第97回全国高等学校サッカー選手権大会 ~2回戦~ 秋田南VS能城松陽

秋田南の初戦は10月7日(日)11時キックオフ。会場は県立中央公園運動広場C(手前)です!

いよいよ開幕!「第97回全国高等学校サッカー選手権大会秋田県大会」

2018年09月18日 22時59分14秒 | 高校サッカー

 みなさま、こんばんは。N岡です。(*^-^*)

 「高校サッカーの集大成」となる表記大会、
 『第97回全国高校サッカー選手権大会秋田県大会』が10月6日(土)より始まります。

 母校・秋田南高校は「たった1枚の」全国大会切符を目指して今大会に挑みます。

 
 南高サッカー部の初戦は10月7日(日)の2回戦から!
 キックオフ時間は11時00分。

 試合会場は秋田市雄和の県立中央公園運動広場Cピッチ(手前側)です!

 対戦相手能城松陽高校!

 わたくしN岡も10月7日(土)南高の初戦は観戦しますよーーー。
 ぜひみなさんも、試合会場に足をお運びいただき、秋田南高校サッカー部の選手たちへ、ありったけの声援を送っていただきたいです!
 ぜひぜひ試合会場へ!!(*^-^*)

 ※ ※ 第97回全国高等学校サッカー選手権秋田県大会 2回戦 ※ ※
 平成30年10月7日(日曜)11:00キックオフ 
 会場/秋田市雄和 県立中央公園運動広場C(手前側ピッチ)

  秋田南 - 能城松陽

 もうすでに”ドキドキ”の緊張感が、そして”ワクワク”の高揚感が高まっております!
 みなさんは”ドキドキ”&”ワクワク”はしてませんか?つとめて冷静ですか??(^_^)

 さあ、勝負の2回戦(初戦)まであと2週間と少し。

  ピッチ上で戦っている”緑の戦士”=南高イレブンを後押しするのは、観客席にいる我々”サポーター&関係応援者”です!

 7日(日)は11時00分キックオフの南高初戦試合会場へぜひお越しください!
 みなさん一緒に南高サッカー部を応援し、勝利を後押ししていきましょう!!




 もし2回戦勝利した場合の次戦以降日程も併せてご紹介します~。

 ※ ※ 第97回全国高等学校サッカー選手権秋田県大会 3回戦 ※ ※
 平成30年10月13日(土曜)11:00キックオフ 
 会場/秋田市雄和 県立中央公園球技場B(手前側ピッチ)

  秋田南 - 秋田商


 ※ ※ 第97回全国高等学校サッカー選手権秋田県大会 準々決勝 ※ ※
 平成30年10月14日(日曜)11:00キックオフ 
 会場/由利本荘市 水林陸上競技場

  秋田南 - (未定)


 ※ ※ 第97回全国高等学校サッカー選手権秋田県大会 準決勝 ※ ※
 平成30年10月25日(木曜)13:30キックオフ 
 会場/秋田市 八橋運動公園陸上競技場

  秋田南 - (未定)


 ※ ※ 第97回全国高等学校サッカー選手権秋田県大会 決勝戦 ※ ※
 平成30年10月27日(土曜)12:05キックオフ 
 会場/秋田市 八橋運動公園陸上競技場

  秋田南 - (未定)

 秋田南は決勝戦の舞台までたどり着くことができるか???
 2回戦から難敵続きの大変なトーナメントに挑みます!

 ぜひ、現地会場で秋田南高校サッカー部をご支援よろしくお願いいたします!!






コメント

新たなる航海への船出!「高体連中央支部新人大会」~予選リーグ~秋田南VS秋田 結果速報&フォト特集!

2018年09月02日 19時48分10秒 | 高校サッカー

 みなさま。こんばんは。
 
 蝉(セミ)の鳴き声が私たちの耳に届いていた日はいつしか終わり、今は鈴虫(スズムシ)が心地よい音色を発しながら秋の気配を私たちに感じさせてくれる9月。
 
 今年の夏は、過去に例を見ない高温続きの酷暑でありました。
 西日本豪雨による、甚大な被害もありましたし、ゲリラ豪雨、竜巻、台風の上陸などにも遭遇しました。

 近年は、今までの経験上では想定できないような異常気象が世界で起こっております。

 今後も、最強クラスの台風が日本に接近しているとのことですし、みなさま方におかれましては、ぜひこれらの気象情報・災害情報には気を配り、万全の備えと対応をしていただきたいと思っております。

 さて表記大会は9月2日(日)が2日目。
 予選リーグの最終戦が各グループでおこなわれました。


 1・2年生新体制となった秋田南は予選リーグ突破と県大会出場を賭けて対峙したのは秋田高校。
 では予選リーグ最終戦「秋田南VS秋田」の結果速報です。

 「※ ※ 平成30年度秋田県高体連中央支部新人サッカー競技 予選リーグBブロック ※ ※
 平成30年9月2日(日)10:00キックオフ 
 会場/秋田市 県立中央公園球技場A

 秋田南 3-2 秋田 (前半2-1)(後半1-1)
 得点者:前半12分 秋田 ?番君
     前半13分 秋田南5番君
     前半23分 秋田南8番君
     後半 5分 秋田 ?番君
     後半25分 秋田南8番君



 試合開始直後の立ち上がり、素晴らしい出足・ボールへの寄せを発揮する秋田。秋田南は防戦一方に。

 前半12分頃、早々と秋田が先制。
 秋田はボール奪取後の速攻が素晴らしく、何度も秋田南ゴールを脅かしていましたが、先制ゴールも高い位置でボールを奪ってからのショートカウンターが見事に成功し、先制ゴールを決めることができました。

 対峙する秋田南は苦しい立ち上がり、苦しい時間帯でしたが。
 しかし失点直後の1分後には、右からの崩しからクロスに、左サイドバックの5番君がフリーで合わせて、同点(1-1)。
 その同点ゴールシーンが下の画像。


 秋田南は、昨日(1日)の2試合同様に、中盤を省略したシンプル縦パスを多用し、FWを走らせてボールの起点を作る戦術でしたが、秋田の粘り強いディフェンスになかなか、攻撃の糸口が見つかりません。
 秋田と秋田南の攻守が交互に入れ替わる、一進一退の時間帯が続きます。



 そんな苦しい試合展開の中、前半23分頃、左サイドを独力で突破した“小兵のダイナモ”8番君が、ドリブルシュートを見事に決めて逆転。
 その逆転ゴールのシーンが下の画像。前半はそのままのスコア2-1で折り返します。








 しかし後半開始早々、秋田南の左サイドを崩され、逆サイドに(右)に振られたクロスボールを上手く合わせた秋田が同点に(2-2)。
 秋田南は後半開始立ち上がりの危険な時間帯の失点でした。

 後半は試合の経過とともに徐々に秋田南がボール支配、攻撃の起点を作れるようになりますが、なかなか決定力を発揮できず、ゴールには結び付きません。
 2度3度、キーパーとの1対1の局面を作りますが、ゴールを割れず。

 同点のまま、試合終了が近づいいた頃、後半25分頃でした。
 同点のまま終わるか、と思われた頃でした。

 歓喜に沸いたのは秋田南!またもや8番君!!


 左を崩して中央へ折り返し。中央の少し右で待っていた8番君にボールが渡ります。
 8番君がペナルティーエリア内の右45度付近から、見事なミドルシュート。
 これが綺麗に決まり、ついに勝ち越し。(3-2)。
 歓喜の決勝ゴールのシーンは下の画像。








 試合はそのままのスコアで動かず、一進一退の白熱した一戦は、秋田南が勝利しました。
 
 前日2試合を消化しての、今日(10時キックオフ)の予選最終試合。

 2日間で3試合目を迎えた秋田南の選手からは、やはり疲労の色が感じられました。
 ボールを持っていない選手は止まっているケースが見られ、昨日の明桜戦のようなアグレッシブな攻守は見ることができませんでした。
 また運動量が少なく、持ち味・強み・特色が発揮できなかった試合でもありました。
 課題・反省点も数多く見受けられた試合でした。


