心と、ひとり遊びの時空を満たすものとして、
 貞心尼さんは、運命的に、良寛さんの夢の時空に、湧出してきたんですね。
 
 













★ 。。・。・゚・。・。 ★ 写真 花日記 ★ 。・。・゚・。・。。 ★








PHOTO 01





PHOTO 02





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。






PHOTO 03













★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

俳句・短歌ランキング
★ ありがとうございます。






★ ゚゚゚゚・。・。・゚゚ .^♥^. 青柳仁リンク .^♥^. ゚゚・。・。・゚゚゚゚ ★





★★★ めぐり逢い良寛さんzbw0201『 汚れなき束の間畏る白木蓮 』tq11401 へどうぞ!!! ★★★
 




★★★ 徒然575交心tx3001『 娘の心映し艶めく紫木蓮 』 へどうぞ!!! ★★★





♪♪♪ http://ryokan23.yoka-yoka.jp/e1197047.html








★ ゚゚・。・゚゚ .*♥*. そのまんま575で交心 .*♥*. ゚゚・。・゚゚ ★







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『 「ただいま」のこころが心熱くする 』めぐり逢い良寛さんzqw1502

2021-08-03 22:49:22 | 良寛さんを遊ぶ
★ ゚゚・。・。・゚゚ .^♥^. めぐり逢い良寛さん .^♥^. ゚゚・。・。・゚゚ ★





 





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。








 在りし日と今ここ会いぬ春の宵   仁


 艶めきもわく懶き心





 たゆとうて山のあざみを摘みし日よ   仁


 失われたる時の声降る





★★★ 『 「ただいま」のこころが心を熱くする 』 ★ 良寛の恋00102z08x0315 よりの【 転載 】
♪♪♪ http//shashin-haiku.jp/node/2990 ×    仁










*♥* めぐり逢い良寛さんzqw1502


――★♥★―――――――――――――――★♥★――


「ただいま」のこころが心熱くする


――★♥★―――――――――――――――★♥★――




★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。





★★★ 『 幻視する愛の彼方に散る桜 』良寛の恋00101 へどうぞ!!! ★★★
♪♪♪ http//shashin-haiku.jp/node/2989 ×    仁

 に、雪呼さんから、コメントいただきました。


 故郷で、良寛さんがどう受け容れられているかを実感させてくれる心をもらいました。
 やわらかい心、開かれた心、つながり合う心・・・
 良寛さんに、そんな心を感じていましたが、良寛さん関連の本を一冊も読んだことがないんです。それくらい、本の世界から遠離っていたんですね。



 昨日、書店で、呼び止められて、巡り会ったのが工藤美代子さんの『良寛の恋』。
 何だか、巡り会うべくして巡り会った本、という感じで、
 少し、読み込んでみようと思っているところです。

 もう、30年くらい、本を一冊、読み上げた覚えがありません。
 拾い読みが癖になってしまったのでした。

 青年期に読み上げるつもりで購入した全集がかなり、書棚に眠っています。

 そろそろ読み始めようかなぁと思っていました。
 一休集。吉田松陰全集。賢治全集。


 けれど、突然、良寛さんが、流れ込んできたのでした。
 瘋癲老仁妄詩の流れでは、
 良寛さんが、入り口なのでしょうね・・・



 やわらかい心と熱い魂。
 老仁の良寛さんは、そんな人でした。

 やわらかい心が、無知な老仁でも知っている良寛さんの一般的なイメージなのでしょうか・・・伝記も歌も読んだことはないのに、不思議に、良寛さんは、イメージがいいんですよね。一休さんと同じくらい、大衆的なんでしょうね。
 内実は、とんでもない高僧なのでしょう。近寄りがたい悟道の人なんでしょう。


 愚仁には、悟道の人は理解不能だし、到達不能だから、学びの外の人なんです。
 けれど、一休さんも、良寛さんも、なぜか庶民的だから、そこのやわらかさは、学びの内の人なんですよ。愚仁でも真似できるものがあるように思えるのです。


 愚仁でも学べる良寛さんを探してみようと思い立ちました。


 雪呼さんが、良寛さんに「ただいま~」と挨拶したという心が、そんな愚仁でも真似できる良寛さんの存在を証かしてくれているように感じます。



 貞心尼さんも、「ただいま~」というこころで良寛さんに親しみを覚えたのでしょうか・・・良寛さんの求道の厳しさを知りながらも、現れとしての良寛さんは、やわらかい心の持ち主であった。だから、「ただいま~」のこころで、全幅の信頼を持ち、心を開いていけたんでしょう。
 その開かれた心の無防備さに、そして求道の心と歌詠みに、良寛さんは、心を熱くしていくんですね。きっと、良寛さんは、人生の末期に、仏の使いとして差し向けられた再生される自分の分身として、貞心尼さんに夢を見たのではないだろうか・・・それは、良寛さんの幻視する愛へと昇華されていくのではないだろうか・・・良寛さんの創造的人間への回帰です。



 この妄想は、青年時代に、虚構の彷徨をしていた頃の残滓です。
 長い間忘失していた良寛さんの妄想像を、今、蘇らせてしまいました。


 『良寛の恋』を読んで、妄詩の中の良寛さんに出会って見たくなっているんです。良寛さんまで、瘋癲老仁妄詩の素材にしてしまうのですけれど、ちょっと、不遜な気もしているんです・・・





★★★ 『 回帰する心を明日香に遊ばせて万葉の恋手繰り寄せけり 』老仁の万葉の恋001-01 へどうぞ!!! ♪♪♪
♪♪♪  http//manyonokoi23.kitaguni.tv/e496621.html ×





 。。。 ≪ 雪呼さん、良寛さんゆかりの越後なんですね。
 「長岡駅で良寛様に「ただいま~♪」ってご挨拶しました」というくらい良寛さんは、親しい人だということに、老仁、感銘しました。
 「ただいま~」は、大好きな言葉なんです。



☆☆☆ 『 ただいまと 良寛様に ご挨拶 』 by 雪呼 へどうぞ!!! ☆☆☆
♭♭♭  http//tobimama.shashin-haiku.jp/e15918.html ×





 1年2組の授業、大好きでした。
 挨拶がいいし、青年たちの心が開いているんです。いつの頃からか、このクラスの教室に入っていくとき、「ただ今!」と言って入るんです。青年たちが、「お帰り!」と迎えてくれるんですよ。
 「ただいま~♪」には、そんな親しみや、安堵感があるんですね。故郷の居心地の良さなのでしょうね。

 良寛さんにも、そんな故郷の安堵感を与えてくれるものがあるのでしょうね・・・



 老仁も、そんな良寛さんの故郷を訪れたくなりました。
 九州からは、すこし、遠すぎます。それでも、行きたいところになりました。

 雪呼さん、お暇なときに、いろいろ、良寛さんのこと、教えてくださいね。
 よろしくお願いします。 ≫ 。。。
















★ 。。・。・゚・。・。 ★ 写真 日記 ★ 。・。・゚・。・。。 ★









PHOTO 01





PHOTO 02




★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。









PHOTO 03





PHOTO 04






PHOTO 05









★ ゚゚゚゚・。・。・゚゚ .^♥^. 青柳仁リンク .^♥^. ゚゚・。・。・゚゚゚゚ ★





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

俳句・短歌ランキング
★ ありがとうございます。





★★★ フォト花575交心zrw2501『 少年を野に放たんか花薊 』 へどうぞ!!! ★★★





★★★ 『 春の雷妄詩の愛を砕きけり 』瘋癲老仁妄詩300-03 へどうぞ!!! ★★★
 




★★★ 優游575交心yxw1102『 雪割草大地の声に連なりぬ 』 へどうぞ!!! ★★★
 





★ ゚゚・。・゚゚ .*♥*. そのまんま575で交心 .*♥*. ゚゚・。・゚゚ ★










コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『 美しく歓喜を生きる夏の夢 』良寛さんとあそぶyyt0801

2021-06-13 20:20:45 | 良寛さんを遊ぶ
❤ ゜゜・。・。・ ゜ .^♡^. 良寛さんとあそぶ .^♡^. ゜・。・。・ ゜゜❤
















★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。


写真俳句ランキング

★ ありがとうございます。





❤ 良寛さんとあそぶyyt0801


――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――


美しく歓喜を生きる夏の夢


――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――





 > どんな人の中にも
 男性素質と女性素質がある。

 自分の中の雄々しさを知って
 さらに優しさと柔らかさを守れば
 きみは天下の谷のように
 何でも受け容れる存在になる。
 谷水のようなパワーを湛えて
 タオの母とつながる赤ん坊となる。
 君の中にある白くて清いものを
 意識しつつ、
 黒く汚れたものとともに居る。
 そういう在り方こそ
 この世の生き方の手本なんだよ。   。。。加島祥造『タオ』p078





 万緑や陰陽合わせ駆け巡る   仁


 昨日も明日も吾空の中




 以下、 【 再録 】 です。











 風の吹くままにBLOGの辿り直しを遊んでいます。
 そしたら、



★★★ 『 露草に潰えし夢の雫載せ 』瘋癲老仁妄詩053-01zqt0510z08v0510 へどうぞ!!! ★★★




 にも、同じように、辿り直しをしているのでした。
 そのまんま575で交心が途絶えて、退屈していたのでしょうね。・・・


 でも、それでは、今も、退屈しているのかといえば、ちっとも退屈していないのです。することもしたいこともいっぱいあるんです。それじゃぁ、どうして、過去の交心日記など辿り直すのでしょう。


 過去も未来も今とここ。


 己を知るということに関すれば、どの己を取っても、今とここの己を知る鏡になるんです。





 > 首を回らせば、五十有余年、
 人間の是非は、一夢の中。
 山房五月、黄梅の雨、
 半夜蕭々として、虚窓に灑ぐ。



 良寛さんが五合庵を出て乙子神社の庵に移る頃書いた詩です。
 良寛さんの己を知るなのでしょう。


 従容と、しかも歓喜の内に、死を迎える準備をしているのでしょうか。
 古人も皆死に際に遺偈というものを遺している。それが禅僧としての到達点を開示してくれるものになるのでしょうか。何もかも超越して捨ててきた良寛さんですけれど、遺偈には拘ってきたようです。

 いつ死んでもおかしくはなかったし、どんな死に方をしても従容と受け容れていたのでしょうけれど、運良く生き存えてきたのですね。



 もう求めるものは何もない。
 只管打坐あるのみです。
 作法を守って姿勢正しく、一つひとつを丁寧に生きていたといいます。


 独りで生きていくことに丁寧であれば、あとは、人といる時は、楽しく、喜んで生きるのがいいですね。良寛さんはやっぱり遊びの達人だったのでしょうね。何でも、本気になって、夢中になって、遊べたんです。
 エピキュリアン良寛さんがいます。


 良寛さんは文学少年栄蔵を最後まで夢中になって遊んだようです。




 <人間の是非は、一夢の中>なのだから、夢中になれるものがあれば夢中になるのがいちばんHappyなことなのだろうと思います。夢中になってHappyになればいいのです。ただそれだけのことなんです。


 ただそれだけのこととして、老仁は、いつも、夢中になって、辿り直しを楽しんでいるようです。

 辿り直しも、幻視する愛の妄想も、遊行時空の歓喜する己なんです。





 露草や愚仁のままで観自在   仁


 見えるまんまに真偽は問わず





 良寛さんの遺偈は良寛さんの蘊蓄の総決算のようなものなのでしょう。
 無知無才凡愚老仁は、愚仁のままで、小さな世界の、けれど大好きな世界を自遊に駆け回って、歓喜し、十分自足してHappyです。

 転た寝恍惚老仁ですけれど、Happyです。



 日がな一日、露草や路傍の草を眺めながら、恍惚至福の時を遊泳して一夢と消えていくことができますように。





 美しく歓喜を生きる夏の夢   仁


 是非を問わねば物皆美し





❤ 良寛さんとあそぶzrp1704

――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――

露草や愚仁のままで観自在

――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

俳句・短歌ランキング
★ ありがとうございます。






★★★ 『 一隅を照らす力も失せゆけりなれど心はまだ蠢きぬ 』★瘋癲老仁妄詩5302z07q091702 へどうぞ!!! ★★★




 以上、【 再録 】 です。 




 > 名は無名から湧き出で
 根源へと沈み込んで、還って
 再び無名となる
 生は死から湧き起こり
 ふたたび死へ移行する
 こころにとどめるべきごく基本的なことは
 これら反対同士は反対ではない
 それらは互いに補い合うものだということだ
 死は生に対立するものではない
 非存在は存在に対立するものじゃない
 非実存は実存に対立するものじゃない
 それらはあらゆる理解を超えた同じ現象のふたつの対極にほかならないのだ   。。。パグワン『TAO』p369






 死が逃げて妄句に戻る朱夏の夜   仁


 麦田は刈られ鋤き起こさるゝ





 生も死も凡愚の夢よ百日紅   仁


 時には妙味時には妙見







★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。








❤ ゚゚゚..*♥*.. ゜゜゜ .^♡^. 青柳仁リンク .^♡^. ゜゜゚..*♥*.. ゚゚゚ ❤





★★★ 『 春の雷妄詩の愛を砕きけり 』瘋癲老仁妄詩300z03z0rx0403 へどうぞ!!! ★★★





★★★ 良寛さんとあそぶyyq2505『 露草の今ここの色深まりぬ 』 へどうぞ!!! ★★★




♪♪♪ http://manyojin23.hatenablog.com/entry/2020/07/20/191312






★ ゚゚・・*♥*・・ .❤.そのまんま575で交心.❤. ・・*♥*・・゚゜★






★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

俳句・短歌ランキング
★ ありがとうございます。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『 汚れなき束の間畏る白木蓮 』良寛さんとあそぶzqv0201

2021-06-03 14:49:47 | 良寛さんを遊ぶ
❤ ゚゚゚・。・。・゚゚ .^♡^. 良寛さんとあそぶ .^♡^. ゚゚・。・。・゚゚゚ ❤












★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。


写真俳句ランキング

★ ありがとうございます。





❤ 良寛さんとあそぶzqv0201


――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――


汚れなき束の間畏る白木蓮


――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――





 雪呼さんの 『 木蓮の花 』 をネット吟行してきました。





 こんなにも純真に、
 素直に、
 大空に向かって花開いている白木蓮を見たことがあっただろうか・・・と思うほど、その白さに撃たれました。
 白に畏れを抱きました。



 命の源泉で生きるとき、この純白を感じることができるのかもしれません。
 そして、この白の畏れを抱いて、想う人は、マグダラのマリアさんです。
 なぜだか、命の源泉で、純白になった人だと想ったことが、昔あったんです。それ以来、その思いは深くなるばかりでした。


 だから、イエスさんも、マグダラのマリアさんを愛したんでしょう。
 だから、イエスさんは、マグダラのマリアさんに、癒されたのでしょう。




 とすると、良寛さんが愛した貞心尼さんは、ここまで純白だったのでしょうか・・・
 似たような境涯を感じることはできますけれど、
 貞心尼さんは、もっと、真っ赤な炎を感じます。
 熱い血が、どくどく流れ出しているようです。




 マグダラのマリアさんは、母を生きた人。
 イエスさんだって、マグダラのマリアさんの腕の中で、嬰児のように眠ったのではないでしょうか。




 貞心尼さんは、女そのものを生きた人。
 良寛さんは、貞心尼さんの炎に焼き滅ぼされたのかもしれません。





★★★ 『 マグダラのマリアも遊ぶ銀河郷 』瘋癲老仁妄詩 7003 へどうぞ!!! ★★★
 




 それでも、
 やっぱり、
 マグダラのマリアさんも、
 貞心尼さんも、
 白木蓮さんのように、
 畏れます。




 地獄を潜り抜けた純白を観るんでしょうね。





 ★ そのまんま短歌で交心004-01

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

瞬きの間に現れる聖女なれ 生きる地獄の尽きることなし

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





 以上、
★★★ 『 汚れなき束の間畏る白木蓮 』ネット吟行042zb01 よりの転載です。  ★★★







★ ゚゚。・♣・。゚゚・。。・゚・。。・。・゚゚。・♣・゚゚ ★





*♥* 良寛さんとあそぶyvp1406

――★♥★―――――――――――――――★♥★――

酔芙蓉酔うて燃えたし念帰命

――★♥★―――――――――――――――★♥★――





 BLOGが消滅して、また再生させてもらいましたが、その失われた時の足跡を辿り直して回想遊びをしている内に、回想遊びも言葉あそび交心の一つの領域だと思うようになりました。


 ぼくのBLOG日記はほとんどみなさんとの交心によって成り立つものですけれど、交心がない日は、日記の言葉あそびがはじまりませんので、自分自身の足跡と交心するのも面白くなってきたのです。
 ランボーさんの真似をしていえば、ぼくも一人の他者なんですから。


 ぼくという他者と交心するのも面白くなってくるのかもしれません。実際過去の日記を読んでいると覚えていることはほとんどありませんので、やっぱりその足跡辿りのぼくは他者なのにちがいありません。あるいはぼくというのは、所詮、状況の偶然に左右されて現象した蜃気楼みたいなものでしょうから、その状況の把握を別のものに転化したら別のぼくが現象していたのでしょう。現象は色即是空で、実存は空即是色するでしょう。


 だから、別の状況把握を設定して、もう一人の現象しえたはずのぼくを言葉あそびで再生して楽しむのです。捏造されたもう一人のぼくの目で、今世を観てみたら、どんな風に観えるかを遊ぶのも面白くなるでしょう。


 実存の非連続性を理念に合一させようとすれば自己実現の夢が創造されるでしょうし、実存の非連続性を一瞬一生として燃焼すれば、桃仙峡の仙人を遊泳できるでしょう。

 命の自然はエロスの燃焼だとすれば、遊行期に入る人生の終焉にこそ自遊自在に三昧できるタオイックラブの地平を遊泳することができるのではないかと、言葉あそびの入り口に立っただけでも、湧く湧く心躍るのを感じます。



 そういう空想の楽しみで、良寛さんとの巡り逢いの日々を辿り直して、もう一度真似良寛さんを遊んで楽しみにしたいと念います。


 雪呼さん、再録のご寛容いただけるとHappyです。
 よろしくお願いします。





 曼珠沙華辿り直せば相変わる   仁


 同じ花瓶も目の位置次第





 酔芙蓉酔うて燃えたし念帰命   仁


 独りさ故の共振あらんか






★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。







❤ ゚゚゚..*♥*.. ゚゚゚♥゚゚゚ .^♡^. 青柳仁リンク .^♡^. ゚゚゚♥゚゚゚..*♥*.. ゚゚゚ ❤
 


★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

俳句・短歌ランキング
★ ありがとうございます。







★★★ めぐり逢い良寛さんhrx1502『 「ただいま」のこころが心を熱くする 』 へどうぞ!!! ★★★




★★★ 一休さんをあそぶ575yxr0201『 翻りもっと生きよと夏の蝶 』 へどうぞ!!! ★★★





★ ゚゚・・*♥*・・ .❤.そのまんま575で交心.❤. ・・*♥*・・゚゚ ★






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『 いとけなき銀河の精に魂抜かる 』良寛さんとあそぶyyy2506

2021-05-01 00:40:03 | 良寛さんを遊ぶ
❤ ゚゚゚・。・。・゚゚ .^♡^. 良寛さんとあそぶ .^♡^. ゚゚・。・。・゚゚゚ ❤











★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。


写真俳句ランキング

★ ありがとうございます。





❤ 良寛さんとあそぶyyy2506


――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――


いとけなき銀河の精に魂抜かる


――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――





 一人さん、交心ありがとうございます。


 老仁もすっかり虜になってしまいました。
 こんな女性に巡り会ったら命三つくらい捧げますよ。





 いとけなき銀河の精に魂抜かる   仁


 良寛坊の至福もかくや






★ 良寛さんの歌を遊ぶ1124-07yyy25

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

  良寛の恋は織女に命懸け

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





 一人さん、折り返しの交心ありがとうございます。

 凡愚老仁にはとんと美意識のセンスはなくて、存在はみな美しいと感受する妄恋幻想瘋癲老仁なんですよ。ウジ虫にでも恋をする幻想屋ですから、センス破壊されていますけれど、瘋癲老仁の瘋癲ぶりは、今気がついたのですけれど、ロリコンなのかもしれません。

 ひょっとして、一人さんの幻境にもロリータさんたちが舞い踊っているのかもしれませんね。


 一人さんの魂の白の世界に舞う幻影は妖精さんしかないような気もしますけれど・・・





 良寛の恋は織女に命懸け   仁


 夜な夜な銀河踊り渡りき





 老仁の少年時の夢は妖精さんたちと遊ぶことでしたから・・・つまりは現実の恋には絶望していたんですよ。
 その夢は今でも瘋癲老仁の妄恋玄狂の風をふかせてくれていますけれど。





 盆踊り織女と化身良寛坊   仁


 身魂一如人は皆星




★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

俳句・短歌ランキング
★ ありがとうございます。





★★★ フォト都々逸で交心yyy2002『 冬銀河肌のぬくもりあればいい 』 への交心です。 ★★★
 












★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。










❤ ゚゚゚..*♥*.. ゚゚゚♥゚゚ .^♡^. 青柳仁リンク .^♡^. ゚゚♥゚゚゚..*♥*.. ゚゚゚ ❤





★★★ 筑紫風交心zsx3108『 雪柳ほのほとめきの彩染めて 』  へどうぞ!!! ★★★






★★★ 良寛さんの歌1124-02『 みちのしり越の浦波たちかへりたち返りみるおのがおこなひ 』yyy08 へどうぞ!!! ★★★







★ ゚゚・・*♥*・・ .❤.そのまんま575で交心.❤. ・・*♥*・・゚゚ ★


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『 いとけなき銀河の精に魂抜かる 』良寛さんとあそぶyyf2506

2021-04-11 03:19:08 | 良寛さんを遊ぶ
❤ ゚゚゚・。・。・゚゚ .^♡^. 良寛さんとあそぶ .^♡^. ゚゚・。・。・゚゚゚ ❤






.




★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。


写真俳句ランキング

★ ありがとうございます。






❤ 良寛さんとあそぶyyf2506


――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――


いとけなき銀河の精に魂抜かる


――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――








 一人さん、ありがとうございます。

 老仁もすっかり虜になってしまいました。
 こんな女性に巡り会ったら命三つくらい捧げますよ。




 いとけなき銀河の精に魂抜かる   仁


 良寛坊の至福もかくや    仁






❤ 良寛さんとあそぶyyf2508


――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――


盆踊り織女と化身良寛坊


――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

俳句・短歌ランキング
★ ありがとうございます。





 一人さん、折り返しの交心ありがとうございます。
 凡愚老仁にはとんと美意識のセンスはなくて、存在はみな美しいと感受する妄恋幻想瘋癲老仁なんですよ。ウジ虫にでも恋をする幻想屋ですからセンス破壊されていますけれど、瘋癲老仁の瘋癲ぶりは、今気がついたのですけれど、ロリコンなのかもしれません。

 ひょっとして、一人さんの幻境にもロリータさんたちが舞い踊っているのかもしれませんね。
 魂の白の世界に舞う幻影は妖精さんしかないような気もしますけれど・・・





 良寛の恋は織女に命懸け   仁


 夜な夜な銀河踊り渡りき





 老仁の少年時の夢は妖精さんたちと遊ぶことでしたから・・・つまりは現実の恋には絶望していたんですよ。

 その夢は今でも瘋癲老仁の妄恋玄狂の風をふかせてくれていますけれど。





 盆踊り織女と化身良寛坊   仁


 身魂一如人は皆星





★★★ フォト都々逸で交心yyf2002『 冬銀河肌のぬくもりあればいい 』 への交心です。 ★★★
 







★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。







❤ ゚゚゚..*♥*.. ゚゚゚♥゚゚ .^♡^. 青柳仁リンク .^♡^. ゚゚♥゚゚゚..*♥*.. ゚゚゚ ❤
 




★★★ 良寛さんとあそぶzqq2006『 酔芙蓉悟れば空即是色なる 』 へどうぞ!!! ★★★




★★★ 瘋癲老仁妄句yps0306『 万緑や陰陽合わせ駆け巡る 』 へどうぞ!!! ★★★






★ ゚゚・・*♥*・・ .❤.そのまんま575で交心.❤. ・・*♥*・・゚゚ ★



 


