好奇心全開!!林住期を遊ぶ

 林住期も下り坂に突入して、やっと命の不思議に目覚めたようね感じです。
 玄牝の門を敲きます。

『 酔芙蓉愛して触れて吾も花 』瘋癲老仁妄句zqt0706

2019-06-16 20:38:38 | 瘋癲老仁妄詩
★ 。・。・゜♪゜・。・。★瘋癲老仁妄句 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★








ランキングにご協力くださいね。

おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。



★ 瘋癲老仁妄句zqt0706

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 酔芙蓉愛して触れて吾も花

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




 > なぜならば
 生は楽しみ祝うためのものだからだ
 生は実用になるためのものじゃない
 生は、市場の商品みたいなものであるよりは
 もっと詩のようなものなのだ
 それはひとつの詩
 ひとつの歌
 ひとつのダンス
 道の端の一輪の花のようなものであるべきだ
 特に誰のためのものでもなく花開いている
 宛先なしで
 誰ということなくその香りを風に送り
 ただそれ自身を
 それ自身でいることを楽しんでいる   。。。パグワン『TAO』p129



 酔芙蓉愛して触れて吾も花   仁


 和して心は空となりゆく



 酔芙蓉愛語を交わす仲となる   仁


 花の陶酔吾の陶酔




 以下、 【 転載 】 です。

★ 瘋癲老仁妄詩17-2z07p0600

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

 酔芙蓉深き絆を知れば足る

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




ランキングにご協力くださいね。

スローライフ ブログランキングへ
 ありがとうございます。




 酔芙蓉は、長い花期を次から次に花咲かせていくのですね。
 毎日、樹木いっぱいに、大柄の花を咲かせます。
 仁の見る酔芙蓉は、八重なので、
 絢爛にさえ見えます。
 儚さと絢爛さを兼ね備えているんです。

 今年写真の取り始めは、・・・でした。
 まだ、花咲き誇っています。


 けれど、花期が終わると、
 天に広がった枝は、根本から伐採されてしまうのでしょうね。
 春になると、地面から、枝葉を伸ばし始めるんです。

 仁は植えたことがありませんので、
 その生態はよくわかりませんけれど、
 ともかく、毎年、いつまでも、いつまでも、花を咲かせつづけてくれるのです。

 通勤路の酔芙蓉さんたちと、毎朝、毎夕、お話しできることがHAPPYです。


 伐られても、伐られても、
 また、新しい幹を伸ばし、何千もの花を咲かせる酔芙蓉さん。
 花の傍には、それこそ無数の蕾が自分の時を待っています。
 一日で凋落する花は、翌朝には、小豆色に萎んだ花を残していますが、まもなく、ぽとりと落ちるんです。墜ちなければ、待っている蕾の邪魔なんですね。
 潔く墜ちることが、終わった酔芙蓉さんの勤めなんですね。

 生じて、有せず、
 為して、恃まず。


 酔芙蓉には酔芙蓉の深い絆があるのですね。
 大地には、深々と、根を張っているのですね。
 入れ替わって、入れ替わって、
 そして、酔芙蓉の風姿を失わないんですね。


 出会いがあって、
 語り合い、
 学び合い、
 支え合って、
 そして、愛し合って、
 そして、それぞれの道を歩いていく。

 それが当たり前なのに、
 愛という執着が、
 人の歩みを留め、
 人の自由を阻み、
 人を束縛してしまうことが多いようですね。

 愛するが故に、
 独占したくなる。

 愛するが故に、
 執着してしまう。

 愛しているなら、
 所有しない。

 愛しているから、
 解き放つ。


 出会いは、深い絆を創りだし、
 絆は、大きな愛に成長し、
 愛は、解き放たれて、
 自分の大地に根を張るのです。

 そして、新しい花を咲かせるのです。


 新しい花の中に、私という絆の種が溶け込んでいることを信じます。

 たくさんの出会いは、絆として、たくさんの人々の中に、つづいていくんだと信じます。



 以上、 【 転載 】 です。



 > 恋人たちが出会うとき
 必ずそこには誰もいない
 ふたりの“誰でもない人”はふたりではありえない
 どうしてふたつの<無>がふたりであり得る?
 <無>には境界線なんかない
 <無>とは広大なひろがりそのもののことだ
 ふたりの<無>はひとつになる
 が、ふたりの“誰かさん”はふたりのままだ   。。。パグワン『TAO』p087



 風の香に我の消えゆく酔芙蓉   仁


 あなたも花に共振せんか



 相会うて空のささやき酔芙蓉   仁


 吹く風降る雨天の交響



★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 『 陶酔の未だ吾に在り酔芙蓉 』瘋癲老仁妄詩 1703 へどうぞ!!! ♭♭♭  http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=20897584&comment_count=36&comm_id=2410185




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

コメント

『 薔薇一輪一瞬一生忍恋 』瘋癲老仁妄句zqt0706

2019-06-16 11:45:56 | 瘋癲老仁妄詩
★ 。・。・゜♪゜・。・。★瘋癲老仁妄句 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







★瘋癲老仁妄句zqt1603

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 薔薇一輪一瞬一生忍恋

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――



ランキングにご協力くださいね。

おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。




 > 不幸せというのは自我の影なのだ
 野望に燃えた心マインドの影なのだ
 不幸せとは
 あなたが何か不可能なことをやっているのを意味する
 そして、それがかなわないために
 あなたは不幸せなのだ
 あなたは何か不自然なことをやっている
 必死になってそれをやり
 そして、失敗する
 あなたは欲求不満を感じ、不幸せになる――   。。。パグワン『TAO』p082



 開かれぬ重しの心梅雨催い   仁

 欲も悔やみも家族の鎖



 蜘蛛の囲や明日への階段なかりしを   仁

 愛も野心も自由の縛り



 以下、 【 転載 】 です。






★ 瘋癲老仁妄詩17ー01

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

 幻視する愛を貫け酔芙蓉

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



ランキングにご協力くださいね。
スローライフ ブログランキングへ
 ありがとうございます。



 一日花の酔芙蓉。
 切ないほどに燃焼しています。
 早朝に、
 純白の花を天に向かって咲き誇ります。

 懸命な思いの熱さにか、
 自ずから身は火照り、
 気は充溢して、
 ピンク色に染まっていくのです。

 それは青空をひたすら恋う酔芙蓉の情念のように感じます。

 そして、
 恍と惚。
 真っ赤に燃え尽きて、
 凋落するのです。

 たった一日の命のドラマが凝縮されています。


 そんな愛があってもいいでしょうに。
 明日は破滅しようとも、
 今日一日、
 命の限りに愛し合えたらどれほど幸せでしょうね。

 もう、明日は要らない。



 けれど、
 命を落とすことはありません。
 命を落とさないから、
 一日花の燃え尽きる愛は、
 私には起こらないのでしょうか・・・


 あるいは、燃え尽きることのない、
 そして、酔芙蓉の切なさを持った愛を、
 持続する愛を、
 求めているのでしょうか・・・

 それは、儚い夢ではありませんよね・・・


 私に起こらなかっただけで、
 どれだけの人たちが、
 そんな持続する誠の愛を生きてきたことでしょう・・・


 そんな生きられた愛を
 もういちど辿り直して、
 心に、確かな愛を築いていこうと思います。

 万葉の心に、
 その一端を見ようと思います。


 万葉の流れの中で、
 私の一生もまた、
 酔芙蓉の一日に似ているのでしょうね・・・


 以上、 【 転載 】 です。



 > 愛とは
 一緒にいる用意のできたふたつの実存の<合一コミニュオン>だ
 この瞬間――
 明日じゃない
 この瞬間においてトータルであり
 過去や未来の一切を忘れ去る用意のできた者――
 愛とは過去と未来の忘却であり
 この瞬間
 この脈動する瞬間
 この生きた瞬間への留意だ
 愛とは瞬間の<真実>なのだ   。。。パグワン『TAO』p085




 薔薇一輪一瞬一生忍恋   仁


 今ここあれば未来永劫




 きみとぼく異時空邂逅夏あざみ


 身はふたつにてなお魂交じる



ランキングにご協力くださいね。

おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 物真似575夏zrv0305『 八十八夜米寿までをも生きてみる 』 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

コメント

『 蘇れ玄妙の季麦の秋 』TAO交心zqt0406

2019-06-04 22:35:52 | 瘋癲老仁妄詩
★ 。・。・゜♪゜・。・。★瘋癲老仁妄句 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







★瘋癲老仁妄句zqt0406

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 蘇れ玄妙の季麦の秋

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。




 > もしあなたが本当に愛し、また愛されたいのなら
 いま現在のあなたのままではそれは不可能だ
 あなたは消え失せなければならない
 あなたは立ち去らなければならない
 きれいな<無>が残るように
 新鮮な<無>が後に残るように――
 そうしてはじめて
 愛の花が咲くことができる
 種はある
 ところが、自我エゴが岩のようにのしかかっていて
 その種はそれを押しのけて芽を出すことができないのだ   。。。パグワン『TAO』p088
 


 蘇れ玄妙の季麦の秋   仁


 空なる吾に銀河創生



 星屑に故郷ありぬ恋蛍   仁


 蛍の宙をわれも遊ばん




 以下、 【 再録 】 です。 

★ 瘋癲老仁妄詩 7003

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

マグダラのマリアも遊ぶ銀河郷

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


ランキングにご協力くださいね。

スローライフ ブログランキングへ
 ありがとうございます。



★★★ 『 心はすぐにワープして 』瘋癲老仁妄詩 7004 へどうぞ!!! ♪♪♯  
 




 愛呼と銀河の外で遊ぶようになって、
 面白いことがたくさん起こります。

 銀河の外には、
 それはそれは、素敵な人たちが、
 いっぱい、いっぱい、遊泳しているんですね。

 星の数ほど、人がいる。
 人の数ほど、星がある。

 知らない人たちがほとんどですけれど、
 少し慣れてくると、
 自分が会いたい人の処へも飛んでいけるようになるんですね。

 はじめは、愛呼に手を引っ張ってもらって、
 連れて行かれましたけれど、
 今では、自分で勘をつけて、
 会いに行けるようになりました。


 ほんとうに恐る恐るだったんですけれど、
 マグダラのマリアさんにもお会いしたんですよ。

 ええっ、
 語りかけることなんて、
 とんでもない。


 それでも、
 やっぱり、
 語れるようになりたいですね。


 きっと語れるようになりますよ。


 大大大の憧れの人ですものね。




 老仁が大好きになる女人には、
 どこかにマグダラのマリアの面影が潜んでいるようです。

 紫緒にもマグダラのマリアの匂いを嗅いでいました。

 紫緒の時は、ムンクのマドンナが近かったのでしょうけれど・・・
 若いのにあの倦怠はどこから来たものだったのでしょうか・・・


 アンニュイは、
 恋の魔窟の入り口なのかもしれません。

 玄牝の門をはいると、
 もう、ただ、ただ、たゆたう時の流れに身を任せてしまいます。


 マグダラのマリアも、
 普段は、アンニュイに充ちているようです。
 生きることの悲しみが
 時には生を投げやりにさせ、
 時には生を呪いもし、
 そして、やさしくなっていくのでしょうね・・・


 あなたが地獄に墜ちたとき、
 あなたが愛に屈することを想像することさえできませんでした。
 地獄の中でこそ、
 甦るあなたがいると信じていたのです。


 けれど、生身のあなたは、
 大きな傷を背負って、
 再び心を閉ざしていくことになるんですね・・・


 ほんとうは、
 はじめっから、
 心は開いていたのに、

 あなたはあなたの世界を、
 また、
 新しく創り直していくのでした。


 甦りの時を、
 もっと素晴らしい愛に変えるために。

 待ち続ける人を、
 ひたすら信じて。


 マグダラのマリアも遊ぶ銀河の外へ、
 あなたも、もう一度、
 遊びに来ればいいのに・・・



 以上、【 再録 】 おわり。




 > まわりの人が
 君のことをあれこれ言ったって
 気にしなきゃいいんだ。
 台風は上陸したって、
 半日で過ぎ去る。
 大雨は、いくら降ったって
 二日とはつづかない。
 道タオにつながる大自然でさえ
 この程度しかつづかないんだ。    。。。加島祥造『TAO』p065