 試合を観戦した我々よりも、選手たち・監督をはじめとしたスタッフたちが、より、今日の出来を把握していることでしょう。

 今日の「秋田南VS秋田」の試合。悪かった点ばかりではありませんよ!
 もちろん、特色のある、成果の出た良いシーンがありました!
 それは、MFとDFのサイドの選手にボールが渡り、かつ前方にスペースがあった場合は、積極果敢に1対1を仕掛け、そして度々相手DFを抜き去りクロスボールをあげていたことです。
 特に右サイドバック1年生4番君、左サイドハーフ9番君は、相手DFとの間合い、駆け引きを覚えたのか何度も1対1の勝負に勝ち、攻撃の起点として活躍してくれてました。


 まずは「新人戦県大会出場」という最低限の目標はクリアできました。県大会は11月です。

 その前にまずは、1週間後(9月8日)には新屋、2週間後(9月15日)にはブラウブリッツ秋田U18との2連戦(高円宮杯U18リーグ)が控えております。
 そして10月には高校選手権秋田県予選が待っています。

 ※ ※ 高円宮杯 JFA U-18 サッカーリーグ 2018 秋田 1部第13節 ※ ※
 平成30年9月8日(土)13:00キックオフ 
 会場/秋田市 八橋運動公園陸上競技場

  秋田南 - 新屋

 1週間後に対戦するのは新屋。
 5月のリーグ戦(0-9)、続く中央支部総体(0-4)と完敗を2度続けて喫した相手。
 高くて険しい、強豪高校との対戦となります。
 1週間後の対戦もゲームを支配され、耐える時間帯が続く試合になることでしょう。
 しかし、この相手(新屋)を倒さずして、全国大会への切符は勝ち得ることはできません!


 今日の勝利に驕らず、兜の緒を締めること!
 課題や反省点を置き去りにせずしっかりと克服し、強みに変えること!

 今後も気の抜けない、大一番が控える今こそ、日々の練習・トレーニングに精進して欲しいと願っております!

 来週の大一番「秋田南VS新屋」は八橋運動公園陸上競技場を会場に、8日(土)13時キックオフです!
 ぜひ「秋田南VS新屋」もご観戦いただけましたら幸いです。




 今後とも秋田南高校サッカー部へのご支援をよろしくお願いいたします!

 それでは最後にた~ぷりと撮り収めました「秋田南VS秋田」フォト特集ですーーー。
















































































コメント

新たなる航海への船出!「高体連中央支部新人大会」~予選リーグ~秋田南VS明桜 結果速報&フォト特集!

2018年09月01日 19時12分07秒 | 高校サッカー

 みなさまーーー。こんばんは。
 N岡です。
 1・2年生新体制となって、初めての公式戦となる表記大会
 「平成30年度秋田県高体連中央支部新人サッカー競技」が本日開幕しました!


 秋田南の予選リーグはB組に所属。
 秋田南、明桜、本荘、秋田 の4校で予選リーグ突破を賭けます。
 そして大会初日の9月1日(土)は、本荘高校、明桜高校との対戦が組まれました。


 10時00分からの本荘高校戦は、N岡は観戦できず。
 結果のみのご報告となります。秋田南VS本荘戦です。

 「※ ※ 平成30年度秋田県高体連中央支部新人サッカー競技 予選リーグBブロック ※ ※
 平成30年9月1日(土)10:00キックオフ 
 会場/由利本荘市 水林陸上競技場

  秋田南 1-0 本荘

 虎の子の「1点」を守り切った秋田南が見事勝利!
 そして15時20分からは、予選リーグ首位通過を争うであろう、明桜高校との対戦です。
 N岡はこの試合から観戦しましたので、結果並びに試合フォトをご紹介しましょう!

 ※ ※ 同 予選リーグBブロック ※ ※
 平成30年9月1日(土)15:20キックオフ 
 会場/由利本荘市 水林陸上競技場

  秋田南 0-0 明桜 (前半0-0)(後半0-0)






 強豪・明桜との第2戦はスコアレスドローの痛み分け。
 「勝てた試合だったな―――」とも言えますし・・・・
 「あわやの失点シーンもあったなーーー」とも感じる・・・試合でした。

 試合全般を通じて、秋田南、明桜双方ともに、中盤で組み立てる戦術では無かったように感じました。
 DFやMFから長い縦パスを入れFWを走らせて、ボールをキープさせてから相手陣地を確保し、そこから攻撃に転じる、いったスタイルのサッカーでした。


