goo

三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)

平成19年10月28日 快晴 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛の背(1757) 【コースタイム】 西山林道栗園入口付近 駐車地点出発 6:35-- 西山林道イザリ峠登山口 6:48---ふるさと林道阿佐名頃線から取り付き  7:35 --1806m標高点 9:26 --縦走路にでる 9:40 -- 三嶺 (9:50-10:10) --西熊山 (11:05-11:13 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

笹ヶ峰(1860)、ちち山(1855)

平成19年10月21日 笹ヶ峰(1860) ちち山(1855) 快晴 大永山トンネル東口 駐車地点発 6:44----縦走路 7:19---キャンプ場 入り口 8:03----沓掛山 丸山荘 下津池 分岐 11:46----丸山荘 (12:07-12:32)----お堂跡地 12:46 ---笹ヶ峰 山頂 (13:47-14:08)---ちち山 (14:36-14:41)---ちち山 別れ 1 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2007年秋 ダウラギリ  その7

2007年秋 ダウラギリ (8167m) その7 韓国 登山家 キム ホング ビン さんのサイトを見ると。 http://www.kimhongbin.com/main.html 最新情報 2007/10/20が出ています。 かなり厳しい 下山だったのでしょう。 KIM HONG BIN,  掲示板から 引用 皆さん激励おかげさまで無事に.... 作成日: 2007/10/20 作成者 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2007年秋 ダウラギリ その6

2007年秋 ダウラギリ (8167m) その6 ダウラギリから初めてスキーで滑り降りた。 Fredrik Ericsson スウェーデン スキーヤー Fredrik EricssonのWEBサイトが更新されていました。 「2007年10月17日 雪、 雪 、雪、少しだけスキー 先週、天気が変化して、少しの日光がありました。私は、他の登山家5人、Dodo(スロバキア)、Kinga(ポ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2007年秋 ダウラギリ その5

2007年秋 ダウラギリ(8167m) その5 注目のスロバキア登山家 DODO KOPOLD (1980年生まれ) 障害を克服し活躍する韓国 登山家 キム ホング ビン ダウラギリ山頂から初のスキーの滑降を目指す。 Fredrik Ericsson スウェーデン スキーヤー 彼らは 2007年10月14日 ダウラギリ山頂アタック 。 DODO KOPOLD 、 HONG BIN, K . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2007年秋 ダウラギリ その4

2007年秋 ダウラギリ その4 注目のスロバキア登山家 DODO KOPOLD (1980年生まれ) 2007年10月14日 ダウラギリ山頂アタック 8157mに到達。 2007年春から8000m峰に挑戦。今年いきなり まず8000mのダブルヘッダーを二つ 計4峰トライし、Cho Oyu, Shisha Pangma と Nanga Parbat(二回も登頂)は登頂済み。(K2は登れなかっ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

8の字周回 天狗峠 堂床 三嶺(1893) 天狗塚(1812)

平成19年10月14日 曇り 天狗峠 堂床 三嶺(1893)西熊山(1815)天狗塚(1812)牛の背(1757) 8の字 周回 【コースタイム】 西山林道駐車地点5:17発--西山林道イザリ峠登山口 5:31 ---1476標高点 6:12---天狗峠西山林道下山口 6:57---天狗峠綱附森分岐 7:08--お亀岩 7:25--お亀岩避難小屋 7:26---徒渉地点 8:09--- . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2007年秋 ダウラギリ その3

2007年秋 ダウラギリ その3 最新情報 キムさんのサイトによると、 「10月10日  キムさん(HONG BIN, KIM)はC1に上がりました。 やはりテントが潰れていたようです。13日山頂へアタックの予定。」 91年の事故によるハンディキャップを感じさせない ものすごい経歴です。 幸運を祈ります。 「キムさん(HONG BIN, KIM)は 9月24日からC1にあがり 30日 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

2007年秋 ダウラギリ その2

2007年秋 ダウラギリ その2 スロバキアの登山家 DODO KOPOLDのブログによると http://www.himalaya2007.expedition.sk/ 雪崩などがおきて 一度戻っているようだ。10日水曜日C1に上がる予定。 (ここでのC1 c2は徳島隊とは異なっているようだ) 2007年 9月22日カトマンズを出発 9月23日ポカラからヘリでBC入り 以降BC滞在 1 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2007年秋 ダウラギリ

2007年秋 ダウラギリ 徳島ダウラギリ主峰 登山隊の皆様  現地での直接 天候 雪質 体調 その他総合判断こそ  皆様 考え抜いた末の ご決断と思います。 外野席の私など 皆様の ご英断に 敬服する次第です。 今回は さぞ 悔しい思いでしょうが  全員 無事無傷で帰国がなによりです。 また いずれ なんらかのチャンスも巡ってくることを  こころより祈念申し上げます。 ところで 『生きた . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )