独り言

日本の原風景、花、自然など、自分で撮った写真の加工作品、街道歩きなどを中心に公開しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年もお世話になりました。

2007-12-31 09:34:27 | 日常
大晦日です。
年末まで仕事がある私は、大晦日だからといって特に何があるわけではないのですが、やはりこの日は今年を振り返ってしましますよね。

まぁ、事故もなく、家族も元気に過ごせたので良い年だったんだと思います。

ホームページもたくさんの方に訪問いただき感謝しています。
来年もいろいろとアップしていきますのでよろしくお願いいたします。

大晦日「Dynamite!!」「やれんのか!」

2007-12-30 08:34:23 | 日常
今年も格闘技のお祭り「Dynamite!!」が開催されます。
今年春に総合格闘技のPRIDEが無くなり、大手団体はKー1系列のみとなってしまいました。

そのかわりPRIDEに最後まで残ったスタッフや選手にKー1サイドが力を貸して「やれんのか!」というイベントも開催されます。

個人的最大の興味がある試合は旧PRIDEとHEROSの王者同士の三崎選手対秋山選手の試合です。
秋山選手は去年の大晦日にPRIDE最大のスターだった桜庭選手との試合で、体中にオイルを塗ってヌルヌルの体でつかまらないようにしたうえで桜庭選手を殴りまくって、特にPRIDEファンに大ひんしゅくをかった過去があります。
そのPRIDE王者の三崎選手との試合はすごいことになりそうです。
私の予想では秋山選手が簡単に勝ってしまいそうですが。
半端じゃないですよね、秋山選手の強さは。


デスクトップ用壁紙 五色沼5

2007-12-29 22:24:38 | 写真素材作ってます。
福島の五色沼です。写真は後ほどアップします。

1024×764 は自然いっぱいの素材集にアップしてあります。

デスクトップ用壁紙 五色沼4

2007-12-28 08:18:08 | 写真素材作ってます。
磐梯吾妻の五色沼です。
去年の春の写真です。

1024×764 は自然いっぱいの素材集にアップしてあります。

デスクトップ用壁紙 五色沼3

2007-12-27 08:28:13 | 写真素材作ってます。
磐梯吾妻の五色沼です。
去年の春の写真です。

1024×764 は自然いっぱいの素材集にアップしてあります。

デスクトップ用壁紙 五色沼2

2007-12-26 09:35:30 | 写真素材作ってます。
磐梯吾妻の五色沼です。
去年の春の写真です。

1024×764 は自然いっぱいの素材集にアップしてあります。

デスクトップ用壁紙 五色沼

2007-12-25 16:20:35 | 写真素材作ってます。
磐梯吾妻の五色沼です。
去年の春の写真ですがデスクトップ用にしてみました。

1024×764 は自然いっぱいの素材集にアップしてあります。

音楽サイト作成?(ピップホップ編)

2007-12-24 08:53:29 | 音楽
ピップホップの明確な定義は知りませんが、「しゃべり」をリズムにのせるラップは画期的な音楽だと思います。

一昔前にはデビッド・ボウイの「ジーン・ジニー」やプレスリーでヒットした「ポーク・サラダ・アニー」などが「しゃべり」を取り入れてましたが、ラップとは全く違う手法です。
黒人独特のリズム感とダンスを中心とする「見た目」がそれまでの音楽では表に出てきてませんでした。

数十年前に活躍したナイジェリアのフェラ・クティなんかに近いような気がします。
ルーツはアフリカンミュージックなんですかね。

黒っぽい音楽が好きな私にはピップホップは、いかにも現代的黒人音楽って感じで気に入ってます。

音楽サイト作成?(ジャズ編)

2007-12-23 09:57:33 | 音楽
ジャズプレイヤーと呼ばれる人達が演奏する音楽は、大きく本来のアコースティックによるものと、シンセサイザーで電気処理された音やロックを取り入れた音楽に分けられます。
私はどちらも好きですが、特にお気に入りは前者のアコースティックはコルトレーン、後者はハービー・ハンコックですかね。
どちらの音楽にせよ、ジャズ屋さんの演奏は安心して聴き入ることが出来るし、気分が落ち着いている時にじっくり聴く音楽としては最適です。

音楽サイト作成?(カントリー編)

2007-12-22 09:44:54 | 音楽
純粋なカントリーはそれほど詳しくありません。
フォーク、ロック、ジャズが混じってたり、ラグタイムっぽいカントリーが好きでした。

カントリーのイメージは、私の勝手な思い込みなんですが、「広野を馬にのって走り回る雰囲気」なんですね。
車を運転しながらカントリーを聴くと、そんな雄大かつ軽快な気分になれるんですよ。

ウエスタンなども含めて、日本ではブルース以上に馴染みの無いジャンルですよね。