 よって、互いにパスで相手守備を打開するというよりも、長い距離の縦パスからセカンドボールを拾ったり、1対1の球際で競り合う場面ばかりでした。


 そんな展開が続く中、前半に優勢だったのは明桜。
 何度も南高ゴール前に近づき、シュートを放ち、ゲームを支配していきます。
 南高は、劣勢の中でも、伝統の(と言っては過言でもない)球際の強さ、セカンドボールへの素早い寄せとボール奪取で、相手にゴールを割らせません。


 劣勢の前半を耐えしのぎ、後半戦へ。
 後半は、明桜の運動量が落ちてきたところで、南高の持ち味がさらに発揮されます。
 シンプルな縦パスから相手陣地に迫り、セカンドボールを何度も拾っては2次攻撃を仕掛ける展開に。








 相手の運動量は落ちてくる中、南高の選手は必死に走って、球際では臆することなく強く当たる「持ち味」が前半戦以上に見られるようになります。

 相手ゴール前まで突破し、決定機を何度も作りましたし、あと少しでゴールというきわどい攻防もありました。


 後半は何度も決定機を作りましたが、得点を奪えず。。。
 明桜も少ないチャンス(カウンター)から、あと少しでゴールネットを揺らせるような決定機がありました。

 秋田南・明桜、双方が死力を尽くした試合は前後半60分間を戦い抜いて、惜しくも引き分け(0-0)に。

 出場した秋田南・明桜、両校の選手たちには、素晴らしい攻防を見せてくれたことに対しての「惜しみない拍手」が送られていました。

 
 1・2年生の新チームは、過去の先輩たちの例に漏れず、豊富な運動量と球際へのアグレッシブな寄せ、セカンドボールへの素早いボール奪取、、横幅いっぱいに広く展開する戦術を存分に発揮してくれたことを最後にご報告しておきましょう!






 なお、秋田南は本日2試合戦って、1勝1分。
 同じく、明桜も1勝1分ですが、明桜は7-0(?)ほどの大差で勝利しています。

 秋田南が予選リーグを首位通過するためには、7点差以上の勝利が必須条件となるでしょう。
 大変なミッションではありますが、ぜひ明日の予選リーグ最終戦を応援スタンドからご観戦いただきたいと思っております!


 明日の予選リーグ最終戦、対戦カードです!

 ※ ※ 平成30年度秋田県高体連中央支部新人サッカー競技 予選リーグBブロック ※ ※
 平成30年9月2日(土)10:00キックオフ 
 会場/秋田市 県立中央公園球技場A

  秋田南 - 秋田

 明日の最終戦は秋田高校との対戦。
 10時キックオフで、会場は県立中央公園の球技場Aです。
 球技場Aピッチは、運動広場側(奥側)となっています。

 明日は試合会場が秋田市に戻ってまいります!
 ぜひ、「新たな船出に出航した緑の戦士・秋田南高校サッカー部」をご支援くださいますよう、よろしくお願いいたします!

 では本日の「秋田南VS明桜」フォト特集です~!





























































































コメント

新たなる航海への船出!「秋田県高体連中央支部新人サッカー競技」9月1日開幕!

2018年08月26日 21時49分35秒 | 高校サッカー

 みなさま、こんばんは。

 5月、3年生の集大成「全県高校総体」は残念ながら3回戦で幕を閉じ、
 直後から、秋田南高校サッカー部は新体制となり、活動をスタートしております。

 頼りになっていた3年生が抜け、1・2年生のみでの活動。
 夏休みの間も、酷暑の中、必死にトレーニングを積み重ねてきたことでしょう。

 8月25日(土)には「秋田県U18サッカーリーグ1部第12節」が開催。
 母校・秋田南は、インターハイ出場校の西目に挑みました。
 その結果報告です!(*^-^*)


 ※ ※ 高円宮杯 JFA U-18 サッカーリーグ 2018 秋田 1部第12節 ※ ※
 平成30年8月25日(土)13:00キックオフ 
 会場/由利本荘市 西目カントリ―パークサッカー場

  秋田南 1-1 西目(前半1-1)(後半0-0)

 この試合(秋田南ー西目)の主審を担当したのは、私N岡。(^.^) 
 ピッチ上でレフリーをしながらの試合経過を簡単にご紹介しましょう。

 立ち上がりから序盤は西目の攻勢。何度も決定機を作ります。
 そして試合開始15分頃に、西目が右からの崩しでシュートし、そのこぼれを再度シュートした結果ゴールに。
 先制ゴールは西目でした。

 しかし、先制されながらも秋田南は徐々に攻撃に転じれるように。
 失点からおよそ10分後には、中央からドリブルで侵入したMFの選手が、FWの選手に縦のスルーパス。
 西目DFラインの間をうまく通したスルーパスが成功し、フリーで受けたFWの選手が難なくゴールを決めて同点に。

 その直後には、秋田南が右サイドタッチラインそばをドリブル突破。相手DFも抜き去り、相手GKと1対1に状況下で、後ろから追いかけてきた西目DFが南の選手を倒して、PK。
 しかし秋田南はこのPKを失敗し、逆転ならず。

 この時間帯から、後半の序盤までは秋田南がボールを支配。
 後半の序盤から終盤までは、西目が盛り返して、攻勢に転じます。

 試合の終盤は、両チームとも疲労のためか、ボールを展開できずミスが多発して五分五分の展開に。
 試合はそのままのスコア(1-1)で終了。

 秋田南は、1部残留へ貴重な「勝ち点1」をゲットしました!

 試合を終えての所感を。
 3年生が抜けた状況ですが、主力となる2年生がしっかりとした役割・重責を果たしてました。
 中盤のキープレーヤーがケガのため欠場し、ゲームコントロールに物足りなさは感じましたが、仕方ないでしょう。
 一方、新加入したFWの選手(2年生)は、その持ち味(強み、特性)を存分に発揮し、新たなら戦力アップに大きく貢献していたことが何よりでした。
 今後に、大いに期待を持てる試合(VS西目)だったことをお伝えしております。
 ( 注 下の画像は4月の秋田南VS秋田工業戦 )




 さて、1週間後は表記大会、
 「平成30年度秋田県高体連中央支部新人サッカー競技」が開幕します。
 ここからは、公式戦。県大会、東北大会につながる重要な3日間となります。
 では、その試合日程をご紹介いたしましょう。


 ※ ※ 平成30年度秋田県高体連中央支部新人サッカー競技 予選リーグBブロック ※ ※
 平成30年9月1日(土)10:00キックオフ 
 会場/由利本荘市 水林陸上競技場

  秋田南 - 本荘


 ※ ※ 同 予選リーグBブロック ※ ※
 平成30年9月1日(土)15:20キックオフ 
 会場/由利本荘市 水林陸上競技場

  秋田南 - 明桜


 ※ ※ 同 予選リーグBブロック ※ ※
 平成30年9月2日(土)10:00キックオフ 
 会場/秋田市 県立中央公園球技場A

  秋田南 - 秋田

 中央地区11校(秋田商業は不出場~プリンスリーグ出場のため?~)
 が予選リーグでまずは順位を決めます。

 秋田南は、1日(土)に本荘と明桜、2日(日)に秋田と対戦します。

 秋田南・本荘・明桜・秋田の予選リーグで1位通過したなら、
 予選Aブロック、Cブロックの1位との「優勝決定リーグ」に挑みます。(3日に2試合)

 予選リーグ2位通過の場合は、順位を決める試合は(3日に)無く、
 予選リーグ3位通過の場合は、?????
 予選リーグ4位通過の場合は、県大会出場を争う「代表決定リーグ」に挑みます。(3日に2試合)

 若干、分かりづらい大会概要かもしれませんが、
 要するに、予選リーグを首位通過すればよいのです!!!

 秋田南高校は1日(土)は由利本荘市の水林陸上競技場で、
 2日(日)と3日(月)は秋田市の中央公園球技場で、
 試合を行います。

 新チーム・新体制の秋田南がどんな試合を見せてくれるのか?
 どんな特色ある攻撃、規律ある守備を発揮するのか?
 10月に開幕する「高校選手権県予選」への仕上がり具合はいかがなものなのか?

 ぜひ、OBのみなさま、ご父兄のみなさま、関係者のみなさまに「この眼」で確かめていただけましたら幸いです。
 ぜひ、母校・秋田南の「緑の戦士たち」へのご支援・ご声援をよろしくお願いいたします!











コメント

【お詫び】OB会オリジナルTシャツ Lサイズ販売延期のお知らせ

2018年08月22日 22時28分04秒 | 高校サッカー

 みなさま、こんばんは~。

 秋田県民のみならず、日本中の人々を熱狂させた、高校野球第100回記念大会が終わりましたね。
 秋田県代表、金足農業は、昨日の決勝戦を終えました。
 ”絶対王者”大阪桐蔭に敗れましたが、本当に素晴らしい戦いぶりでしたよね。

 初戦、鹿児島実業。2回戦、大垣日大。3回戦、横浜。準々決勝、近江。準決勝、日大三。
 そして決勝戦、大阪桐蔭。

 私N岡がテレビで観戦できたのは、大垣日大戦と、近江戦(の少し)だけ。。。
 他の試合は残念ながら仕事中だったり、サッカーのお仕事中でありました。

高校野球開幕時には、金足農業の右ピッチャーが物凄い速いボールを投げる、注目ピッチャーというくらいしか情報はなく、さほど(高校野球に)関心があった訳ではありませんでした。

 2回戦・大垣日大戦をテレビで観ていて「吉田君(ピッチャー)の球、速いなーーー」と驚いたのは言うまでもなく、私学の名の知れた強豪校を次々に倒していく爽快さも相まってきていました。

 金足農業は、ご存知のようにスタメン9人全員が秋田出身で、公立高校。金銭的にも環境的にも恵まれた学校ではありません。
 しかし、全てのプレーに全力を注ぐ一生懸命さ。ワンアウトからでも送りバントを仕掛け「昭和の野球」を思い起こせる戦略。そして試合終了直後の上体をのけぞらせながら歌う校歌。
 
 毎年、ほとんど(秋田県代表の試合も)高校野球を観戦しないN岡はいつの間にか、金足農業の”一挙手一投足(いっきょしゅいっとうそく)”にのめり込んでいました。(笑)

 そしてN岡が、最も印象に残っているシーンと言えば、やはりこれ!!

 準々決勝・近江戦、9回裏ノーアウト満塁、1-2でリードされている場面での
 『サヨナラツーランスクイズ』!! これしかありません!

 リードを許している状況で、もしもスクイズ失敗になれば絶好のチャンスを逸するだけでなく、試合の流れを相手に受け渡し、最悪は試合終了になってしまうかもしれない場面。
 そんな中、仕掛けた”奇策”がツーランスクイズ。バントも絶妙でしたが、3塁ランナーに続いた2塁ランナーの臆することない大胆、積極的な好走塁が素晴らしかった!

 あのサヨナラツーランスクイズ成功の瞬間、鳥肌が立ってました。マジで興奮したシーンでした。(^.^)

 今日22日に帰路についた金足農業の選手たちは、故郷・秋田の歓待を受けて、帰路についたことでしょう。
 ゆっくりと激闘の疲れを癒して欲しいものです。(^^)/


 さて、OB会事務局からご連絡がございます。
 南高サッカー部OB会、サッカー部関係者のみなさまに好評を得て絶賛販売中の、
 「OB会オリジナルTシャツ」はサイズ種類は「M」「L」「LL」の3種類を販売しております。

 ですが、現在「L」サイズは昨年秋で完売し、追加オーダーをかけているところでした。
 6月現在でTシャツメーカーで「在庫欠品中」の連絡があり、再度、問い合わせたのですが、

 再び「在庫欠品中」との通達がありました。
 納入予定は11月とのことです。

 したがいまして、「L」サイズの販売再開は12月頃を予定しております。

 「L」サイズTシャツをお待ちの皆様には、たいへん多大なるご迷惑をおかけすることになり、申し訳ございません。
 12月頃の販売再開をお待ちいただけましたら幸いです。

 なお「M」サイズと「LL」サイズは絶賛販売中です!
 9月には「中央支部新人大会」
 10月は「高校選手権秋田県大会」
 11月は「全県新人大会」
 と公式戦が目白押しです! 

 ぜひ応援スタンドでオリジナルTシャツを着用して南高サッカー部を応援しましょう!!







 
コメント