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『 菫草月も色香に染まりゆけ 』良寛さんとあそぶyyt0601

2021-04-01 21:58:38 | 良寛さんを遊ぶ
❤ ゚゚゚・。・。・゚゚ .^♡^. 良寛さんとあそぶ .^♡^. ゚゚・。・。・゚゚゚ ❤












★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。


写真俳句ランキング

★ ありがとうございます。













★ 良寛の歌0145x11v0506

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

すみれ草咲きたる野辺に宿りせむ

わが衣手に染まば染むとも


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 あぁ、やっと、光の春になったよ。
 野辺にはあちらこちらに雪割草の花が咲きほこっている。
 その雪割草の花の褥に一夜泊まりたいものだ。
 花の色も香も衣に沁みるなら沁みてもいいよ。
 わたしは身も心も削ぎ落として優游雪割草の中で睡りたいのだよ。




 なりきり良寛さんは、無心になって、雪割草になってしまうんですね。
 雪割草になると、身も心も脱落していますから、命は自然の中に混じり込んで、もう自然と渾然一体になるのでしょう。


 雪割草も、寄り来る蝶も、そよぐ風も、埃を落とす雨も、それぞれが仏の現れなんです。時を共にすることは命を響き合わせることなんですね。命は響き合うことで、一体化していくのですね。響き合う命の歓喜が愛なのでしょう。


 友が遊びに来たら、喜んで一夜語り明かすように、良寛さんは雪割草の花の中で、命に歓喜して、命たちと語り明かして遊ぶのでしょうね。





 花と寝て蜜の甘さの夏の酔   仁










❤ 良寛さんとあそぶ0145yyt0601


――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――


菫草月も色香に染まりゆけ


――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――





★★★ 『 風光る速すぎる時の流れかな 』交心俳句339-01zpv1201 よりの【 転載 】です。 ★★★






★ 良寛の歌交心0145zpv12

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

すみれ草咲きたる野辺に宿りせむ わが衣手に染まば染むとも

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





 。。。
「すみれ草 咲きたる野辺に 宿りせむ 我が衣手(ころもで)に  染(し)まば染(し)むとも」
 良寛とほぼ同世代を過ごした上杉篤興(あつおき)の良寛歌集「木端(このは)集」に含まれている。
 野辺の花は実に美しい、あの花の上に泊まってみたいものだなあ、
 たとえ袖に色が染み付こうとも。(全国良寛会)
。。。



 雪割草は、越後が本場の花なのでしょうか。
 菫草(すみれくさ)は雪割草のことだとは知りませんでした。
 雪呼さんも、雪割草の花のことをスミレグサと呼んでいますか?
 

 雪割草だとすると、この良寛さんの歌もいっそう鮮やかになりますね。
 雪の溶けたばかりの野に、色鮮やかに、そして可憐に、雪割草さんが咲き乱れています。その雪割草の群生の中に野宿したいと思う良寛さんは、ほんとうに無邪気ですね。真っ白の僧衣も、雪割草の色が滲んで染まってしまうだろうけれど、ままよ、染まるなら染まるがいい。わたしは雪割草浄土でゆっくりと眠りたいのだよ。
 まるで夢見る少年の良寛さんがいます。


 こんな良寛さんを真似して生きたいですね。





 身も心も色に染まれや菫草   仁





 先日、雪割草さんとオオミスミソウさんを買ってきて、植えました。
 同じようだと思いながらも、違った名前で出ていましたので、色もピンクと紫で違っていたので、二つ買いました。


 今日、検索で知ったのですけれど、オオミスミソウというのも雪割草のことだそうですね。葉がクローバのように三つに割れているから大三角草と呼ぶんだそうです。
 英語では、葉のハート型より、「Liver leaf(肝臓の葉)」と呼ぶそうです。





★★★ 『 双葉よりたちのぼりける幻よ 』交心俳句338-01 へどうぞ!!! ★★★










★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。











★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

俳句・短歌ランキング
★ ありがとうございます。





❤ ゚゚゚..*♥*.. ゚゚゚♥゚゚ .^♡^. 青柳仁リンク .^♡^. ゚゚♥゚゚゚..*♥*.. ゚゚゚ ❤





★★★ 『 かく逢いて蜜の標に迷いけり  』愛呼飛翔1007-02zqt05 へどうぞ!!! ★★★





★★★ 良寛さんとあそぶyyt0801『 美しく歓喜を生きる夏の夢 』 へどうぞ!!! ★★★


★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。





★★★ 『 酔芙蓉独り根源へ降りていく 』★瘋癲老仁妄詩66-01 へどうぞ!!! ★★★






★ ゚゚・・*♥*・・ .❤.そのまんま575で交心.❤. ・・*♥*・・゚゚ ★









コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『 有明の月の光に観る愛語 』めぐり逢い良寛さんzqr3101

