面河山岳博物館へようこそ!

石鎚山系と久万高原の自然、博物館の活動などを紹介するブログ

博物館のミュージアムショップが新装開店!

2017-04-06 23:28:24 | ミュージアムショップ



当館受付横、博物館グッズや出版物を販売しているミュージアムショップが少し新しくなりました。

入荷したばかりのイラストレーターみのじさんのオリジナルグッズ16種をレイアウト。
両生類、昆虫をモチーフにしたものばかりで、どれもかわいくて(少しキモチ悪くて)かっこいい!





おススメは、ダンゴムシとまるまるむしの手ぬぐい!



萌黄色を生成り色で抜き初めしたダンゴムシがかわいいのです。
丸くなる「まるまるむし」たちもいい!



これもおススメ、ヒキガエルのキーリング!



表はノーマル体色ですが、うらは赤色タイプという細かい配慮!
これがトートバックに、さりげなくぶら下がってたりしたら、もう最高です。



そして、売り切れ必至のカブトムシ缶バッチ!



面河山岳博物館限定ですので、世界でここでしか買えません。

その他、以下のようなグッズを販売しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ダンゴムシとまるまるむしのてぬぐい 1,500円
イモムシのお顔てぬぐい 1,000円
日本の蛙てぬぐい 1,200円
日本の亀てぬぐい 1,200円
面河山岳博物館限定 カブトムシ缶バッチ 300円
昆虫のお顔缶バッチ ショウリョウバッタ 300円
昆虫のお顔バッチ缶バッチ オオカマキリ 300円
日本の昆虫メモ帳 430円
キーリング オオミズアオ 750円
キーリング ナミアゲハ 750円
キーリング オカダンゴムシ 750円
キーリング ニホンヒキガエル 750円
キーリング ニホンアマガエル 750円
日本の亀缶バッチ クサガメ 200円
日本の亀缶バッチ ニホンイシガメ 200円
日本のカエルが好き!缶バッチ 350円
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


イラストレーターみのじさんのグッズは四国初上陸です。

ぜひ博物館で手に取って、迷いに迷って選んでください。

う~ん、手ぬぐいとキーリングは全種買いそうです。

ちなみに、それぞれの商品の画像はみのじさんのHPで見ることができます。
http://www.minoji.net/

(矢)
コメント

オリジナルトートバック「イシヅチサンショウウオと石鎚」の販売について

2015-07-29 12:48:29 | ミュージアムショップ
イシヅチサンショウウオは石鎚山系を代表する希少な両生類の一種です。

本種は、愛媛県レッドデータブック2014では絶滅危惧II類に指定されています。

サンショウウオが生き続けることのできる環境が石鎚のブナ林にはそろっています。

たとえばエサとなる小動物が豊富であること、産卵ができる渓流があること、樹木が覆い茂り、つねに薄暗い森があること、隠れ場所や冬眠場所になる林床部などがあることです。

今年は石鎚国定公園60周年を迎えます。

当館ではさらなる豊かな石鎚山系の自然の保全を願って、トートバックを限定で販売します。

石鎚が原産のイシヅチサンショウウオと石鎚山南面のイラストがプリントされています(イラストは町内在住のOさんです)。

☆価格は1点1200円です。

☆縦・横ともに36㎝、重さ165gです。

☆当館のみの販売です。


本日29日付の愛媛新聞で掲載され、お申し込みが増えてきました。

数量は限定販売のため、お早目にお買い求めくださいませ。

コメント

面河渓関門の様子

2013-10-31 14:46:37 | ミュージアムショップ

写真は、10月31日(木)14:30に館ロビーで撮影しました。

紅葉は、5~6分くらいで、オレンジ黄色茶色が目立ちます。

11月中旬まで楽しめそうです。

251031

コメント

パタパタメモ人気です。

2011-08-04 22:23:30 | ミュージアムショップ

特別展「世界と愛媛のバッタ・コオロギ・キリギリス」がスタートした7月23日から販売を開始。
http://blog.goo.ne.jp/omohaku582130/d/20110728

その後、なかなかコンスタントに売れています。

キモかわいいです。

Omogo_pata_pop_2

コメント

パタパタメモの販売を始めました。

2011-07-28 00:13:15 | ミュージアムショップ

面河山岳博物館オリジナルのパタパタメモの販売を始めました。
パタパタとメモ帳をめくりながら、久万高原にすむ動物たちの食う食われるを知ることができます。

まずは外観。いきなりリアルなヒキガエルが登場。

Imgp1199


ここで買おうか買わまいか迷った方はとりあえずめくってみなされ。
オサムシ、ミミズ、タヌキが登場。どうなってるの?

Imgp1201

実はすべて広げると下の写真のようになります。
左からタヌキ、ヤマカガシ、ヒキガエル、オサムシ、ミミズの順に並んでいます。

Imgp1200

タヌキは毒蛇のヤマカガシを食べることもある雑食。
ヤマカガシはこれまた毒のあるヒキガエルを食べることができる唯一のヘビです。
ヒキガエルはオサムシやミミズなど地面に出てくる生き物が大好き。
オサムシはミミズを食べます。
ミミズは??

Imgp1207

そう、タヌキのため糞を土に還します。
久万高原の食う食われる、食物連鎖がよくわかりますね。

中身には4種類のメモ帳が入ってます。
これもなかなか凝ってますよ。

Imgp1202

裏の動物に対応したかわいいイラストが入っています。
例えば、ヤマカガシの裏には・・・

Imgp1204

ヤマカガシの幼蛇(子供のヘビ)が。
特徴的な首の黄色いバンドまで細かく描かれています。

販売は面河山岳博物館のミュージアムショップだけ。
ひとつ300円です。

コメント