独り言

日本の原風景、花、自然など、自分で撮った写真の加工作品、街道歩きなどを中心に公開しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マディ・ウォーターズ 「Got My Mojo Working」

2007-06-30 07:05:20 | 音楽
ブルース界の大御所のひとりです。
有名な曲は数多くありますが、私はなんと言っても「Got My Mojo Working」です。
大学時代の友人がライブで歌っていたのですが、正直、マディ・ウォータースより上手かったです。
この曲を聴くたびに友人を思い出してしまいます。

最近は全く流行らないブルースも、クラプトンやジミヘンなんかがバリバリ演奏していた頃は、このマディ・ウォータースなんかも便乗して表舞台に顔を出していました。
「ファザーズ・アンド・ソンズ」ではポール・バタフィールドやマイク・ブルームフィールドなどの白人ロックアーティスト達が参加してました。

またローリングストーンズが「ラブ・ユー・ライブ」で「Mannish Boy」をマディ・ウォータースそっくりのアレンジで演奏してましたね。
ブルースの新譜が出たとの情報もほとんど聞かないので、多分次世代のアーティストも育ってないんでしょうね。

菖蒲の固定背景をアップ

2007-06-29 08:18:34 | 写真素材作ってます。
「自然いっぱいの素材集」に菖蒲の固定背景をアップしました。


能護寺 (熊谷・あじさい寺)

2007-06-28 18:59:56 | 埼玉
熊谷のあじさい寺として知られる能護寺に行ってきました。
思ったよりこじんまりとしたお寺でしたが、びっしりと咲いたあじさいとお寺の建造物の調和がきれいでした。

続フェラ・アニクラポ・クティ 「I.T.T」

2007-06-27 10:59:28 | 音楽
ツタヤ新宿店はフェラ・クティだけでなく、私が探していたCDが数多く揃ってました。
アナログ盤を持ってはいるのですが、今となっては音質が悪くてCDで聴いてみたいと思っていたアルバムも何枚かここで見つけました。
ポール・バタフィールドのベターデイズやタニア・マリアの「イマジン」などです。

話をフェラ・クティに戻すと、アフロミュージックとは言ってもイメージされるような、アップテンポで太鼓ドンドン、雄叫びギャーギャーではなく、わりとミディアムテンポでメロディアスな曲が多いです。
個人的には有名な「ゾンビ」のように、フェラ・クティにしてはキチンとした曲よりは「I.T.T」のようにアドリブっぽくダラダラと20分以上続く曲の方が好きです。

それにしても最近のラップを聴いている人達がフェラ・クティを聴いたらどう感じるんでしょうか。「スゴい!」と思うのか「古臭い」と感じるのか聞いてみたいですね。

フェラ・アニクラポ・クティ 「I.T.T」

2007-06-26 08:48:14 | 音楽
70年、80年代に活躍したナイジェリアのフェラ・アニクラポ・クティを最近になってまた聴き始めました。

当時、と言うより過去現在通じて最高のアフロビートを操るアーティストと言っても過言ではありません。
ラップやファンク、ジャズが好きな方にも是非聴いてもらいたいです。

聞くところによると、フェラ・クティのアナログLP盤は綺麗な物だと一万円くらいで取り引きされているそうです。
私も何枚か持っているので合計うん万円くらいになるかも知れません。「フハハハ」っと、ちょっと自慢顔。v(^-^)v

さて、なんで最近になってまた聴き始めたかですが、現在の職場近くにあるCDレンタルのツタヤ新宿店にはなんと数十枚のフェラ・クティ物が並んでいます。
私がアナログ盤を探していた頃は、輸入盤専門店でもなかなか見つけられなかったのです。
それがレンタルで数十枚も置いてあるなんて、さすが新宿と言えます。

続く


旧新井家住宅

2007-06-25 08:18:53 | 埼玉
長瀞宝登山近くに、国の重要文化財に指定されている旧新井家住宅があります。
秩父地方らしく養蚕農家だったとのことです。

上里町・吉祥院

2007-06-24 07:55:34 | 埼玉
児玉三十三観音霊場のひとつである上里町の吉祥院です。
ここの庭木は密集しているため、ゆったり感はあまりありませんが、綺麗に整備されています。

小谷 美紗子 「火の川」

2007-06-23 07:50:20 | 音楽
メルヘンチックな童謡のようでもあり、前衛音楽のようでもある個性的な女性シンガーソングライターです。
個性的ではあるけれど何が個性的なのかを具体的にあげるのが難しいシンガーです。
声や歌い方も普通で、使っている楽器も普通です。

素人の私にはキチンと言葉で表現できませんが、なにしろ普通ではないことは確かです。
しいて言えば「らんちゅう」などで一時期話題になったグループ「たま」からいやらしさを差し引いた感じとでも言うのでしょうか。
なんて言っても分からないですよね。
私からして雰囲気で言ってるので、よく分かっていないのですから。

なんかのバラエティ番組で青木さやかが小谷美紗子の「火の川」のワンフレーズである「同じお墓に入りたい」を面白おかしく歌って笑いを取っていました。
この部分の歌詞は特別としても、歌詞にほとんど興味の無い私でも「痛いところをつくなぁ。」と思ってしまう言葉が現れるのが小谷美紗子の魅力のひとつかも知れません。

埼玉写真に両神の菖蒲園などをアップ

2007-06-22 08:19:17 | 埼玉
「埼玉っておもしろい、かな?」に両神の菖蒲園、長瀞のハナビシソウ、彩の国牧場のポピーをアップしました。


ポピーの固定背景をアップ

2007-06-21 07:48:10 | 写真素材作ってます。
「自然いっぱいの素材集」にポピーの固定背景をアップしました。