2020-12-05 16:23:28 | 良寛さんを遊ぶ
★ ゜゜・。・。・ ゜ .^♥^. めぐり逢い良寛さん .^♥^. ゜・。・。・ ゜゜ ★





 





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。






*♥* めぐり逢い良寛さんzqr3101


――★♥★―――――――――――――――★♥★――


有明の月の光に観る愛語


――★♥★―――――――――――――――★♥★――





 雪呼さんより、 『 夕霞たなびく山路追いかけ来 』 に良寛さんの句を寄せてもらいました。
 雪呼さん、いつもあい風ありがとうございます。



 > 良寛俳句055 顔回がうちものゆかし瓢哉



 少欲知足が良寛さんの生きるスタンスのセンターですけれど、
 少欲知足を生きる道しるべになるまでには、色々の人との出会いがあり、学び合いがあり、刻苦勉励があったのですね。


 その少欲知足の学びの一つが、顔回さんだった。
 孔子さんもビックリする天才。一を聞いて十を知る卓越した能力の人です。わたしも顔回には及ばないよ、と孔子さんは、もう、ぞっこん、顔回さんに惚れ込んでしまっていました。けれど・・・



 良寛さんも、人生の終わりに、運命的な出会いを実現しました。
 自分の全てを一子相伝したいと惚れ込んだ貞心尼さんとの出会いです。


 そして、良寛さんと貞心尼さんの間に創りだされていくものは語り愛でした。
 語り愛が、つながり愛に変わり、シンクロして、ふたりそのものに、ふたりの全になっていった、といっていいのかもしれません。



 良寛さんは無一物を生きた人でしたから、良寛さんの部屋には、ほとんど何もなかったのでしょうね。泥棒が入っても、盗んでいく品物がなかったほどですから。

 床下から筍が出てきたら、畳を剥いで、育てるんですよね。
 そして、畑を耕し、家庭菜園はやっていたようですから、一汁一飯の食器と布団はあったのでしょう。
 そんな粗末な部屋で、貞心尼さんをもてなすこともできません。


 物でもてなすことのできない良寛さんには、けれど、貞心尼さんを喜ばせるもてなしの術がありました。それは良寛さんが修業もし、悟達し、そして学問し、達成してきたもの全てを、それを求める貞心尼さんに、全部譲渡することでした。貞心尼さんは貪るように良寛さんのインテリジェンスと創造力を吸収していくのです。

 はじめて逢ったその夜から、そうでした。


 良寛さんも、もう、あとどのくらい生きるかわかりませんから、自分が持っているものは全て貞心尼さんに伝授することを喜びとしたのです。
 弟子も持たず、無欲に、無一物で生きてきた良寛さんですから、村人達に慕われ、惜しまれて逝くのでしょうけれど、そのうち忘れ去られていくのでしょう。


 けれど、貞心尼さんと出会って、良寛さんの運命は変わったのでした。

 仁が、こうして、良寛さんのことを辿り、語り合いたいと思うのも、貞心尼さんのおかげなんですね。貞心尼さんが、貪欲に求め、そして夢実現を達成したので、良寛さんの業績が今のように評価されたのです。

 良寛さんは、人生の最後に、一子相伝のように、貞心尼さんに、免許皆伝したのでした。





 。。。 ≪ 雪呼さん、おはようございます。
 いつも愛語をありがとうございます。
 そうですか、今朝はいいお天気で、すこしさわやかなんですね。筑後も、昨晩はクーラーなしで眠れました。けれど、また酷暑です。鉢の野菜さん達が茹だっています。
 今夜もさわやかだといいですね。
 生まれたばかりの月が見れますように。




 > 顔回(がんかい)が うちものゆかし 瓢哉(ふくべかな)  良寛





 山路来て三日月の下追いつきぬ   仁




 ゆっくり、ゆっくりの一人淋しき遼観の足取り。
 その切なさを知る定芯の足取りは速いですね。
 草庵につく前に、遼観に追いついてしまいました。


 遼観の無邪気な喜びの仕草が想像できます。


 ふたりは、山路を辿りながら、どんな語り愛したのでしょうね・・・
 草庵に戻って、募る逢う瀬を愛おしむのでした。


 草庵で、貞心尼さんをもてなす物は、何もありません。



 一汁一飯を生きた顔回さんの話をして、この湯飲みだって、わたしにとっては宝物だよ。どこにだってあるものだけれど、わたしの暮らしを支えてくれた物だからね。茶道のどんな名器よりも、わたしには大切なものなんだ。この茶碗だって、もう、わたしそのものなんだよ。この畳も、この風鈴も、この草花も、この竹藪も、わたしが生きてきた私の証なんだ。わたしは、この草花の中にいるんだよ。この風鈴の音にいるんだよ。この竹藪のざわめきの中にいるんだよ。それが涼観の心なんだ。それが遼観の命なんだ。それが涼観の愛なんだ。
 定芯きみに何にも与えることもできないけれど、定芯きみに一つだけ与えることができるよ。
 定芯が求めればだけれどね。
 それは、涼観の愛だよ。
 涼観の言葉だよ。
 涼観の言葉は、涼観の命なんだよ。
 涼観の言葉は、涼観の愛なんだよ。
 定芯が求めれば、涼観の心の全てを与えるよ。
 涼観の心の全ては愛語として、定芯に相伝するよ。



 ( 実際にはじめて貞心尼さんが良寛さんに会ったのは、島崎の木村家の借家でしたけれど、これは、五合庵で定芯と涼観を巡り合わせてみました・・・)

 貞心尼さんは喜んで、良寛さんと時間も忘れて語り合い、学び取って、良寛さんの愛語を心に蓄積していくのでした。
 愛語は、良寛さんの最高の贈り物でした。
 愛語は、良寛さんの最高の愛の証でした。


 一子相伝した貞心尼さんは、良寛さんを永遠の道しるべとして、この世界に遺産として遺してくれました。



 有明の月の光に観る愛語    仁


 身辺りは皆愛語の表れ  ≫ 。。。





★★★ 『 夕霞たなびく山路追いかけ来 』交心俳句064-02 へどうぞ!!! ★★★



 資料 ≪ おはようございます。
 今日の新聞、良寛さまの句。
 「顔回(がんかい)が うちものゆかし 瓢哉(ふくべかな)」
 うちものは器の意味。芭蕉に「物一つ我が世はかろき瓢(ひさご)かな」の句がある。無一物中無尽蔵の生活を貫いた良寛は、孔子に最も信頼された弟子で、優れた人物だった顔回の用いた瓢箪に心を引かれたのであろう。(全国良寛会)

 今朝は良いお天気です。今夜は月を見てみたい・・・(*´艸`)  ≫   。。。雪呼





 凡愚なるわがセンターは雲の月   仁


 ときどき晴れる好日もあり



★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

俳句・短歌ランキング
★ ありがとうございます。




★ ゜゜・。・。・ ゜ .^♥^. 青柳仁リンク .^♥^. ゜・。・。・ ゜゜ ★





★★★ 回想瘋癲老仁妄句zdq1901『 底紅の花心に呑まれ溶かさるゝ 』tq1202 へどうぞ!!! ★★★




★★★ 良寛さんを遊ぶ交心vr1701『 いのちあるかぎりの命草の花 』tq17 へどうぞ!!! ★★★






★ ゜゜・。・ ゜.*♥*. そのまんま575で交心 .*♥*.゜・。・ ゜゜ ★






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『 花に罪なけれど朱夏は気もそぞろ 』フォト良寛さん575yts0504

2020-08-11 15:50:00 | 良寛さんを遊ぶ
💓 ゚・。・♡・。・ ^♡^ フォト良寛さん575 ^♡^ ・。・♡・。・゚ 💓






★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。




💓 フォト良寛さん575yts0504

――♡♭♡―――――――――――――――♡♭♡――

花に罪なけれど朱夏は気もそぞろ

――♡♭♡―――――――――――――――♡♭♡――











💓 ゜゜゜..*♡*.. ゜゜ .^♡^. 青柳仁リンク .^♡^. ゜゜..*♡*.. ゜゜゜ 💓
 



zqv0201 z★★★ めぐり逢い良寛さんzbw0201『 汚れなき束の間畏る白木蓮 』tq11401 へどうぞ!!! ★★★ ( 08-04-02 )






★ ゚゚・・*♥*・・ .❤.そのまんま575で交心.❤. ・・*♥*・・゚゚ ★

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『 酔いもせず夢に戯る杜若 』フォト良寛さん575vzr2001

2020-07-20 21:49:21 | 良寛さんを遊ぶ
💓 ゚・。・♡・。・ ^♡^ フォト良寛さん575 ^♡^ ・。・♡・。・゚ 💓








★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。




💓 フォト良寛さん575vzr2001


――♡♭♡―――――――――――――――♡♭♡――


酔いもせず夢に戯る杜若


――♡♭♡―――――――――――――――♡♭♡――











💓 ゜゜゜..*♡*.. ゜゜ .^♡^. 青柳仁リンク .^♡^. ゜゜..*♡*.. ゜゜゜ 💓
 



★★★ めぐり逢い良寛さんzbx1501『 幻視する愛の彼方に散る桜 』tq27 へどうぞ!!! ★★★



★ ゚゚・・*♥*・・ .❤.そのまんま575で交心.❤. ・・*♥*・・゚゚ ★





にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする