続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』2639。

2017-05-16 06:14:48 | カフカ覚書

まわりは灰色の雪と霧ばかりです。あたり一帯には何日間も人も車も通りません。なんという光景だったでしょう。K!ついにある朝のこと、父は、こわばった脚をもうベットから出すことができなくなってしまいました。


☆あたり一面何日間も人も車も通りません。先祖を見ました、先祖を見たのです。先祖がモルグ(身元不明者の死体公示所)です。
 父(宿命)は、天体の軌道(死への道)から外れることはないというのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マグリット『空気の平原』 | トップ | 『水仙月の四日』38。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カフカ覚書」カテゴリの最新記事