MRJはモーゼスレイクへ

 パリ航空ショーでの展示の為にル・ブルジェ空港に出張していた、ANAトリトンブルーのMRJ飛行試験3号機がモーゼスレイクへ帰って行ったとさ。

PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは 6月10日に撮影した写真を5点掲載いたしております。真夏日となった森の様子をどうぞご覧ください。
 先週末の散歩&撮影は叶わず、従いまして残念ながら森の様子をご覧いただくこともできません。ご容赦ください。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

オリンパスがフルフレーム?!

 そう云う「噂」があるのは本当です。
http://www.43rumors.com/ft2-questionable-rumor-olympus-working-on-a-new-full-frame-camera-with-43-aspect-ratio/ 
 アスペクト比4:3のフルフレームだと云うことのようですが、4:3ではどう考えても35mmフルフレームにはなりませんね。つまり、36×24mm(3:2)の横方向を併せると35mmフルフレームよりも大きくなるし、縦方向を合わせると小さくなってしまいます。

 いずれにせよ、郷秋<Gauche>的にはオリンパスはM4/3に専念していれば良いと思うのです。小さいことこそがオリンパスのアイデンティティなのですから。


 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは 6月10日に撮影した写真を5点掲載いたしております。真夏日となった森の様子をどうぞご覧ください。
 先週末の散歩&撮影は叶わず、従いまして残念ながら森の様子をご覧いただくこともできません。ご容赦ください。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

P-1は飛行展示も

 パリ航空ショーは画期的だ。だってそうでしょう、国産初のジェット旅客機MRJが展示されるだけじゃなくて、こちらはエンジンも国産のP-1が2機もル・ブルジェ空港に持ち込まれ飛行展示も実施とのこと。P-1は、旧態化したP-3Cの後継機として開発された哨戒機で既に配備が始まっており最終的には70機程度が海上自衛隊に納入される予定となっている。

 民生機であるMRJはもちろんのこと、開発費を回収する、製造コストを引き下げる、より収益を上げるためにはたくさん受注しなければならない。その意味では自衛隊用に開発されたP-1も同じで、世界20か国で採用されているP-3Cの後継機として売り込みたい、そのために2機をフランスまで飛ばしたのであるな。

 P-2の他にも配備が始まったばかりの輸送機C-2や世界屈指の性能を持つ飛行艇US-2も売り込みたいところだけれど、高性能だけれど高価格でもあるからこれだけのヒコーキを買える国は限られてしまうでしょう。IHI製のターボファンエンジン搭載のP-1に至っては運用国でのエンジン整備体制が整わないと買ってもらえないだろうし。そうは云っても買ってもらいたいと思うなら営業活動をしなければならないからね。頑張りましょう!

PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire
http://www.aviationwire.jp/archives/122271 より

 と云う訳で今日の一枚はル・ブルジェ空港で展示準備中のP-1。しかしP-1、機体は無骨だけれど737クラスの機体にぶっ太いターボファンエンジン4発って、まさかの場合の生存性が高いだけじゃなくて見た目の存在感も相当なものだね! 因みにP-1はオフィスの上をしょっちゅう低空で飛んで行くから郷秋的には一番見慣れた・聞きなれたヒコーキです。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは 6月10日に撮影した写真を5点掲載いたしております。真夏日となった森の様子をどうぞご覧ください。
 先週末の散歩&撮影は叶わず、従いまして残念ながら森の様子をご覧いただくこともできません。ご容赦ください。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

SAAB JAS39 Gripen E初飛行

 スウェーデンSAAB社の新世代マルチロール戦闘機、JAS39グリペンEの初飛行が成功したとの報道。

 SAABブランドのクルマも旅客機もなくなり寂しい限りですが戦闘機は健在。それにしてもスウェーデン、人口1000万人にも満たない小国だというのに、第二次世界大戦中の21に始まり70年以上にわたり自前で戦闘機を作っている大した国なのです。規模は小さいながらも自動車メーカーを二つも持ち(SAABは消滅)、ボルボとスカニアはダイムラーに次ぐ世界三大大型トラックメーカー。プロ御用達中版カメラのハッセルブラッドやエリクソンもスウェーデンのメーカーだし、イケアやH&Mもスウェーデン。実は身近で存在感のある国なのです。

 話しをヒコーキに戻しましょう。中立(1992年に放棄)・専守防衛と云うスウェーデンの国是により戦闘機を自国で開発してきた歴史があり、今回試験飛行に成功したグリペンEもその流れに沿ったもの。そうは云ってもスウェーデン規模の国が単独で、特に高度化した近代の戦闘機を開発・製造するのは相当負担が大きいからスケールメリットを確保しようとグリペン南アフリカ、ブラジル、ハンガリー、チェコ、タイなどに輸出している訳ですね。

 サーブは自社開発のグリペンだけではなく、ボーイングとジェット練習機「T-X」を共同開発し、旧退化したT-38の後継機としてアメリカ空軍に売り込みを図っているところでもあります。また、2030年代に入ると退役が始まる航空自衛隊のF-2の後継機を日本と共同開発したいと云う野心も並々ではありません。スウェーデンは専守防衛と云う考え方が我が国と同じだから、F-2の時のようにアメリカの云うなりにはならないよと云う意思表示としてはサーブとの共同開発もいいかもね。


 写真はネット上で探して来て郷秋<Gauche>がオフィスで使うPCのデスクトップにも貼りつけてあるもの。オフィスではデュアル・ディスプレイだから、只今は常時3機のグリペンを眺めつつ仕事をしております(^^)
 しばらく前に見つけた画像なので今となっては出所不明。著作権者からの指示があれば速やかにその指示に従います。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは 6月10日に撮影した写真を5点掲載いたしております。真夏日となった森の様子をどうぞご覧ください。
 先週末の散歩&撮影は叶わず、従いまして残念ながら森の様子をご覧いただくこともできません。ご容赦ください。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今日の収穫

 春先までお松菜とルッコラを植えていた裏庭の小さな畑に、今はトマト、ナス、ピーマン、シシトウを植えています。 そんな小さな菜園で今日はナスとピーマンを収穫。


 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは 6月10日に撮影した写真を5点掲載いたしております。真夏日となった森の様子をどうぞご覧ください。
 今週末の散歩&撮影は叶いませんでした。来週もちょっと怪しい感じです。生活のパターンにちょっとした変化があったことから、毎週末の散歩&撮影のパターンにも変化が生じそうです。その辺りの事情については内にちゃんと書きたいと思っております。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

トマトの花

 そう云えばトマトの花を撮ったことがなかったと思い、今朝の出がけ間際に裏庭で咲いている花を撮ってみました。実の大きさに似合わぬ小さな花です。そう云えば、柑橘系の花の大きさは実の大きさに関わらず似たようなものですし、サクランボは花径よりも小さな実ですね。花の大きさと実の大きさには相関関係がないのかも知れません。


 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは 6月10日に撮影した写真を5点掲載いたしております。真夏日となった森の様子をどうぞご覧ください。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

南天

 しばらく前から気になりながら撮ることができず、このまま撮り損ねてはならじとばかりに、今朝、iPhoneで取りあえず一枚押さえた。

 南天と聞けば誰しも秋の終わりの頃の赤い実を思い浮かべることだろう。冬になっても残る実は雪だるまの目にもなる。そんな南天だが、梅雨の初めにひそと咲く花を知る人は意外と少ないかも知れない。それが難点であるが、撮らずにはいられない愛らしい花ではある。

To the author of this page:gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

初めての「おひたし」?

 昨日の夕餉の膳(正しくは食卓ですが)に茄子の「おひたし」が並んでおりました。
 「おひたし」、漢字で書けば「御浸し」。その通り、皮をむいた茄子がたっぷりの出汁に浸されておりました。「御浸し」の文字に基づけば実にただし「御浸し」です。先週末に裏庭で採った茄子を冷蔵庫に入れておいたのですが、それを家人が「御浸し」にしたのでした。

 実は郷秋、この正しい「御浸し」を初めて食べたような気がして仕方がないのです。いや、どこかで食べたのかも知れませんが少なくとも記憶にはないのです。もともとの「御浸し」は文字のごとき料理であったのだと思うのですが現代では多くの場合、例えばホウレン草を茹で、冷水に取り、株を揃えて水けを絞り、切り揃えて器に盛り、削り節をのせて醤油を垂らして頂く。これが今時分フツーの「おひたし」だと思いますし、子供の頃からこれが「おひたし」と云う食べ物だとずっと思っておりました。

 しかしですよ、「おひたし」が本来は「御浸し」であることを考えれば考える程、昨晩食べた「御浸し」が正しい「おひたし」だと思い至る訳ですね。作ってくれた家人に、このような「お浸し」をこれまでも作ったかと聞いてみれば良いだけの話しではあるのですが、「いつも作っていたでしょう!」と云われるのが怖くて聞くに聞けない「おひたし」でありました。


 と云う訳で今日の一枚は「おひたし」になった我が家の裏庭の小さな畑で育てている茄子。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは 6月10日に撮影した写真を5点掲載いたしております。真夏日となった森の様子をどうぞご覧ください。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com

Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

砂糖が入ってもブラック?

 ブラック・コーヒー。45年の間に一体どれほどの量のこの黒い液体を胃に流し込んだことだろうか。郷秋<Gauche>はコーヒーに砂糖もミルクも入れない。いつもブラックだ。40年前にはコーヒーを飲み過ぎると胃潰瘍や胃がんになると云われたものだが、今では一日2、3杯のコーヒーを飲む人は、飲まない人に比べると胃がんになりにくいとか云われている。時代も変ったものだ。

 しかしだ、一日2、3杯のコーヒーって、一体全体どれ程の大きさにカップでの事を云っているやら。一杯の濃さだって千差万別だと云うのに。そう云えば、ブラックと云えば砂糖もミルクも入れないコーヒーのことを「ブラック」と云うのだとこれまで信じでいたのだが、今ではミルクが入らないのが「ブラック」であり、砂糖の有無は関係ない。つまり、砂糖が入っていても「ブラック・コーヒー」だと云う説があることを今日、知った。ミルクを入れればやさしいブラウンになるが、砂糖を入れてもコーヒーの色は変わらない。砂糖が入っていても「ブラック」ではある。


 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは 6月10日に撮影した写真を5点掲載いたしております。真夏日となった森の様子をどうぞご覧ください。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ホンダが佐藤琢磨にNSXをプレゼント?!

 今年のインディ500を制し、12日に凱旋帰国したばかりの佐藤琢磨が今日、東京・青山にあるHondaウエルカムプラザ青山で行われた記者会見に臨んだ。会見には、ホンダの八郷隆弘社長も出席。快挙を達成した佐藤琢磨に、NSXをプレゼントするというひと幕もあった。
 とのことですが、写真の「モデル」は目録代わりで、もちろん本物をプレゼントしたんだよね?!


 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは 6月10日に撮影した写真を5点掲載いたしております。

To the author of this page:gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

柏葉紫陽花


 最近あちらこちらで見かけますが原産は北米とのこと。世界中に似たような花が同時発生的に生育しているのが何とも不思議です

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは 6月10日に撮影した写真を5点掲載いたしております。

To the author of this page:gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

くちなしの白い花

 これまでも撮ったことのクチナシの花ですが、これまで撮ったのは八重咲きばかりで、オリジナルであろう一重咲きの花は初めて見て撮ったような気がします。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは 5月27日に撮影した写真を5点掲載いたしております。初夏の森の様子をどうぞご覧ください。
 先週末の恩田の森の撮影はできませんでしたが、昨日は散歩&撮影に行くことができました。月曜日の掲載を予定しておりますのでどうぞお楽しみに。

To the author of this page:gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

紫陽花


 関東地方も梅雨入りとの報道があったのはもう数日前ですが、梅雨入りしたんに晴天が続くのは良くある話しで、どうやら今年もそのようです。とは云っても草花は正直です。どんなに暑くても己が季節を忘れることはありません。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは 5月27日に撮影した写真を5点掲載いたしております。初夏の森の様子をどうぞご覧ください。
 先週末の恩田の森の撮影はできませんでしたが、本日は散歩&撮影に行くことができました。月曜日の掲載を予定しておりますのでどうぞお楽しみに。

To the author of this page:gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

先進の自動運転自動車

 SankeiBizに最新の自動運転車に試乗しての記事が掲載されていた。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170609/bsa1706090500001-n1.htm

 これによると、二車線のテストコースを走行し、前に遅いクルマが走行していると右のウインカーを出して追い越し車線にレーンチェンジし100km/hで走行を続けるなど、追い越しもスムーズにできるとのこと。また、渋滞に出会うとレーダーがその状況を感知しスピードを落として追従走行をするようだ。

 車内に設置されたカメラが常にドライバー(運転していないからドライバーズシートに座っている者)と云うべきか)の状態を確認しており、よそ見をしているとシートベルトがぐっと締まり、前方を見るよう警告する機能も搭載されているらしい。

 自動運転とは云っても突発的事態には対応できないから、ドライバーには前方注意義務は課せられているようだ。と云うことはだよ、飲酒している者がドライバーズシートに座っても、酔っぱらい状態であることを感知してクルマは動かないんだろうな、きっと。

 予想以上に自動運転の精度が上がっているようだけれど、郷秋が理想とする自動運転車は、箱根のワインディングロードで思う存分ドライビングを堪能した後に、芦ノ湖が見えるレストランで美味しいワインとフレンチを楽しんだ郷秋を乗せて家まで連れ帰ってくれるクルマなんだけどね。こう云うのは無理なのかなぁ・・・


 と云う訳で今日の一枚は、上記の記事の元となった自動運転車、ホンダ・レジェンド。画像はホンダのWebsiteより。レジェンドって、今も現役なんだな(^^)

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは 5月27日に撮影した写真を5点掲載いたしております。初夏の森の様子をどうぞご覧ください。

 先週末の恩田の森の撮影はできませんでした。実は、諸般の事情で今週末の撮影も怪しいところです。できるだけ行きたいとは思っておりますので期待せずにお待ちいただければ幸いです。

To the author of this page:gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Beethoven Cycle 2017

 今日はLotus String QuartetのBeethoven Cycle 2017第一夜を聴きに、鶴見駅前のサルビアホールまで出かけてきました。ベートーヴェンの弦楽四重奏第1番から第6番までを一夜で演奏しようと云う意欲的なプログラムでした。さすが、Lotus String Quartet。

 素晴らし技量と芸術性を兼ね備えた弦楽四重奏を聴くといつも思うのです。これは四つの楽器で演奏されているのではなく、二丁のヴァイオリンとヴィオラ、チェロ、16本の弦を持つ弦楽四重奏団と云う一つの楽器なのだと。ものの見事に調和した素晴らしい演奏でした。それにしても、2時間半かけて6曲を一気に演奏するその集中力には全くもって頭が下がります。


 と云う訳で今日の一枚は5夜にわたる全曲演奏会共通のプログラムですが、「Rotus String Quartet」(右上に注目)って、一体全体いつ改名したのか知らん。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは 5月27日に撮影した写真を5点掲載いたしております。初夏の森の様子をどうぞご覧ください。
 先週末の恩田の森の撮影はできませんでした。実は、諸般の事情で今週末の撮影も怪しいところです。できるだけ行きたいとは思っておりますので期待せずにお待ちいただければ幸いです。

To the author of this page:gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