Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

イシヰ飯店@布佐 創業38年、79歳の店主さんの絶品ラーメン3品を!

2018-11-18 22:39:23 | 千葉 我孫子市 印西市

久々に、悪麺友らんちばさんとのラーメンツアーです!!

このところ、僕が半端なく追い込まれ過ぎていて、なかなかツアーにいけません。

今も、原稿の〆切に追われています…。

(そして、途方に暮れています、、、)

今回は、このブログで出会った若きカリスマ(?!)の和泉落葉君と一緒に(笑)

で、今回、われわれがまず向かったのは、、、

まだまだ見知らぬお店の多い我孫子エリアの名店

イシヰ飯店 (イシイ飯店)

です!

最寄り駅は「布佐駅」、ですね。

利根川沿いのお店です。

創業38年の老舗のラーメン店(と言っていいでしょう)

店主さんは、79歳!!!

昭和14年生まれというから、僕の父よりも5つ上になります。

凄い、、、

で、創業38年というから、41歳の時に独立した、ということになります。

それ以前も、中華料理店で修業されたみたいで、、、

店内は、38年の歴史を感じる昭和風の食堂。

1980年頃に創業したお店なので、やはり古いお店ですよね。

僕が5歳の時にできたお店だと思うと、歴史を感じずにはいられません。

わりと広い厨房で、ご主人お一人で切り盛りされています。

この店主さんの笑顔がとても素敵で、一気にワールドに引き込まれました。

壁にはこんなメニュー表が。。。

メニューがいっぱい!!

ラーメンに、コーンラーメン(!!)に、ワンタンメンに、もやしラーメン、

そして、岩のりラーメンに、我孫子ならではのカレーラーメンまで!!

更に、中華系のラーメンの定番がずらりと並び、更に中華系の丼や定食まで!!

まさに、「昭和の中華食堂(ラーメンメイン)」ですね。

カウンターにもメニュー表がありました。

なになに??

ラーメン各種に、、、

一品料理や定食類も!!

いや~、もうらんちばさんと僕の心を打ち抜くラインナップですよ。

らんちばさんと落葉くんと協議をしまして、、、

僕が選んだのが、、、

ジャジャーン!!!

こちらは、メニューにはありませんが、最高の

岩のりチャーシューメン

です!!

岩のりラーメンがあったので、それをチャーシューメンでお願いしたんです。

こちらのスープは、鶏ガラ✖豚足✖煮干し✖昆布✖ネギ(野菜)らしいです!!

豚足??

でも、スープは濁っていません。弱火でコトコト煮込んだスープです。

このスープ、まず、圧倒的に「旨い」です。

深くて旨い。

この深みのあるあっさりとした旨みのあるスープ、震えましたね。

煮干しの旨みが本当に心地よくて、興奮していると、

店主さんは、「煮干しの味はこれくらいで留めておくのが一番」、と一言。

イマドキのお店では、やり過ぎなくらいに煮干しを強く効かせています。

それはそれで面白いけれど、でも、じんわりくる旨さではないんですよね。

そういう意味では、最大限に煮干しの旨みをスープに生かしているというか…。

そんな感じでした。

で、チャーシューは、もうまさに昭和の武骨なチャーシューがドカドカっと。

スープにも活用したと思われるパサッとしたチャーシュー。

でも、脂身もほどよく付いていました。

あと、チャーシューに隠れていますが、メンマもよかったです。

臭みがなくて、コリコリっとしていて、いい箸休めになりました。

凄いなぁ~、、、

麺は、太麺と細麺が選べました。

こういうレトロなお店で「太麺」というのは珍しいなぁ、と思い、、、

この太麺、なんか、お店に合っていなくて、そこが面白かったです。

イマドキのラーメン店で出てきそうなパワフルな麺でした。

この麺、いいなぁ、、、。

美味しすぎるスープに負けない麺になっていました。

「これ、珍来の麺じゃない?」とらんちばさんと話していると、

その通りでした\(^o^)/

となると、細麺でも食べたいなぁ、、、

岩のりは、こんな感じで、どさっと入っています。

これは、コスパ良すぎですよ、、、(;;)

…というか、コスパなんて言っている時代のラーメンではないですからね。

この岩のりと昆布と煮干しの味が重なった時に、ここのラーメンの真の姿が現れる、

といったところでしょうか!?

で、こちらが、我孫子のご当地となります、

カレーラーメン

です!!

こちらのカレーラーメンは、普通的にはちょっと変わっていて、

なんと、注文が入った後にカレーを作り始めるんです。

凄くないですか??

今、都内では、注文後に麺を打ち始めるお店が台頭していますが、

ここでは、注文後にカレーを作り始めるんです。

ただ、我孫子エリアでは、そういうお店、わりとありますね。

ホント、このエリアは、カレーラーメンの文化が確実に根付いてますよ。

これ、もっと注目されていいと思うんだけどなぁ、、、

我孫子カレーラーメン文化

もっともっと注目されてほしいですねー(;;)

スタイルとしては、通常のラーメンにカレーを後でのっけるタイプですね。

最初は、少しだけデフォのスープを楽しめます。

そこに、出来立てホヤホヤのカレーが溶けていくんです。

徐々に、カレーラーメンになっていくといいますか。

麺はこんな感じで、、、

上の岩のりチャーシューメンと同じ珍来の太麺です。

珍来の麺は、外れませんね。

この麺で食べる我孫子カレーラーメン。

もう、「喜び」しかありませんでしたm(__)m

で、こちらが「ねぎラーメン」です。

落葉君セレクトで♪

ここのスープ本来の煮干し風味の優しい味わいは結構消えてしまいますが、

ラー油で和えたネギがいいインパクトを与えています。

何気に、これが一番なんか印象に残っているような、、、(;´・ω・)

どれも美味しいんですが、一番パンチがあるというかなんというか、、、

麺は、上の二杯と同じ太麺です。

ホントは、一杯、細麺で頼んだんですけど、全部「太麺」になっちゃいました。

そこは、79歳の店主さんということで、、、\(^o^)/

どれも、本当に凄くて、美味しくて、確実で、、、

いやー、参りました、、、

あと、、、

餃子です!!!

店主さん曰く、「うちの餃子は本当においしいよ♪」とのこと。

実際、このお店は「餃子がとても美味しいお店」でも有名らしく、、、

食べないわけにはいかないでしょう♪

一つ言えるのは、この餃子に「醤油」も「ラー油」も「お酢」も要りませんでした。

そのまま食べて、破格的に美味しい餃子でした。

たまに、遭遇するんですよね。醤油の要らない美味しい餃子に♪

こんがりと焼けていて、中身の味もしっかりしていて、、、

もう、言葉は何もいらない、、、

そんな餃子&ラーメンでした。

79歳の店主さんの息子さん(?)も、前までは働いていたみたいです。

が、、、

今は、もう辞めてしまったみたいです。。。

やっぱり、難しいのかな???(;;)

でも、こんな素敵なラーメン屋さん、なくすのはもったいなさ過ぎる、、、

とはいえ、、、

今の時代、飲食店は本当に厳しいし過酷だし、、、

なんとも、言えないですね、、、

布佐駅近く、そして、利根川近くにある超超超名店、

イシヰ飯店。

全国のラーメンファンの人に伝えたい千葉・我孫子エリアの名店でした。

また、行きたいなぁ、、、(;;)

このお店は、もっともっと注目されてほしいです。

僕的には、千葉で10本の指に入れたいお店になりました!!!

Comment