面河山岳博物館へようこそ!

石鎚山系と久万高原の自然、博物館の活動などを紹介するブログ

イヨシロオビアブ

2015-08-01 16:01:56 | 写真
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の面河渓・関門 5月1日

2015-05-01 13:43:03 | 写真
写真は、5月1日の13:40ころ、当館2階のロビーで撮影しました。
面河渓・関門では新緑が見ごろとなっております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昔懐かしい面河渓の写真をご提供下さいました

2009-07-19 13:28:10 | 写真

このほど、若山のAさんが昭和初期に撮られた面河渓関門の写真をご提供してくださいました(写真)。 ご提供、ありがとうございました。

場所は、面河渓入口の関門で、現在は石鎚標高年(1982年)を記念してつくられた大鳥居の近くです。 当時は、車は勿論、人力車も通れないほどの道環境であり、人力駕籠でないと通れなかったといわれています。

ところで、我が国を代表する土佐出身の牧野富太郎博士も昭和5-6年に面河渓へ植物調査に来られた時、やはりこのような駕籠も使われたそうです。 ちなみにこの駕籠は当館に所蔵されています(竹製、高さ95cm、座部60cm、棒長63cm)。 昔は、駕籠を担げるほどの強靭な人々がいたんですね。

Photo

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「瓶ヶ森とツルギミツバツツジ」

2009-06-04 12:52:26 | 写真

登山家であり、写真家でもある井川治様より写真のご提供をいただき、掲載をご快諾くださいました。

写真を眺めていると、癒されます。  井川様、ありがとうございました。

Photo_9 瓶ヶ森とツルギミツバツツジ

2009.05.30 PM 男山下

井川治撮影

開花は当時5-6分程度。

「広大なササが広がる氷見二千石原! ツツジの濃い紫色の花、う~ん、最高です! 」(O)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加