goo

「トムラウシ遭難事故を考える」シンポジウム

「トムラウシ遭難事故を考える」シンポジウム。 2010年2月27日開催 2009年7月 トムラウシ山の遭難事故 ツアー登山による 大きな山岳遭難事故(ツアー登山2009) 日本山岳ガイド協会の報告書[トムラウシ山遭難事故調査報告書(最終報告書)]なども 今般 だされたが 事故の再発防止の観点から 早急にしなければならないことなど 一杯ある。 シンポジウム会場では色々な観点か . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)

平成22年2月20日  曇り 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛の背(1757) 【記録】 西山林道 駐車地点出発 5:34--西山林道イザリ峠登山口 5:50-- ふるさと林道阿佐名頃線から取付点 6:41 --1806m標高点 9:16 --縦走路にでる 9:34-- 三嶺 (9:46-10:16) ---西熊山 (11:39-11:59) --お亀岩 12:20 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )

三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)

平成22年2月14日  曇り 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛の背(1757) 【記録】 西山林道 駐車地点出発 5:26--西山林道イザリ峠登山口 5:40-- ふるさと林道阿佐名頃線から取付点 6:31 --1806m標高点 8:42 --縦走路にでる 8:57-- 三嶺 (9:06-9:31) ---西熊山 (10:29-10:50) --お亀岩 11:04 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

雪崩教育 DVD

雪崩教育 DVD 本や ビデオの 知識だけでなく 実際の 山域の 雪の状態をよく見て 判断するなどの 経験をしっかり積み重ねて いくことが一番大切なのでしょう。 平成21年~平成22年(2009-2010)冬 、この山域で 見かけた雪崩の痕跡を振り返ってみる。 2010年1月10日剣山 次郎笈 間 次郎笈峠付近 雪面に亀裂 雪崩の 前兆 2010年1月10日剣山 次郎笈 間 次郎笈  . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ユーコンクエスト、2010年

長距離犬ぞりレース、ユーコンクエストが佳境に入っている。 今年から ユーコンクエストでも 各チームの動きなど、GPSライブトラッキングで リアルタイムで よく分かるようになっている。 http://trackleaders.com/yukonquest http://www.yukonquest.com/ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

立松和平(たてまつ・わへい)百霊峰

平成22年2月8日 立松和平(たてまつ・わへい) 東京都内の病院で死去。62歳。 『岳人』 百霊峰シリーズは絶筆。 「人には誰でも ともに生きてきた心の山というものがあるだろう。 私は男体山が紅葉に彩られることで秋の深まりを知り、白く染まれば冬の訪れを知った。心の山はと問われれば、私は男体山と答える。百霊峰巡礼の最初に、私は男体山に登ると決めた。」 『岳人』 2009年12月号百霊峰巡礼 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

三嶺南面に 野生動物(シカ)

http://www.youtube.com/watch?v=1h7m9WEtTbg 2010年2月7日 三嶺(1893) 山頂にて撮影 三嶺南面に 野生動物(シカ) が たくさん いた。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)

平成22年2月7日  晴れ 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛の背(1757) 【記録】 西山林道 駐車地点出発 5:27--西山林道イザリ峠登山口 5:41-- ふるさと林道阿佐名頃線から取付点 (6:24-6:30) --1806m標高点 8:36 --縦走路にでる 8:51-- 三嶺 (9:01-9:42) ---西熊山 (10:53-11:23) --お亀岩  . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )