独り言

日本の原風景、花、自然など、自分で撮った写真の加工作品、街道歩きなどを中心に公開しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お気軽中原街道うぉーく(桜田門ー五反田)

2019-11-13 10:30:59 | 街道歩き・徒歩記録

中原街道を桜田門から五反田駅まで歩きました。 本当はもっと先まで歩く予定だったんですが、なんとなく寒さで肩と膝に嫌な予感が。。。

3年前も冬に歩きすぎて膝を悪くしたので、早めに切り上げたのと、この冬は歩くのセーブしようと思い始めました。

そんなわけで、予定の半分で終了。始発で出発したので、帰りはまだ多くの人が出勤前でした。

さて、桜田門から出発です。

各省庁が並ぶ霞が関周辺。法務省はひときわ目立ちます。

虎ノ門琴平タワーというビルがありました。参道の上に高層ビルが。。。

東京タワーの赤が映える。

潮見坂。昔はここから海が見えたのだろう。現在はもちろん全く見えない。

国道1号。正面は五反田駅。

8時前で通勤時間。私はこれで帰ります。

 

 


お気軽鎌倉街道下道うぉーく(杉田ー六浦)

2019-11-10 15:45:06 | 街道歩き・徒歩記録

鎌倉街道下道を京急杉田駅から六浦駅まで歩きました。
今回失敗したのは、縮尺の小さい地図を持ってきたために、完全に道に迷ってしまい、予定の道を歩いてないどころか、かなりの距離のロスをしてしまいました。
ひどい時は、南に進むべきところを北に歩いてました。
歩いている途中に、本来太陽に向かって歩かないといけないのに、背を向けて歩いていることに気付き、数百メートル引き返したりしました。
それでも幸い膝の調子が良かったので、予定の六浦駅まで快調に歩けたのは良かったです。

さて、2年半前の続きを歩きます。

すぐに大通りから外れて小さな山沿いに歩きます。

神奈川県のこのあたりではおなじみの崖の上に立つ家。

湧水を貯めるこの光景。こんな都会で見るのは珍しいです。

数キロ歩いたところで、すでに道に迷いました。いきなりトンネルが現れ、よく地図を調べると、本当はこの山の上の道らしい。

面倒くさいのでこのままトンネルに突入。「お気軽街道ウォーカー」の本領発揮です。

能見堂の不動池なる、ちょっとした良い場所。ここは予定通りのコース。

しかし、すぐに予定のコースから外れ、もうどこを通っても良いから金沢八景駅に行こうと決めました。

ここで大通りを逆に歩いているのを気付き、太陽に向かって南に方向転換。

京急とほぼ平行に歩きます

やっと金沢文庫駅。

シーパラダイスで有名な八景島方面に進みます。

八幡神社なる場所で、ちょこっと休憩。

金沢八景駅の近くに明治憲法草創の碑なるものが。この地で伊藤博文を中心に明治憲法の草案づくりをしたらしい。

金沢八景駅。

六浦の交差点を右折して、鎌倉に向かいます。

六浦駅そばのヨークマートで街道から外れ、六浦駅から帰りました。

 


お気軽府中街道うぉーく(高津ー川崎)

2019-11-04 15:06:03 | 街道歩き・徒歩記録

府中街道の最期の区間を歩いてきました。
ただ、今日は肩の具合が悪く、集中できませんでした。
実は1年前から五十肩?で、地味に痛かったのですが、ここ数日で右肩がかなり痛くなってしまいました。
腕が上がらないので、服を着るのが大変。


そんな中で、1つ気付いたことがあります。
カメラって右利き用なんですね。
カメラを持ってシャッターを押そうとすると、右手が上がらないのでシャッターが押せない。
左手だと押しづらいんです。
電源のスイッチも右側にあります。
ついでに、ビデオカメラも右利き用でした。

「障害は社会環境にある」・・・う~ん、たしかに。

ということで、あまり街道歩きに熱中できずにただただ歩いてきました。

高津駅から出発。


第三京浜をくぐります。

等々力緑地なる、とてもきれいに整備された公園?がありました。

神奈川県下で最も古い人工用水路であるらしい二ヶ領用水があります。

武蔵小杉駅周辺の高層マンション。本当に多い。

東海道線を渡る橋の上から武蔵小杉駅方向。

南武線。高架にはなってないんですね。

国道1号線。

川崎駅。本当に肩が痛いので早く帰りたかった本日でした。

 


お気軽五日市街道うぉーく(東秋留ー武蔵五日市)

2019-10-30 12:45:03 | 街道歩き・徒歩記録

東秋留駅から武蔵五日市駅まで歩き、五日市街道を踏破しました。
踏破したと言っても、それほどの距離ではないのですが、色々と縁があった街道なので楽しかったです。
東秋留駅からスタートして、すぐに東京とは思えないのどかな風景を五日市線に沿って歩きます。
五日市は妻の両親の実家があり、まだ元気だった妻の祖父に結婚を報告しようと、近くの川波という料亭で披露宴をやりました。
ついでに今回は30年ぶりに、その割烹川波を見てきました。下が今日の川波です。

さて、始発で出発です。5時ちょうど暗いですが、この時期はまだ真っ暗。

東秋留について、五日市街道へ。なんと気分の良い風景。東京とは思えません。

富士山がはっきり見えました。

秋川駅を過ぎます。

五日市線を渡ります。

東京サマーランドが見えます。子供が小さかった頃は何回か行きましたが、今はどうなってるんですかね。

今の五日市街道は左。右に旧道らしい道があるので迷わずそちらへ。

あきる野市立増戸小学校と中学校の校舎が並んで立っていて、校庭は共通?

とっても広い校庭です。

秋川に沿って五日市街道がありますが、いかにも旧道らしい道がありました。

右の舗装された広い道が五日市街道。左の林の向こう側が秋川。

武蔵五日市駅に到着。。。





お気軽五日市街道うぉーく(砂川七番ー東秋留)

2019-10-21 11:53:21 | 街道歩き・徒歩記録

五日市街道を多摩モノレールの砂川七番から五日市線東秋留駅まで歩きました。
五日市には親戚がいるので、20年前くらいに何回か街道を車で走りました。
拝島までは街道らしい家が並んでいた印象があります。
前回歩いた国分寺あたりでは、その重厚なイメージが薄れてましたが、今回はまだまだ残っていました。
それらの家の敷地内には何本も大きな木があり、手入れが大変だと思います。
補助金とか出てるんですかね。

さっそく大きな家が現れます。本当に大きな木があるので、お寺なのか個人の家なのか分からないくらいです。

阿豆佐味天神社。娘の七五三だったか何だったかで行った記憶があります。

お寺? 個人の家?

残堀川を渡ります。

天王橋で玉川上水を横切ります。五日市街道は右。

西武拝島線をくぐります。

西砂の交差点で、左が五日市街道、右が西砂川街道とあります。どう見ても右の方が旧道らしい雰囲気でありネットで検索。

やはり横田基地を避けるために新道は大きくそれて作られたようです。もちろん旧道を歩きました。

西砂川街道の様子。

しばらく歩くと米軍基地。

拝島を過ぎると、少しだけ玉川上水沿いに歩きます。

牛浜出水の図なる説明板が現れます。安政六年(1859)に牛浜地区を襲った大洪水の惨状を後世に伝えようと、彩色を施して絵図を完成させましたものらしい。

多摩川。先日の台風の影響なのか、まだ水は透明感無し。

多摩川渡ったすぐに、秋の風景が。。。

今日は、東秋留駅で終了。残りは五日市まで軽く一日で行けそうです。