goo

「剣山登山道ナビシステム」

剣山登山道ナビシステム」徳島県スマホアプリ用平成30年3月26日から運用開始 徳島県は山岳遭難対策で 剣山周辺スマホアプリ「剣山登山道ナビシステム」を運用開始。(2018年3月26日より) by (株)ファルコン 【前提 要注意】スマホGPSを有効にした状態で、山中では 通信状態が圏外となる場合があるので すべての機能が常時使えるとは限らないので 要注意。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

富士山御殿場口で押し寄せる登山者を把握。IoTを活用した実証実験。

富士山の御殿場口では、押し寄せる富士登山者を把握しようとして、IoTを活用した実証実験が行われている。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

瑞牆山 TREK TRACK

瑞牆山で株式会社博報堂アイ・スタジオが LoRa 920MHz帯の小電力出力での位置情報システムを2017年8月18日から予約開始。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

150MHz帯の電波を使用した登山者位置検知システム

150MHz帯の電波を使用した登山者位置検知システム 手がかりのない行方不明の山岳遭難者探索には 多大な労力を消耗する。 電波を使った登山者位置検知システムが 活用できれば 迅速に探索救助活動が可能で、要救助者の探索救出にかかる労力は大幅に減少する。 ------------------------------ ■150MHzの周波数帯 現在 様々な電波を使った いろいろな位置検知システ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

TREK TRACK

https://youtu.be/W8JbvghtSRU 多発する山岳遭難。 救助要請しても 所在地がはっきりしないとか、全く手がかりない行方不明の遭難者を捜索するには 大変な労力や時間を要する。 遭難者の 正確な位置情報が大事だ。 --------------------------- 「当てのない捜索は 東京ドームで10円玉を探すに等しい」 『すぐそこにある遭難事故 奥多摩山岳 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「携帯・スマホ等を活用した遭難者の位置特定に関する調査検討会」

「携帯・スマホ等を活用した遭難者の位置特定に関する調査検討会」 雪崩遭難者の救助にさいして 位置特定には 457kHzの雪崩ビーコンなどがあるが、遭難者 捜索者が 雪崩ビーコン不携帯の場合、捜索救助には多大な労力時間がかかる。 現在 広く普及している携帯・スマホ等を活用して雪崩等によって遭難者が雪の中に埋もれた状況においても早期に位置特定を可能とする捜索システムはできないものだろうか。 総務 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

機内Wi-FiサービスでFlightradar24を楽しむ

https://youtu.be/nUU5yaGJGyY 2017年5月14日 羽田→高松 JL485 機内Wi-FiサービスでFlightradar24を楽しむ JL485 羽田→高松 2017年5月14日。 航空機 機上では携帯電話は使用禁止だし、もとより 海上 山間部を飛ぶ 飛行機では 地上の携帯電話網は安定的に つかえない。 衛星通信を利用する 米国gogo社の衛星接続サービ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンドロイド端末のコレクションなども物欲に負けて徐々にに増えてきている

わたくしの アンドロイド端末のコレクションなども物欲に負けて徐々に増えてきている。でも、いま山行で主に使っているのは2年前と同じ機種のままだ。 ■AQUOS PHONE ZETA SH-01F SIM入り 900円(税込972円)/月 ■AQUOS PHONE ZETA SH-01F SIMなし 月額0円 ちょっと 大きめの画面を見たいときは ■ソニーの8インチタブレット Xperia Z3 Ta . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

Compass コンパス、APRS、 APRSdroid 

2016年2月14日 三嶺~天狗塚の縦走を終えて 林道を歩いて いやしの温泉郷へあと数分のところで 警察の小さなパトロールカーにすれ違った。 ミニパトは停車して 「登った登山ルートと いやしの温泉郷に戻る途中かどうか」と きいてきた。 というのも 2016年2月11日 この山域内の 丸石で道迷い遭難があり 警察消防が大勢出動し 翌12日 要救助者を救助したばかりだった。 2月11日、12 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『山と溪谷 2016年2月号』「勝手に検証!アマチュア無線は山で使えるか」

『山と溪谷 2016年2月号』 「勝手に検証!アマチュア無線は山で使えるか」 という 題目で 4ページにわたり 登山でのアマチュア無線についての記事がでていた。 かつては重要装備とされた無線機。 携帯電話の普及とともに活躍の場は狭まったが、あらためて山での可能性を検証したなかで、 GPS機能を利用する APRSをメインに使って 現在位置を 家族と 共有する例が紹介されていた。 「サンカク . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

登山中に 山中の現在位置を リアルタイムに表示する

登山中に 山中の現在位置を リアルタイムに表示する。 以下の通りの方法で 現在位置を WEBサイト上で 表示していますので、 山中でも 携帯または アマ無線の 電波が届くところでは 以下のURLで shumiyamaの山中の現在地を確認することができます。 -------------------------------------- ■ヤマメモ  (shumiyama) 携帯電話の電波使用 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2015年7月4日 APRS 三嶺~天狗塚の縦走

2015年7月4日 APRS(Automatic Packet Reporting System) 2015年7月4日 APRS 三嶺~天狗塚の縦走 小さいハンディー機(YAESU FT2D) からAPRS 結構 遠いところまで 電波が届いていたようです。 JJ5MDM-7 2015年7月4日 APRS(Automatic Packet Reporting System) http://j . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

APRS

APRS (Automatic Packet Reporting System) 2015年3月14日の「道迷い」シンポジウム で 山岳遭難対策にも有効と 話題にあがった APRS (Automatic Packet Reporting System)。 以前から 興味深いと 思っていたので 今般 早速やってみることにした。 まず アマ無線の無線従事者資格やアマ無線局開局申請など 手続き的に . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「登山者等の位置検知システムの開発に関する調査検討状況」富山県立大学の岡田教授の講演

「登山者等の位置検知システム」について研究されている富山県立大学の岡田教授の講演。 --------------------------------- ■ 携帯電話 --------------------------------- 昨今 多発する山岳遭難のなかで 遭難者(要救助者)から 「SOS通報」する通信手段で一番多く使われているのは 携帯電話。 いまどきの 携帯電話にはGPS機能も . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『野生のナヴィゲーション---民族誌から空間認知の科学へ---』 野中健一 編 2004 古今書院

『野生のナヴィゲーション---民族誌から空間認知の科学へ---』 野中健一 編 2004 古今書院 毎年 数多く発生する 「道迷い」遭難。 山岳遭難のなかで4割をしめているという。 国内の山岳地帯は 世界的に見れば 比較的 地形などは、はっきりしているはずなのだが、それでも 「道に迷う」登山者は多い。 一方 世界中を ナビゲーションという観点で見渡せば 日本の山岳地帯よりも はるかに厳しい地 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