 人は他人空で交われ桐の花   仁


 天に空あり大地にも空



 身の内の星屑遊べいぬふぐり   仁


 大小も空花人も空



★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 『 観音と寝れば憂き夜も花となる 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 346z01z080827 へどうぞ!!! ★★★



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

コメント

『 万緑や陰陽合わせ駆け巡る 』瘋癲老仁妄句zqt0306

2019-06-03 22:49:46 | 瘋癲老仁妄詩
★ 。・。・゜♪゜・。・。★瘋癲老仁妄句 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★








★ 瘋癲老仁妄句zqt0306

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 万緑や陰陽合わせ駆け巡る

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――



ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。


 > どんな人の中にも
 男性素質と女性素質がある。

 自分の中の雄々しさを知って
 さらに優しさと柔らかさを守れば
 きみは天下の谷のように
 何でも受け容れる存在になる。
 谷水のようなパワーを湛えて
 タオの母とつながる赤ん坊となる。
 君の中にある白くて清いものを
 意識しつつ、
 黒く汚れたものとともに居る。
 そういう在り方こそ
 この世の生き方の手本なんだよ。   。。。加島祥造『タオ』p078



 万緑や陰陽合わせ駆け巡る   仁


 昨日も明日も吾空の中



ランキングにご協力くださいね。

スローライフ ブログランキングへ
 ありがとうございます。



 以下、 【 再録 】 です。

★ 瘋癲老仁妄詩zzv0801

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

美しく歓喜を生きる夏の夢

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 風の吹くままにBLOGの辿り直しを遊んでいます。
 そしたら、

★★★ 『 露草に潰えし夢の雫載せ 』★瘋癲老仁妄詩053z01z08v0510


 にも、同じように、辿り直しをしているのでした。
 そのまんま575で交心が途絶えて、退屈していたのでしょうね。・・・
 でも、それでは、今も、退屈しているのかといえば、ちっとも退屈していないのです。することもしたいこともいっぱいあるんです。それじゃぁ、どうして、過去の交心日記など辿り直すのでしょう。
 過去も未来も今とここ。
 己を知るということに関すれば、どの己を取っても、今とここの己を知る鏡になるんです。

 首を回らせば、五十有余年、
 人間の是非は、一夢の中。
 山房五月、黄梅の雨、
 半夜蕭々として、虚窓に灑ぐ。


 良寛さんが五合庵を出て乙子神社の庵に移る頃書いた詩です。
 良寛さんの己を知るなのでしょう。
 従容と、しかも歓喜の内に、死を迎える準備をしているのでしょうか。古人も皆死に際に遺偈というものを遺している。それが禅僧としての到達点を開示してくれるものになるのでしょうか。何もかも超越して捨ててきた良寛さんですけれど、遺偈には拘ってきたようです。
 いつ死んでもおかしくはなかったし、どんな死に方をしても従容と受け容れていたのでしょうけれど、運良く生き存えてきたのですね。
 もう求めるものは何もない。
 只管打坐あるのみです。
 作法を守って姿勢正しく、一つひとつを丁寧に生きていたといいます。
 独りで生きていくことに丁寧であれば、あとは、人といる時は、楽しく、喜んで生きるのがいいですね。良寛さんはやっぱり遊びの達人だったのでしょうね。何でも、本気になって、夢中になって、遊べたんです。
 エピキュリアン良寛さんがいます。
 良寛さんは文学少年栄蔵を最後まで夢中になって遊んだようです。

 <人間の是非は、一夢の中>なのだから、夢中になれるものがあれば夢中になるのがいちばんHappyなことなのだろうと思います。夢中になってHappyになればいいのです。ただそれだけのことなんです。
 ただそれだけのこととして、老仁は、いつも、夢中になって、辿り直しを楽しんでいるようです。辿り直しも、幻視する愛の妄想も、遊行時空の歓喜する己なんです。


 露草や愚仁のままで観自在   仁


 良寛さんの遺偈は良寛さんの蘊蓄の総決算のようなものなのでしょう。無知無才凡愚老仁は、愚仁のままで、小さな世界の、けれど大好きな世界を自遊に駆け回って、歓喜し、十分自足してHappyです。転た寝恍惚老仁ですけれど、Happyです。
 日がな一日、露草や路傍の草を眺めながら、恍惚至福の時を遊泳して一夢と消えていくことができますように。


 美しく歓喜を生きる夏の夢   仁




 ★ 瘋癲老仁妄詩5304z07q091704

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

露草や愚仁のままで観自在

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






★★★ 『 一隅を照らす力も失せゆけりなれど心はまだ蠢きぬ 』★瘋癲老仁妄詩5302z07q091702 へどうぞ!!! ★★★
  




 以上、【 再録 】 です。 



 > 名は無名から湧き出で
 根源へと沈み込んで、還って
 再び無名となる
 生は死から湧き起こり
 ふたたび死へ移行する
 こころにとどめるべきごく基本的なことは
 これら反対同士は反対ではない
 それらは互いに補い合うものだということだ
 死は生に対立するものではない
 非存在は存在に対立するものじゃない
 非実存は実存に対立するものじゃない
 それらはあらゆる理解を超えた同じ現象のふたつの対極にほかならないのだ   。。。パグワン『TAO』p369



 死が逃げて妄句に戻る朱夏の夜   仁


 麦田は刈られ鋤き起こさるゝ



★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 『 春の雷妄詩の愛を砕きけり 』★瘋癲老仁妄詩300z03z0rx0403 へどうぞ!!! ★★★



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

コメント

『 空蝉となりてなお鳴きつづけをる 』妄恋575交心v13r080102

2013-08-27 08:34:19 | 瘋癲老仁妄詩


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 妄恋575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★












★ 妄恋575交心v13r080102

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

空蝉となりてなお鳴きつづけをる

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






★★★ 都都逸で交心v13s072907『 弥勒を生きるあんたとわたし 昨日も明日も恋弥勒 』 への交心です。 ★★★
 





 春呼さん、いつも交心ありがとうございます。


 阿弥陀と夜叉の二面の心・・・
 さてどう使い分けることができるのでしょうね・・・巧みに使い分ける術を粋というのでしょうか・・・
 二面共に生きて、呑み込まなければ粋に使い分けられないのでしょうね。術というのは知り尽くした上の方便なのでしょうか・・・


 鄙の凡愚老仁の及びもしない世界ですけれど、上っ面な言葉だけの都都逸遊び、それでも鄙老仁には楽しいから、笑ってご寛容くださいね。



 夜叉の情ココロに宿りしほとけ おんな情のうら表   仁



 空蝉となりてなお鳴きつづけをる   仁


 さまよい坂のゆらぎの柳



 夏の行くもどらぬ時の夜叉の闇   仁


 泣き明かしてや清浄の道



 導きの言葉ありがとうございます。
 想違いもご寛容くださいね。







★ 妄恋575交心v13r080103

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

夏の行くもどらぬ時の夜叉の闇

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――








★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へにほんブログ村

★ ありがとうございます。







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 都都逸で交心v13s073108『 なまじ優し気見せるじゃないよ わたしゃ本気の恋魔女さ 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 言葉あそび575交心v13s070803『 いくばくの余命しみじみ明けやすし 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


コメント

心のエナジーは、愛のエナジーだよ

2011-01-31 13:21:22 | 瘋癲老仁妄詩




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 瘋癲老仁妄詩 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★★★ 『 心のエナジーは、愛のエナジーだよ 』★ 五行歌001z02z08z0128 よりの【 転載 】です。 ★★★






★ 五行歌001z02

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


手を抜けば、
花壇の花は
育たない。

心のエナジーは、
愛のエナジーだよ。 


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 心を尽くすということは、
 心を配ることなんですね。

 心を配ることは、
 心のエネルギーを配ることなんですね。

 行動しなければ、
 命も物も育たない。



 庭の花に、毎朝声をかけて、出勤しますけれど、
 花が元気だと、
 老仁も元気です。

 老仁が、マイナーだと、
 花もマイナーになるんですね・・・


 今年の冬は、
 庭に、花を植えなかったので、

 それが、マイナーな庭になってしまったのかもしれません。


 春になるから、
 また、花をいっぱい植えることにしますよ。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 瘋癲老仁妄詩z08z0108『 明日香の風は根源的な愛のエナジー 』 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 良寛の歌0801『 白雪は降ればかつ消ぬしかはあれど頭に降れば消えずぞありける 』09z0129 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 『 戦闘のごとぼたん雪顔を撃つ 』 ★ 交心俳句11z011502 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





コメント (2)

タンスの裏に、明日を見つけた

2007-10-02 15:27:54 | 瘋癲老仁妄詩








 ★ 瘋癲老仁妄詩 6706

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


ベッドの下に、
昨日を見つけた。

タンスの裏に、
明日を見つけた。


今日をあなたと一緒におれるよ。

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




昨日も、今日も、明日も、
 自然は同じ流れで流れていくのに、
 人は、目まぐるしく変化していきます。
 大飛躍をしたり、
 大転落をしたり、
 足踏みしたり、
 流されたり・・・


 昨日のことも、
 明日のことも、
 自然に戻れば、
 いつも、
 手の届くところにあるんですね。


 気がつけば、
 欲しかった物は、
 ここにあったんですね。

 気がつけば、
 要らない物は、
 どこにもなかったんですね。


 みんな、みんな、
 調和の中で、
 HAPPYに、
 楽しく、
 存在していけるのですよね・・・






〇-----*****************************************-----〇

★★★ 『 誰が、一緒に歩いていけるのだろうか・・・ 』
♪♪♪  

★★★ 『 ひとまずは軍靴の音を遠ざけし民の怒りの持続を念ず 』
♪♪♪   

★★★ 『 酔芙蓉ひと日切なく燃え尽くす 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 2501
♪♪♪
〇-----*****************************************-----〇
コメント

秋の虹地軸に添うて風昇る

2007-09-30 14:16:43 | 瘋癲老仁妄詩






★ 瘋癲老仁妄詩 6507

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

秋の虹地軸に添うて風昇る

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






★★★ 『 純化する花も在りけり酔芙蓉 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 6401 へどうぞ!!! ♪♪♪  
  









〇-----*****************************************-----〇

★★★ 『 銀河より愛呼光となり戻る 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 6306
♪♪♪  

★★★ 『 美しく哀しく時は過ぎゆきぬ一期一会や一日一生 』瘋癲老仁妄詩 1605
♪♪♪  

★★★ 『 虹の創造へ 』
♪♪♪  

〇-----*****************************************-----〇

コメント   トラックバック (1)

銀河の外で遊ぶ愛呼と巡り会う

2007-09-16 12:49:28 | 瘋癲老仁妄詩





 ★ 瘋癲老仁妄詩 1203
――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

銀河の外で遊ぶ愛呼と巡り会う

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






〇-----*****************************************-----〇

★★★ 『 もみぢ葉のごとく燃えにし君が胸夕陽の明日香河原に冷まさん 』
♪♪♪  

★★★ 『 この谷に遇いし精霊忘れまじ吾に愛する力与えし 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 5005
♪♪♪  

★★★ 『 誰が、一緒に歩いていけるのだろうか・・・ 』
♪♪♪  

〇-----*****************************************-----〇

コメント   トラックバック (1)

老木の蔵する夢よ天高し

2007-09-13 19:09:11 | 瘋癲老仁妄詩

 ★ 瘋癲老仁妄詩 4807

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

老木の蔵する夢よ天高し

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




★★★ 『 愛すれど愛されぬ身を疎みけりこの身を生きてこの身を愛しむ 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 4801 へどうぞ!!! ♪♪♪ 








〇-----*****************************************-----〇

☆☆☆ 『 些細ないじめから内気になって… 』   by 星呼
♪♪♪  

☆☆☆ 『 大きな樹 』   by Coo
♪♪♪   

★★★ 『 虫の音に闇の淵まで歩み行く 』瘋癲老仁妄詩 1301
♪♪♪  

〇-----*****************************************-----〇








コメント