面河山岳博物館へようこそ!

石鎚山系と久万高原の自然、博物館の活動などを紹介するブログ

分散もそろそろ終わるクサギカメムシたち

2017-05-04 17:13:14 | 昆虫
久万高原町ではジャコと呼ばれているクサギカメムシ。

その臭さと見た目からとても嫌われています。

秋に越冬のため建物の中にはいってくる厄介者。

春には越冬場所からの分散がはじまり、家の中や周りでウロウロするので、また嫌われます。

5月初旬には分散もほぼ終わり、森の中で交尾をして産卵、7月~8月に新成虫が現れます。




ちょっとした刺激ですぐにニオイを出すと思われていますが、そーっと触れば大丈夫です。

もし、家の中で出会ってしまったとき、わざわざ指に登らせるようなリスクを背負う必要はありません。

進行方向に紙くずでも置いて、その上に登った時に持ち上げて外に捨てる、これでバイバイです。

(矢)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 魚露目試し撮り | トップ | クマノミズキに集まる昆虫 »
最近の画像もっと見る

昆虫」カテゴリの最新記事